★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 65202747

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら ****菩薩 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnewmespesadonew移ろうままに2new
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new  『放知技』データベース


新しい時代へ2

1:貴香 :

2023/06/12 (Mon) 15:19:06

host:*.kcn.ne.jp

こんな時代ですが新たな時代へと自分達で繋がり、新たな時代を創造していく為に役立ちます様にと願って、スレ建てさせて頂きます。

私は書きたい時に書きたい様に自由に書かせて頂きますので、よろしければ何方様もどうぞ遠慮無くご自由にお書き下さい。

(但し管理人様が相応しく無いと判断される様な書き込みは御遠慮下さいね。)


追記

私の推薦するmmsについての情報です。
アンドレアス・カルケルさんによるプロトコル
https://andreaskalcker.com/en/cds-clo2/protocolos-cds.html


以下、二酸化塩素水取扱い説明書さんからの情報です。
コピペします。

2023年9月5日
https://jimhumble.co/special-announcement/

発明家、作家、人道主義者として知られるジム・ハンブル氏が2023年9月1日、90歳で永眠されました。

ジム・ハンブルは1932年12月27日、米国アラバマ州生まれ。彼は、世界中の何百万人もの人々に影響を与え続けている人類への挑戦と貢献に満ちた興味深い人生を送った。彼はその名にふさわしく非常に謙虚な生き方をし、常に困っている人々に与える用意ができていた。

幼少期はエンジニアリングに携わり、中年期には鉱山の専門家として活躍した。彼の独創的な頭脳は、さまざまな発明やそのテーマに関する著書を生み出した。1996年、彼の探検隊がマラリアに罹患したとき、彼の採鉱キャリアは思いもよらない形で健康の世界へと向かうことになった。そのとき彼が持っていたのは水処理用のドロップだけで、それを病人に差し出した。驚いたことに、数滴垂らしただけで、彼らはすぐに良くなった。

この経験から、ジムは世界最大の疫病のひとつであるマラリアをいかにして簡単に食い止めることができるかを研究するようになった。彼は、ジャングルで使用していた水処理用のドロップが亜塩素酸ナトリウムであり、ごく少量内服すると、マラリアの寄生虫を殺すのに十分な二酸化塩素に変わることを発見した。
その後数ヶ月間、彼はジャングルを旅し、多くの人々をマラリアやその他の病気から回復させた。ジム自身がマラリアに罹ったとき、彼は自分が本当にマラリアであることを証明するために、街に出て検査を受けた。案の定、彼はマラリア陽性であった。数時間後、だいぶ良くなった彼は2度目の検査を受けたが、マラリアは陰性だった。ジムは診療所を出て歩道に立ち、こう言った。そして、彼の偉大な旅が始まった。

彼は自分の発見をMMS(二酸化塩素)と名付け、多くの言語に翻訳されたこのテーマに関する数多くの本を書いた。

ジム・ハンブルの遺産は、自分の発見を惜しみなく世に与えようとする意志と決意があったということであり、その結果、何百万人もの人生が変わったのである。彼の努力により、二酸化塩素の多くの健康利用法が世界中で明るみに出た。

~~~~~~~~~~

https://jimhumble.co/special-announcement/
詳しくはリンク内の記事を自動翻訳を使い読んでください。
以上コピペ終了


mmsの取扱い説明など (日本語)
https://www.mms12.jp/index.php?usage

20:亀さん:

2023/06/23 (Fri) 02:26:37

host:*.t-com.ne.jp
https://bbs6.fc2bbs.net//bbs/img/_409100/409098/full/409098_1687454797.jpg
>>17

貴香さん、以下の↑動画↑を最後まで観ました。

MJGA 突然の学生の質問に、30年間日本を研究してきた教授の回答
https://youtu.be/gYd7e6mLEd0

一番印象に残ったのは、ランジーアハーバードというハーバード・ロースクール経済学教授の生い立ちでした。教授は小生よりも一歳年下の1954年生まれ、幼年期から高校を卒業するまで日本で生活を送っていたとのこと。

実は、母語というのは子守歌を聞きながら身につけた言葉、つまり、その人が幼年期から小学校を卒業するあたりまで、身につけた(シャワーを浴びた)言語が母語になると、今まで多くのバイリンガルの人たちと接してきた体験(但し、〝バイカルチャー〟の人とは一度も会ったことはない)から、自信を持って断言できます。同時通訳の泰斗で、私淑していた國弘正雄宣誓も同様の主張をしていたものです。

斯様に、母語というものは、人の物の見方・考え方の枠を決める、形作ってしまうものだと、小生は思っています。だから、ランジーアハーバード教授がハーバードで行ったという講義内容、小生にとっては当たり前のことを語っているに過ぎない、という印象が強く残りました。

小生は、「日本精神と海外体験」と題するブログ記事を書いたことがあります。
http://toneri2672.blog.fc2cn.com/blog-entry-1908.html

同記事では、南方熊楠と松岡洋右の二人を登場させましたが、二人に共通していたものは海外体験であり、それにより、二人は客観的に祖国を眺められるようになったのだと思います。



亀さん@人生は冥土までの暇潰し

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.