★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 39045906

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら ****菩薩 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnewmespesadonew
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new かんだい・ネットショップ 『放知技』データベース


先読み上手なオッサンたちの闘論スレ -35-

1:飯山一郎 :

2018/06/30 (Sat) 15:48:21

host:*.dion.ne.jp
4.27南北会談,6.12米朝会談で,極東アジアの“一触即発状況”は見事に終焉! トランプは公約した非軍事主義(世界中からの米軍撤退)とアメリカ・ファースト(インフラ整備と内需経済)への階段を上り始めた.今後の懸案は「中国の膨張主義」だが,「一帯一路構想」の不評と尻つぼみを米国ネオコン軍産が奇貨として妄動しそうである.さぁ,世界はどうなる?そして日本は?
541:mespesado :

2018/08/21 (Tue) 10:10:56

host:*.itscom.jp

 ちょっと経済を離れて外交に関する話題の紹介を。


****大地・鈴木宗男代表「9月のウラジオで歴史的判断も」
「安倍晋三首相の対露外交、1000%信頼できる」
https://www.sankei.com/politics/news/180820/plt1808200003-n1.html


 宗男氏曰く


> 首相は北方領土問題について「自分の手で必ず解決し、次の世代には委
> ねない。自分とプーチン大統領の間でやる」と強い決意を持っています。
> 問題解決に向けて「とにかくできることから進めたい」と考え、北方四
> 島での共同経済活動や、エネルギーや医療など8項目の日露経済協力プ
> ランを打ち出した。首相の対露外交は1000%信頼できるものです。


 多くの長老政治家やOBが、古い価値観のもとで安倍政治の本質を理解で

きずにトンチンカンな安倍批判で老害を振り撒いているところですが、宗男

氏の視点は違います。氏は、今までの対ロシア外交の歴史を振り返り、


> 森喜朗政権まで日露関係は良好だったのが、その後の小泉純一郎政権で
> 田中真紀子外相が「日露関係の原点は田中(角栄元首相)-ブレジネフ
> (旧ソ連書記長)会談だ」と述べ、小泉首相も「四島返還が日本の国是
> だ」という趣旨の発言をしたため、時計の針は冷戦時代に逆回転してし
> まいました。


 まさに小泉首相が自分の信念である郵政民営化以外は単なるポピュリズム

で「四島返還」という平均的な世論に迎合し、外交の表と裏を深く斟酌する

ことなく発言し、微妙な駆け引きの上でぎりぎり綱渡りをしていた対露外交

のちゃぶ台を一気にひっくり返してしまったわけですね。こんな大変な状況

のもとで、氏は安倍総理の徹底した現実主義と慎重に一歩一歩ことを進める

外交施策を高く評価します:


> 小泉政権の5年半以降、対露外交をやる余裕が全くなかった旧民主党政
> 権時代を含め、日露関係に「空白の10年」ができてしまった。24年
> 12月に返り咲いた安倍首相の対露外交は、入り口論ではなく出口論を
> 考え、さらに知恵を出そうという戦略で、現実的な判断であり、国益に
> かなっています。外交に百点満点はない。お互いの名誉と尊厳がかかる
> 問題ではどこかで折り合いをつけるしかないのです。


 そして最後に次のように締めくくります:


>  首相は9月にロシアのウラジオストクで開かれる東方経済フォーラム
> で予定されている日露首脳会談では、歴史の一ページを作る判断をされ
> ると思います。

>  共同経済活動の具体化もその一つでしょう。そして来年6月、日本で
> の先進20カ国・地域(G20)首脳会議に合わせてプーチン大統領が
> 来日するタイミングで道筋をつけ、2020年東京五輪までに一定の結
> 論を出す。そのくらいのスケジュールで進めなければ安倍政権の間に解
> 決できません。明快なのは、首相とプーチン大統領が決められなければ、
> 次に誰が首相になっても解決できず、諦めるしかない。

>  世界一の応用技術を持つ日本と世界最大のエネルギー資源大国のロシ
> アが、お互いの持てる力を合わせれば、世界の安定と発展に貢献できる。
> 首相がよく言われているように、未来志向で新しいアプローチ、お互い
> がウィンウィンの関係に持っていくことが一番だと思います。


 どうですか、この外交感覚。今までに紹介してきた小泉元総理や山崎拓と

はえらい違いですね。長老はみな老害なのかとウンザリしていたところに、

このような真っ当な感覚を持った長老がいたことに少し希望が持てました。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.