★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 39043282

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら ****菩薩 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnewmespesadonew
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new かんだい・ネットショップ 『放知技』データベース


新時代を冷徹に読み解くおっさんたちの激論スレー36-

1:堺のおっさん:

2018/10/11 (Thu) 01:26:16

host:*.enabler.ne.jp
安倍総理は9月の自民党総裁選で、ゴリゴリの財務省増税派の石破派を排除することに成功した。国政での安倍総理の政治基盤は何一つ揺るがなかった。
消費税問題さえも逆手に取った安倍総理のマキャベリズムはこれからが正念場でもある。この山を乗り越えれば、ようやく長期政権のみがなしえる日本の再生に向かって日本は次のステージに向かっていく。
一方目を海外に転じれば、正月に突如声明された若き金正恩の新路線が世界を変えつつある。時間を追うにつれて飯山氏の「金正恩が世界を変える」との予測通りに動き始めている。
グローバリズム、ネオコンの衰退は誰の目にも明らかであり、多極化していく世界はこれまでの常識とはまるで違う発展を遂げていくこととなるであろう。
そのカギはアメリカが変われるのか? そして、トランプは中間選挙を乗り切り長期政権にたどり着けるのか? ドル体制は変わるのか? 来る新時代を客観視した議論を期待する。
633:mespesado:

2018/12/30 (Sun) 14:58:43

host:*.itscom.jp

>>632

 リンク先のような話は私も知っています。ただ、「皇室」というものは、

この著者が考えているよりも、もっと深いものであるような気がしています。

このリンク先の中で、次のような記述があります:



> 本来は国民の総意にもとづいてできた「天皇制」じゃないんですよ。日
> 本国家というのは、まず天皇があって、それから国民ができた。これが
> 日本の国体です。国民ができてから天皇ができたんじゃないんですよ。
> 天皇制がなくなれば日本国家そのものが消滅する。



 最初の「国民の総意に基づいて天皇制ができたんじゃない」という部分は

全くその通りだと思います。そもそも「天皇制」などという言葉自体が近代

になってから発明された言葉ですし。マルクス主義者の「君主制」になぞら

えて作られた言葉ですよね。

 しかしながら、後半の「日本国家というのは、まず天皇があって、それか

ら国民ができた」というのはちょっと変。正確には「国体」である「天皇」

を心のよりどころとして奉る人たちが、それを一体感のよりどころとして一

つの集団を為している。その集団のことを日本では「国民」と呼んだ、と

いうのならわかります。

 そして、「国体」とは「天皇」のことだ、というのも、もっと正確に言え

ば、「代々の天皇の血筋」が国体です。個々の天皇が尊いというよりは、そ

の血筋が尊い、と多くの人は思っているハズです。もちろん、時の天皇本人

は人格者であるに越したことはないが、古代にさかのぼれば必ずしもそうで

ない時代もあったでしょう。ですが、そのことでこの「国体」が崩壊するこ

とはありませんでした。

 そして、リンク先の文章は、この先「天皇制」が国民の総意でなくなって

しまうことを懸念しているようですが、私はそうはならないと思っています。

 そもそも日本で「天皇(の血筋)」が「国体」だったのは、長く見積もっ

ても「わずか」2千年程度のもの。日本に天皇が出現してからは、その血筋

が「国体」になったけれど、天皇出現以前から、日本列島では何らかの尊い

ものが「国体」になっていたと思うのです。つまり何らかの「国体」が大変

うまく機能する、という日本人のDNAはそう簡単に消せるものではない。

 これに対して米国(だけでなく欧米)は、血筋で日本の皇室のように続い

ている権威が無いから、「民主主義」を「国体」がわりにしているだけです

ね。つまり底が浅いのです。その欧米社会でも、カトリックは「キリスト教」

が「国体」であり、「ローマ法王」がそのシンボルになっているだけまだよ

い。これに対して清教徒の英国や米国は、「宗教改革」の名の下に、キリス

ト教を「国体」の座から引きずり下ろしてしまった。そうなると、彼らのア

イデンティティーは「民主主義」のような、後から作ったイデオロギーくら

いしかない。だから、日本のような「筋金入りの」国体の強さを分かってな

いし、永遠にわかることはないでしょう。

 だから、底の深い日本の「国体」が底の浅い欧米人によって消滅するよう

なヤワなことは起きないと思います。現に、あれだけ戦後の日本で猛威を振

るったWGIPの洗脳から最近は多くの国民が目覚め始めているのが、その

何よりの証拠だと思います。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.