★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 58590021

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら ****菩薩 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnewmespesadonew移ろうままに2new
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new かんだい・ネットショップ 『放知技』データベース


『放知技』データベース

1:mespesado :

2018/03/24 (Sat) 11:58:23

host:*.itscom.jp
 各スレッドで必要になるデータで、当該スレッドに直接書き込むと長文になって迷惑になるような情報で、元がpdfだったり音声だったりするようなものをテキスト起こしして記録しておくためのスレッドです。
【目次】
>>2 【森友】 財務省:『決裁文書についての調査の結果』
>>3 【森友】 『貸付決議書①「普通財産決議書(貸付)」(平成27年4月28日)』の後半部分.
>>4 【森友】 『森友・改竄前の文書』に関する東京新聞論説主幹・長谷川幸洋氏の論考
>>5 【森友】 『貸付決議書②「普通財産決議書(貸付)」(平成27年5月27日)』
>>6 【森友】 『3.売払決議書「普通財産売払決議書」(平成28年6月14日)』
>>7 【森友】 『特例承認の決裁文書①「普通財産の貸付に係る承認申請について(平成27年2月4日)』
         「安倍昭恵」等の固有名詞は,後半の別紙の「これまでの経緯」の部分.
>>8 【森友】 『特例承認の決裁文書②「普通財産の貸付に係る承認申請について(平成27年4月30日)』
>>9 【森友】 『「学校法人 森友学園」の概要等(平成27年4月30日)』
>>10 【森友】 「経緯」について,事実を時系列で並べなおしたもの
>>11 【森友】 「特殊な地域を一気に買い上げて合筆している」
>>12 【米中貿易摩擦】 『中国 習主席が市場開放策』(2018/04/10)
>>13 【板門店】 朝鮮半島の平和と繁栄、統一のための『板門店宣言』(2018.04.28)
>>14 【金正恩】 『金正恩党委員長 2018新年の辞』(2018年の激動の切っ掛けとなった!)
>>15 【拉致問題】 日本人拉致問題に関する一考察 『みち』平成24年2月第353号
>>16 【拉致問題】 『日朝平壌宣言』平成14年.拉致の「ら」の字も書かれてないww
>>17 【財政問題】 『アベノミクスによろしく』(明石順平著)の書評(by mespesado)
>>18 【古代史】 ☆☆☆☆☆ 『日本』という国名の秘密 ☆彡 (飯山一郎)
>>19 【板門店】 『10・4宣言』(廬武鉉と金正日が締結したが,履行されなかった)
>>20 【PB,消費税】 消費税増税賛成派の有識者一覧
499:マーケットに関するコメントの具体例として :

2022/11/11 (Fri) 23:23:29

host:*.eonet.ne.jp

サンプル①:世界中の市場参加者が関心を寄せていた10月の米CPIは、久々に市場予想を下回る伸び率に留まり、市場ではポジティブサプライズとして広く受け止められた。FRBが12月にも利上げ幅を縮小するという市場の観測を後押しした。CPIでは幅広い項目で物価上昇の勢いが和らぎ、高インフレの最悪期は脱したようだ。供給制約も改善に向かっており、インフレが鈍化基調になる兆しも見えてきた。FRBが想定ほど積極的に金融引き締めを続ける必要がなくなれば、米経済は過度な落ち込みを回避できる。仮に4割の確率でリセッションに陥ったとしても軽度と予想する。今後もインフレが和らぐとの見方に立てば、政策金利は最終的に5~5.25%になる見込みだ。12月と来年2月に0.5%、3月のFOMCで0.25%の利上げのあとFRBは利上げを停止し、2023年10~12月期中に利下げすると見る。10月のCPIを受けて、米10年債利回りは4%を下回る水準を見込みやすくなった。ただ、年内は労働市場の引き締まりやFRBの利上げ継続を背景に、米金利のレンジの上限は10年債が4.15%、2年債が4.5%と予想する。


Inflation Huge Miss: Core CPI Slides From 40-Year-High, Real Wages Tumble For 19th Straight Month
https://www.zerohedge.com/personal-finance/core-cpi-inches-lower-40-year-highs-real-wages-tumble-19th-straight-month

NYダウ、上げ幅一時1000ドル超 インフレ緩和期待で
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN10DGX0Q2A111C2000000


>>498
(`・ω・´)
日経系に出ている物や
ZeroHedgeの記事など
これらを参照されたし


NYダウ1201ドル高、インフレ鈍化期待 円一時140円台
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN00001_R11C22A1000000

'Cool' CPI Print Sparks Massive Dovish Repricing In Rate Expectations, Bonds & Stocks Soar
https://www.zerohedge.com/markets/cool-cpi-print-sparks-massive-dovish-repricing-rate-expectations-bonds-stocks-soar


サンプル②:11月末の感謝祭ごろまでは円キャリーの巻き戻しが続きやすく、ドル円相場は年末の決算に向けて130円台を試す可能性がある。ただ、米国のインフレ率は依然として高く、伸び鈍化が続くか不透明感も漂う。FRBが利上げ幅を縮小したとしても、日米の金利差を踏まえれば、積極的に円を買えるかは疑問だ。12月のFOMCなどを受けて、再び円安・ドル高になることも想定され、年末まで138~144円程度での動きと考えている。10日発表の10月の米CPIの結果を受けて、FRBが先々の利上げ幅を縮小するとの観測が広がり、急速に円高・ドル安が進行した。11日がベテランズデーの祝日で米債券・外為市場が休場になることや、シカゴ先物市場における投機筋のポジションがドル売り・ユーロ買いに傾くなど、ドル全面高の変化が意識されていただけにポジション調整の動きが大きくなった。145円以上でドルを買っていたFXなどを手掛ける個人投資家については、完全に投げ売りしたという印象だ。120円台で形成されたようなポジションに関しては、引き続きスワップポイントを享受したいとして積極的に利益確定に動く雰囲気は無い。130円程度までの円高・ドル安が見える局面にならなければ、大きな変化はないだろう。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.