★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 57715598

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら ****菩薩 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnewmespesadonew移ろうままに2new
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new かんだい・ネットショップ 『放知技』データベース


『放知技』データベース

1:mespesado :

2018/03/24 (Sat) 11:58:23

host:*.itscom.jp
 各スレッドで必要になるデータで、当該スレッドに直接書き込むと長文になって迷惑になるような情報で、元がpdfだったり音声だったりするようなものをテキスト起こしして記録しておくためのスレッドです。
【目次】
>>2 【森友】 財務省:『決裁文書についての調査の結果』
>>3 【森友】 『貸付決議書①「普通財産決議書(貸付)」(平成27年4月28日)』の後半部分.
>>4 【森友】 『森友・改竄前の文書』に関する東京新聞論説主幹・長谷川幸洋氏の論考
>>5 【森友】 『貸付決議書②「普通財産決議書(貸付)」(平成27年5月27日)』
>>6 【森友】 『3.売払決議書「普通財産売払決議書」(平成28年6月14日)』
>>7 【森友】 『特例承認の決裁文書①「普通財産の貸付に係る承認申請について(平成27年2月4日)』
         「安倍昭恵」等の固有名詞は,後半の別紙の「これまでの経緯」の部分.
>>8 【森友】 『特例承認の決裁文書②「普通財産の貸付に係る承認申請について(平成27年4月30日)』
>>9 【森友】 『「学校法人 森友学園」の概要等(平成27年4月30日)』
>>10 【森友】 「経緯」について,事実を時系列で並べなおしたもの
>>11 【森友】 「特殊な地域を一気に買い上げて合筆している」
>>12 【米中貿易摩擦】 『中国 習主席が市場開放策』(2018/04/10)
>>13 【板門店】 朝鮮半島の平和と繁栄、統一のための『板門店宣言』(2018.04.28)
>>14 【金正恩】 『金正恩党委員長 2018新年の辞』(2018年の激動の切っ掛けとなった!)
>>15 【拉致問題】 日本人拉致問題に関する一考察 『みち』平成24年2月第353号
>>16 【拉致問題】 『日朝平壌宣言』平成14年.拉致の「ら」の字も書かれてないww
>>17 【財政問題】 『アベノミクスによろしく』(明石順平著)の書評(by mespesado)
>>18 【古代史】 ☆☆☆☆☆ 『日本』という国名の秘密 ☆彡 (飯山一郎)
>>19 【板門店】 『10・4宣言』(廬武鉉と金正日が締結したが,履行されなかった)
>>20 【PB,消費税】 消費税増税賛成派の有識者一覧
409:温故知新で真の支配者をイメージする :

2022/08/01 (Mon) 15:55:39

host:*.eonet.ne.jp
https://bbs6.fc2bbs.net//bbs/img/_409100/409098/full/409098_1659336940.jpg

>>203
>>298
(関連)

国際秘密力000
https://caritaspes.hatenablog.com/entry/2022/04/01/022036
※必ずお読みください


国際秘密力00
https://caritaspes.hatenablog.com/entry/2022/04/02/020005
■紹介


国際秘密力01
https://caritaspes.hatenablog.com/entry/2022/04/03/021127
■献辞 ■前言 ■緒言


(第1部)

国際秘密力02
https://caritaspes.hatenablog.com/entry/2022/04/04/055507
■第1章 起源 ■第2章 パレスチナにて


国際秘密力03
https://caritaspes.hatenablog.com/entry/2022/04/05/041439
■第3章 古代ローマ帝国による統治 ■第4章 諸宗教


(第2部)

国際秘密力04
https://caritaspes.hatenablog.com/entry/2022/04/07/024232
■第5章 キリスト教の拡散


国際秘密力05
https://caritaspes.hatenablog.com/entry/2022/04/08/023230
■第6章 IJC(国際ユダヤ幇)


国際秘密力06
https://caritaspes.hatenablog.com/entry/2022/04/09/015201
■第7章 イスラム教とその狙い


国際秘密力07
https://caritaspes.hatenablog.com/entry/2022/04/10/035422
■第8章 カザール人


(第3部)

国際秘密力08
https://caritaspes.hatenablog.com/entry/2022/04/11/035138
■第9章 マグナ・カルタ(大憲章)


国際秘密力09
https://caritaspes.hatenablog.com/entry/2022/04/12/143652
■第10章 マルコ・ポーロ


国際秘密力10
https://caritaspes.hatenablog.com/entry/2022/04/13/042627
■第11章 新世界


(第4部)

国際秘密力11
https://caritaspes.hatenablog.com/entry/2022/04/14/035207
■第12章 土着民族


国際秘密力12
https://caritaspes.hatenablog.com/entry/2022/04/15/073127
■第13章 出会い


国際秘密力13
https://caritaspes.hatenablog.com/entry/2022/04/16/014149
■第14章 銀行と混乱


(第5部)

国際秘密力14
https://caritaspes.hatenablog.com/entry/2022/04/17/042856
■第15章 西方に進む


国際秘密力15
https://caritaspes.hatenablog.com/entry/2022/04/18/062327
■第16章 日本に入る


国際秘密力16
https://caritaspes.hatenablog.com/entry/2022/04/19/033512
■第17章 南北戦争と再構築


国際秘密力17
https://caritaspes.hatenablog.com/entry/2022/04/20/015516
■第18章 シオニズム出現


国際秘密力18
https://caritaspes.hatenablog.com/entry/2022/04/21/035119
■第19章 再起した運命顕示説(米国の帝国主義思想)


国際秘密力19
https://caritaspes.hatenablog.com/entry/2022/04/22/054536
■第20章 英国汽船『ルシタニア』


(第6部)

国際秘密力20
https://caritaspes.hatenablog.com/entry/2022/04/23/023254
■第21章 『シオン長老の議定書』上


国際秘密力21
https://caritaspes.hatenablog.com/entry/2022/04/24/024304
■第21章 『シオン長老の議定書』下


国際秘密力22
https://caritaspes.hatenablog.com/entry/2022/04/25/041903
■第22章 マスコミ


国際秘密力23
https://caritaspes.hatenablog.com/entry/2022/04/26/031142
■第23章 教育


(第7部)

国際秘密力24
https://caritaspes.hatenablog.com/entry/2022/04/27/033830
■第24章 第二次世界大戦到来


国際秘密力25
https://caritaspes.hatenablog.com/entry/2022/04/28/024847
■第25章 情報作戦から原子爆弾まで


国際秘密力26
https://caritaspes.hatenablog.com/entry/2022/04/29/023928
■第26章 GHQと幣原喜重郎偈


国際秘密力27(完)
https://caritaspes.hatenablog.com/entry/2022/04/30/024411
■第27章 国際連合

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.