★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 39046173

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら ****菩薩 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnewmespesadonew
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new かんだい・ネットショップ 『放知技』データベース


新時代を冷徹に読み解くおっさんたちの激論スレー36-

1:堺のおっさん:

2018/10/11 (Thu) 01:26:16

host:*.enabler.ne.jp
安倍総理は9月の自民党総裁選で、ゴリゴリの財務省増税派の石破派を排除することに成功した。国政での安倍総理の政治基盤は何一つ揺るがなかった。
消費税問題さえも逆手に取った安倍総理のマキャベリズムはこれからが正念場でもある。この山を乗り越えれば、ようやく長期政権のみがなしえる日本の再生に向かって日本は次のステージに向かっていく。
一方目を海外に転じれば、正月に突如声明された若き金正恩の新路線が世界を変えつつある。時間を追うにつれて飯山氏の「金正恩が世界を変える」との予測通りに動き始めている。
グローバリズム、ネオコンの衰退は誰の目にも明らかであり、多極化していく世界はこれまでの常識とはまるで違う発展を遂げていくこととなるであろう。
そのカギはアメリカが変われるのか? そして、トランプは中間選挙を乗り切り長期政権にたどり着けるのか? ドル体制は変わるのか? 来る新時代を客観視した議論を期待する。
803:亀さん:

2019/01/25 (Fri) 07:36:07

host:*.t-com.ne.jp
>>796

堺のおっさん、かんだいの皆様、そして参加者の皆様、今回もありがとうございました。皆さんにはお話したように、現在ヒジョーに締め切りタイトな仕事を抱えていますので、私信でかんだい関係者に送ったメール内容を、そのままコピペします ^^;

__________
先程、秩父山地の麓に戻りました。今回の志布志についての旅行記、二月に入っ
て暫くしたらブログ記事にするつもりです。やはり、今回一番強く印象に残った
のが唐仁古墳群でした。ここに、日本の原点があるということが身体全体でわか
りました。やはり、現地に足を運ばないと分からないことがあるものですね。例
えば、同古墳群の周辺には沢山の古墳があり、そこに日本の基礎を打ち立てた古
の人々の心というか、魂が語りかけてくるようでした。

また、帰りに西武池袋線の池袋駅構内にある書店に寄り、五木寛之の『百歳人生
を生きるヒント』を入手しました。確か、飯山さんがHPに取り上げていた五木
の本は、これだったと朧気ながら記憶していたので、迷わず手にしました。

志布志の飯山〝邸〟で飯山さんの遺影に初めて接し、改めて、「嗚呼、やはり亡く
なられたんだな…」と思うと感慨深いものがあったのだし、飯山史観を完成させ
た以降の自分の人生の冥土までの暇潰しを考える足掛かりとして、現在溜まって
いる仕事を終えたら、じっくりと五木の本をひも解きたいと思います。

でわ、またいつの日か再会しませう。その時までお元気でお過ごしください。


亀さん@人生は冥土までの暇潰し
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

> 急速に失われつつある鹿児島弁

サンフラワー号の乗船時間を気にし出したころから、角田博士の『日本人の脳』の話に入り、これは面白くなるぞと思ったものです。堺のYさん、小生、飯山史観の完成が近づいたら、志布志を再訪したいと思います。もし、時間があったら、以下のテーマを取り上げるつもりでした。
http://toneri2672.blog.fc2cn.com/blog-entry-1619.html
→日本語の源流

http://toneri2672.blog.fc2cn.com/blog-entry-1598.html
→「膠着語」「孤立語」「屈折語」、それぞれの違いについて

http://toneri2672.blog.fc2cn.com/blog-entry-1288.html
→日本語特有の擬声語(西洋で云うオノマトペとは異なる)

「かごしま ことば塾」の先輩は焼酎が好きなようだ。今度は焼酎を酌み交わしつつ、じっくりと「日本語」について語り合いたいと思う。

それにしても、その先輩が小生に問いかけた質問、「雪がしんしんと降る」のしんしんは、英語でどのように訳すのか、今でも悩む…。山岸勝榮先生の「歌詞に見る美しい日本語―英語翻訳ができない1つの理由し」と題する記事を再読しつつ、やはり「しんしん」の英訳は無理だなと、改めて痛切に思いを致した次第…。
http://blog.livedoor.jp/yamakatsuei/archives/52139120.html


それにしても、堺のYさん、お互いに年は取りたくないもんですね。そのあたり、二月に入ったら、五木寛之の『百歳人生を生きるヒント』を読了次第、同書の読後感をブログ記事にします。乞うご期待!


亀さん拝

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.