★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 39044287

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら ****菩薩 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnewmespesadonew
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new かんだい・ネットショップ 『放知技』データベース


新時代を冷徹に読み解くおっさんたちの激論スレー36-

1:堺のおっさん:

2018/10/11 (Thu) 01:26:16

host:*.enabler.ne.jp
安倍総理は9月の自民党総裁選で、ゴリゴリの財務省増税派の石破派を排除することに成功した。国政での安倍総理の政治基盤は何一つ揺るがなかった。
消費税問題さえも逆手に取った安倍総理のマキャベリズムはこれからが正念場でもある。この山を乗り越えれば、ようやく長期政権のみがなしえる日本の再生に向かって日本は次のステージに向かっていく。
一方目を海外に転じれば、正月に突如声明された若き金正恩の新路線が世界を変えつつある。時間を追うにつれて飯山氏の「金正恩が世界を変える」との予測通りに動き始めている。
グローバリズム、ネオコンの衰退は誰の目にも明らかであり、多極化していく世界はこれまでの常識とはまるで違う発展を遂げていくこととなるであろう。
そのカギはアメリカが変われるのか? そして、トランプは中間選挙を乗り切り長期政権にたどり着けるのか? ドル体制は変わるのか? 来る新時代を客観視した議論を期待する。
693:mespesado:

2019/01/06 (Sun) 11:33:11

host:*.itscom.jp

弓月恵太さんのちょっと前(2018/12/7~)の連ツイより:


弓月恵太@ssomurice_round

> 今、国内における日本国民の最大の課題は、給与が少ないことだ。

> なぜか、給与が少ないのは、財政出動しないから、と思っている人が多
> い。

> 財政出動は重要だが、財政出動したからといって、自分の給与が上がる
> 保証はない。

> なぜなら、企業はその利益を株主配当に回すかもしれないからだ。

> 給与が少ない背景には、株主配当の額が急激に増えていることにある。

> 主要な理由はふたつある。

> ①社員より株主を重視する欧米型資本主義へのシフト

> ②企業も株式、金融派生商品の運用で利益を上げている

> 日本国民も、個人で株式等を運用し、給与以外の収入を得る、それもひ
> とつの答えだ。

> しかし、国家戦略がそれでいいのかは、十分に考える必要がある。

> 長引く不況で、欧米型の資本主義が正しい、と判断した小泉内閣。

> 成果主義、大量に増えた派遣社員。

> しかし、これは日本なのだろうか。

> 私は、韓国のチャン・キム教授の考え方が好きだ。

> 韓国というだけで毛嫌いする方もいるが、彼は冷静に日本の強みを指摘
> している。

> 日本は、人間らしさを大切にする経営に立ち戻るべき、という提言だ。

> 私もそれが、日本の強みであり、日本らしさだと思う。

> EUでは暴動が置き、米国ではトランプが失業率を下げるために懸命に頑
> 張っている。

> 原因は、投資家にお金が集中するという欧米型資本主義の負の遺産にあ
> る。

> この国際情勢において、日本が彼らと同じ道を進む理由はない。

> 少子化はむしろチャンスであり、日本こそが立ち上がるべきである。

> 労働は足し算、レバレッジ(テコの原理を応用した投資額が倍数で増え
> る投機)は掛け算だ。

> 巨額の富を持つものは、掛け算で資産を増やしていく。

> 富を持たないものは、毎月の給与を足し算で積み上げていくだけだ。

> そして、完成したのが今の国際社会である。

> 世界中が格差に覆われている。

> レバレッジはバブルを作り、破壊と再生を繰り返す。

> 私たちは、リーマンショックという破壊を目撃し、反省しないウォール
> 街は次の再生の地に中国を選んだ。

> そして、今まさに私たちは、次の破壊の目撃者になろうとしている。

> リーマンショックの時、世界中の国民は、まだ無知であった。

> しかし、時は流れ、SNSは急速に普及した。

> 英国のEU離脱、トランプ大統領の誕生、反EUの高まり、ヒステリックに
> 投資家を擁護するマスコミ。

> 世界中の多くの国民が、この欺瞞に気づき始めている。



 日本の場合、本当は強力な生産力と伝統的な高品質のおかげで良品の供給

過多の世界が到来した結果のデフレ不況だったのに、小泉フィーバーのとき、

何を間違ったか、不況の原因は既存業界が規制で保護されたぬるま湯に浸っ

ているせいだ、と思い込み、もともと狩猟民族的な欧米型の弱肉強食資本主

義を導入することで不況を克服しようとしたことがそもそもの間違いだった

のですね。

 そのことに、日本だけでなく、世界中がそろそろ気づき始めて、2019

年は波乱の年になるかもしれない。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.