★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 39044477

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら ****菩薩 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnewmespesadonew
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new かんだい・ネットショップ 『放知技』データベース


先読み上手なオッサンたちの闘論スレ -35-

1:飯山一郎 :

2018/06/30 (Sat) 15:48:21

host:*.dion.ne.jp
4.27南北会談,6.12米朝会談で,極東アジアの“一触即発状況”は見事に終焉! トランプは公約した非軍事主義(世界中からの米軍撤退)とアメリカ・ファースト(インフラ整備と内需経済)への階段を上り始めた.今後の懸案は「中国の膨張主義」だが,「一帯一路構想」の不評と尻つぼみを米国ネオコン軍産が奇貨として妄動しそうである.さぁ,世界はどうなる?そして日本は?
540:mespesado :

2018/08/21 (Tue) 09:44:57

host:*.itscom.jp

 もりちゃんさんとMAD_AGIさんのツイートでのやりとり。特に最後のも

りちゃんさんのツイートに注目。私もかつて言及したことがありますが、官

僚のインセンティブがどこにあるかについての最も大切な部分ですので、改

めて注目していただきたいと思います↓


もりちゃん(CV:毒蝮三太夫)@mollichane
> これを見れば分かるように消費増税が経済に与える悪性インパクトはリ
> ーマンショックや東日本大震災よりも大きい。日本経済を停滞させる最
> 大のガンと言ってもいい。
https://twitter.com/mollichane/status/1031514872125607936

  ↓↓↓

MAD_AGI@MAD_AGI1
> 財務省は下級層へのインパクトの大きさをどのように思っているんだろ
> う。
> 庶民を貧乏に叩き落とす事が目的なのだろうか。
> 金を集めるなら消費税は下策でしかないんだが。

  ↓↓↓

もりちゃん(CV:毒蝮三太夫)@mollichane
> 財務省のコッパ役人は税収よりも税率を重視します。マジです。実は財
> 務省内では税率を上げる事が最大の功績とされます。その為なら税収が
> 下がっても良いのです。控えめに言って「クソバカポンコツ3流省庁消
> えてなくなればいいのに」です。マジです。


 このことからわかるのは、財務省(に限りませんが)のコッパ(に限りま

せんが)役人の働くインセンティブは、天下国家のためになることをする、

のではなくて、ひたすら上司の顔色を窺って自分の立身出世だけを考えると

いうサラリーマン根性だけ、という事実です。

 なぜそう断言できるかを論理的に考えてみましょう。論理学で言うところ

の「帰謬法」(変換で出てきません。戦後はやさしい漢字を使って「背理法」

というのが教育的配慮らしい)を使って証明してみますw。

 そのために、「財務省のコッパ役人は天下国家のためをインセンティブに

仕事をしているのだ!」と仮定してみます。この仮定の下で矛盾が生じたら、

この仮定は誤りだったことが証明できる、というわけです。

 「税金」の意味とは何かということについて、一般世間ではこれは、①国

の収入である、と勘違いしている人が大多数ですが、不換紙幣のカラクリと、

政府と日銀の会計を組み合わせた「統合政府」で考えれば、税金とは単なる

②統合政府が自ら発行している円という通貨の回収行為に過ぎない、という

ことはちょっと考えればすぐにわかるはずです。

 そこで、財務省のコッパ役人がアタマが悪くて①を信じていると仮定した

場合と、実は②に気付いているとした場合に場合分けして考えてみましょう。

 もし①であったとすると、できるだけ税収を増やそうと考えるはずです。

しかし、今までの消費増税では逆に税収が減っているというのが現実であり、

いくら財務省のコッパ役人が頭が悪かったとしても、自分たちがやってきた

ことの実績と効果くらいはいくら何でも知らないはずはありません。ですか

ら、税収を増やしたいのに税収が減ることがわかっている「消費増税」など

やろうとするはずがありません。だからこれは矛盾です。

 次に場合分けのもう一方である②であったとすると、税金の真の意味が通

貨の回収によって、通貨が増えすぎてインフレになることを防ぐために行う

のだとわかっているわけですから、それなら消費税率を上げると税金の回収

額が減るのですから意味がなく、そんな無意味なことをするはずがなく、や

はり矛盾です。

 これに対して「いやいや、財務省のコッパ役人は②に気付いていて、更に

通貨の流通が不足してデフレになっていることも知っているのだ。だから一

見逆説的に消費税率を引き上げることで逆に買い控えで税収を減らすことで

マネーストックを逆に増やすという高度な戦略を考えているのだ!」という

穿った見方もできる?

 んなわけないですね。もし本当に、財務省のコッパ役人がマネーストック

を増やしたいと考えているなら、わざわざ消費税率の引き上げなどという消

費を冷やすような経済に悪影響がある愚策ではなく、逆に経済に好影響があ

る所得税率の引き下げを実施すればいいだけなんですから。

 以上のように、場合分けの①、②いずれにおいても矛盾が生じたので、最

初の「財務省のコッパ役人は天下国家のためをインセンティブに仕事をして

いるのだ!」という帰謬法の仮定は誤りであった。やはり財務省のコッパ役

人は天下国家のことなんか考えてない、目先の自分の利益(サラリーマンの

目的)である上司の顔色伺いしかやってなかったのだ、ということが論理的

に証明されました。証明終わりw

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.