★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 39046216

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら ****菩薩 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnewmespesadonew
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new かんだい・ネットショップ 『放知技』データベース


日本の独立

1:通りすがり :

2010/02/01 (Mon) 08:48:09

host:*.plala.or.jp
やはり無理なのか。
小沢さんはこのまま潰されるのでしょうか。
日本は途上国の段階で終焉する?
789:この世は焼肉定食 :

2019/09/08 (Sun) 05:38:41

host:*.ocn.ne.jp

情報戦争真っ只中〜!? ほぼほぼノンフィクションだろうねぇ…。見てみたい…。

華為と中国軍の関係を暴く映画「赤い龍の爪」9月公開 バノン氏が制作統括
https://www.epochtimes.jp/p/2019/09/46899.html

・バノン氏は9月、大紀元メディアグループ・新唐人テレビと共に制作した、華為と中国共産党政権と中国軍の
 関係を暴く映画を公開する。

・バノン氏は9月に公開予定のフィクション映画『赤い龍の爪(The Crew of Red dragon)』で制作統括を務めた。
 同映画は中国共産党政権が、自由主義諸国の資本と技術力の協力を通じて権力と富を得て、海外で巻き起こる
 異論でさえ国内同様に抑圧し、世界覇権の野心を進めていることについて描写した。

・映画は、カナダ当局が米の要請に応じ、対イラン禁輸違反の容疑で華為技術の最高財務責任者(CFO)を逮捕し、
 その後、カナダ人元外交官らが報復の的となり、中国当局に逮捕されるという脅迫的な手法を取り上げた。
 ほか、華為の圧力を受けてシンガポールの研究所に勤めていた米国人研究者の「自殺」事件などについて描く。

・バノン氏は、中国軍と協力する華為技術が、次世代通信企画5Gを世界に構築しようとすることは
 「米国が直面する最大の安全保障上の脅威」と表現した。この脅威の強さは「核兵器以上」とした。
 将来の社会のあり方は通信技術に依存しているからだという。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.