★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 39045563

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら ****菩薩 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnewmespesadonew
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new かんだい・ネットショップ 『放知技』データベース


新時代を冷徹に読み解くおっさんたちの激論スレー36-

1:堺のおっさん:

2018/10/11 (Thu) 01:26:16

host:*.enabler.ne.jp
安倍総理は9月の自民党総裁選で、ゴリゴリの財務省増税派の石破派を排除することに成功した。国政での安倍総理の政治基盤は何一つ揺るがなかった。
消費税問題さえも逆手に取った安倍総理のマキャベリズムはこれからが正念場でもある。この山を乗り越えれば、ようやく長期政権のみがなしえる日本の再生に向かって日本は次のステージに向かっていく。
一方目を海外に転じれば、正月に突如声明された若き金正恩の新路線が世界を変えつつある。時間を追うにつれて飯山氏の「金正恩が世界を変える」との予測通りに動き始めている。
グローバリズム、ネオコンの衰退は誰の目にも明らかであり、多極化していく世界はこれまでの常識とはまるで違う発展を遂げていくこととなるであろう。
そのカギはアメリカが変われるのか? そして、トランプは中間選挙を乗り切り長期政権にたどり着けるのか? ドル体制は変わるのか? 来る新時代を客観視した議論を期待する。
747:mespesado:

2019/01/14 (Mon) 06:58:56

host:*.itscom.jp

 これから「日本衰退論」について連載を開始したいと思います。

 まずはmaster_kさんの


7つのデータで検証! 日本の衰退がひどすぎる件と衰退の原因
https://www.shameless1.com/entry/2018/09/22/7%E3%81%A4%E3%81%AE%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%81%A7%E6%A4%9C%E8%A8%BC_%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E8%A1%B0%E9%80%80%E3%81%8C%E3%81%B2%E3%81%A9%E3%81%99%E3%81%8E%E3%81%A6%E6%82%B2%E3%81%97%E3%81%8F


から。

 master_kさんは、日本株を中心とする投資家だそうで、「日本の競争力が

低下した原因は、①輸出業メインの産業構造で円高が進んだにも関わらず、

製造業に固執して、現状維持・現状追求の産業構造を続けたから」なんだそ

うです。

 う~む。「製造業に固執して」とか、実業を軽視する思想が垣間見られ、

株投資家にありがちな新自由主義っぽい予感が…。

 で、最初の節で、各国のGDP推移の比較グラフを載せ、米国がダントツ

に上昇し、中国も2010年ごろ日本を追い抜いて、今や日本の2倍となり、

他の先進国と比較しても、日本だけが横ばいで推移しており、「GDP総額で

は日本の経済活動は停滞していると言えます」と結論付けています。

 次に各国の一人当たりのGDPの推移を比較したグラフを掲載して、日本

が1997年まで世界第4位だったのが、今や世界第25位に転落しており、

「一人当たりGDPでも日本の経済活動は停滞している」と評価しています。

 そして原因の考察に入ります。

 2018年7月26日付日経新聞掲載の、主要546社の研究開発担当役員らを対象

に電子ファイル形式で取られたアンケート結果によると、


> 現状と10年後の研究開発力を、国別に5点満点で評価してもらった。現
> 状について、インドは平均3.0、中国は3.5と日本の3.8より低い。だが、
> 10年後にはインドは3.8、中国は4.3で日本の3.7を上回った。業界別でみ
> ると自動車・自動車部品では、中国が日本や米国を上回り、欧州に次ぐ
> 実力になるという結果だった。

>  日本の科学技術力の低下を指摘しているのはITや機械・エンジニア
> リング・造船、素材で多く、いずれも50%を超えた。

>  文部科学省科学技術・学術政策研究所によると、研究の質の高い研究
> 論文数は2013~15年平均で日本は世界9位。10年前の4位から急落した。
> 10年前には6位の中国が米に次ぐ2位に上昇した。論文は5~10年後の
> 国の科学技術力を映す先行指標といわれており企業も危機感を強めてい
> る様子がうかがえる。


ということだそうです。記事はまた、日本企業の「ブランド力」についての

国際比較についても言及して、かつて良かった日本企業のブランド力が落ち

ていることを指摘しています。

 そして日本企業がなぜ見るも無残に衰退したのか、その原因を企業の寿命、

大学の研究開発力などの客観的なデータを参照しながら森永卓郎などの評論

も参考にしながら、筆者は以下のように結論付けます:


> 日本衰退の真の原因は、「円高による製造業の海外シフトが起こったに
> も関わらず、新たな成長産業(ITを代表とするハイテク産業、サービス
> 業)にシフトさせなかった政府、経済界の失策」です。

> 本当は、自動車や機械産業から、ITを代表とするハイテク産業やソフト
> 産業、サービス業にシフトすべきだった。でも、出来なかった。

> なぜなら、政治を支えている経済・産業界の主力は旧来の製造業の経営
> 者だから。

> おそらくは、自分たちと同じような産業を守りたかったか、他の産業を
> 発展させることを考え抜かなかったのです。アメリカは日本に製造業で
> 完敗した後、見事にサービス業、ハイテク産業にシフトしたんですけど
> ね・・・


 そして最後にYahoo!ニュースの記事:


日本はもはや「先進国」ではない…深センで見た現実
https://news.yahoo.co.jp/byline/suzukitakahiro/20180820-00093797/


にリンクを貼って中韓の追い上げにも言及しながら以下のようにまとめます:


> ・経済規模の大きさや、一人あたりのGDPでは日本は他の先進国と比較し
>  てほとんど伸びていない。

> ・企業のブランド力は既に低下し始めており、今後研究開発力は中国や
>  インドに追い抜かれると予想される。

> ・大学の研究開発力はアジア1位だった東大が、2018年にはアジア13位と
>  急降下。世界でも19位から46位まで低下しており、世界でのプレゼン
>  スをなくしつつある。

> ・日本衰退の原因は、「円高による製造業の海外シフトが起こったにも
>  関わらず、新たな成長産業にシフトさせなかった政府、経済界の失策」
>  と考える。


 さて、この記事をきっかけに、よく言われる「日本の衰退」とやらの実態

と、その真の原因は何なのかについて考えていきたいと思います。

                              (続く)

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.