★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 39045371

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら ****菩薩 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnewmespesadonew
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new かんだい・ネットショップ 『放知技』データベース


新時代を冷徹に読み解くおっさんたちの激論スレー36-

1:堺のおっさん:

2018/10/11 (Thu) 01:26:16

host:*.enabler.ne.jp
安倍総理は9月の自民党総裁選で、ゴリゴリの財務省増税派の石破派を排除することに成功した。国政での安倍総理の政治基盤は何一つ揺るがなかった。
消費税問題さえも逆手に取った安倍総理のマキャベリズムはこれからが正念場でもある。この山を乗り越えれば、ようやく長期政権のみがなしえる日本の再生に向かって日本は次のステージに向かっていく。
一方目を海外に転じれば、正月に突如声明された若き金正恩の新路線が世界を変えつつある。時間を追うにつれて飯山氏の「金正恩が世界を変える」との予測通りに動き始めている。
グローバリズム、ネオコンの衰退は誰の目にも明らかであり、多極化していく世界はこれまでの常識とはまるで違う発展を遂げていくこととなるであろう。
そのカギはアメリカが変われるのか? そして、トランプは中間選挙を乗り切り長期政権にたどり着けるのか? ドル体制は変わるのか? 来る新時代を客観視した議論を期待する。
645:mespesado:

2018/12/31 (Mon) 08:53:34

host:*.itscom.jp

 202X年のある日、合理主義をモットーとする魔法使いが現れて、財務

省に向かって「エイッ」と杖を振ると、あらら、財務省が一つの大きな段ボ

ール箱に化けてしまいました。

 よく見ると、この段ボール箱には2つの穴のみが開いていて、一方は「お

金の投入口」、他方は「お金の支払い口」と書かれていました。

 そして、この段ボール箱の中には人は入っていないようで、財務省の役人

たちは、この箱の外のどこかで仕事をしているらしく、徴税官たちは、全国

から税金を集めると、それをみな「お金の投入口」に放り込んでいました。

 他方、財務省主計局の役人も、これまたこの箱の外のどこかで仕事をして

おり、予算を決めると、その予算の額だけお金を「お金の支払い口」から取

り出して予算を実行(つまりお金のばらまき)していました。

 あるとき、お金に困っている人が、この箱に投入されるお金と取り出され

るお金を調べました。きっと投入されるお金と取り出されるお金の差分だけ、

箱の中にはお金がストックされているハズだから、それをスキあらば盗んで

やろう、と企んだのです。

 ところが実際にそのお金の差を調べてみてびっくり!

 投入されるお金が50兆円なのに対して取り出されるお金が100兆円!

なんと取り出されるお金の方が多いではありませんか!

 「この箱の中は一体どうなっているんだろう?予め大量のお金のストック

が入れてあったのかな。それなら段々ストックが無くなっていつかお金が底

をついて箱が機能しなくなるだろう」と考え、「そうなってからでは遅い。

無くなる前にさっさと盗んじゃえ」ということで、ついに箱の中に潜り込ん

でお金を盗み出すことにしました。

 ところが…。箱の中に潜り込むと、そこにはお金のストックなど全然あり

ませんでした。見つかったのは、「お金の投入口」付近にあった「シュレッ

ダー」と、「お金の取り出し口」の近くにあった「輪転機」だけでした。

 そうなんです!

 箱の中(=国庫)にお金のストックなんて要らなかったのです。だって、

国家というのは家計や企業のような組織と違って、組織の「中で」お金を使

う必要が無いからです。例えば財務省をはじめ、お役人の給料は国家予算の

一部ですから、予算として「お金の支払い口」から取り出したお金でまかな

われるので、別に「箱の中のお金」で生活しているわけではないからです。

 つまり、お金は箱の外部で必要な分だけそのとき「刷れ」ばよく、インフ

レ抑制のためだか所得の再配分のためだか知らないが、とにかく国民から回

収したお金は溜め込む意味が無く、単に「消却」すればいい。だから箱の中

には輪転機とシュレッダーだけがあればよい。そういうことだったのですね。

だからストックを抱える(つまりいわゆる「財政黒字にする」)必要は全然

なく、「お金の投入量(つまりいわゆる“歳入”)」と「お金の取り出し量

(つまりいわゆる“歳出”)」の差は、箱の中にいくら溜め込むか、ではな

く、箱の外部に存在するお金の量を調節するという目的だけで決めればよか

ったのですね。つまりインフレの時は歳入の方を多くして、デフレの時は歳

出の方を多くする。

 国家の財政政策は、本当はそれ以上でも以下でもなかったんです。

 やれ「財政赤字」だの「財政再建」だのといった概念は、家計や企業の会

計に惑わされた、先入観による単なる錯覚の産物に過ぎなかったのでした。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.