★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 57716963

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら ****菩薩 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnewmespesadonew移ろうままに2new
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new かんだい・ネットショップ 『放知技』データベース


『放知技』データベース

1:mespesado :

2018/03/24 (Sat) 11:58:23

host:*.itscom.jp
 各スレッドで必要になるデータで、当該スレッドに直接書き込むと長文になって迷惑になるような情報で、元がpdfだったり音声だったりするようなものをテキスト起こしして記録しておくためのスレッドです。
【目次】
>>2 【森友】 財務省:『決裁文書についての調査の結果』
>>3 【森友】 『貸付決議書①「普通財産決議書(貸付)」(平成27年4月28日)』の後半部分.
>>4 【森友】 『森友・改竄前の文書』に関する東京新聞論説主幹・長谷川幸洋氏の論考
>>5 【森友】 『貸付決議書②「普通財産決議書(貸付)」(平成27年5月27日)』
>>6 【森友】 『3.売払決議書「普通財産売払決議書」(平成28年6月14日)』
>>7 【森友】 『特例承認の決裁文書①「普通財産の貸付に係る承認申請について(平成27年2月4日)』
         「安倍昭恵」等の固有名詞は,後半の別紙の「これまでの経緯」の部分.
>>8 【森友】 『特例承認の決裁文書②「普通財産の貸付に係る承認申請について(平成27年4月30日)』
>>9 【森友】 『「学校法人 森友学園」の概要等(平成27年4月30日)』
>>10 【森友】 「経緯」について,事実を時系列で並べなおしたもの
>>11 【森友】 「特殊な地域を一気に買い上げて合筆している」
>>12 【米中貿易摩擦】 『中国 習主席が市場開放策』(2018/04/10)
>>13 【板門店】 朝鮮半島の平和と繁栄、統一のための『板門店宣言』(2018.04.28)
>>14 【金正恩】 『金正恩党委員長 2018新年の辞』(2018年の激動の切っ掛けとなった!)
>>15 【拉致問題】 日本人拉致問題に関する一考察 『みち』平成24年2月第353号
>>16 【拉致問題】 『日朝平壌宣言』平成14年.拉致の「ら」の字も書かれてないww
>>17 【財政問題】 『アベノミクスによろしく』(明石順平著)の書評(by mespesado)
>>18 【古代史】 ☆☆☆☆☆ 『日本』という国名の秘密 ☆彡 (飯山一郎)
>>19 【板門店】 『10・4宣言』(廬武鉉と金正日が締結したが,履行されなかった)
>>20 【PB,消費税】 消費税増税賛成派の有識者一覧
335:闇の政府の代理人と看做せるジョー・フミオ :

2022/05/22 (Sun) 19:09:08

host:*.eonet.ne.jp
https://bbs6.fc2bbs.net//bbs/img/_409100/409098/full/409098_1653214148.png

>>235
>>294
>>324
>>334
(関連)

【実は仲良し】岸田文雄氏とバイデン政権の大物ケリー氏の共同作業「オバマ大統領の広島訪問」が凄すぎる
https://matomame.jp/user/graaaa_lion/49832a823191b45fcb61

※(広島訪問)オバマ劇場
http://gosyo.blog.jp/archives/8855791.html
バイデン日韓訪問で台湾有事
http://iiyama16.blog.fc2cn.com/blog-entry-10547.html
※ケリー曰くバイデンは大リセットに専念
https://yocchan31.blogspot.com/2021/01/blog-post_26.html


※WHOパンデミック条約:「ゲイツとビッグファーマのグローバルヘルスアジェンダを命令するためのステルスクーデター」
http://glassbead.blog.shin○obi.jp/medical%20tyranny/a%20stealth%20coup
(抜粋)

バイデン政権のイニシアティブにより、2022年11月、ちょうど北半球で次のインフルエンザの季節が始まる頃、奇跡が起こらない限り、世界保健機関は、地球全体の国の健康規制と対策に対して前例のないトップダウン管理を行うことになる。ステルス・クーデターとも言うべきもので、WHOは国連加盟194カ国の国家主権を無視し、国際法の力でその国の健康対策に口出しする強権を新たに手に入れることになるのである。これは、WHOパンデミック条約と呼ばれることもあるが、それ以上のものである。さらに悪いことに、WHOの予算のほとんどは、ゲイツ財団のようなワクチンと結びついた民間財団やビッグファーマから出されており、巨大な利益相反がある。


事実上の新法

WHOは、ようやく米国の「修正案」を発表した。削除された部分と、新たに追加された(https://apps.who.int/gb/ebwha/pdf_files/WHA75/A75_18-en.pdf)部分が示されている。バイデン政権の変更は、これまでWHOがパンデミック対応のみならず、国家の「健康」に関わるすべてについて各国政府に助言する役割を担っていたのを、WHO事務局長(現テドロス・アダノム)が決定すれば、各国の保健機関を覆す権限を新たに持つというものである。アメリカのバイデン政権とWHOは結託して、まったく新しい条約を作り、すべての健康上の決定を国や地域レベルからジュネーブ、スイス、WHOに移行させようとしているのである。既存のWHO条約に対するワシントンの修正案の典型は第9条である。米国の変更は、WHOの「shall」を挿入し、「may」を削除することである。もし締約国が48時間以内に協力の申し出を受け入れない場合、WHOは・・・することができる」。現在削除されている同条項では、「関係締約国の見解を考慮したWHOによる協力の申し出・・・」となっている。ドイツやインド、あるいは米国の保健当局の見解や判断は無関係になる。WHOは各国の専門家の意見を無視して、将来のあらゆるパンデミック、さらには伝染病や地域の健康問題についさえても、国際法としてその権限を与えることができるようになる。

さらに、新たに提案された第12条「国際的懸念のある公衆衛生上の緊急事態、地域的懸念のある公衆衛生上の緊急事態、中間保健警告の決定」では、WHOのトップ(現在5年の任期を終えたテドロス)が単独で、加盟国の同意なしでも緊急事態を宣言することができるとされている。WHOのトップは、ポリオ、エボラ出血熱、鳥インフルエンザ、COVIDなど、WHOが問題視している(https://expose-news.com/2022/04/26/who-pandemic-treaty-threat-to-your-freedom)ものすべてについて、関連する「緊急事態委員会」に諮問することになる。要するに、これは世界で最も腐敗した保健機関の一つによる、市民の健康に対する世界的な****なのである。WHOの緊急委員会のメンバーは、不透明な手続きで選ばれ、典型的には、ポリオに関する現在の委員会のように、多くのメンバーがGAVIやCEPIといった様々なゲイツ財団の隠れ蓑と結びついている。しかし、その選考プロセスは完全に不透明であり、WHOの内部で行われているのである。

新パンデミック条約は、テドロスとWHOにワクチンパスポートとCOVIDの接種を世界中で義務付ける権限を与えることになる。彼らは世界的なワクチンパスポート/デジタルIDプログラムの作成に取り組んでいる。新しい「パンデミック条約」の下では、WHOの健康政策によって人々が被害を受けたとしても、何の説明責任もない。WHOは外交特権を持っている。元WHO幹部職員で内部告発者のアストリッド・シュトゥッケルベルガー[Astrid Stuckelberger](現在はジュネーブ大学医学部グローバルヘルス研究所の科学者)は、「もし新パンデミック条約が加盟国で採択されれば、これは自然災害やパンデミック時には(第9条による)WHO憲法が各国の憲法より優先されることを意味している。言い換えれば、WHOは、もはや勧告をするのではなく(https://www.bizcommunity.com/Article/196/148/225648.html)、他国に対して****的命令をすることになる」と指摘している。


WHO、ゲイツ、GERM

WHOの最大の寄付者(GAVIを含む)であり、自称「グローバリストの何でも屋」のビル・ゲイツが、新しいルールの下で何が行われるかのヒントを与えてくれた。ゲイツは4月22日のブログで、GERM(Global Epidemic Response and Mobilization-team)という頭文字をとって面白いことを提案している。それは、「危険なアウトブレイクにいつでも協調して対応できるよう、十分な報酬と準備を備えた専門家の常設組織」を持つというものである。彼は、ハリウッド映画『アウトブレイク』をモデルにしているという。

「このチームの疾病監視の専門家は、潜在的なアウトブレイクを探すことになる。一旦発見すれば、GERMはアウトブレイクを宣言する能力を持つべきである・・・」 

もちろん、テドロス率いるWHOが調整する。

「この仕事は、世界的な信頼を(https://www.gatesnotes.com/Health/Meet-the-GERM-team)得ることができる唯一のグループであるWHOによって調整されるでしょう。」

ディストピア的な発想で言えば、現在進行中の偽「鳥インフルエンザ」H5N1の流行で、1羽でも陽性反応が出れば、世界中で数千万羽の鶏が殺処分されるというものである。この検査は、COVID-19の検出に使われたのと同じ詐欺的なPCR検査である。最近、トランプのCDCのトップであるロバート・レッドフィールド医師がインタビューに応じ、鳥インフルエンザは来るべき「大パンデミック」で人間に飛び火して高い致死率を示し、そのためのCOVID-19は単なるウォーミングアップであると「予言」しているのだ。

レッドフィールドは2022年3月のインタビューで、「私たちは認識しなければならないと思います-私はいつも言っていますが、COVIDのパンデミックは警鐘だったと思います。私は、それが大パンデミックだったとは思っていません。大パンデミックはまだ先のことで、それは人間にとっての鳥インフルエンザのパンデミックになると思います。10~50%の範囲で重大な死亡率が発生しそうです。大変なことになりますよ(https://journal-neo.org/2022/05/18/who-stealth-coup-to-dictate-global-health-agenda-of-gates-big-pharma)」と宣言した。WHOの新しい****的な権限の下で、WHOは反対の証拠に関係なく、このような詐欺で健康上の緊急事態を宣言することができる。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.