★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 39045967

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら ****菩薩 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnewmespesadonew
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new かんだい・ネットショップ 『放知技』データベース


新時代を冷徹に読み解くおっさんたちの激論スレー36-

1:堺のおっさん:

2018/10/11 (Thu) 01:26:16

host:*.enabler.ne.jp
安倍総理は9月の自民党総裁選で、ゴリゴリの財務省増税派の石破派を排除することに成功した。国政での安倍総理の政治基盤は何一つ揺るがなかった。
消費税問題さえも逆手に取った安倍総理のマキャベリズムはこれからが正念場でもある。この山を乗り越えれば、ようやく長期政権のみがなしえる日本の再生に向かって日本は次のステージに向かっていく。
一方目を海外に転じれば、正月に突如声明された若き金正恩の新路線が世界を変えつつある。時間を追うにつれて飯山氏の「金正恩が世界を変える」との予測通りに動き始めている。
グローバリズム、ネオコンの衰退は誰の目にも明らかであり、多極化していく世界はこれまでの常識とはまるで違う発展を遂げていくこととなるであろう。
そのカギはアメリカが変われるのか? そして、トランプは中間選挙を乗り切り長期政権にたどり着けるのか? ドル体制は変わるのか? 来る新時代を客観視した議論を期待する。
614:mespesado:

2018/12/29 (Sat) 12:03:39

host:*.itscom.jp

 かつて放知技で、『アベノミクスによろしく』の書評において徹底的に批

判した著者の「明石順平」氏ですが、ツイッターで、なんと大胆にも松尾匡

教授を批判しておられます↓


明石順平@junpeiakashi
https://twitter.com/junpeiakashi/status/1078304845696618496

> 松尾匡教授は,もしインフレが起きても売りオペをやれば簡単に抑えら
> れると言っているが,国債市場の仕組みを分かっているのだろうか。
> 異次元の買いオペをして無理やり金利を抑え込んでいる状況を売りオペ
> で逆回転させたら金利急騰・国債暴落。円も暴落するだろうからインフ
> レは止まらないぞ。


 まず一般論として、「円も暴落」という部分はウソですね。実際、次の

liberalistさんのリプ↓のとおりです。


liberalist@liberalist_shun

> 売りオペとは、市場から円を吸収する行為ですから、円が減るから、
> むしろ円高に振れますよ。



 また、当の松尾匡さんの事務所からも、回答が来ています↓



松尾匡埼玉事務所 消費税ゼロで貧困ゼロへ!@nF3kgZmNgbBRoGq

> こんにちは!
> 松尾匡埼玉事務所と申します!
> 松尾匡よりコメントを貰ってきたので、ご一読いただければと思いま
> す!

> ↓↓↓

> ・詳しくは、Q&A集でご説明していますので、そちらをご検討ください。
http://shiryouoki.sdbx.jp/2018122199forum/

> ・まず、円は暴落しません。
> 通貨が大きく下がった国は、たいてい輸出が爆伸びして景気がとても
> よくなるのが常です。
> 日本で起こった場合も、そうなることがわかりきっているので、どこ
> かで買い時と見て買いが入り下げ止まります。
> 通貨が暴落して経済危機につながった国はみな事実上固定為替相場制
> の国です。しかも、固定為替を放棄して通貨を下落するに任せたとた
> ん、暴落どころか、日本は見通せる将来にわたって円高の心配をすべ
> き国です。
> 今世紀に入っての円ドル相場は、だいたい日米の長期金利差で説明で
> きます。日本の金利が上がると海外から資金が流入して円高になりま
> す。
> 将来金融緩和が手仕舞いになると金利が上がりますが、ちょっと上が
> るだけで円高方向の圧力がかかります。
> そのうえ、海外進出企業からの利潤の送金が長期傾向的に増え続けて
> います。これは外貨を円に換える動きなので、長期傾向的に円高方向
> の圧力がかかり続ける体質になっています。
> こういう基本的な条件はみんなわかっていることですから、なおさら、
> 円が大きく下がるとどこかで買いが入ります。

> ・「円暴落」を心配されるかたには、国債の暴落で資金が海外に逃げ
> ると懸念されているかたがいらっしゃるようです。
> しかし国債価格がとめどなく下がることはありません。
> なぜなら国債は満期まで持っていれば額面の金額が必ずもらえる(しか
> も表面金利の利子は必ず毎期もらえる)ので、どんなに高く買った人も、
> 満期まで持っていれば、買った値段よりも安く売るハメになることは
> ないからです。
> それゆえ、国債価格がある程度下がると、満期まで持つことに有利さ
> を認める人が買いに入り、必ず下げ止まります。
> 10年満期国債が発行したとたん額面の半額に下がったら、年利7%の利
> 回りになります。いいでしょう?
> だから、銀行も日銀も、持っている国債を帳簿につけるときは、額面
> の金額でつけていいのです。バランスシートが悪化することはありま
> せん。

> ・それとも政府が満期の額面を返せなくなる事態を想定しているので
> しょうか。日本政府の徴税能力に疑問を持つ人は誰もいません。だか
> らそんなことを心配して国債を売る人はいません。

> ・だから、国債暴落も円暴落もありません。
> 売りオペで金利が上がれば、設備投資が減って総需要が抑えられるだ
> けでなくて、円高になることで輸出需要の抑制や、輸入物価の下落が
> もたらされます。
> だからヘタを打って効きすぎてデフレ不況になる心配こそすべきでし
>ょうが、インフレが抑えられない心配は全くありません。

> 松尾匡
                             (続く)

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.