★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 39080485

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら ****菩薩 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnewmespesadonew
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new かんだい・ネットショップ 『放知技』データベース


新時代を冷徹に読み解くおっさんたちの激論スレー37-

1:堺のおっさん:

2019/02/16 (Sat) 13:43:18

host:*.enabler.ne.jp
いよいよ二回目の米朝首脳会談が迫ってきた。金正恩とトランプというこれまでにない
国家指導者が作り出す新たな****面は我々の固定概念を打ち砕くであろう。
北朝鮮が途轍もない経済発展を成し遂げることは、覇権争いにも大きく影響する。
自立した朝鮮を悲願とする金正恩は、まだ、若干35歳である。10年どころか、
30年先まで国家指導者として君臨しうる。時がたてばたつほど、この若さは武器となり、
10年先までしか見通せない指導者を凌駕していくことであろう。
その片鱗を見通していくスレッドになることを期待する。
349:出世外人 :

2019/04/12 (Fri) 21:11:28

host:*.bbtec.net
堺のおっさん様

>>346

中央集権と道州制(地方分権)ということで、ふと考えたことです。

日本における中央集権制というのは、奈良時代に大宝律令・公地公民でいったんがっちり構築され、その後ズルズルと崩壊、ほとんど形骸化していたところで、約1000年ぶりに明治維新の王政復古により劇的に復活しています。

その意味では、明治前の歴史で、中央集権的な時代はまれだったといえるでしょう。

ただ、少し詳しく歴史を振り返ってみると、地方分権的な基調・趨勢の中で、時々「中央集権」的な体制が回復し、「地方分権」的な体制と振幅するような形で交互に繰り返す、一種の運動性・周期性があるように思えます。

 *大和政権草創期:分権的
    ↓
 *奈良時代~平安時代中期:中央集権的(大宝律令制定 現在に続く徴税機構と官僚機構の成立)
    ↓
 *平安時代後期~鎌倉時代:地方分権的
    ↓
 *建武親政:中央集権的
    ↓
 *室町時代~戦国時代:地方分権的
    ↓
 *織豊期:中央集権的
    ↓
 *江戸時代:地方分権的
    ↓
 *明治時代:中央集権的
    ↓
 *大正時代:分権的(大正デモクラシー)
    ↓
 *昭和・平成:中央集権的(大政翼賛、国家総動員法)、グローバリゼーション

日本の中央集権化は必ず、戦争、貿易、海外文化の流入など、対外的な「ストレス」がきっかけになっている点が特徴的だと思います。

要は、対外的なショックに対して、国をまとめて対応しなければ、ということでしょう。

 *白村江の大敗⇒奈良時代(公地公民・大宝律令)

 *元寇⇒建武親政

 *南蛮文化、キリスト教の流入⇒織豊期

 *欧米列強、開国と文明開化⇒明治維新

 *敗戦とアメリカナイゼーション⇒昭和

しかし中央集権のデメリットというのは、

とにかくそのシステム=官僚機構の維持コストが非効率で、民衆を苦しめる点です(民衆は巨大な官僚システムのほとんど「奴隷」)。

 *奈良時代:租庸調を都に運ぶ農民が途中で野垂れ死に

 *建武親政:「此頃(このごろ)都ニハヤル物・・・俄大名 迷者 安堵 恩賞 虚軍(そらいくさ)・・・」

 *織豊期:検地、手伝普請、朝鮮出兵

 *明治期:徴兵制(江戸時代までは年貢が厳しい地方でも、命まで取られることはなかったが、命が税として取られる時代に!)

 *昭和期:軍隊(最大の官僚機構)が肥大化して、国がひっくり返る。一方、敗戦で一応は建前上、民主化したことになっているが、官僚は国家総動員法の旨味のある部分はしっかり残した。

 *平成期:財務省を筆頭に特殊法人、日本版DSが国富を蚕食。

一方、地方分権的な時代の特徴はというと、国富の源泉である「文化力」が非常に高まる点ではないでしょうか。

これは、中央集権システムを維持するためにロスになっていた富が、国内の各階層に効率的に還元されるためでしょう。

 *平安時代後期;国風文化の隆盛

 *鎌倉時代:鎌倉仏教(日本オリジナルの思想)成立、仏像、刀剣など美術・工芸の水準も歴史上ピークに

 *江戸時代;民衆の識字率は世界最高の7~9割

それでは「令和」時代はどちらに向くのかというと、やはり地方分権化の方向で、「道州制」的な体制は自然な流れに思えます。

グローバリズムがオールドファッション化し、ネオコンが弱体化、トランプ氏やプーチン氏など、非介入路線のリーダーが世界を守っています。

日本も、国内をしっかり固めて、日本を取り戻す、調整の時期に入る、といったところではないでしょうか。


このトピックはレス満タンなので返信できません。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.