★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 65067916

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら ****菩薩 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnewmespesadonew移ろうままに2new
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new  『放知技』データベース


混沌に希望を見出す賢者の発信スレー41-

1:堺のおっさん:

2021/01/24 (Sun) 07:25:51

host:*.enabler.ne.jp
どういう訳か、本スレが消えてしまっている。

原因調査を行いますが当面、記事はここにお願いいたします。


前スレはまさに武漢ウイルスという世界を混沌の世界に変え、

希望を打ち壊すまっただ中で国家について検証してきた。

今後の世界に最大の影響を与える一つのイベントである

アメリカ大統領選挙の投票日を3日後に控え、

世界がどちらになるのか固唾をのんで見守っている。

どちらになるにも、選挙自体が混乱し政治的空白が生じる。

こうした局面で真に問われるのは明確な指針である。

日本の進む道を照らす投稿を期待したい。
664:mespesado :

2022/01/30 (Sun) 16:41:50

host:*.eonet.ne.jp

岸田首相も陥ったコロナ「後手後手」批判
広がる既視感、準備十分だった?
https://www.nikkansports.com/general/column/nakayama/news/202201300000195.html


> 岸田首相の政治スタイルは、政策の方向性が適切でないと気づけば、修
> 正をいとわないのが特徴。「安倍&菅時代から激変」といわれる姿勢を、
> ある野党議員は「ツッコミどころが難しい」と手を焼いていた


> 「有事には強いリーダーシップが不可欠」とはよくいわれることだ。コ
> ロナはまさに有事だが、岸田首相から、国民が安心できるようなリーダ
> ーシップは、まだなかなか感じられない。


↑記事は岸田首相の「優柔不断」さをネガティブに報道する。

 一方、財務関係について↓


https://jp.reuters.com/article/japan-pm-idJPKBN2K00NR


> 緒方氏は首相に対してデフレは貨幣現象かと質問。首相は「貨幣が物価
> 変動に影響を与える意味では貨幣現象だが、デフレにはさまざまな要因
> もあることに留意が必要」と応じた。

> 首相は、安倍政権と同様、2%の物価目標をもとに金融政策運営を行う
> 方針を関係閣僚で確認しているが、「どのような政策を具体的に取るか
> は日銀に任せるのが基本姿勢」と述べた。

> さらに「日銀による国債引き受けを前提に野放図な財政政策を行えば、
> 国の信頼を失う恐れがある」とし、岸田政権では「MMT政策は採って
> いない」と話した。


 もちろん、三橋さんは、この最後の部分について


>  どうせ、矢野をはじめとする財務官僚が書いた作文を読んでいるだけ
> なのでしょうが、突っ込みます。どこの誰が、
> 「MMTは日銀の国債引き受けを前提とした財政政策」
>  などと主張しているというのでしょうか。何しろ、MMTは万有引力
> の法則と同じで、
> 「現実はこうなっています」
>  という説明に過ぎず、「MMTをやる」などと主張する者は、「万有
> 引力の法則をする」と言っているのも同然なのです。


と批判していますが、それは事実ベースとしてはそうでしょうが、この財政

における岸田首相の発言から、首相としてのスタンスは明らかだと思います。

つまり「強い抵抗勢力には逆らわない」こと。しかし、実際には西田さんや

高市さんに財政面で財務相を牽制する仕組みを実際に作ったことを考え合わ

せると、「国民のためにならないことをやろうとする強い勢力には表面的に

は逆らわないが、しかし彼らの思惑通りにさせるつもりもない」という態度

が見えます。だから、コロナ対策もそうなんじゃないか。だから、DSには

露骨には逆らわないが、かといって彼らの手先になるつもりもない、という

ところではないでしょうか。まさに微妙なかじ取りです。もし国民のためと

いう受けを狙って強い勢力にハッキリ抗ってしまうと、前首相や前々首相の

ように「辞めさせられる」のは明らかですからね。この点、河野さんはもち

ろんのこと、高市さんが首相になった場合でも、このような微妙なバランス

が採れたかどうか疑わしい。そういう意味で、岸田さんは、今のところは何

とかうまくバランスを取ってこなしているかな、という印象です。ただ、そ

れが岸田さんの意図したとおりなのか、単に天然なのかはわかりませんが。

このトピックはレス満タンなので返信できません。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.