★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 65202003

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら ****菩薩 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnewmespesadonew移ろうままに2new
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new  『放知技』データベース


放知技の書斎

1:猿都瑠 :

2019/03/29 (Fri) 15:15:25

host:*.au-net.ne.jp
情報時代と言えど、読書の重要性は増す一方。
古典と呼ばれる書籍群から現在に至るまで、この書籍は必読、こんな書籍を読みました、読んでます。
この書籍はお薦めですとか何でもE~です。
他のスレと重複しても構いませんので、皆さんどうぞ。
75:亀さん:

2019/09/12 (Thu) 02:18:59

host:*.t-com.ne.jp
>>74
__________
言霊精義 [新装版]
言霊百神 [新装版]古事記解義
言霊開眼 [新装版]
神道から観たヘブライ研究三部書―言霊学事始
言霊学事始 神道から観た仏教三部書―法華経要義・歎異抄講話・無門関講話
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
猿都瑠さんは、日の出の勢いの貴景勝や朝乃山を思わせるような、(読書という名の)猛稽古を積んでいますね、末恐ろしいwww

天童竺丸編集長といった道友と月に二回ほど池袋に集い、古事記の暗誦をやったことがあります。互いに古事記の上巻を諳んじるレベルに達したら、全員が池袋駅前に立ち並び、古事記誦習をやろう、という話が出ていましたが、途中で立ち消え…(爆)
__________
その文明地政学協会の一角で、栗原さんを囲んで舎人学級という集いが平均して月に2回のペースで開かれ、そこでは『みち』に毎号掲載される栗原稿の輪読の他、古事記の上巻(ふることふみ・かみつまき)の誦習が行われ、その後は直会(なおらい)に入って酒を酌み交わしながら、栗原さんの国体レベルの講話に耳を傾けるというのが通常の流れです。筆者も舎人学級に末席を汚すようになって1年が経ち、漸く今では上巻の三貴子(みはしらのうづのみこ)の誕生までは、古事記本を見ないでも諳んじることができるようになりました。
http://pro.cocolog-tcom.com/edu/2010/10/post-06f9.html
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ところで、言霊、今東光和尚の「読書と体験」の話ではありませんが、読書と言霊は、全くの別物…。

上述の栗原さんが、かつて以下のように語っていたことがあります。
__________
 渡辺が「遺伝子の構造の中に生命の設計図はない」と断言しうる根拠は、分光のスペクトルを観測する法に卓越したからで、フィンランドに行って電子立国を手助けした窪田規(くぼたただし)も同じであって、色の観測法に優れた者なら等しく知るところであり、あえていうなら、物理化学の基本なのである。

 ただし、理を学ぶ術の分野に生きる学派は、言霊を批判あるいは懐疑的に捉えて成り立つ職能集団であるゆえに、核心を突くことができない。もっぱら科(とが)を学ぶ術の制度により、細分化された学派が競い争うことから、総論賛成・各論反対という無責任な態度に終始するのみである。

 したがって、渡辺が「遺伝子の構造の中に生命の設計図はない」と断言はできても、「では生命の設計図はどこから来るか」という問題に答えを出せないのは仕方ない。
http://pro.cocolog-tcom.com/edu/2011/11/post-5eec.html
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ちなみに、まほろば会では、小笠原孝次師について語っていたのは同師の高弟であった藤原さんのみで、天童さんは相曽誠治師により強い関心を持っていました。小生の愚息らに天童さんが同師の書籍を数冊プレゼント、彼らも熱心に読んでいた姿を懐かしく思い出します。
相曽誠治氏は神界から来た「言向命」だった
http://michi01.com/tendoh/260ktg26671101.html


> 一言だけで一般人が1時間話したことよりも濃い内容だと言う事。

そういう世界、分かります。と同時に思い出すのが、平成天皇(現上皇陛下)と温家宝首相の対談…
◆2011/01/11(火) 金王朝の “深い深い謎” -49-
http://grnba.jp/more16.html#ws0111



亀さん@人生は冥土までの暇潰し

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.