★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 39043495

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら ****菩薩 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnewmespesadonew
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new かんだい・ネットショップ 『放知技』データベース


新時代を冷徹に読み解くおっさんたちの激論スレー36-

1:堺のおっさん:

2018/10/11 (Thu) 01:26:16

host:*.enabler.ne.jp
安倍総理は9月の自民党総裁選で、ゴリゴリの財務省増税派の石破派を排除することに成功した。国政での安倍総理の政治基盤は何一つ揺るがなかった。
消費税問題さえも逆手に取った安倍総理のマキャベリズムはこれからが正念場でもある。この山を乗り越えれば、ようやく長期政権のみがなしえる日本の再生に向かって日本は次のステージに向かっていく。
一方目を海外に転じれば、正月に突如声明された若き金正恩の新路線が世界を変えつつある。時間を追うにつれて飯山氏の「金正恩が世界を変える」との予測通りに動き始めている。
グローバリズム、ネオコンの衰退は誰の目にも明らかであり、多極化していく世界はこれまでの常識とはまるで違う発展を遂げていくこととなるであろう。
そのカギはアメリカが変われるのか? そして、トランプは中間選挙を乗り切り長期政権にたどり着けるのか? ドル体制は変わるのか? 来る新時代を客観視した議論を期待する。
739:mespesado:

2019/01/13 (Sun) 09:59:52

host:*.itscom.jp

 今度は、有名なある凄惨な事件の「真の」犯人が、意外な「人物」だった、

というオハナシです(人物のところをカギ括弧でくくった理由は後述)。



植松被告がキレた理由 「日本の借金」を、なぜあれほど憂えるのか
「社会保障に多額のお金をかけてる現実をあなたはどう思うんですか?」
雨宮処凛 作家・活動家
https://www.huffingtonpost.jp/karin-amamiya/uematsu-sagamihara-japan_a_23567717/



 この記事は、例の相模原の障害者施設で19人を殺害した植松被告が発し

たといういくつかの発言から始まります:



>「日本は社会保障を充実させていって100兆円もの借金を抱えることに
> なりました。あなた自身はそれをどう思いますか?」

>「僕の言うことを非難する人は、現実を見てないなと思います。勉強すれ
> ばするほど問題だと思いました。僕の考え、どこか間違っていますか?」

>「昨日来たお二人が、お金のことを一番に考える風潮が怖いとか言ってい
> ましたが、お金のことを考えない方が人間としてありえないんです。そ
> れはおままごとじゃないでしょうか。社会保障に多額のお金をかけてる
> 現実をあなたはどう思うんですか?」



 この記事の筆者である雨宮処凛さんは、これらの発言を『創』という雑誌

の2018年11月号にある『植松聖被告が面会室で激高した瞬間』という

記事から引用しています。

 雨宮さんによれば、篠田編集長が植松被告と接見したのは2018年の8

月22日。金沢大学名誉教授・井上英夫氏とともに訪れたということであり、

井上さんは雨宮さんの知る人で、社会保障などを専門とする名誉教授であり

ながら徹底した「弱者の味方」でもある人だということです。

 そして、井上さんがこの相模原事件について調査チームを作るために植松

被告に接見したときに、井上さんにキレて発言したのが上記の内容なのだそ

うです。

 さて、このあとの記事は、雨宮さんがいわゆるサヨク系活動家であること

から察せれられるとおりの展開となっています。つまり、キレた植松被告に

対して


> これに対して、井上さんが言った。

>「でも日本は本当にお金がないのだろうか。借金してたとしても金はある
> んじゃないかな」

>  この言葉に、植松被告は激昂。アクリル板の前の机をバンと叩いて
>「ぼけてるんじゃないよ!」と立ち上がり、帰ろうとした。職員が制止す
> るそぶりを見せたほどだという。

> その後も接見は続くのだが、植松被告はオランダの安楽死に触れ、自分
> のやった殺人行為に対して「安楽死にならなかったことは申し訳ないと
> 思っています」などと発言。また、障害者の家族の無理心中などについ
> ても言及するのだが、唐突にやはり「日本の借金」問題に触れて、言う。

>「日本の借金だってこれ以上もう無理ですよ。これで大地震でも起きたら
> 無茶苦茶になりますよ」

>「そもそも借金で何かをするということ自体、考えられないですよ」

>  接見の会話について詳しくは『創』を読んでほしいのだが、一見めち
> ゃくちゃに思える彼の言い分から見えてくるのは、彼は彼なりの「危機
> 感」の中で生きている、ということである。


と記事は続き、更に後半では山野車輪氏の書いた『「若者奴隷」時代』とい

う漫画の中で、若者たちが高齢者を責めるシーンとして


>「高齢者は自分たちの世代が働かずに豊かな生活を営むために...若者や
> 将来世代から莫大な額の富を搾取しているのです!」

>「そして下の方にある1億2171万円という数字は...政府の将来純債
> 務を将来世代一人当たりが背負わされる金額です」「高齢者はこれまで
> に積み上げた大量の請求書を現在の若者や未来の子供たちに回し支払わ
> せようともくろんでいますがそのような愚劣な考えは到底許されません」


というセリフを引き合いに出して


>  あなたたちは逃げ切れるかもしれないけれど、私たちの未来は長いの
> だ、人生はまだ続くのだ、無責任なこと言うなよ、という悲鳴。それに
> 対して、「日本の借金はひどいひどいと言われてるけど実はそうでもな
> いという意見もある」とか、そういう話をしても意味がないと思う。私
> の中の「内なる植松」が聞きたいのはそんな言葉じゃないのだ。【中略】
>  ちなみに残念なことに、植松被告は日本の借金が100兆円と言って
> いるわけだが、1000兆円、というのが通説である。ヒトケタ多いと
> 知ったら、彼の危機感はより深まるのか、非常に気になるところだ。

>  そうしてこの原稿を書いている最中、安倍首相が来年10月から消費
> 税を10%に引き上げることを表明した。社会保障制度拡充のためであ
> る。この一報を、植松被告はどう受け止めるのであろうか。


と結んでいます。

 つまり、障がい者のケアのために多くの国家予算が食われ、そのあおりを

受けて若者たちがあおりを食っているという現実を無視して、やれ障がい者

の人権ガーとか言って被告を非難するのは真の問題に蓋をしているのではな

いか、そこをあえて問題にした被告にも一分の理がある、というような問題

提起を著者の雨宮さんはしたかったわけですね。

 何ともやりきれない事件ですが、これ、植松被告も著者の雨宮さんも、緊

縮脳というか、ゼロサム財政論に完全に洗脳されていますよね。

 今の日本の国家予算は、円という通貨が管理通貨制度によっており、しか

も日本の生産能力は十分すぎるくらい過剰なのですから、障がい者対策予算

をバンバン増額して、しかも若者への予算を大幅に増額して何の問題もない

はずです。なのに、植松被告も著者の雨宮さんも、それから(冒頭のクイズ

の答になっちゃうけど)財務省の役人も大多数の国会議員も、他の大多数の

国民と同じく、障がい者対策予算を増やすと(減らさないと)他の予算を減

らさなければならない、と思い込んでしまっていることが最大の悲劇です。

もし植松被告がこんなしょうもない先入観で洗脳されていなければ、あんな

凄惨な事件を起こさなかったかもしれないと思うと、この事件で亡くなった

被害者の方々は本当に気の毒としか言いようがない、何ともやりきれない思

いにかられてしまいます。それにしても憎きは財務省と彼らが宣伝に勤しむ

財政緊縮教というカルト宗教です。


                しかし財務省は廃止しなければならない

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.