★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 39043677

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら ****菩薩 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnewmespesadonew
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new かんだい・ネットショップ 『放知技』データベース


新時代を冷徹に読み解くおっさんたちの激論スレー36-

1:堺のおっさん:

2018/10/11 (Thu) 01:26:16

host:*.enabler.ne.jp
安倍総理は9月の自民党総裁選で、ゴリゴリの財務省増税派の石破派を排除することに成功した。国政での安倍総理の政治基盤は何一つ揺るがなかった。
消費税問題さえも逆手に取った安倍総理のマキャベリズムはこれからが正念場でもある。この山を乗り越えれば、ようやく長期政権のみがなしえる日本の再生に向かって日本は次のステージに向かっていく。
一方目を海外に転じれば、正月に突如声明された若き金正恩の新路線が世界を変えつつある。時間を追うにつれて飯山氏の「金正恩が世界を変える」との予測通りに動き始めている。
グローバリズム、ネオコンの衰退は誰の目にも明らかであり、多極化していく世界はこれまでの常識とはまるで違う発展を遂げていくこととなるであろう。
そのカギはアメリカが変われるのか? そして、トランプは中間選挙を乗り切り長期政権にたどり着けるのか? ドル体制は変わるのか? 来る新時代を客観視した議論を期待する。
949:亀さん:

2019/02/08 (Fri) 07:11:30

host:*.t-com.ne.jp
>>947

Conganasさん、以前から貴殿の投稿には注目していましたが、今回も実に優れた投稿でした。

■考察
最初に以下の考察、心から賛同します。
__________
プーチンは、米国政権が反DSのトランプであるこのタイミングが日本への2島の「引き渡し」と平和条約締結の最大のチャンスととらえている。安倍も今しかないと考えている。トランプもDSをくじく、中国封じ込め戦略としての北朝鮮政略とセットの布石として、2島引き渡しにあえて介入しないだろう。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
小生も昨日の投稿>>935で、トランプvs.DSをシンボライズ(ビジュアル化)した一葉の写真をアップ、さらには別スレで、「プーチン大統領の新年のスピーチ」を紹介しましたが、まさにプーチンの描くような、世界に移行しつつあるのが肌でわかります。
http://grnba.bbs.fc2bbs.net/reply/12492283/355/


■インテリジェンス
昨日アップされたというNHK記事、「“2島引き渡し 平和条約交渉急ぐ” 旧ソビエト機密文書」の紹介ありがとうございました。NHKの記事などと書くと〝反発〟する人たちもいるかもしれないが、朝日や産経といった〝対立〟しているメディアの情報も等しく分析していくという作業こそが、インテリジェンスを磨いていく上での不可欠な作業だと思えば、「NHKの記事」云々といったことに拘る必要は全くないと思います。現に、今日でも世界一流のインテリジェンスの持ち主らは、情報源の大半が一般公開されたものという事実があります(『インテリジェンス戦争の時代』藤原肇著 山手書房新社)


■下斗米伸夫
下斗米教授の言動には以前から注目してきました。拙ブログでも同教授の著書『プーチンはアジアをめざす』を一部、紹介したことがあります。小生は同教授を高く評価しているだけに、今回のNHK記事に同教授が登場して嬉しく思ったものです。

__________
英語でシー・チェンジ(Sea Change)という言葉がある。それまで凪いでした海が突然荒れ出すことから、「大変動」とか「大激動」とでもいった意味になる。いま、このシー・チェンジが世界で起き、数百年ほど当然と思われていた主権国家体制そのものが問われているようだ。

なかでもユーラシア、ロシアの大変動が顕著だ。本書の狙いは、そのロシアを軸に激変しつつある国際情勢の見取り図を示すことにある。
『プーチンはアジアをめざす』p.14
http://toneri2672.blog.fc2cn.com/blog-entry-768.html
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


亀さん@人生は冥土までの暇潰し

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.