★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 57678305

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら ****菩薩 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnewmespesadonew移ろうままに2new
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new かんだい・ネットショップ 『放知技』データベース


新しい時代ヘ

1:貴香 :

2021/09/04 (Sat) 09:10:32

host:*.kcn.ne.jp
勝手に此処に新しく開かせて頂くことをお許し下さい。
もし許されないなら管理者様勝手に削除してください。
あ、私が削除しないといけないのかな?
ではそうなら連絡下さいまし(^^)

最近様々な情報が雪崩の様に私の処に舞い込んで来て、私自身はワクワクしているのですが、何故かというと私がある方から学んできた理論(?)も有って、もしかしたら新しい時代が来るという準備が整って来たのかも、、、と感じるからです。

まぁどうなるかは人それぞれの未来なので別として、私が拾った情報を此処に集めていけると、共感してくださる方もおられるかも知れないと思い、もしそうなら共有したいなと思います。


ところでmmsご存知ですか?
https://www.mms12.jp/index.php?usage
イベルメクチンよりも私は信頼しています。
900:mespesado :

2022/10/11 (Tue) 18:25:38

host:*.eonet.ne.jp

>>899


 例のMaltWhisper氏が最新のエントリーで、松下幸之助の「一億総株主」

について、日経がこの名言をとんでもない我田引水していることを嘆いて

記事にしています↓


NISA恒久化/産業資本家・松下幸之助の「一億総株主」が想定していない
金融資本家の暴走
https://maltwhisper.com/national/


> NISA恒久化の本質的な問題を理解せず、松下幸之助を引用して政策の正
> しさを訴求する日経新聞や、業界重鎮の発言を残念に思います。松下幸
> 之助的「一億総株主」の理念は、ナショナリズムの枠組みの範囲に企業
> 活動がある場合です。岸田政権がウォール街やシティに約束するのは、
> 国民全体を「株主第一主義」の価値観に染め従属する支援者とすること
> です。


 松下幸之助のいう「一億総株主」とは


> 社会全体がより豊かになれば、それだけ売上げも増えるということにな
> ります。だから、多くの人びとは本来の仕事を通じての収入も向上し、
> また一方で株主としての配当収入もあることになりますね。そういう姿
> が社会全般にできてくれば、そのことは同時に人心の安定化をももたら
> します。


という意味であったはずなのに、日経の記事で述べられているのは


> 「国民のすべてがどこかの会社の株主であるというようなところまでも
> っていければ、これにこしたことはない」。幸之助氏が「一億総株主」
> の理想を説いたこの論文を読むと、なぜ日本の家計が「貯蓄から投資へ」
> とシフトする必要があるのかがよく分かる。

> なぜ法人中心の株式保有構造を変え、株を個人の元へと戻す必要がある
> のか。幸之助氏は、国民が仕事からの収入以外に株主として配当を得る
> 状態が「国民全体の安定と繁栄を生み出す一つの道」と説いた。

> 幸之助氏はまるで現代の格差問題を予見していたかのようだ。資本家と
> 労働者の間で広がる格差を是正する有効策は、国民がみな投資家になる
> ことである。「貯蓄から投資へ」を進めることで分厚い中間層を育み、
> 格差拡大に歯止めをかける必要性を見抜いていた。


 幸之助の名言を、世の中に格差が生じたのを株主配当で補うことで是正す

べきだという主張の根拠にしようとしている。何とひどい誤解・曲解でしょ

うか。松下幸之助の言わんとしていることとは全く関係ない。ズレまくって

います。

 松下幸之助は、すべての国民が企業の株主になることで、国民が企業を所

有する、つまり、国民が企業より上位に来ることで、国民が企業の行動の手

綱を握って国民のために活動するように持っていく。そして企業が上げた利

潤は、企業が国民の所有物である以上、国民に還元されるべきで、それが配

当収入だ、という趣旨だと思うのですが、日経の論調は、企業が大株主に乗

っ取られて収益を大株主が吸い上げた結果、一般国民の給料が下げられて、

大株主階級と一般庶民階級の間に格差が生じたのを、階級が生じた根本の仕

組みを直すのではなく、この格差を生む構造を残したまま、給料が下がった

分を株主になって配当収入で補えばいいじゃん。あ、株で失敗しても自己責

任ね、という弱肉強食を是認する大株主至上主義を、松下幸之助の権威を使

って正当化して庶民を洗脳しようとしているだけなのですね。

 トランプやプーチンの自国ファーストというのは、「国」の観点から見た

一般人尊重の考え方ですが、「企業」の観点から見た自国ファーストに該当

する概念が、松下幸之助の本来の意味での「一億総株主」ではないかと思う

のです。

 私はかねがね「自国ファースト」も、それに対立する「グローバリズム」

も、どうもその名称が本質を表していないのではないかという不満を持って

いましたが、「すべての人間の人生を尊重する主義」対「自分とその仲間と

みなす一部の人間の欲を満たすことを第一に考える主義」という方が本質を

表していると思うのですが、これをもっと短い言葉で表す標語的なうまい表

現がないものでしょうか。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.