★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 41113870

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら ****菩薩 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnewmespesadonew
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new かんだい・ネットショップ 『放知技』データベース


気が向いた時に有益そうな健康法を語るスレ(3)

1:飯山一郎 :

2018/06/02 (Sat) 13:50:45

host:*.dion.ne.jp
ヒトは病気では死なない.癌でも死なない.病院の治療で死ぬ.医者が治せる病気は一つもないのだが,それでも人は病院に駆け込む.自分に適した健康法を確立している大人は,決して病院には行かない.拝金主義に堕した現代医療が「殺人医療」と化した今,「有益そうな健康法」を語りあいながら,自力で病気を克服する道を探ることは,まさしく救命と長命の礎(いしずえ)である。前スレッド同様,有意義が議論が展開されんことを!
510:ハリー今村 :

2020/02/25 (Tue) 08:55:48

host:*.spmode.ne.jp


鼻腔内温度の低下=新型コロナウイルスへの易罹患性、

という視点で感染者の地球規模での地域差に相関性はあるのか?


イランで感染者が増えているがこれは今冬の異例の寒さ、

先日は中東地域に積雪ありと関係はありそう。

イタリア北部で感染者が増えたのも幾らか寒さが影響していそう。

韓国で感染者が増えたのは検査数が上がったから、とも

宗教的集まりが原因とも、言われるが冬の寒さもありそう。

日本では北海道の感染者が多いのは、やはり寒さと関係しているのか。



今回の新型コロナウイルスは細胞レベルで日本人が

特に罹りやすいという特徴があると一部では囁かれているが、

常在性のヒトコロナウイルスが侵入門戸とするのは

鼻腔内上皮細胞のみであるという、この侵入機序が

もしも新型コロナウイルスの場合にも当てはまるのなら、

鼻腔内免疫というポイントが最大の焦点になると私は見ている。



鼻腔内温度を低下させず鼻腔内へのウイルス侵入を防ぐ装置、

例えば鼻腔のみを覆うマスクが今後開発されれば、

と想像したが、これだと鼻呼吸が出来なくて苦しい  笑

それで鼻腔マスクの開発は置くとして、

そもそも鼻腔内の粘膜がもとよりウイルスガードのマスクの役目を果たしているし、

また鼻腔内粘膜の下層にいるマクロファージが侵入してきたウイルスを

攻撃する先鋭部隊。

そして鼻腔内マクロファージの活性はこの鼻腔内マクロファージの

活動エネルギーを供給する鼻腔内マクロファージ内のミトコンドリアに依存する。

それでミトコンドリアには温度依存性があり体内温度37度が必須。

つまり体内温度を冷やさない=鼻腔内マクロファージの活性維持となりそう。



体内温度の維持=鼻腔内マクロファージの活性維持。

鼻腔内マクロファージの活性維持=風邪ウイルスへの抵抗性。



鼻腔内マクロファージの活性維持=ウイルスガードの天然マスク。


509:ハリー今村 :

2020/02/25 (Tue) 05:34:49

host:*.tokai.or.jp



外気温が上がれば鼻腔内温度も上がる。

鼻腔内温度が上がればヒトコロナウイルスは

鼻腔内上皮細胞で増殖できない。

一般的に冬季に風邪になりやすいのは、

つまり外気温が下がり鼻腔内温度が風邪ウイルスの

増殖に適した温度になるから。

この道理に従えば新型コロナウイルスが暖かくなれば

収束するという予想もそれほど的外れではない。


外気温が低下している時に鼻腔内温度を下げないメソッドを

開発すれば幾ばくか風邪の予防になりそうだ。

ハミング・ターボチャージャーは極めてレアな方法で、

実践していると、家人からやめてくれとクレームが来る  笑

単純に鼻梁や鼻の周囲のツボをマッサージして、

鼻腔内の血行を上げるだけでも、やらないよりは

効果はあるだろう。


新型コロナウイルスは目の粘膜も侵入門戸らしいが、

こちらもやはり目の周囲のツボマッサージ。


花粉症が吉と出るか凶となるか。

花粉症は免疫が亢進した状態とみれば本人には吉。

クシャミでウイルスが飛散とみれば他人には凶か。



508:ままりん :

2020/02/24 (Mon) 15:59:26

host:37.120.154.86
>> 502 ハリー先生

こんにちは!返信、ありがとうございました<(_ _)>。
遅くなってしまい、申し訳ございませんでした。

>正常性バイアスで安心せずに
本当におっしゃるとおりですね。安心しすぎず、しかし怖がりすぎもせず、
が大事ですよね。

>総合的に抑制できそうなアイデアを探っている最中です。
ありがとうございます。

家にデヒューザーがあるので普通に香りを楽しむために使っていましたが、
フィトンチッドでも使えるとわかってうれしいです。棒灸も、焚いてみたら、
よもぎの良い香りでリラックスできるし、一石二鳥ですね ♡ (*´꒳`*)。

ハミングシリーズ、楽しみにしています!

>生命場の視点、免疫にもリンクするでしょうね。
回答ありがとうございます。先生のご意見、
お聞きしたかったのでした。

これからも書き込みを楽しみにしております <(_ _)>。



>> 506 オオトラ先生

こんにちは!返信、ありがとうございました<(_ _)>。
遅くなってしまい、申し訳ございませんでした。

>交換副交感は二時間置きに気の流れが切り替わって居る
そうなんですね。交感神経というのは、例えば、「散歩してたらクマに出くわしたので、
猛ダッシュで逃げる」(クマ見て猛ダッシュしていいのかわからないのですが ^^;)とか、
「大事な資料忘れてしまい、2~3分でゼロから作らなきゃいけない」などなど、
何か「緊急事態」に対応するための精神状態なのかと思っていました。
交感神経優位はあまり良いイメージなかったのですが、
2時間おきにやってくるものなのですね。

>免疫力っー事の 由来等を書き足します
ありがとうございます <(_ _)>。

>まぁ人間の体が二つある云々は別にして 免疫力は 交換神経系(チャクラと12経脈)と
>副交感神経系の正常化の 度合いの結果から導き出される 物質肉体の保全に必要な 
>力の事ですそしてホメオパスと言う 恒常性の維持とも関係して居ます
そうだったんですね。物質的な身体のことしか頭になかったので、
免疫細胞で知られる免疫の系統といった具体的なものしか知りませんでした。
もっと別の、肉体以外の力も動員した総合力のことだったんですね。

>前にわしが書いた免疫力のレベル4っのは 肺 脾臓
>膀胱 肝像機能が劣化して居る状態の事でコロナ感染すると危ういと判定しましたので
>書きました
レベル4がどこに書いてあるか、さかのぼって読んでみましたが探せなかったので、
解説、ありがとうございました。

>色々遣って来て 結果的に最低ラインの免疫向上方は物質肉体の 
>脆弱性は交換神経系の蓄積した毒素と思いその毒素の除去との結論なのです
そうなんですね。私のような凡人には、身体的なことへの
アプローチしか思いつかないです。

>まぁわしの様な変態以外は思い付かないか?
オオトラ先生を変態などと思う読者は、放知技ではいないと思いますよ。
悲しいかな、凡人は感じないというか、能力がないというか・・・。
長年の患者さんの治療を積み重ね得られた結論で、
長い間一つのことを追及することで、見えるものがあるのですよね。

でも、私のような素人が言うのも僭越ですが、
私の周り(文系理系含め)、「目に見えない力」に対しては
概して鷹揚で、みんな「否定しない」人ばかり(むしろ
全否定する人には会ったことがありません)。
いかんせん、感じることがないだけでして・・・(ToT)。

>まぁ勉強したら良い
ありがとうございます。(わからないなりに)こちらのスレッドでの
ハリー先生とのやりとりを、理解できるようにがんばって読んでいきたいと
思います。

これからも、先生の書き込みを楽しみにしております。
丁寧にお教えいただき、ありがとうございました<(_ _)>。
507:ハリー今村 :

2020/02/24 (Mon) 10:05:20

host:*.tokai.or.jp



ウイルス関連書より抜粋。

ヒトコロナウイルス

・ヒトの鼻の中で増殖する風邪ウイルス

・起源不明

・感染経路はセキやクシャミによる飛沫感染

・侵入門戸は鼻腔上皮細胞

・潜伏期間  3日

・抗ウイルス薬、ワクチンともに有効なものはない。

・通常は安静にしていれば1週間以内に鎮静化。




つまり一般的なヒトコロナウイルスは

いわゆる上気道感染症・風邪を引き起こす常在性ウイルス。

同じような普通の風邪を起こすウイルスとしては

ギリシャ語の鼻の意味のライノに由来するライノウイルスも有名。

特筆すべき特徴としてはヒトコロナウイルスの感染箇所は

鼻腔の上皮細胞のみに限られる。

また鼻腔内温度33度で最も活発に増殖する。



という事でこの常在性ヒトコロナウイルスはこの説明の通り

罹っても自己免疫力で回復する。

それで今回の新型コロナウイルスは新型というわけだから

少しは常在性ヒトコロナウイルスよりは恐ろしい。

というかまだ免疫を獲得していないから

二度目感染でアナフィラキシーショックのようなサイトカインストームが

起こるケースがある。

常在性ヒトコロナウイルスは既に二度ならず何度も何度も罹患して

免疫が順化して異物ではあるが身近な隣人になったので

もはやアナフィラキシーショックは起こり得ないと想定できる。



人類にとって今回の新型コロナウイルスのアウトブレイクは試練だが

もしかしたらやがてこの新型コロナウイルスも

常在性ヒトコロナウイルスと同じく免疫に順化して

共存の道に至るのかもしれない。



ではあるがこの難局を乗り切るために私は個人的に

鼻腔内温度を33度より少し上げるために

ハミング・ターボチャージャーを時々実践し、

フィトンチッドが豊富なレシピを積極的に摂取する。

506:オオトラ :

2020/02/22 (Sat) 18:09:40

host:*.dion.ne.jp
ままりんさん わしも結構いい加減に読み飛ばしているので 免疫力っー事の 由来等を書き足します

まぁ人間の体が二つある云々は別にして 免疫力は 交換神経系(チャクラと12経脈)と副交感神経系の

正常化の 度合いの結果から導き出される 物質肉体の保全に必要な 力の事ですそしてホメオパス

と言う 恒常性の維持とも関係して居ます 前にわしが書いた免疫力のレベル4っのは 肺 脾臓

膀胱 肝像機能が劣化して居る状態の事でコロナ感染すると危ういと判定しましたので書きました

わし自身は 12レベルに上がって居ると判定出来たので コロナウィルスに興味は無いとかきました

色々遣って来て 結果的に最低ラインの免疫向上方は物質肉体の 脆弱性は交換神経系の蓄積した毒素と

思いその毒素の除去との結論なのです まぁわしの様な変態以外は思い付かないか? まぁ人間何処も

痛くも痒くも無いっー人は居ないと思うけど わし自身は一つも相談を受けて居ないし 一週間か二週間

位で 大きな変化を感じられる方法なのじゃが やつぱり個人的には不可能な方法だから まぁ勉強したら良い
505:ハリー今村 :

2020/02/22 (Sat) 14:58:08

host:*.spmode.ne.jp

鼻の高さ、鼻腔内のキャパ、

ようは顔の遺伝的な構造の差で、

もしかしたら感染率に違いが出るのか?

と想像してみた。

武漢在住のインド人約700人が帰国後に全員陰性も、

カレーの常食によるフィトンチッドの摂取だけでなく

インド人の顔の構造、鼻腔内免疫力に秘密があるのか。

白人のような彫りの深い顔が鼻腔内免疫力は有利で

アジア系の平面的な顔で不利?

とはいえこの遺伝的構造差を埋めるには

ハミング鼻腔内免疫ターボチャージャーを使えば

バックアップできるはず。


504:オオトラ :

2020/02/22 (Sat) 09:33:26

host:*.dion.ne.jp
前のカキコは 多分意味不であった スマンでも一回は書きたかったのょ 以前はヤフーブログで

時々に応じて色々書いたが ヤフーblogが消滅したからねー仕方無い 此のウィルスは当初はわしは

エスニッククレンジングの為 開発されたと思って居た 余りに中国人の感染者数と死者の数が

他国との乖離が大き過ぎて とても健康状態 栄養状態 平均寿命 の違いの所為とも思えず

問題の把握が難しい この状態とよく似た状況が以前にも有った 直ちに危険は無い だっけ?

唯の風邪っーのから死亡率は低いっーの迄 当時も免疫力を上げようっー話でお茶を濁されての

果ての 棄民でしたね 北京がロックアウトされたとか 普通の状態とはとても思えないのに此の

国は ダイヤモンドプリンスだっけ? 陰性が確認されたと 500人を横浜駅で開放するとかの

状況で まぁパンデミック間違い無しと思う とっくに始まって居るサバイバルゲーム 個人の生き残り

ゲーム わしが守る物は 猫と家族ですね 後は知らん
503:オオトラ :

2020/02/21 (Fri) 09:18:26

host:*.dion.ne.jp
ハリーさん 今回のカキコは貴方宛では有りませんので 具体策を書けと言われても書きません

わしが危惧して居るのは 植物ですが 松枯れ病と言う日本全国の松の存在が脅かされて居る現象が

有りますが 此れは松の在線虫と言う虫の食害に対して 松自身の防御 身体補修の為の分泌物が

松の導水管が詰まって 枯死する病気です助ける手段は有りません 別の言い方をすれば自己免疫疾患

です 原因と対応は全く別の手法が必要に成ります わしは過去の自身の書き込みを確認しました

理論的っーかまぁ 何時も言ってる様に学者では無いので 自身の感性で得た事を書いて居ます

賛同も何も必要として居ません 唯自分の体と対話して居るだけ 勿論判断の誤りは緒ちゅうです

但し 違和感は発生しますので対応して居ます 因り違和感の少ない方向に向かう為にです

現在 物質肉体とままりんさんの言う生命の場っーは エネルギー身体としてのわしの表記では


肉体として表記して居ます 更には上位身体として エーテル身体 その上のプラスズマ体更に

エーテルダブル ライトボディと辿り着き 現在対応して居ますが こんな事書いても理解不能です

夫々の身体に対しての 感受性が開発されて居ない所為で わしの責任では有りません 別の言い方

をすれば 内観の力が無い為です 此れを具体化しろっても無理ー 自分の信じる道を歩くしか手は

有りません 此の前機会が有り 何とか感性の向上の為の技法を伝授しましたが ポカンとして

居るだけで 何の可能性も無いと思い 伝授の取り消しをしました まぁ超能力と勘違いして道を

誤る可能性を阻止出来て ホットして居ます
502:ハリー今村 :

2020/02/20 (Thu) 15:02:57

host:*.spmode.ne.jp


ままりんさんへ

どうもたいへんにお久しぶりです。

フルフォード博士の本、読んでくださいましたか!

自分もあの本を読んで心底、感動したのを覚えています。



鼻呼吸の大切さ、は貼って頂いた飯山さんの記事にあるように

自分も西原先生の著書で学びました。



最近出てきた情報では新型コロナウイルスはどうも日本では

昨秋から治りにくい風邪として既に流行していて、

知らずに罹り治癒し既に抗体を獲得した者もあり、

そもそも今回の新型コロナウイルスには変異型がいくつかあり、

それぞれで症状が微妙に異なるのでは、という見解。


陰謀論で短絡せず、かと言って正常性バイアスで安心せずに

総合的に抑制できそうなアイデアを探っている最中です。

生命場の視点、免疫にもリンクするでしょうね。


501:ままりん :

2020/02/20 (Thu) 14:37:55

host:37.120.154.86
ハリー先生

>一般のメディアはただ現状報告と、ごく当たり前の予防法のみ。
>免疫を上げるようなアイデアなど皆無。
>だからもしも免疫を上げる有益なアイデアを欲している者があれば
>こうした方法もありますよ、と提示してきたわけです。

ありがとうございます。具体的な対応策がわかると、
とても安心します ( ˶‾ ꒳ ‾˵)。

それに、EG様がずいぶん昔に、鼻呼吸の効能を紹介している
サイトを紹介されているの見つけました。

鼻呼吸健康法
http://grnba.com/iiyama/html/hanakuti/index.html

全くおっしゃるとおりと思います。メディアは、恐ろしげな映像と
恐ろしげな音楽とともに放送していて、視聴者はコワイよ、コワイよ~~~ ( ̄◇ ̄;)、
ってなっちゃっいますよね。多分、わざとなんだろうと、
あたくしなどは思っています。
500:ままりん :

2020/02/20 (Thu) 14:00:52

host:37.120.154.86
ハリー先生、オオトラ先生、いつもありがとうございます<(_ _)>。

新型ウイルス、初めての経験で、日本中のみんなが不安がっていますが、
放知技では、たとえ万が一ウイルス感染したとしても、発症するかしないか、
結局は自身の免疫力にかかっているとの意見ですよね(それと消毒薬などの
薬剤に代表される化学合成物質の排除も)。

このことは、放射能時代にさんざん話し合われてきたことなので
言わずもがなですが、その免疫力について一つ、
先生のご意見、伺いたいと思い書きました。

確かハリー先生が以前お話されてたかと思うのですが、
ロバート・フルフォード先生の『いのちの輝き』。
自分はとても驚かされました。

人間は二つの体を持っている。一つは肉体で、
もう一つは東洋で気やプラーナと呼ばれる「生命場」であると。
さらにものすご~~~く驚いたのは、体をデザインするのは、
肉体ではなく、この生命場なのだ、というのですΣ( ̄◇ ̄*)エェッ。

とても驚きはしましたが、でも自分はヒジョーにざっくりと ^^; ですが、
すぐにすんなり受け入れることができました♡ (*´꒳`*)。

だって自分たちが「面」と思っているものは拡大拡大拡大で行けば「面」でなく、
原子は皮膚の内側も外側もなく、あっちこっち飛び回っている(で間違ってません
でしょうか?)。となると、全然不思議じゃないよな・・・、と思ったわけです。

最近、ホログラムのキーボードをネットで見たのですが、まさにあれですよね
(で間違ってませんでしょうか?)。

実体がない(ように見える)ホログラムからのコマンドで、実体のあるハードウェアが、
実際にコマンドどおりに作動する。あのような感じなのかな?と思うんですよね。

免疫の大家である、今は亡き安保先生が、
「病気は心が作って、心が治す」とおっしゃっています。
生命場が、安保先生のおっしゃる「心」なのかな、と自分は思っているのです。

自分の気に入っている健康法は人それぞれ。何かが「健康にE~」と話題になっても、
効果がある人とない人がいるのは何故なのか。

自分の場合は、何といっても発酵と乳酸菌、そのほか食事を含む生活習慣も
併せてですが、いろいろある健康法、すぐに消えた紅茶キノコやプロポリス、
または長年に渡って実践している方々のいる飲尿やマクロビ、ビーガンもそう。
果ては明治維新以前に日本の医療であった東洋医学
(話は逸れますが、WHOが先般、ICDに東洋医学の章を追加することにしたようです。
『漢方薬や鍼灸など「伝統医療」WHOが認定へ 日本の漢方、地位向上へ』
https://www.sankei.com/life/news/180109/lif1801090004-n1.html))
の漢方、鍼灸ですら、効果がある人とそうでない人がいる。
これはひとえに、人からなんと言われようと、「自分がE~と思う心」が
一番影響するからなんじゃないかと思うんです。

西洋医学がわかりやすい例ですよね。例えば、悪魔の三大療法と呼ばれる
手術・抗がん剤・放射線を施されても治る人もいる。これはすごいことだと思うんです。
なんであんな過酷な治療?を受けても大丈夫なんだろうと自分などは思いますし、
大食いがガンの原因だと言われていますが、常識では考えられないほどの量を
食べる人全員が発病しているわけじゃない。

これはやはり、フルフォード先生の言う生命場(心)が、肉体をコントロールというか
治しているからなんだろうか?と思うんですよね。三大療法で言えばご本人が、
「病院の先生の治療を受けているんだから、もう治る ( ˶‾ ꒳ ‾˵)」と、心から
満足して安心していらっしゃるのだろうし、フードファイターにしても
本人の喜びがあるからなんだろうと思うんです。
もちろん、生命場も万能じゃなく、肉体側に閾値みたいのがあって、
「これ以上は生命場でももう無理」、という限界はあるのかな?と思うのですが。

感染しても発症する人としない人がいますよね。さらに感染しても重症化する
人もいれば軽症で済む人(大多数が軽症ですよね)。
その分かれ目は何かといえば免疫力で、その免疫力にも心(生命場)が
多分影響を及ぼすのでは、と思うんですよね。

何が言いたいかっていうと、生命場に悪い影響及ぼさないために、
きちんと対策したら、あとはクヨクヨ心配しないことも大事なのではないかと   
⊂( っ´ω`)っ なごむ~。

だって、「恐怖心」は百害あって一利なしだと思うんです。

今、必要なことは、これじゃないかと思うんですよね。

と思っていたら、オオトラ先生の書きこみが!!

よろしくお願いいたします <(_ _)>。
499:ハリー今村 :

2020/02/20 (Thu) 13:56:16

host:*.spmode.ne.jp


オオトラさんへ

お久しぶりです。

鼻は左右で2時間交代シフトみたいな説は聞いた事あります。

自己免疫疾患は免疫細胞が自分を攻撃する状態とザックリ認識してます。

ハミングで鼻腔内の一酸化窒素を15倍に上げる=交感神経操作、

ゆえにいかがなものか、という問いで宜しいでしょうか?



ここのところ新型コロナウイルスへの対処法として

どのようなアプローチがあり得るのか、という事で

私なりに思いつくアイデア、方策を提示してきました。

フィトンチッド、一酸化窒素、いずれも一般のメディアでは

一切取り上げられる事はありません。

一般のメディアはただ現状報告と、ごく当たり前の予防法のみ。

免疫を上げるようなアイデアなど皆無。

だからもしも免疫を上げる有益なアイデアを欲している者があれば

こうした方法もありますよ、と提示してきたわけです。



それでオオトラさんがもしも私がここに発信した内容に不満なら、

より良い具体策をオオトラさんが提示すればいいのではないでしょうか。



フィトンチッド、一酸化窒素、

いずれもウイルス対策に十分に使えるツールと私は思い、

実際に実践しているところです。



498:オオトラ :

2020/02/20 (Thu) 12:55:10

host:*.dion.ne.jp
わし的には コロナウィルスはもう 如何でも良いので カキコはしませんが 免疫に尽いて

わし的には最近のカキコに大分疑問が有ります 鼻孔は確かに二つ有りますが 常時オープンでは

有りません 片側づつですが 気付いて居ますか?免疫力は自律神経の働きの一部分ですよ と思って

居ます 自律神経は 交換と副交感で構成され プッシュプルの関係性と思って居ます 今迄色々と

記載は有りますが 全部交換支配神経の刺激法が圧倒的な記載見たいと思えますが如何でしょうか?

もう少し自律神経の働きを考慮した考え方が必要徒思います 前に交換副交感は二時間置きに気の流れ

が 切り替わって居ると書いたのですが何も知らず 免疫力 免疫力と言い立てても わしには

何だか力が抜けるだけです 序に 自己免疫疾患って 御存知ですか?
497:ハリー今村 :

2020/02/20 (Thu) 11:59:11

host:*.spmode.ne.jp


堺のおっさんへ

確かに鼻水が出やすくなります。

口を閉じて長めに強く鼻腔内にバイブレーションを響かせると

拮抗的に強めに鼻から吸気する感じになりますね。

どの程度の圧力が最適値か、

どのくらいの時間、頻度など、まだまだ研究考察の余地はあります。

副鼻腔の粘膜線毛の動きが活発化する事で

外来抗原に対する掃除効果は上がりそうです。

ウイルスの侵入口である鼻腔というピンポイントの攻防に

ハミング→一酸化窒素というアイテムがゲット出来るとは

夢にも思いませんでした。

鼻歌は世界を救うメソッド、

まだ放知技限定ですがね  笑



496:堺のおっさん :

2020/02/20 (Thu) 11:46:21

host:*.spmode.ne.jp
今村さん

ハミングすると乾いた鼻腔が

仄かに湿ってくるのが分かります。

同時に、強制的に鼻呼吸となりますね。
495:ハリー今村 :

2020/02/20 (Thu) 11:45:51

host:*.spmode.ne.jp


本日2月20日の****菩薩の記事

「艾の香りで空気感染を防ぐ」

に中国の医院のカウンターのような場所で

実際に艾を燃やしている映像が掲載されております。

野崎博士の記事内容も大変に味わい深いです。

素晴らしい情報をありがとうございます。



既に何度もこのスレッドで論じたように

植物の香り成分のフィトンチッドが有する抗菌作用、

抗ウイルス作用の研究の嚆矢は旧ソ連のB.Pトーキン博士の偉業。



新型コロナウイルスによるエアロゾル感染の防御が

喫緊となった今、艾を焚いてその煙に含まれるフィトンチッドで

エアロゾル・ウイルスを抑制しようとする試み。

トーキン博士もきっと草葉の陰で喜んでおられる事でしょう。



494:ハリー今村 :

2020/02/20 (Thu) 09:52:39

host:*.spmode.ne.jp


「鼻歌は世界を救う健康法」の提唱者として、

まずは実践を開始した。

早速実践した感想として、

これはようは内側から音波の圧力でバイブレーションを

引き起こして、鼻腔内のみならず口腔や気管支、肺や腸まで

振動させて響かせれば、ある意味、

インナーマッサージになる、と看破。

花粉症の軽減にもなりそうな予感。

銭が一銭もかからないのも魅力。

まさか音波治療が無料で自前でできるとは、

まさにコロンブスの卵。



493:ハリー今村 :

2020/02/19 (Wed) 13:24:05

host:*.spmode.ne.jp


やっぱり、

鼻歌は世界を救う、

こっちの方が大袈裟でいい  笑



492:ハリー今村 :

2020/02/19 (Wed) 13:21:58

host:*.spmode.ne.jp



鼻歌、歌えば、風邪知らず、かも。


491:ハリー今村 :

2020/02/19 (Wed) 11:54:54

host:*.spmode.ne.jp



一酸化窒素・NOはマクロファージが産生して、

侵襲してきたウイルスにミサイルのように****する天然の抗ウイルス分子。



であると同時に体壁に圧力が加わると皮膚と血管壁が

一酸化窒素を産生し、血管を拡張して血の巡りを良くする。

つまり一酸化窒素は血管拡張ホルモンでもある。



一酸化窒素=抗ウイルス分子=血管拡張ホルモン。



押せば命の泉わく。

だから指圧をすると体壁に圧力が加わり皮膚と血管壁が

一酸化窒素を産生し、血管が拡張して血の巡りが良くなると共に

侵襲してきたウイルスに対してミサイル攻撃も出来る。



つまり押せば命の泉わき、ウイルス撃退も夢じゃない、かも。




さて「一酸化窒素・ライノウイルス」で検索してみたら

健常人がハミングで鼻呼吸をすると

鼻腔内の一酸化窒素濃度が15倍に上昇、という情報にヒットした。

呼吸器系に侵襲するウイルスは鼻腔粘膜が侵入口。

この鼻腔粘膜の一酸化窒素濃度が高ければこの入り口で

ソッコーでウイルスを撃退できる可能性がありそう。

ハミングで鼻呼吸、これ一銭も銭がかからない。

もっとも周りに誰かいると変な目で見られそうだが。




風邪の予防にハミング。

まるでCMのキャッチコピーだな  笑


490:ハリー今村 :

2020/02/17 (Mon) 17:19:51

host:*.tokai.or.jp

ここのところ現在ネット上にアップされているサイトや

ユーチューバーの発信内容を閲覧して、

バイオハザードの常套句を頻用する最悪予想組から

普通の風邪程度が合言葉の正常性バイアス組まで、

幅広く自分なりに情報を拾ってきた。

それでどちらかというと私は当初は正常性バイアス組であったが、

どうも現状を見るにつけリアル・バイオハザードの様相を

帯びてきたようで、いささかぶるってきた。

とはいえ、やれる事は知れているので、

今まで通りの防御策を継続していく。



ウイルスによってはウイルスに感染する場合があると、

あるウイルス研究者は言う。

つまりウイルス同士が食い合い生存競争し淘汰が起こる可能性がある。

あわよくば自然界にもとからいるウイルスが今回の新型コロナウイルスに

感染し、その病原性や感染力を抑制してくれる事を祈る。

宇宙から毎日、1平方メートルに8億個ものウイルスが降っている。

そのウイルスシャワーの中から奇跡が起こる可能性もある?






489:ハリー今村 :

2020/02/16 (Sun) 15:43:43

host:*.spmode.ne.jp


明日には西日本に寒波のニュース。

ウイルスにとっては好機、

人間にとっては警戒期と捉えて気をつけましょう。



しかし中国科学院は38.5度の発熱が感染症治癒の契機になるという

機序を発見していながら、さてこの発見を臨床に役立てているのか?

ヒポクラテスの有名な言葉、「火で治せぬものは不治」も同義。


488:ハリー今村 :

2020/02/16 (Sun) 08:36:38

host:*.spmode.ne.jp


今のところ著名なブロガーやユーチューバーの発信内容を見るに

日本で新型コロナウイルスがパンデミックになるが優勢、

そこまではいかないが少数派という感じに見受けられる。

それで私個人はどちらかと言えば少数派。

ここのところ2月にしては驚異的に暖かく、今日など雨も降っている。

ウイルスにとっては天敵の温暖湿潤。

もしも今、大寒波が来ていて乾燥した寒風と冷気に晒されていたら、

今現在の発症率は桁違いに上がっていたはず。

確かに日本各地に散発的に感染者が増えつつあるが、

この季節外れの暖気と湿気がパンデミック抑制の緩衝剤になっているだろう。




また既存の科学では認められていないが地球の重力は等しく作用していない。

つまり地球上には重力が強くかかる地点もあれば、重力が軽い地点もある。

坂道にボールを置くと坂道を下らずに上がってボールが転がる地点が動画に

収められている。これは坂の上の方が重力が重いという事。

日本列島は総じて重力が重い。

重力が重い地点は時間の進み方も遅い。

ゆえに恐らくは人間の細胞のエイジングもゆっくりしたものになる。

常若の国。

重力の軽い地点の潜伏期間は、重力の重い地点ではずれる可能性もある。

あるいはアンチエイジングな加重力ポイントでは細胞修復にも

余裕があるかもしれない。

ザックリ言えば日本列島は加重力ポイントの天然アンチエイジング島、

と言えるかもしれない。

これをトンデモな妄想とみるが優勢、ある程度同意するは多分超少数派  笑



いずれにしろ感染力は強く症状も重篤化するケースがあるのは事実なので

用心に越した事はない。徹底的に免疫強化を実践し、

その上でトンデモ半分に楽観するが、私の常。

487:ハリー今村 :

2020/02/15 (Sat) 14:46:43

host:*.spmode.ne.jp


堺のおっさんへ

人間の眼を作る遺伝子とハエの眼を作る遺伝子は共通、

というあの遺伝子の使い回し、ですね。

こういう種を越えた遺伝子の攪拌をウイルスがやってる。

これがウイルスの水平遺伝による種の進化のメカニズム。

このウイルス進化論の提唱者の一人の中原英臣さんという

医学者がテレビに出て、今回のコロナ騒動の中で

色々と解説してましたが、今その時に仰った通りの経過で、

日本のあちこちに感染者が出始めてます。

当然の結果でしょうが、京都の感染者2名を診察した医師は

栄養補給と静養に徹して無事この2名とも既に退院と報告。

下手に解熱剤や抗生物質をやらなかったのが功を奏した模様。

滅菌殺菌は自然界の微生物叢バランスを破壊していく。

中国で街に消毒液のようなものを噴射しまくってますが

いかがなものかと。

人混みを避けるなどの万全の防御の意識で、

免疫力=マクロファージ力、を信じて

地道にセルフケアあるのみ、ですかね。



486:堺のおっさん :

2020/02/15 (Sat) 14:18:04

host:*.spmode.ne.jp

>>485今村さん

ホモサピエンスにも、進化論的にいえば

無脊椎動物のDNAが存在するはずですが

やたらと滅菌する環境の中で

役立たずになっている?

でしょうかね。
485:ハリー今村 :

2020/02/15 (Sat) 10:50:50

host:*.spmode.ne.jp


堺のおっさんへ

天然の抗ウイルス剤=マクロファージ。

実際に無脊椎動物は抗体すら必要とせずに

新型コロナウイルスにも罹患せず

平気で元気に生きている。

つまり無脊椎動物は自然免疫のみ。

ミミズやカブトムシにできて

人間にできないわけがない。


484:堺のおっさん:

2020/02/15 (Sat) 09:12:29

host:*.enabler.ne.jp

>>483 今村さん

抗体ができるまでの機序解説ありがとうございます。

空気感染が未確認ながらも可能性が大となった今、

感染予防は困難。

今からでも免疫力アップの行動を心がけたいものです。
483:ハリー今村 :

2020/02/15 (Sat) 08:37:19

host:*.spmode.ne.jp


堺のおっさん(敬称略)が取り上げてくれたスプートニクの記事、

新型コロナウイルス肺炎に罹患して完治した患者の血漿から

新型コロナウイルスに対する抗体を取り出して重症患者に投与

→効果あり、のニュースを読んで思う事。



新型コロナウイルスには当初はエイズウイルスのタンパク質が

混入しているので免疫不全となり抗体は出来ないし、

出来たとしても再発すると言われていたので、

この予想は外れた、という事になるのか?

このへんもう少し考察が必要か?



それで免疫系におけるウイルス抑制の立役者の抗体。

このリンパ球のB細胞が産生する抗体はウイルスに取り付いて

ウイルスを無効にするもので、

例えば私たちの鼻腔に常在しているライノウイルスや

アデノウイルスやコロナウイルス(旧型?)への抗体産生能は

私たち免疫細胞は当然のこと既に獲得している。

だからこれらの常在ウイルスにより風邪をひいても

抗体が自動的に産生されて自然治癒する。



抗体産生は一般的には高度な免疫システムとされる

リンパ球の獲得免疫系が行うのだが、この獲得免疫系が起動するためには、

まずマクロファージや樹状細胞の自然免疫系が抗原、今回の場合は

新型コロナウイルスを捕捉して、この新型コロナウイルスのRNA情報を

リンパ球のヘルパーT細胞へと伝達するというこの

「マクロファージ→ヘルパーT細胞への抗原提示」が必須の機序。

マクロファージが抗原提示しなければ抗体産生は不可能。



という事から鑑みて新型コロナウイルス肺炎から完治できた患者は

マクロファージの活性が高く健全に機能し、

マクロファージ→ヘルパーT細胞への抗原提示が

成立したから抗体産生が可能だった、と

ザックリと分析できそうだ。


免疫力=マクロファージ力


482:ハリー今村 :

2020/02/14 (Fri) 13:54:21

host:*.spmode.ne.jp


タマちゃんサイトの最新記事には

ウイルス研究の第一人者の意見として

コロナウイルスは熱に弱いので、

気候が暖かくなれば収束する、

という意見が掲載されてます。


だとすれば亀さんやサルトルさんの南半球は夏ゆえに

アフリカで新型コロナウイルスが今現在は発症しない説に

整合性が出てきますね。


体温高め、がキモ?

481:ハリー今村 :

2020/02/14 (Fri) 13:22:46

host:*.spmode.ne.jp


堺のおっさんへ

「上医は未病を治す」

しかし実際は見ての通り。



最新ニュースによると

中国で新しく新型コロナウイルスへの陣頭指揮を執る女医さんは

ヒト・インターフェロンの鼻腔スプレーを発明し、前回のSARSの際に

この方法が劇的効果を上げたそうですね。

ただ今回の新型コロナウイルスへこの方法を応用するには

時間がかかりそうだとの事。



肺胞は本来は膨らんだり閉じたりして、言わば動く事で

酸素と二酸化炭素を交換しているわけで、

寝たままでいると肺胞の動きが減ってあんまり宜しくない、

みたいなアドバイスが中医学の古典には記載されてるらしい。

解熱剤は熱を下げてかえって免疫を落とす。

抗生物質はウイルスの抑制には効果なく、

むしろウイルスに対する防御壁のバクテリア層を破壊してしまう。

どうも既存の処方はピントがズレてる気がします。

もっともこんな事を言うと東洋医学かぶれのひがみと

どっかから石が飛んでくるのが関の山  笑


そう言えば一時期、腕振り、流行ったけど、

アレは心肺機能を強化するのにいい、という触れ込みだった。

ロングブレスなんてのもあった。

廃用性萎縮を防ぐためにも、

こういった手法には一理はありそうです。

もっともすぐに飽きてこういうメソッドは

長く続けるのが難しい。



本当に効果があって気持ちいいメソッドは飽きない。



480:堺のおっさん:

2020/02/14 (Fri) 10:44:36

host:*.enabler.ne.jp

>>479 今村さん

医療のイノベーション。

誰しも健康増進・予防が医療の本筋と

頭では分かっているが…

結局悪くなるまで行動を起こさない人が大半。

「薬」(実態は毒)で対処療法の方がある意味お手軽。

その考え方から意識を180度転換するきっかけになると

予測します。

自分の体は自分で守るんだという意識ですね。
479:ハリー今村 :

2020/02/14 (Fri) 10:36:33

host:*.spmode.ne.jp


「十分なる太陽と空気の前に疾病はない」

       アラビアの名医アビセンナ


「太陽の来ないところに医者が来る」

            西洋の諺




今現在は太陽活動極小期に突入したという。

ゆえに太陽エネルギーの恩恵も幾らか減弱しているだろう。

なるべく日の光を浴びるのはビタミンDの合成を促進し、

免疫力を維持する上で有効とされる。

隔離措置は良いとしてその隔離スペースの照明に

免疫を向上させる光線があれば、ないよりはマシだろう。

次世紀の医療は光線や音波が主流になると一部では囁かれている。

数奇な運命を辿ったアメリカのレイモンド・ライフ博士は

周波数治療のような装置を開発し相当の効果を上げたという。

新型コロナウイルスによる危機的状況がもしかしたら

新しい医療のイノベーションをもたらすかもしれない。


478:ハリー今村 :

2020/02/14 (Fri) 08:39:57

host:*.spmode.ne.jp


堺のおっさんへ

今現在、アフリカで新型コロナウイルスの感染者が出ていない、

それが検査体制が整っていないからではなく、

本当に罹患していないのなら、その理由は何なのか?

という事について即座に思いつくのは、

アフリカ系の人々の遺伝子とのマッチング。

あるいは血液型との相性。

または黒人特有のメラニン色素の量。

つまり新型コロナウイルスが感染しにくい体質が

遺伝的に備わっているのかもしれない、という想定です。

だとすると武漢在住の退避帰国者のインド人が帰国後の

検査で全員陰性と出たのも、もしかしたらカレーを食べる習慣ではなく

インド人特有の遺伝的素質にあるという想定も成り立ちそうです。



いずれにしろヒトの鼻腔や気管支や肺には健康状態において

常にライノウイルスやアデノウイルスやコロナウイルスが常在し、

肺には未知のウイルスがいる事もわかっている。

また毎日、地上1平方メートルに8億個のウイルスが大気圏から降り注ぐ。

ある意味、人間の生活はウイルスまみれが基本。

もちろん今回の新型コロナウイルスは相当の感染力とダメージ力があるのが

わかってきたので、感染は避けるに越したことはない。

しかしインフルエンザウイルスと似た性質があるなら乾燥と冷気が収まり、

湿潤と暖気が満ちてくれば収束に向かうのでは、という希望的推測は出来そう。


自分としてはこれまで通りの養生アイデアを実践していきます。



477:ハリー今村 :

2020/02/13 (Thu) 11:13:30

host:*.spmode.ne.jp


サイト「タマちゃんの暇つぶし」さんの最新記事に、

武漢在住のインド人645人が退避帰国後に

新型コロナウイルス検査で全員陰性、

カレーに効果ありか、とある。



カレーのスパイスの香りは既述した通りフィトンチッド。

スパイスの原料は植物の葉や実や種や根で、

植物は動物が獲得した免疫系であるマクロファージを

はじめとする免疫細胞に頼る事ができない代わりに、

強力な殺菌力、抗ウイルス力のある香り、

芳香性揮発物質のフィトンチッドを産生して我が身を守っている。

植物に感染するウイルスと動物に感染するウイルスでは違いが

あるだろうが、今回の新型コロナウイルスが植物に感染したとは

聞かないので植物は新型コロナウイルスには免疫がありそうだ。

だとするとそれらの植物が産生したフィトンチッドを食べれば

血液や体液にフィトンチッドの分子が行き渡り私たちも

植物と同等の殺菌力、抗ウイルス力が手に入るかもしれない。



そう言えば私が治療院で日常的に使っている16種類の薬草が

混入した棒灸を燃やす温灸の香りはよくカレーの香りに似ていると言われる。

恐らくはこの温灸の香りにもフィトンチッドの効能が

幾ばくかはあるだろう。


476:ハリー今村 :

2020/02/12 (Wed) 10:50:25

host:*.spmode.ne.jp


ヒトの細胞の分裂回数には限りがあり、

染色体の端っこのテロメアが分裂回数の切符とされる。

だから細胞はテロメアに規定されて無限に分裂増殖する事はない。



細菌・バクテリアにテロメアのような機能があるのかどうかは

知らないが、細菌叢の中である単一のバクテリアだけが増殖して

独占的な占有が起こらずに多くの種類のバクテリアが

共存しているところを見ると、バクテリア界にも一定のバランスを

維持する何らかのバイアス機能が働いていると推測できる。



ウイルスは亜種を含めて5000万種以上もの膨大な種が存在するが、

バクテリアと同じく単一の種だけが大手を振っているようではない。

ウイルス・ネットワークの中にもバランスを保つ何らかの

独占禁止法のようなコントロール協定がありそうだ。




新型コロナウイルスの起源には諸説あるが、

ウイルスにもテロメアのような機能が備わり、

再生回数に限りがあるのなら、どこかで感染力を失うだろう。

またバクテリア界のようにウイルス界にも独占禁止法のような協定が

あるのなら、多種のウイルス・ネットワークに取り込まれ、

やがてはやはり感染力を失うと希望的推測をしてみる。


そろそろ花粉症の時期だが花粉症は花粉単独では発症しない。

花粉に排気ガスなどの大気汚染物質がミックスすると

免疫のキャパを越えて花粉症に至るとされる。


もしかしたら新型コロナウイルスの激症化の一因にも

ウイルスと大気汚染物質のミックスという要素があるのかもしれない、

などと妄想している。




475:ハリー今村 :

2020/02/11 (Tue) 19:11:52

host:*.tokai.or.jp



人間の皮膚の上には膨大な皮膚常在菌が棲む。

髪の毛にも、顔面にも、手の平にも、足の裏も。

さらに鼻腔や気管支や腸内にも常在菌が棲む。

皮膚常在菌はヒトの皮膚が分泌する汗や皮脂をエサにし、

酸性の分子を産生する。

皮膚常在菌が産生する酸性の分子は皮膚を覆う天然のクリームとなって、

日光や風雨、外来性の細菌やウイルスに対するシールドとなる。

同じ仕組みで鼻腔や気管支や腸内の常在菌も有益な分子を産生し、

それらが天然の防御壁・シールドを形成する。

人体に共生する常在菌叢は

実は天然の防御壁、

抗ウイルス・シールドだった。

脚下照顧。

必要なものはいつも手元にある。

気づくかどうか、ただそれだけ。



474:ハリー今村 :

2020/02/11 (Tue) 06:50:37

host:*.tokai.or.jp


vagabundo1431さんへ

ウイルスの動態と

エージェント・スミスのシンクロ、

確かに!

地球生命系マトリックスはウイルスで動かされている。

ウイルスをエージェント・スミスにするか、

ウイルスをネオにするか、は恐らく私たちの生き方次第。

対処法をミスれば下手を打つと

映画トータル・リコール2013の世界に

なってしまう危険性と隣り合わせ。

太陽活動極小期も今回は長く続き、

マウンダー極小期がリバイバルし、

ミニ氷河期が現出する可能性も指摘されている。

さらなる天変地異、食糧危機など不安は尽きませんが、

まずは我が身、養生徹底。





473:vagabundo1431 :

2020/02/10 (Mon) 23:52:03

host:*.au-net.ne.jp

>>470
ハリー先生

「エージェント・スミス」にも似ておまんな。
472:ハリー今村 :

2020/02/10 (Mon) 22:20:11

host:*.tokai.or.jp


パターン1

ウイルスを抑制しようとして抗生物質を投与する

→ウイルスには抗生物質は効かずに代わりに常在菌叢が壊滅

→ウイルスに対する防御壁の常在菌叢が壊滅し

→ウイルスが容易に細胞内に侵入する→ウイルスが増殖

※ 抗生物質の投与がむしろウイルス増殖を助長し、

症状の激症化を誘発?





パターン2

ウイルスを抑制しようとして抗生物質を投与する

→ウイルスに抗生物質は効かずに代わりに常在菌叢が壊滅

→常在菌叢の中から抗生物質に対する抵抗力を獲得した耐性菌が出現

→耐性菌が増殖し悪さをする

※ 抗生物質の投与が耐性菌を誘発し、

耐性菌の増殖が敗血症のような新たな症状を誘発?





パターン3(パターン1 + パターン2)

ウイルスを抑制しようとして抗生物質を投与する

→ウイルスに抗生物質は効かずに代わりに常在菌叢が壊滅

→ウイルスに対する防御壁の常在菌叢が壊滅し

→ウイルスが容易に細胞内に侵入する、と同時に

→壊滅した常在菌叢の中から抗生物質に対する抵抗力を獲得した耐性菌が出現

→粘膜の常在菌叢の破れたシールドからウイルスと耐性菌の両者が侵入する

→ウイルスと耐性菌の両者が増殖

※ ウイルスと耐性菌の両者の増殖・侵襲で激症化?




もしかしたら上記のパターンのどれかが

今回の新型コロナウイルスへの対処の中で

起こってしまっているのかもしれない。


471:ハリー今村 :

2020/02/10 (Mon) 19:45:13

host:*.tokai.or.jp



サイト「In Deep」さんの本日の最新記事が、

鼻腔や気管支の常在菌叢がインフルエンザウイルスに対する防御壁に

なっているのでは、というトピックを取り上げてくれてます。



既述したようにウイルスはキャリアからキャリアへと

渡り歩きながら増殖する。

そのキャリアは私たち多細胞生物の細胞のみならず、

単細胞生物のバクテリアつまり細菌も含まれる。



海の中には膨大なバクテリアがいるが、

この海洋バクテリアに海洋ウイルスが感染して、

海洋バクテリアの生物総数・バイオマスがコントロールされている。

赤潮の原因のプランクトンが増えた時にこの赤潮原因バクテリアに

海洋ウイルスが感染する事で赤潮が処理され、もとの綺麗な青い海に戻る。

この場合はウイルスは毒物でもなんでもなく、

まぎれもない浄化役。



もとい今度はウイルスが悪玉の場合。

インフルエンザウイルスなどが鼻腔や気道に侵入する際には

まず粘膜表皮に常在する常在菌叢を突破しなければならない。

バクテリアのサイズはウイルスよりも相当にデカいので、

ウイルスにとってはこの常在菌叢のシールドを

突破するのはそれほど容易ではないだろう。

なぜならいちいち大きなバクテリアに入り込み、

いちいちそのバクテリアの分裂システムを乗っ取り、

バクテリアを内部から破壊して、出てきたコピペウイルスが

また次のバクテリアに感染して、を繰り返さなければならない。

そうしてバクテリアのシールドにようやく穴が開けば

その先の粘膜に到達出来る。



つまり鼻腔や気管支にある常在菌叢のシールドを

もしも抗生物質で殲滅して破壊していたら、

恐らくは簡単に鼻腔や気管支からインフルエンザウイルスを

はじめとする外来性のウイルスが侵入してしまうと

推測できてくる、というようなニュアンスの記事が

冒頭のサイトの最新記事に掲載されてます。


皮膚常在菌、粘膜常在菌、腸内常在菌の

人の菌叢集合体=ヒト・マイクロバイオームは

ウイルス感染に対抗する防御壁・シールドである可能性が

大いにありそうだ。

470:ハリー今村 :

2020/02/10 (Mon) 08:17:49

host:*.tokai.or.jp


河南省の貧しい地域が武漢支援に100エーカー分の大葱を寄付、

という記事がネットゲリラさんのサイトにアップされていた。

ネギのフィトンチッドがあわよくばウイルス抑制に

役立ってくれる事を祈ります。




ちなみに基礎知識で誰でも知っている事で恐縮ですが、

ウイルスは細胞構造を持たないので、ウイルス単独では増殖出来ない。

つまりウイルスは分裂はしない、いや、出来ない。

だから他の細胞構造に入り込みDNAを乗っ取り、

細胞が持つ分裂増殖のシステムを利用して細胞内で増殖し、

やがて細胞膜を蹴破って細胞外へと増殖拡散し、

またそのうちの一つのウイルスが同じように次の細胞内に侵入し、

このやり方を繰り返す事で増殖していく。

映画エイリアン・プロメテウスあたりがこのウイルスの増殖法を

うまくデフォルメして描いている。

この単独増殖せずに、よそさまの細胞構造をそっくり借りるというやり口は

一見すると効率的だが、よそさまがいない事には

なにも始まらない。そういう意味では実は非効率。

ところが細菌はもちろん単独で増殖出来る。

ここがウイルスと細菌の決定的な違い。

もちろん細胞構造を持つヒトをはじめとする真核生物は

みな細胞分裂や生殖を介して自前で増殖出来る。



それでウイルスは病原体というよりもキャリアからキャリアへと

DNAをつまみ食いしながら渡り歩くその本来的な機能から察するに、

種と種を繋ぐ遺伝子の運び屋、DNAベクターというのが本質と見る識者もいる。

iPS細胞もウイルスをベクターとして利用している。

つまりウイルスは天然の遺伝子工学の立役者。

種から種へと有用な遺伝子を運ぶ水平遺伝の推進エンジン。



ではあるが未知のウイルスが入り込むと

免疫機構は最初は抗原と認識し攻撃する。

そして攻撃的共生の時期を経れば、やがて対抗する免疫を獲得し、

ほとんどは共生関係になる。ヒトの鼻腔に棲むライノウイルスや

アデノウイルスやコロナウイルスのように。

だからこそ人類はここまで生き延びてこれた。



ヒトには細胞内に侵入される前に鼻水や涙や唾液の分泌物で洗浄し

排泄する機能も備わる。マクロファージをはじめとする免疫システムもある。

フィトンチッド・植物の香りの殺菌力も心強い味方になる。




469:ハリー今村 :

2020/02/09 (Sun) 19:15:23

host:*.tokai.or.jp



オオトラさんへ

人工ウイルスと仮定して、だとするとキャリアからキャリアへと

感染を重ねるごとに、宿主のDNAが混ざっていき、

初期プログラムがあるとしたら、その情報は最終的には

夾雑DNAが混ざり過ぎて初期機能は停止するか、無害化するはず。


またウイルスはバクテリアにも感染し、バクテリアのDNAも

混ざり、やはり終局的には機能停止するか、無害になるはず。



確かに非常に際どい事態が進行していますが、

上述したような経緯で、どこかで終息すると見ています。

もちろんそうではなく強毒性に変異するという予測も

あるのでしょうが、これもあくまで仮定の域を出ない。


とりあえず普通の風邪やインフルエンザに罹患しないように

気を引き締めております。



468:オオトラ :

2020/02/09 (Sun) 16:43:09

host:*.dion.ne.jp
ハリーさん 新型コロナウイルスは 中国P4設備の実験済み動物の職員に依る 海鮮市場への

違法転売が 始まりー中国関連のサイトで見ましたが まぁかの国では有り得るとの感は拭えず

さも有り何んつー感じです それと ボディバックの不足も訴えていましたね 又直近で完成した

10日工期の病院っーか隔離施設も 火事で焼けたとか何が何だか判らない状態見たいです 武漢の

死者はもう2千人を突破して 火葬場は24時間フル操業とか 病院の医師が全滅した処も有るとか

もう 頭が追い付かない状態ですね あぁナノサイズの シルバーコロイドがウイルス等に有効

とか 商品名は忘れた アメリカでインフルのパンでミック状態で品薄とか書いて有ったわ
467:ハリー今村 :

2020/02/08 (Sat) 14:11:15

host:*.spmode.ne.jp



通常の風邪が自然治癒するプロセスは以下。



第1ステージ、発症。

ヒトの鼻腔に常在するアデノウイルスやコロナウイルスや

ライノウイルスが乾燥や寒冷の好環境を機に増殖。

反射作用で鼻水やクシャミで排泄。

鼻腔粘膜マクロファージが貪食して対処。

この最初期の初動で風邪ウイルスの増殖を抑制できないと、

次のステップに進む。



第2ステージ、信号伝達。

マクロファージがサイトカインという信号分子を産生し、

血流を介して脳へとサイトカインが情報伝達され、

脳の温度センサーが高体温にセットアップ。

脳幹から体温を上げる指令が全身に発動されると、

ガタガタと寒気が生じる。

なぜ寒気が生じるかというと、

これは高体温にセットアップされたはずなのに、

まだ体温が低いので、そう感じるわけ。

グングンと体温が上がってくる。

寒気は無くなるが、発熱で苦しくなる。




第3ステージ、免疫上昇。

この発熱で苦しい中、発熱温度が38.5度まで上昇すると

ヒートショックプロテイン90が誘導される。

ヒートショックプロテイン90はインテグリンという分子を

介してリンパ球の遊走性を高める。

この機転により感染部位への免疫細胞による集中攻撃が可能となる。




第4ステージ、治癒。

インターフェロンや抗体でウイルスが抑制される。

また免疫細胞の攻撃を受けて風邪ウイルスに罹患された細胞も

ことごとく撃破。

免疫細胞に破壊された細胞断片もマクロファージに貪食され、

白血球の死骸は汗や尿や便や痰などと共に体外へと排泄される。




超ザックリ言うと、↑これが通常の風邪の自然治癒プロセス。




解熱剤は第2、第3ステージをシャットダウン。

抗生剤はミトコンドリアの働きをセーブしてしまうので、

ミトコンドリアは体温産生が出来なくなる。

またミトコンドリアが働かなくなるとエネルギー産生も出来ず、

体力も落ちてしまう。

たぶん抗生剤も第2、第3ステージを、

あるいは第4ステージもシャットダウン。



子供などに安易に解熱剤を処方すると

脳と肝臓のミトコンドリアの活動がストップして

下手を打つと命の危険が増す。

これはライ症候群として知られている。



熱が出たら下げる、細菌やウイルスの増殖は抑制する、

という症状を抑え込む発想の反対療法・アロパシーは

緊急時にはもちろん良い面もあろうが、

そうでない面もある。



今回の新型コロナが一旦は快方に向かったのちに

急激に症状が悪化するケースがあるようだが、

もしかしたらアロパシー的治療が意図せずに

自然治癒プロセスを阻害して、

そうした症状悪化の経緯を助長してはいまいかと危惧している。




体温は命。

ミトコンドリアは宝。



466:ハリー今村 :

2020/02/06 (Thu) 19:33:20

host:*.tokai.or.jp


オオトラさんへ

確かに推移を見守るしかありませんね。

ユーチューブにアップされていた中国の完全防護の医療者の姿。

あれが真実を伝えていると私は思ってます。

アメリカはチャーター機の機長も防護服着てましたから。

脳内妄想が杞憂で終わるのを祈るばかり。


465:オオトラ :

2020/02/06 (Thu) 17:06:54

host:*.dion.ne.jp
ハリーさん 突然コロナウイルスに興味が無くなりました わしには無関係と思える様な 心の

変化です まぁ後は推移をゆっくり見るだけですか?
464:suyap :

2020/02/06 (Thu) 14:59:18

host:*.fsmtc.fm

この版でも新型コロナウィルスで盛り上がってますが、一時期なんでも
パンデミックにしたがってたWHOが、今回は「まだまだやで~」と慎重
姿勢…ふ~む。
https://jp.sputniknews.com/world/202002057076714/

そういや、ぎのごちゃん、いいとこ突いてるね:
-----------------------------
結局、空気感染しない、空中では生きられないコロナウィルスの
感染源は海鮮市場ではないのか、という話。

空気感染しないというのは、コロナウィルスはネバネバ状態の
魚や食材のなかでしか繁殖できないのだ。

よって、手洗いや環境のアルコール消毒は
はっきりいって、効果はない!

コロナウィルスは化学薬品に耐性をしめし
変態していくからだ!

効果がないのに、効果があるとへたな「安全神話」を広げるのは
被害拡大のショックドクトリンだ!

ウィルスに感染したら高熱をだすのは
身体が熱でウィルスを攻撃しようとしているから。

つまりコロナウィルスは熱に弱い!と
身体の免疫機構が、熱を出して退治せよ!と
号令をかけたから。

鼻と喉と肺で大繁殖すると言うことは、
胃酸でもコロナウィルスは生きられない。

結局、コロナウィルスは熱と酸によわいのだ!


というわけで、PH3.5にまで下がった
無農薬放射能フリーの米のとぎ汁乳酸菌、
もしくは完全無添加の酢などをいれた
無農薬無添加のあっついお茶をいれ
鼻湯すればいいとおもうよwww

熱い湯気で鼻呼吸!
すっすってー吐いてはいてー

ひーひーふーひーひーふぅーーー

鼻水とタンは、ぺっぺっぺ!
-----------------------------
http://kinokokumi.blog13.fc2blog.us/blog-entry-14907.html


実際、日本国内でも相当数がすでに感染・無症状/治癒していると思う。

あらっ、咳がでるわね、
ちょっと熱っぽいかな、

と思ってる間に治っちゃう。
それで良いんじゃないでしょうか?

ふだんから薬まみれ、免疫力低下、代謝循環機能低下...してる人たち
が重症化してチーン>>自然淘汰…と書いたら怒られますか?(苦笑)

な~んちゃって、世界で唯一、日本を含めすべての感染国(地域)から
の、非感染国(地域)での14日間のクリアランスを経ないでの直接の
入国を拒否している国からのメッセージでしたっ
↑↑
つーことは、今この国を出て日本のような感染国に行ってしまったら、
戻りにグアムなどの非感染地域で14日過ごさないと戻ってこれないってこと。
↑↑
グアムで感染者が出たら、こりゃアウト、完全な鎖国ですわっ(苦笑)

463:亀さん:

2020/02/06 (Thu) 14:20:05

host:*.t-com.ne.jp
http://bbs6.fc2bbs.net//bbs/img/_409100/409098/full/409098_1580966405.jpg >>462

今村先生、失礼しました。今し方確認したところ、『血液と健康の知恵』のp.161~に、「第3原理 バクテリアやウィルスの自然発生説とその応用」がありました。よって、返答には及びません。そして、後に目を通してみます。



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
462:亀さん:

2020/02/06 (Thu) 13:52:57

host:*.t-com.ne.jp
>>461

> 千島喜久男博士の著書に
>
> ウイルスやバクテリアの自然発生説が説かれていた。

なるほど、そうですか…。千島喜久男博士の著作は『血液と健康の知恵』が手許にありますが、その何ページあたりに書かれているのか、分かりましたらご教示ください。よろしくお願いいたします。



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
461:ハリー今村 :

2020/02/06 (Thu) 13:40:00

host:*.spmode.ne.jp


そう言えば千島喜久男博士の著書に

ウイルスやバクテリアの自然発生説が説かれていた。

少し復習してみます。

460:ハリー今村 :

2020/02/06 (Thu) 11:45:30

host:*.spmode.ne.jp


オオトラさんへ

既に識者が指摘しているように、

感染していたとしても検査しなければ

罹患数にあがってこない。

知らぬ間に感染しキャリアになり症状が出ない者。

症状が出たが軽くすんだ者。

この軽く済んだ者も今回の新型コロナウイルスの場合は

免疫が成立せずに再発があり得るとされる。

今現在、こうしたキャリアが日本のどこにどれだけいるのかが

全く把握できていないわけです。

普通に考えれば相当にヤバイ状況。

であるならば、今、一体どんな防御策を実践すればいいのか?

大金持ちの世界のおセレブだけが享受出来る特殊な予防法や治療法は

私たち庶民が利用するのは不可能。

でもスーパーでネギを買ってきて、鍋なり炒めるなり、

たらふく食べる事なら誰でも出来る。


459:ハリー今村 :

2020/02/06 (Thu) 08:24:52

host:*.spmode.ne.jp



オオトラさんへ

ホメオパシーについては自分もほとんど知識がありません。

創始者はサミュエル・ハーネマン。

欧米においては

熱が出たら熱を下げるの反対療法のアロパシーが主権を取る前まで

熱が出たら熱を上げるの同種療法のホメオパシーが全盛だった。



症状を抑え込むのか、症状を出し切るのか。

前者がアロパシー、後者がホメオパシー、と

ザックリと理解してます。



個人的な感慨としては、

発熱温度38.5度でヒートショックプロテイン90が誘導されて

インテグリンを介しリンパ球の遊走性が増して感染症の治癒が促進される、

という厳然たるエビデンスが獲得されているので、

この機転を活用するという意味でも

熱が出たら熱を出し切るというベクトルはそれほど荒唐無稽とは思えません。


ここに来て寒波が日本列島に到来し、

体が急に冷えて免疫が下がり不顕性感染の状態でいたキャリアが

発症に至る→拡散、という事も想定すると、

これからが日本の正念場かもしれません。


気を引き締めましょう。

もとい、気は穏やかに。


458:オオトラ :

2020/02/06 (Thu) 07:11:42

host:*.dion.ne.jp
ハリーさん 非常に重要な情報が出て来ました 以前ホメオパシーのレメディで コロナウイルス

の感染防止が可能だが 罹患者の治癒は出るとの情報は無いと書きましたが 治癒の可能性が出た

様ですが 勿論重症度での差異は有ると思います 但し現在ホメオパシーのレメディは存在するか

は判りません 凡そ 患者の抽出物から作られる事が印度でも可能か如何か? 此処で決定的な要素が

男性患者からのレメディが 女性に 女性からのレメディか 男性に交叉的な使用が決定的に重要との

事 わしはホメオパシーは以前勉強したが手間暇掛かり過ぎと 金の掛かり過ぎで止めたのょ

此処で重要な事は 同種療法と言う概念で 疾病の原因物質の特定と 希釈に依り治癒効果が出る

っー事で 個人としては不可能っー事ですね
457:ハリー今村 :

2020/02/05 (Wed) 14:17:01

host:*.spmode.ne.jp



オオトラさんへ

今回の新型コロナウイルスは乾燥にも強く

飛散して空気感染の危険性が指摘されているとの情報に

私も戦慄しております。

本日の公式発表では罹患数 24534

亡くなられた数 492

となっております。

冬ゆえに乾燥に強風はつきもの。

どうにか一刻も早く沈静化するように祈ってます。


456:ハリー今村 :

2020/02/05 (Wed) 13:50:27

host:*.spmode.ne.jp


サイト「タマちゃんの暇つぶし」さんの新着記事で、

武漢在住のイギリス人男性が新型コロナ肺炎に罹ったが、

医者の処方した抗生物質は飲まずに、

イギリスの風邪の民間療法のハチミツ入りの

ホットウィスキーで治した、とある。


ようは腸管にホットウィスキーが注がれて、

腸管マクロファージがヒートショックプロテインで活性が上がり、

免疫系がパワーアップし、点滴の代わりのようにウィスキーの水分や糖分が

細胞の滋養、栄養補給になり、ハチミツの有益な成分、

たぶん天然の抗生物質みたいな成分やビタミン類が

総合してこの男性の免疫系の治癒機転をうまく促進したのでしょう。



日本ならホットウィスキーではなく、

たまご酒、あるいは、七味唐辛子をふった熱いうどんをかっこむ、

江戸期なら風邪に葛根湯の落語の定番、葛根湯医者。


しかし漢方薬の本場の中国の緊急事態、

中医学の医師たちも何らかの手を打っているはず。

自分が持っている「免疫と漢方」という本をみても、

随分と漢方薬と感染症については研究されている。

おいおいもしかしたら中医学側からの治験も出てくるかもしれない。



そういえば新華社というメディアがある漢方薬が

今回の新型コロナに効くと発信したら

漢方薬局に長蛇の列が出来て、慌てた新華社通信が

まだ確定した情報ではない、と一転して火消しに回ったと

先日ネットニュースにあがっていた。



455:ハリー今村 :

2020/02/05 (Wed) 09:46:59

host:*.spmode.ne.jp


オオトラさんへ

ホメオパシーとフィトンチッドの燻蒸は

自分的には、分子情報のコピペという意味で

それなりに似ているような気はします。

罹患率と何が相関しているのかはほんと滅多な事は言えない、

というか確かな事は言えませんね。

海に囲まれた島国か、内陸部か、

森林があるか、無いか、

人種による差異か、日照量の差、

大気汚染がもとからあったか、無いか、

食の嗜好、労働体系、都市か田舎か、など

変動要因となるパラメーター・媒介変数が多いので。

ではありますが、まずは一杯の緑茶のフィトンチッドで

気を落ち着かせています。



454:オオトラ :

2020/02/05 (Wed) 09:32:34

host:*.dion.ne.jp
ハリーさん もう一つ情報 今回のウイルスは ノロウイルスの特性の 乾燥 に非常な耐性が

有り 乾燥飛沫感染っー別の見方では 空気感染と言う 身の毛も与奪意見解も有る様です
453:オオトラ :

2020/02/05 (Wed) 09:25:14

host:*.dion.ne.jp
ハリーさん インドは国策?で ホメオパシーを進めて居るそうです 後 アーユルベーダの精油

とかも 但し予防的な事で 罹患後の有効性には触れられていない様です ホメの二種類が記載

されて居ました 私が不思議に思う事は 死者は何処の国であれ 中国人ですね 白人は見た記憶が

無いのですが エイズの様に 人種を特定した可能性が高い様な?私は来週松の状態が鍵をを握る

ターニングポイントと成る様な気がして居ます 私の予想では 罹患者は200万人位に昇るか?と

怖いのは ウイルスの変移で 白人にも多数の死者が出無いかですね 今現在煽りと誤解され易いので

思う事は其の侭書けませんね 静観するしか有りません
452:ハリー今村 :

2020/02/05 (Wed) 07:41:05

host:*.tokai.or.jp



いわゆる森林浴の効能がフィトンチッドとされる。

樹木は風雨や動物、バクテリアやウイルスに晒されて、

その葉や樹皮が常に傷ついている。

その樹木が傷ついた傷口にフィトンチッドが揮発して、

バクテリアやウイルスから身を守っている。

人が森へ入りその森の空気を吸い込む時、

樹木が身を守るために揮発したフィトンチッドを吸う。

フィトンチッドにはバクテリアやウイルスを抑制する作用があるから、

人の呼吸器にとりこまれたフィトンチッドは

呼吸器に侵入していた有害バクテリアや有害ウイルスの増殖を抑制する。

また肺胞から血液中に取り込まれたフィトンチッドは全身を巡り

体内に侵入していた有害バクテリアや有害ウイルスを抑制する。

森林はオーラのようにフィトンチッドのガスを纏う。

ブルースモッグ。

本来は人間も森に寄り添いこのブルースモッグのフィトンチッドの恩恵を

享受していた。だが文明の名の下に森林を切り開き

ブルースモッグは徐々に消えていった。

ウイルスに怯える人類。

因果応報、自業自得。



うちの常連だったおばちゃん美容師に聞いた実話。

その美容院の常連のお婆ちゃんは超ヘビースモーカー。

嫌煙のご時世など知ったこっちゃない。

そのヘビースモーカーお婆ちゃん曰く、

風邪ひきそうになったらタバコを吸えば治る。

その言葉通りヘビースモーカーお婆ちゃんは風邪知らずとの事。

これフィトンチッドの効能と分析する事も出来る。

タバコ葉を燃やしタバコ葉のフィトンチッドが呼吸器に取り込まれると

風邪の原因ウイルスがフィトンチッドで抑制される。

タバコにはもしかしたらフィトンチッドの効能があるのかもしれない。




灸治療も同じ理屈が成り立つ。


451:ハリー今村 :

2020/02/04 (Tue) 18:59:05

host:*.tokai.or.jp


肉を腐らせずに長く保存するために編み出したとっておきの

フィトンチッド活用調理が、燻製。

樹木チップの香りには強力なフィトンチッドの殺菌作用がある。

フィトンチッドを活用した甘味が京都土産の生八ツ橋。

あの香りは肉桂の樹皮の香り。

ようはシナモン。

探せば色々ある。




450:ハリー今村 :

2020/02/04 (Tue) 17:29:47

host:*.spmode.ne.jp



ウイルスはナノレベルのタンパク質の粒。

ステーキは手の平サイズのタンパク質の肉塊。

どちらもタンパク質である事に変わりはない。



人間はステーキ肉を食べる際に、

肉塊に塩や胡椒をすり込み、

こんがり焼いたニンニクのスライスを添えて、

あるいは玉ねぎのソテーと共に、

通は和風にレモン汁を垂らした大根おろしを乗せて、

ワサビと醤油で頂く。

このようなステーキの食べ方は全て肉の腐敗を防止し、

肉にウイルスやバクテリアを繁殖させないための

フィトンチッドの活用とみることも出来る。



同じ方法がステーキとはサイズは違えどナノサイズのウイルスにも効くはず。

香辛料や薬味はみな芳香性揮発成分のフィトンチッドを有し、

ウイルスやバクテリアのタンパク質を溶かす抑制効果を発揮する。

タンパク質を変性させるものには他にアルコール、酸やアルカリ、

熱などがある。



ようはウイルスの外殻のタンパク質の構造をフィトンチッドや熱などで

変性させてしまえばウイルスは病原性を失うはずだ。




449:ハリー今村 :

2020/02/04 (Tue) 11:49:33

host:*.spmode.ne.jp



よく言われるのが欧州でコレラが流行した時に

精油業に携わる者に罹患率が低かったという事。

このように経験的に病原微生物に対して植物の

芳香性揮発成分が有効と薄々わかっていたが、

ここに厳密な実験を持ってフィトンチッドの有効性を

立証したのが先に述べた旧ソ連のトーキン博士。

今回の新型コロナ肺炎では亡くなった御遺体からも

感染の危険性が指摘されている。

日本では仏式の葬儀において、盛んに御焼香が焚かれる。

なるほどこの御焼香の風習もまた経験的に御遺体からの

微生物性感染症を防ぐフィトンチッド活用法だったと

推定できそうだ。



448:ハリー今村 :

2020/02/03 (Mon) 16:28:23

host:*.tokai.or.jp


前コメントに誤字や、言い回しに難ある箇所がありますが、

脳内変換で修正して読んでください。



フィトンチッド関連で少し思い出した事。

かつて玄米正食をやってる時にネギで結核患者を

治した経験をお持ちの食養指導家がおりました。

彼もまたトーキン博士のフィトンチッドの知見に

ヒントを得て、独自の治病法を開拓したひとり。

結核菌を抑制するネギのフィトンチッドも強力だが

ニンニクのフィトンチッドも強烈。



貧血症のドラキュラがニンニクを苦手とするのは

ニンニクのフィトンチッドのタンパク質を溶かす作用により

ドラキュラの血液のタンパク質のヘモグロビンが

溶かされてしまい、ドラキュラが酸欠で

ヘロヘロになってしまうから。

極端に貧血症気味の方はニンニクは控えた方が無難。


447:ハリー今村 :

2020/02/03 (Mon) 14:35:25

host:*.tokai.or.jp

「トーキン博士 フィトンチッド ネギ」

の3つのキーワードで検索すれば、

トップに関連情報がアップされるはず。


フィトンチッドといのは恐らく皆様もよくご存知の

植物の芳香性揮発成分が持つバクテリアやウイルスに対する抑制作用。

旧ソ連のトーキン博士が発見し立証した。

ザックリ言うと香りの強い野菜や果物には抗ウイルス効果があるという事。



特に日常的に日本人がよく食べるネギなどには相当に強力な抗ウイルス効果がある。

もちろんネギのみならず、ショウガ、ワサビなどの薬味は言うに及ばず、

大根、ゴボウ、レモン、ミカン、唐辛子など、

ほとんどの植物性の芳香性揮発成分にはウイルスや細菌に対する抑制効果がある。


植物もまたウイルスやバクテリアが蠢く地球で進化して生き延びてきた。

5億年余の植物の生命史においてどれほどのウイルスやバクテリアによる侵食を

受けただろうか。植物には免疫細胞など無い。

マクロファージもリンパ球も無い。

だがメタセコイアや杉の巨木は何百年も場合によっては何千年も

病気にもならず枯れる事なく生きている。



この植物たちが持つ強靭な免疫力の一端がフィトンチッド。

植物の葉っぱや幹、樹皮が傷つくとその傷口からバクテリアやウイルスが侵入する。

するともしもそれらのバクテリアやウイルスが増殖して植物を病気にする。

そうならないために傷ついた植物は傷口にフィトンチッドを産生し、

このフィトンチッドの芳香性揮発成分でバクテリアやウイルスを殺してしまう。

葉っぱの黒いシミはそうした植物とバクテリアやウイルスが闘った痕跡。



漢方薬の原料は草根木皮で、ほとんどが植物由来。

漢方薬の効き目の一つにフィトンチッドがあると私は観ている。

トーキン博士の研究ではレモンの香りにも強力な作用が認められている。



446:ハリー今村 :

2020/02/03 (Mon) 09:39:31

host:*.tokai.or.jp


ウイルスはご存知のように細胞構造を持たない。

それがつまりウイルスは生命と非生命の中間的存在と言われる由縁。

ウイルスは自分単独では分裂増殖出来ない。

だから他の生き物の細胞に寄生しDNAを乗っ取り複製増殖し、

細胞を蹴破って拡散する。



そしてほとんどのウイルス以外の生き物には

ウイルスが常在性に寄生している。

でも普通はこれら常在性のウイルスはめったな事では宿主を

おかしくしない。なぜなら自分が住む棲家を破壊したら

自分の居場所もなくなるから。



ウイルスは細胞膜や細胞壁の代わりに外殻・カプシドを持つ。

ウイルスの外殻はタンパク質で出来ている。

タンパク質は熱で変性する。

だからウイルスはしっかりと熱処理すればほぼ無害化する。

タンパク質は酸にも弱い。

強酸の胃液を取り出して手の甲につけるとタンパク質で出来た

手の甲の皮膚が溶けるとも言われる。

だから胃に入ったウイルスは恐らくは胃液の強酸と、

胃が分泌するタンパク質分解酵素のペプシンにより無害化するはず。


ところが胃にはウイルスはいないだろうが、

その先の人間の腸にはファージというウイルスが常在している。

この腸内常在性ファージウイルスは人間の大腸菌に取り付いて

その数をコントロールする有益なウイルス。




抗インフルエンザ薬と抗エイズ薬の混合投与で新型コロナ肺炎の症状が

劇的に改善というニュースは今後の有効な薬剤開発、処方に

希望が持てる明るい話題と思われる。

ただ抗生物質の乱用が多剤耐性菌を生んでしまうのと同様に、

抗ウイルス剤の多用が新たな新種のウイルスを生み出さないか、

と少々心配ではある。



既に識者諸氏が指摘しているごく当たり前のアドバイスとして、

なるべくよく火を通したものを食べる、というのも

今、現在取り得る予防策と言えそうだ。


445:ハリー今村 :

2020/02/03 (Mon) 07:57:43

host:*.tokai.or.jp


前記コメントの参考にしたサイト記事

https://indeep.jp/bird-flu-china-powerful-us-flu-and-strongest-virus-2019-ncov/


ネットではフィリピンで抗インフルエンザ薬とHIV薬を混合して

投与し、新型コロナ肺炎患者の症状が劇的に改善との報告あり。

444:ハリー今村 :

2020/02/03 (Mon) 07:40:54

host:*.tokai.or.jp


追記

サイト in deep さんの日々、更新されている実況の最初情報では、

新型コロナ肺炎では感染者の吐瀉物、排泄物、遺体からも

感染する危険性が指摘されてます。

いわゆる嘔吐下痢症の原因ウイルスのノロウイルス、ロタウイルスなどが

吐瀉物や排泄物からも感染する類い。

それでいて症状が出ていない不顕性感染の状態でも感染性がある。

とすると予防対処として内側の防御の免疫力を最大に持っていくのは

言うまでもないが、空気感染の防御はいかにすればがいいのか。

さらに自然界でウイルスが変異して今後どうなっていくのか。



さてエイズのように獲得免疫系における抗体産生が無効化されるとしたら、

むしろマクロファージなどの自然免疫系の免疫細胞の強化に焦点を絞る、

という手も。いずれにしろ免疫系の鍵を握っているのは

マクロファージや樹状細胞による抗原の捕捉。

この免疫の最初期段階でウイルスが完全に封じ込めれば

抗体うんぬんは、ほぼ関係ない。

無脊椎動物は全て自然免疫のみ。

昆虫は無脊椎動物だがカブトムシの幼虫の体液の

生体防御タンパク質は抗生物質の効かないスーパー耐性菌すら無害化する。

人間にも生体防御タンパク質のヒートショックプロテイン が備わる。

ヒートショックプロテイン はマクロファージを強化する。

今思いつく内側の防御はとりあえずは、

マクロファージの強化。


443:ハリー今村 :

2020/02/03 (Mon) 05:59:12

host:*.tokai.or.jp


オオトラさんへ

自分もインドの工科大学が得た情報を見て戦慄しました。

ユーチューブで武漢の一般の方や医療者が緊迫した状況をレポートしているのと

大手メディアがアンダーコントロールな普通の風邪と同じ対処でいいの、

このギャップがどうにも不可解。

湖北省で大量のカラスが乱舞しているのも撮影されてます。

たしか映画バイオハザード3に、カラスが人間を襲うシーンが。

そして鳥インフルエンザがさらに湖南省でニワトリにの情報が出てきました。

インフルエンザと言えばアメリカで今冬は猛威。

何かより積極的かつ具体的な対処法を見いださねばと

危機感が増してます。


442:オオトラ :

2020/02/02 (Sun) 22:54:10

host:*.dion.ne.jp
ハリーさん少し前の情報では HIVの治療薬が 効果が有るっーのを見た記憶が有ります

怖い世の中ですね
441:オオトラ :

2020/02/02 (Sun) 22:48:45

host:*.dion.ne.jp
ハリーさん インドの工科大学の教授によると 新型コロナウイルスに hiv(エイズ)の蛋白質が

四種類挿入されて居るとの事で 抗体が出来ても直ぐに破壊?又は抗体の喪失が有るとのことで

再感染の可能性が有るっー事なのですが 中国の発表とリンクして居るので尚か?

わしの頭の中には 免疫レベル4以下の人は危ないとの思いが有ったのですが 気味が悪く成って来ました

居ます
440:ハリー今村 :

2020/02/02 (Sun) 13:48:45

host:*.spmode.ne.jp


免疫力を下げないチョー簡単で一銭もかからない方法。


・ 口を閉じる。

・ 冷たいものを飲食しない。


新型コロナウイルスにどうのこうのではないが、

一般的に言ってこの二つの方法は有効。


439:ハリー今村 :

2020/02/01 (Sat) 09:30:05

host:*.spmode.ne.jp


オオトラさんへ

いやいや謝罪など全然、そんなの無しで。

温かいお申し出、お気持ちだけで

また一段と軽くなりました。

ようやくピンポイントで拇指の付け根付近、

澤田流合谷までこぎつけました。ほぼ攻略かと。

あとは使ったら手入れでいけると見込んでます。

関節の柔軟性。

これもまた実に重要。


438:オオトラ :

2020/02/01 (Sat) 09:03:58

host:*.dion.ne.jp
ハリーさん 御免なさい 余計な書き込みでした 仰る通り自助努力こそが 進歩の王道ですね

わしのカキコは 余計な斟酌でした 改めて謝罪致します
437:ハリー今村 :

2020/02/01 (Sat) 07:39:42

host:*.spmode.ne.jp


続 追記

昼間に日光を浴びて産生されたセロトニンは

夜間にメラトニンに変換される。

メラトニンはつまり睡眠誘導ホルモンとも言える。

昼間しっかりと日光を浴びると夜もよく眠れる理屈は

松果体ーセロトニンーメラトニンのリンクで説明できる。

ちなみにマクロファージが最も働くのは睡眠中という。

ここからさらに

日光ー松果体ーセロトニンーメラトニンーマクロファージという

リンクも見えてくる。

畢竟すれば本来は必要なものは天地に、

そして身体に備わっている、

という事かもしれない。


436:ハリー今村 :

2020/02/01 (Sat) 05:40:54

host:*.tokai.or.jp


追記

新型コロナウイルス関連のユーチューブ動画を観ていて

気がついたことの一つが、街や郊外など外の景色の背景がどんよりと

していて日照量が少なく感じること。

今が冬という事もあるだろうが、大気汚染なども影響しているのか。

日光には紫外線が含まれて紫外線には殺菌作用が認められている。

もしも日照量が多い夏であれば、ここまで短期に感染が拡大したかどうか。

先にも触れたが日光にはミトコンドリアを活性化する電磁波が含まれる。

ゆえに日光を適度に浴びる事はミトコンドリアを活性化する。

マクロファージの細胞内のミトコンドリアが日光刺激で活性化すれば

マクロファージの活性が上がり免疫力が増すのは自明。

サーファーが風邪をひかないのは浜辺や海上で強烈な日光を浴びて

ミトコンドリアが活性化し、マクロファージの活性が上がり免疫力が増すから、

という理屈も成り立つ。

日光にはビタミンD(名称はビタミンだが実際はホルモン)の産生を促す効能もある。

ビタミンDとの絡みではカルシウムの定着や骨の強化、

骨ホルモンの免疫力とも連関してくるだろう。

飯山さんは太陽凝視を推奨しておりました。

自分は太陽を凝視する事はありませんが、

松果体にセロトニン産生を促すように額に太陽光線が

当たるように時々やってます。





435:ハリー今村 :

2020/01/31 (Fri) 23:26:36

host:*.tokai.or.jp



オオトラさんへ

これはたいへんに有難いお申し出を頂きまして、

まことにありがとうございます。

治療師も人の子で普通は自分の治療が出来ないのが相場。

ですから速攻でお願いしたいのは山々ですが、

どうにか少しづつ自分で手をかけて、あともうちょいのところまで

来た感じがあります。ですので、何とか自力で

いけるところまでやってみたいと思ってます。



しかしユーチューブなどにあがってきている新型コロナウイルスに

罹患して街中で倒れてしまう人が映った中国の映像などを観ると、

どうも思った以上に深刻な様相にも見受けられます。

大陸の中国と四方を海に囲まれた列島の日本で

新型コロナウイルスの感染力に差が出るのかどうか。

またヒトからヒトへの感染が進む中で

ウイルスが弱毒化するのか、あるいは強毒化するのか。

まだまだ日本の状況の今後は読めませんが、

まずは体調を維持する養生に徹します。



434:オオトラ :

2020/01/31 (Fri) 22:40:10

host:*.dion.ne.jp
ハリーさん 手首の違和感はマナスの毒素除去で代替出来そうな感じですが 気に成るならば

対処して見ましょうか? 但し現在の方法以前で 業界人 の処理が出来なかった件が有りましたので

現在の技術では問題無いと思われますが 出力を弱から始めて様子を見ながらに成る為 少し時間が

必要に成るかもです 良かったら返事下さい 必要な物は L2 サイズの全身写真 一枚です

送り先等は 別途記載します
433:ハリー今村 :

2020/01/31 (Fri) 18:06:26

host:*.spmode.ne.jp


オオトラさんへ

心包系と三焦系の欠落を補うのに

自分は単純に手首のヨウチとダイリョウを温灸してます。

とにかく指圧歴30年の堆積した凝り、歪みがこの手首周囲に

ありましたので。しかしなかなか簡単に緩みませんね。



新型コロナウイルスについて何かと騒がしいですが、

ウイルスは亜種を含めて5000万種以上いるとされ、

そのうち人間に害をなすのは、わずかに数百種。

海には未知の海洋ウイルスがごまんといるが、

まずほとんどの海洋ウイルスは人体に無害。

というかこのへんの近場の海浜はサーフィンのメッカなんですが

サーファーの患者が言うにはサーフィンやるようになったら

風邪ひかなくなったと。ちょっと風邪気味でも海に入ると治るとも。

ようは海に浸かってボードの上で、海洋ウイルスを口から飲んだり鼻から吸って

自然に無害の海洋ウイルスで鼻腔マクロファージや肺胞マクロファージや

腸管マクロファージをプライミングして免疫力が上がるからでしょうね。



という事は日本は四方を海に囲まれた国。

言わば日本は四方を海洋ウイルスで囲まれて

どっぷりと海洋ウイルスに感染された国とも言える。

これは悪い意味でなく良い意味で、つまり

日本国は海洋ウイルスによるマクロファージ・プライミング天国、

とも言えそう。

まあいつもの馬鹿ゆえの単なる妄想ですが 笑



432:オオトラ :

2020/01/31 (Fri) 16:50:15

host:*.dion.ne.jp
ハリーさん 類友にして頂き光栄の行ったり来たり まぁ馬鹿で無ければこんな割の合わない事

して居ませんわなー実はわしの仮説なのですが 肉体の免疫の指標として 人の生存に必要な

エネルギーの分配の基本は 12経脈システムと思って居ます で免疫の数値的な最高値は総ての

経脈回路の 活性度 と仮定して 12として測定して居ます 今現在はわしの思う所では 10の

人が多い様に思います 技術体系が違いますので ハリーさんの賛同を得るかは判りませんが?

で此の 10と言う数値は 物質肉体の支配経脈の数値と同調します 詰り心包 三焦の肉体に属す

二つの経脈の 不活性乃至 欠落を疑って居ます 色々考えましたが活性化の方法が判らない状態

です わし所の回りに 二人の野良猫も 10なのですがねー今現在は 御手上げ状態です
431:ハリー今村 :

2020/01/31 (Fri) 14:07:58

host:*.spmode.ne.jp



マウンダー極小期・小氷河期(1645〜1715)

太陽黒点活動の減少により地球が冷えて寒冷化し、

短期的な氷河期のようになり、

また宇宙放射線から地球を守る太陽磁場シールドも弱まり、

宇宙放射線が地球に降り注ぐ量が増大して、

地震や火山の噴火、飢饉など天変地異が頻発。

欧州でペストが猛威をふるった時期と一致する。




まさに今、地球は太陽黒点が消失した太陽活動極小期の真っ只中。

このまま移行すればマウンダー極小期の再来とも囁かれている。



マウンダー極小期の時期にペストが流行したのは、

太陽からの有益な太陽光線の地球への照射、

ミトコンドリアを活性化するソーレー帯領域の電磁波が減少し、

その結果、人間の免疫力が低下したからなのか?

本当のところは知る由もないが、

太陽活動と人間の免疫力に何らかの

連関はありそうな気はする。




コロナウイルスの名前のコロナとは

太陽周囲に皆既日食の際に出現する光冠に由来するという。

コロナウイルスはまさかその名前で

人間の免疫力が低下する真の原因、

太陽活動極小期を示唆しているとでも言うのか?



まっ、私の妄想ということで 笑


430:ハリー今村 :

2020/01/31 (Fri) 09:25:12

host:*.spmode.ne.jp


オオトラさんへ

よく馬鹿は風邪ひかない、と言いますから

馬鹿を極めると最強免疫獲得ですかね 笑

自分も馬鹿が加速しつつあるようで

風邪もインフルもここ数年は縁なし。

というかインフルにはこの仕事に就いてから

27年の余、一度もかかってない。

一般的な風邪の原因ウイルスであるライノウイルスなどに

よる風邪症状には数年前には年に一度か二度、見舞われた。



マクロファージを調教すれば無敵の免疫力が手に入るかも

と期待して日々、養生しております。


429:ハリー今村 :

2020/01/31 (Fri) 09:03:20

host:*.spmode.ne.jp



アメリカでは今冬はインフルエンザウイルスが猛威との事。

それで試みにウイルスの関連書を紐解いて

インフルエンザウイルスについて調べてみた。



インフルエンザウイルスが増えやすい温度。

温度15〜20度前後。




インフルエンザウイルスが長時間

空気中に漂っていられる湿度。

湿度20%前後。



冬場にインフルエンザウイルスが流行するのは

上記のインフルエンザウイルスにとっての

増殖環境が整うからという事らしい。




アメリカは昨年の11月頃に北極の極渦の寒波が降りてきて

全米大陸が猛烈な寒さに覆われた。

恐らくはそうした気候変動が今冬のアメリカのインフルエンザウイルス蔓延の

引き金の一因になったのではと個人的に推測している。



中国大陸も今冬は黄河の6分の1が氷結した。

あるいは新型コロナウイルスの増殖にも

こうした寒波と同期した気功要因があるのかもしれない。



時に雨が降り適度な湿度と、時に晴れて暖かい日がある今冬の

日本の気象条件の中でコロナウイルスやインフルエンザウイルスが

どの程度の流行をもたらすのかは、今のところ不明。




大きな視点では現在の地球の気候変動は

太陽活動の極小期に同期している。

太陽活動の極小期は宇宙放射線の降下量が増す。

これが地殻のマグマを刺激して地震を誘発し、

大気中に雲の発生を促し台風や大雨、大雪、雹嵐などの

激しい気象を生み出す。

また宇宙放射線の増大は人間の免疫力にも影響するはず。



突発的なウイルスパンデミックのように見えるが、

実際は気候変動や太陽活動とリンクした自然現象と

見ることも出来そうではある。



それはともかく何はともあれ免疫力=マクロファージ力。




428:ハリー今村 :

2020/01/30 (Thu) 13:37:36

host:*.spmode.ne.jp

堺のおっさんへ

早速に実行頂きまして、

ありがとうございます。

またカブトムシの免疫力についてなど

コメントの流れ次第で書き込ませて頂きます。


427:堺のおっさん:

2020/01/30 (Thu) 13:18:37

host:*.enabler.ne.jp

今村さん、仰せの通り削除しました。

削除の必要もなかったとも思いますが、

あらためて触れていただけたらと思います。

なお、この削除で記事番号がずれていますが、ご容赦のほどを。
426:オオトラ :

2020/01/30 (Thu) 11:49:52

host:*.dion.ne.jp
ハリーさん 情報如何も有難う御座いました しかし対象はノルウェージャンフォレストキャット

で 合谷の特定が出来ず本来の経脈対応に戻りました 幸い現在は瞳の縮小が観察され(右目側)

変化が目視出来る状態迄なり活動に 可成りの変化が起きて居ます まぁ何処まで戻せるかは

今後の対応次第かと? まぁ人の緑内障への興味は有りますが 前記の通り試そうとも思いませんが

有る程度の 知見は得た様な気がします ポイント的には 眼圧の正常化が取り敢えずの肝かと

思って居ます わし的には 現在人類は 三種類のエネルギーレベルに分類されて居ると思って居る

ので コロナウィルスの拡大状況で 少し裏付が出来ないかとは興味が有りますが特に強く思ってる

訳では有りません わしも随分前から 風邪とかインフルとかの罹患は有りません
425:ハリー今村 :

2020/01/30 (Thu) 11:32:43

host:*.spmode.ne.jp



堺のおっさんへ

いつもここコメント欄に自由に書き込みをさせて頂きまして

まことにありがとうございます。

さて、しとりごとスレッドに、先ほど、ムチンに関してのご投稿がございました。

恐らくは私がこちらの健康スレッドに

ここのところ書き込んだ内容が原因かと思われます。

この事で、もしも放知技掲示板にご迷惑をかけては申し訳ないと

ただ今、危惧しております。ご迷惑を未然に防ぐ意味で、

私がこちらに投稿した417、418、419、428の投稿を

削除して頂きたくお願い申し上げます。

お手数をお掛けしますが宜しくお願い申し上げます。


424:堺のおっさん:

2020/01/30 (Thu) 08:02:04

host:*.enabler.ne.jp

>>424 小ボンボン氏

カエルは座敷牢において、一日1回の書き込みに制限したばかりではあるが、

カエルの本質がさらけ出されているので420は消さずにおいておきます。

貴殿の言う通りで、筋も何も…

まあ、そういうことです。
423:kenichi 2409 :

2020/01/30 (Thu) 03:01:44

host:*.vmobile.jp
>>425
の件。
はぐれオオカミさんから、一言有ったので。。。
少なくとも、ここ日本国では、資本主義経済の枠組みから
逃れられない。
医療機関を受ける事、
家を建てる事、
温灸を受ける事、
お金を大なり小なり、支払っている。
当然、はぐれオオカミさんも、その支払いの一部を
給与として受け取っている事だろう。

何時かは、お金の価値が無くなる。
でも、未だ未だ先の話じゃ。

メッサさんが言われる段階、
お金を一人当たり1億円/年間 程度配る事、
※日本国の大企業(製造業)の社長さんの手取りがこれ位

全て電子マネーに替える事、
日本国へ入国すれば、外国人、旅行者を問わず
その政策を行う事、
それ位、行ってくれれば、インターネット通信を
滅茶苦茶にしてお金の信頼関係を打ち砕く事は
簡単じゃよ。

その調査は、グーグルさんが、接続ミスと言っていたが、
日本国への影響度合いを、遠の昔に調べている。
と小生は思っている。
グーグルさんも、米国が母体だから、西洋の聖書の預言は
知っているだろうから。
それに、どこぞの丸々ペイ(電子マネー会社)さんが、
ポイントアップすると告知したら、回線オーバーで
シャットダウンした事も覚えているだろう。

だから、西洋の聖書の預言は怖いのだよ。
全世界にキリスト教信者が散らばっているからな。
そして、その預言通りに行う事が七の神様の信頼関係を
受ける事だと思っているのだから。

放知技で、いつ何時、乳酸菌農法や活用方法の総体系を
構築し、告知するか、甚(はなは)だ疑問を感じるが、
其れまでは、バラバラな情報を個人的に掻き集めるしか、
無かろう。
後先短い老害古参に取っては試練そのモノだろう。
これは、飯山一郎さんが、次世代グルンパシステムを、
ディファレンシャルギヤーからヒントを得た!
喜んでいたが、放置状態で同じレベルだろう。

※現行品は2軸構成です。3軸構成に成れば技術的には、
 更に難しく成ります。

どちらにせよ、現代社会の綻(ほころ)びは、そこら中
で現れている。
会社でも、一人、人間が替われば、何らかの影響は、
出てくる。
技術伝承は、何時の時代も ある程度影響度合いが
有モンじゃ。

特に最近の日本国は、
人材も使い捨て状態に成ってきたから、
AIだの、
CAEだの、
人工知能だの、
サーバーだの、
言い出したのだよ。

とまぁ、思い付くママに書いてみたが、
はぐれオオカミさんも、飯山一郎さんが夢枕に現れて
丸々の情報を受け取った と言ったらどう成るかな?
でも、嘘はイカンぜよ。

なお、小生は、独自路線を歩んで居るので、名古屋での
座談会へは、参加しませんので、悪しからず。
言葉の魔術師モドキより





422:小ボンボン :

2020/01/29 (Wed) 23:15:10

host:*.commufa.jp

>>424

開催すると宣言した以上、冗談のようで本気です。

昨日までの常識が、今日という日を境に一変する現場を目撃・経験してきたのですから。

全力で歓待しますので、ぜひご列席を。>蛙どの
421:小ボンボン :

2020/01/29 (Wed) 22:47:31

host:*.commufa.jp

>420

我が国においては、文章の基本は起承転結でしたかな?

だとしたら、この字面には『起』しか訴えるものが感じられないな。

言いたいことは結局…(苦笑)それも結論を期待(感情)を込めて相手に投げるのか。

「言に尽くる有りて意に窮まる無し」

他人に同調を押し付けずに我が道を往け>ビンボ~蛙


追伸:健康問題と金銭問題とを無理矢理同列に扱うこと勿れ。


あっ、そうそう。はぐれオオカミさんは確か熊本あたりの御仁でしたっけ?

今しがた「名古屋一郎会」の開催を宣言したので、是非とも特別ゲストとして

訪名いただけないでしょうか?
420:ハリー今村 :

2020/01/29 (Wed) 22:47:00

host:*.tokai.or.jp


オオトラさんへ

治療師としては、ほぼ頂点に到達、達観の境地ですね。

自分なんかはまだまだ鼻垂れ小僧のレベルで、

でも特に他にできる事もなし。

それで自分の治療を喜んでくれる患者さんの

無邪気な笑顔を見ると治療師冥利につき、

やっぱり嬉しいし、救われる。

まあ自分は相当に鈍感なのかも 笑


419:ハリー今村 :

2020/01/29 (Wed) 22:16:00

host:*.tokai.or.jp


はぐれオオカミさんへ

どうもはじめまして。

健康問題と政治経済が密接につながっているという視点。

全く仰る通りです。100% 同意。異論は一切ございません。

経済が低迷する中でわざわざ自費診療の鍼灸院を

受療する国民はおりません。


418:オオトラ :

2020/01/29 (Wed) 22:13:53

host:*.dion.ne.jp
ハリーさん わしは現在わしの研究の為に 人柱とか猫柱とかの表現を使って 無償で 変人の

協力の元 研究生活を続けて居ますが此の事は 家族(変人プラス猫達)の健康の為の分業です

わしの年金の極僅かの分を 小遣いとして貰い 何の不満も有りません しかしこの人柱達は

自身が人から助けて貰う 乃至は 人が助けて呉れる事を当然と思ってる人々であると痛感して

居ますので せめて 一言位何らかの表現が有っても良いとは思って居ますが まぁそういう人

だから 病気になると思って対処して居ます 幸いわしの長い施術人生での受けてしまった邪気

毒素の処理も終わりに付かず居て居ますので 現在の立場も総て放棄する心算で居ます

今日見た腰痛のカイロブラテックの奇跡のテクニックの記事を見て思った事ですが 瞑眩が少し

続くとの記述を見て こりゃー表層の肉体から 中層の身体への転移反応ジャンと検知しました

まぁわしには関係の無い話なので ほっときます もう病気の人との関わりはウンザリですわ

どうぞ自分で頑張ってね 守るべきは 自分と家族だけですね
417:はぐれオオカミ :

2020/01/29 (Wed) 21:27:24

host:*.bbtec.net
マクロファージが健在に活動出来ることが健康法の全てであると言っても過言は無かろう。
そしてハリーくんのおすすめ体制術も良いだろう。

だとしたら、そんな知見を得られる環境作りが必須であり、健康問題で困ったった人々が辿り着くためにはお金を握ってでしかハリーくんのような整体師にはたどり着けないのだから、l

どーだろーハリーくん。そろそろ君の専門分野自体がこの国の政治経済と密接しているという感覚や感想を言ってみたら?

そこが無いと信頼性が無いと言われても仕方ない気がするんだが、君の正直な気持ちか考えを聞いてみたい。
416:ハリー今村 :

2020/01/28 (Tue) 21:48:40

host:*.tokai.or.jp

オオトラさんへ

近視治療に足のツボを使って成果を上げている女性鍼灸師が北海道におります。

自分は先に挙げた後頭部や頸部、ゴウコクだけでなく、耳の後ろ、頭部のツボ、

眼の周りの顔面部のツボ、背中のツボ、四肢末端なども含めて

全身調整と共に眼精疲労に対処してます。



眼の水晶体の中のタンパク質が変性して白濁すると白内障。

実は水晶体の中のタンパク質は同じものをリニューアルして一生涯、使い続ける。

ゆえに加齢と共に長く使い続けたタンパク質分子が劣化して変性が進行すると

水晶体の中が白濁して濁り白内障になってしまう。

この水晶体内のタンパク質の変性を防いでいるのがαクリスタリンという分子。

このαクリスタリンの正体とは、スモールHSP。

スモールという表現は、ようは分子量が小さいという意味で

HSPとはヒートショックプロテインの略。

αクリスタリンはつまり分子量の小さいヒートショックプロテインの意で、

αクリスタリンの働きは水晶体内のタンパク質が変性して白内障になるのを防ぐために

水晶体内の変性したタンパク質を修正している。

だから鍼灸指圧によりαクリスタリンの産生が促進できれば、

水晶体内のタンパク質の変性も良く修正されて

白内障の進行を抑制できる可能性がある。



415:ハリー今村 :

2020/01/28 (Tue) 20:30:47

host:*.tokai.or.jp



オオトラさんへ

眼疾患全般に言えるのは眼の位置の対角線上の裏、

つまり首と後頭骨の接合面のテンチュウ、フウチ、エイフウなどは

使えるツボ。あとは一般的にゴウコク、

高血圧には澤田流ゴウコク、

眼は肝とリンク、また五臓の精華ゆえに内臓も体壁も全部とリンク。

男女の道に関しては私も情報不足で適切なアドバイスは不可能 笑


414:オオトラ :

2020/01/28 (Tue) 18:35:36

host:*.dion.ne.jp
ハリーさん 少しお伺いしたい事が有ります わしは今 猫の緑内障の施術をして居ますが

人の緑内障へのアプローチ方とか 何か参考に成る事は有りませんか 最初は左側の黒目が大きく成り

眼球が押し出されて居る様な状態の時に やっと気付きました 岡山に専門の病院が有って見て貰った

のですが 遺伝子病と言われ 角膜の破損に依る感染症の 防止の為の 目薬を貰いそれきりで

色々考えて 現在は眼圧の正常化は達成したと思って居ますが(出目金状態は治った) 視力も少し

改善した様で 動きは少し 活発に成って居る様に思います 何か参考に成る事が有ったら 是非

お教え願います 息子は目覚めた様ですが感激は有りませんね 昔レイキの 本家とか元祖とかの

セミナーサーフィン時 女性のお腹に 何かツボが有って其処に 気を入れると 男性の負担が減る

っー話を聞いたのですが 自尊心が邪魔押して 詳しくは聞けませんでした 聴くは一時の恥 聴かぬ

は 何とかの恥っー諺を 噛締めて居ますが 今はまぁ如何でも良く成ってますが こういう技術こそ

我が身を助ける物か? 道を間違ったのか?
413:ハリー今村 :

2020/01/25 (Sat) 19:55:43

host:*.tokai.or.jp

オオトラさんへ

いやいや自分もオオトラさんとのやりとりで

ここのところ色々な気づきがありますよ。

本当にありがとうございます。

左腕前腕部の三焦系が、手首をひねったりして、

どうかすると妙に嫌な痛みがありました。

それで入念に手首周囲と前腕内側と前腕外側ならびに

肘関節周囲を徐々に温灸でほぐしたら、

ようやく妙な痛みの出る頻度が落ちてきました。

オオトラさんが以前にここで物質身体が痛みを隠すと仰った。

まさに自分は指圧師の宿命くらいに考えて

これまで手首周囲に負荷された圧力を封じ込めていたんだと

今更ながら自分の身体もちゃんとケアすることの大切さを

痛感しているところです。

この隠されていた疲労や痛みが解除されてきたら、

なんとなく治療の質も上がってきた感じがします。

身体全体も細部のエネルギーブロックが溶けて

なんとなく若返ってきた。

ここは貴重な交流の場ですので、

またこれからもどうぞ宜しくお願いします。

あっ、いつものオモロイのも頼みますよ 笑


412:オオトラ :

2020/01/25 (Sat) 16:36:44

host:*.dion.ne.jp
ハリーさん 最近気付いた事なのですが以前わしは 十二経脈の検知から 心包 三焦を仮想の

経脈として 居ましたが ハリーさんとのやり取りの中 調べてみんべ と真面目に取り組んで

まぁ以外な結論に成り 結果的に 物質肉体には存在せず エネルギー身体以上の身体の経脈として

認識を改めました 特に三焦がヨーガで言う アーマーとの深い繋がりが有った事に今更ながら

驚き アーマーの除去を進めて居ます 気付きを有難う御座いました 因みに心包は三焦のアーマー

の除去波動で 同時に消滅して居ます まぁ手付かずだったので アーマーの残留の多さに少し

ビビりましたがね この辺の身体に対する事はヨーガの経験でも 言葉で知って居る程度でしょう

まぁ 儂は彼方此方のやり方っーか ごちゃ混ぜなので何を言ってるかは 理解不能かもね?
411:ハリー今村 :

2020/01/25 (Sat) 14:12:37

host:*.spmode.ne.jp




家伝脚気の灸「粟島の灸」

場所・東京都世田谷区

ツボ・足の地機・チキ



家伝脚気の灸は他にも

東京都巣鴨に「こみとの灸」

ツボ・手の腕骨・ワンコツ



脚気は古来日本では「あしのけ」と呼ばれ手足の浮腫み、

心臓発作など広範囲な疾病として長らく恐れられた。

脚気には江戸患いの異名もあるが、私が今住んでいる町の

牧之原市出身の故・鈴木梅太郎博士がオリザニン(ビタミンB1)として

米糠の分子を特定するまでは原因不明の疾患だった。

ところで上記の脚気家伝灸が繁盛したのは脚気に

その灸法が効果を示したから。

ではビタミンB1の不足をおぎなうわけではない灸治療が

なぜ脚気に効能を発揮したのか?




その理由は「脚気はビタミンB1破壊酵素が体内に発生する。

灸はこの酵素の発育活動を完全に抑制してしまうから脚気治療に効果がある」

東京大学講師・東方医学研究所 板倉武 として解説されている。





新型肺炎コロナウイルスの感染ルートに目の粘膜か?

という中国の研究者の意見が出ている。

罹患する者と罹患しない者にもしも免疫力の差があるとするなら

粘膜マクロファージ、肺胞マクロファージの貪食力の差も一考に値しそうだ。

先に挙げた桜井戸の灸はモノモライ・結膜炎に著効あり。

結膜炎に著効ありとは結膜の粘膜マクロファージの活性化に著効ありと同義、

と捉えるならば、ゴウコクを刺激して目をはじめとした身体上部の

マクロファージを活性化するようなメソッドは、あるいは今回のような騒ぎの

際の気休め程度にはなるかもしれない。


410:ハリー今村 :

2020/01/25 (Sat) 09:59:01

host:*.spmode.ne.jp




各地に残る家伝灸の第一とされる名灸「桜井戸の灸」


場所・現在の静岡県草薙駅の近く


使用ツボ・手の親指と人差し指の間のくぼみにある合谷・ゴウコク。


効能・面疔、モノモライ。


使用法・ゴウコクへの多壮灸

小さくひねったモグサに火をつけて100から200すえる。

50ほどすえた時点で面疔のズキズキした痛みが止まってくる。

しつこくすえていくと面疔が爆ぜて自然排膿して治癒。


機序分析・灸熱によりヒートショックプロテインの産生が高まり

マクロファージが活性型に変化して、免疫機構がフルパワーを発揮する事で

面疔やモノモライの原因菌が免疫細胞により貪食処理される。





※ ・抗生物質の普及しない時代には静岡県人の手形とも呼ばれる程に多くの患者が

桜井戸の灸法を求めて押し寄せた。

東海道線草薙駅はこの桜井戸の灸を求めて来る患者のために

造成されたという。ちなみに現在は桜井戸の灸は廃業。





免疫力=マクロファージ力。

マクロファージを活性化できていれば、とりあえず普通の風邪や

普通のインフルエンザはそれほど怖くない。



409:ハリー今村 :

2020/01/24 (Fri) 17:14:43

host:*.spmode.ne.jp



オオトラさんへ

無差別級敵増産カキコミ、いつもながらお見事です 笑

自分も普通に記事挙げて、普通にコメント返信していたつもりなのに、

なぜか以前のブログで喧嘩腰のコメントを頂戴した事が多々ありますので、

オオトラさんのお気持ち、よくわかります。




呼吸法なんてネタも、いや呼吸法だけでなく健康ネタは

百人百様の意見を皆さまお持ちなので、細かい差異をあげつらねていけば

およそ収拾がつかない。そもそも体質が百人百様ですし。



で、なるべく遠いところの老子あたりの当たり前の発言を引用。

→柔らかく生まれて、固くなって死ぬ、

はい全く持ってその通り。

阿吽の呼吸。

息を吐き、身体を柔らかくする副交感神経、

息を吸い、身体を固くする交感神経。



どこもかしこも柔らかいを維持していれば

一生赤ちゃん、ゼロエイジング。

特に関節ですね。

自分の30年の指圧で蓄積した手首の固さ、

ようやく少しほぐれてきました。



408:オオトラ :

2020/01/24 (Fri) 16:52:31

host:*.dion.ne.jp
ハリーさん 柔らかく生まれ 固く成って死ぬ はいそのまんまです
407:オオトラ :

2020/01/24 (Fri) 16:48:23

host:*.dion.ne.jp
ハリーさん 西野流にしても風邪の効用の天才整体しにしても わしにはよー判らんです ハイ

此の両方の お弟子さんに気を教えた事が有りますが 簡単に理解はして貰えませんでしたね

本当にワカつて居る人は居るのかな? 各言うわしも 踵からの呼吸何て出来ませんがね 昔気功の

呼吸法を 馬鹿正直に行い 胎息っー練習をして居た時の事 気が付くと呼吸停止してますた

まぁ 夫々の技術的構成は夫々の思う処が在る様で わしは口を挟まない様にしていますが昔美容

気功とか言う無料参加のセミナーに居つた時に インストラクターが 目から気を入れて 心に

繋げると 何か 美が発現するっー様な 肌がきれいに成るとか言ってるから 質問した 心っーのは

何処に有りますか? 目の奥ですか? 睨み殺すぞっー目で見られ 後ほど 生き霊を送られたので

返しました 後は知らね 敵を無差別に増やす訳にも行かないので少し技術的発言を控えますね
406:ハリー今村 :

2020/01/24 (Fri) 10:35:44

host:*.spmode.ne.jp




「気を専らにし、柔を至し、能く嬰児ならんか」老子10章

訳すと『気をしっかりと守って、身体を柔軟にして、

赤ん坊のような状態を保てるか』の意味。

つまり、この老子の教えによれば、

赤ちゃんが最強ってこと 笑







「その息するや深深たり、真人の息は踵をもってし、衆人の息は喉をもってす」荘子

この荘子の教えによれば、腹式呼吸よりもさらに凄いのが踵式呼吸となろうか。

では踵式呼吸とは一体どんな呼吸法なのか?

単に呼吸時における物理的かつ心理的重心を踵に置くという意味か。

あるいは呼吸と共に踵を動かす技法か。

かつて一斉を風靡した西野流呼吸法は足の裏のツボから気を吸い、

頭のてっぺんのツボから吐き、また頭のてっぺんのツボから吸い、

今度は足の裏のツボから吐く、みたいな事を言っていたと記憶する。

荘子が説く踵式呼吸法とは、もしかしたら、この西野流に近いのか。




ちなみに踵を含む足首には体重を支え続けたゆえの膠着、

凝り、歪み、固さがビッシリと堆積している。

踵式呼吸はともかくも足首の柔軟性を回復すると

足枷が取れたように足も身体も軽くなる。



405:ハリー今村 :

2020/01/22 (Wed) 20:36:53

host:*.tokai.or.jp



風邪予防に関して過去に自分がネット記事として

配信したものがありましたので、

ご参考までに以下に貼っておきます・

https://www.el-aura.com/kouhakudou5/


404:ハリー今村 :

2020/01/21 (Tue) 17:04:16

host:*.spmode.ne.jp




「先生、風邪に効くツボとかありますか?」


「風邪に効くツボというと、

手の親指と人差し指のあいだのゴウコクが有名で、あとは

首の第七頸椎棘突起直下、位置は顎を引くように頭を前に下げて

首の後ろにボコっと出る部分のダイツイというツボも昔から

風邪に効くという評判、それでツボの名前がモロに風邪の門である風門、

ようはダイツイの両脇付近にあるツボのフウモンの辺りが

寒気でゾクゾクすると風邪をひく、というからその辺を

冷やさないように気をつけて、とよく言うね」







「ちなみに先生は風邪ひきませんか?」


「少なくともここ2年くらいはひいてない。

馬鹿は風邪ひかないから 笑

もっとも風邪はひかなきゃいいのかというと、

実は風邪は上手にひいた方がいい、という説もあるから。

というのは、なんでも熱が出て免疫力が増すと体内の大掃除になって、

体の中の雑菌やウイルスが発熱の際に免疫細胞に撃退されて、

体がキレイに浄化されるからという理由らしい。

でも、自分なんかの場合は、もしも自分が発生源で

患者さんに風邪を移したりしたら絶対にダメだから、

いくら風邪の効用が体内の大掃除になると言っても

おいそれと風邪などひいてはいられない」






「じゃあ先生は日頃から風邪をひかないように、何かしてるんですか?」


「心がけてるのは、さっき言った風邪・フウジャや寒邪・カンジャが

入り込むと風邪をひくと言われている首の付近のツボ、

後頭部とか肩甲間部を冷やさないように冬はマフラーやタオルで首の保温、

首巻き徹底、それから冷たいものは冬は特に全く口にしない。

なんでかと言うと、もしも冷たいものを直で腸まで届かせると

腸管免疫がいっぺんにシャットダウンしちゃうから。

腹から来る風邪はこの腸管免疫のシャットダウンが原因かも。

だから冬は基本、温かいものだけを食べて、飲む。

温かい飲み物と言えば牧之原市の名産の深蒸し緑茶なら

カテキンの抗ウイルス効果や、茶葉に共生している植物共生菌の

パントエア菌の細胞壁成分のLPSにも絶大な免疫活性効果があるし。

まあ納豆も常備薬で毎朝食べてるけど。

あとは手首、肘、膝、足首は冷えたり疲れてると思ったら即、温灸。

もちろん首や鼠蹊部リンパ節、脊椎、仙骨なんかも適宜、温灸。

喉に痛みがあったり頭痛がしたらゴウコクに鍼。

で、夜はなるべく早く寝て、睡眠時間を長く確保。

だいたい、こんなところ」



403:ハリー今村 :

2020/01/21 (Tue) 12:00:41

host:*.spmode.ne.jp



オオトラさんへ

→最終的に自律神経の正常化

仰る通りです!



癌の体表に出現する氷壁のようなカチカチの凝りも、

癌は交感神経の力で増殖するというエビデンスとシンクロします。


つまり自律神経が正常に機能してさえすれば、

人間は、交感神経過緊張=癌、などにはならず

健康なはず。



やたらとストレスが多い現代文明が交感神経を過緊張にし、

人々の体壁に凝りを生ぜしめ、血流を阻害し、

リンパ液や気の流れも滞り、神経細胞や脳細胞に栄養や酸素が不足し、

神経細胞や脳細胞にゴミが溜まり、やがて自律神経が不調になり、

認知機能もおかしくなり、様々な奇病難病、不調がはびこる。



カチカチに固まった土壌にいくら水を注いでも

肥料を撒いてもその土は吸収しない。

これと同じでカチカチに固まった体では

酸素も栄養も行き渡らない。

まずは体を緩めてリラックスして、副交感神経の力で

息を吐いて、筋肉を緊張から解いて、

腹筋なんか鍛えずに、腹も柔らかくして、

カチカチの体をフワフワに耕す、いや、ほぐす。

フワフワの土壌になれば水も肥料もいくらでも染み込んでいける。

それと同じく凝りが溶けてフワフワの体になれば

血流が毛細血管の中まで勢い良く流れ始めて

神経細胞にも脳細胞にも酸素や栄養が行き届き

ゴミも溜まらない。



身土不二。




402:オオトラ :

2020/01/21 (Tue) 10:19:14

host:*.dion.ne.jp
ハリーさん 久し振りでも無いか?わしが 最終的な結論として挙げた波動は十二経脈の 浄化

覚醒の為の 広域浄化の為の波動を見付けたっー事でしたが チャクラ 経脈 経絡 脈絡 井穴

でしたが 脈絡迄は 非常に 順調で 井穴に入った途端に 足踏みが始まり? ? でした 何で

っー事で 井穴の十二経脈対応を調べ直した 結果は 三焦で遅滞が有りました 心包 三焦は

以前書いた様に エネルギー身体に附属する身体で わし自身その正体は 不明と思って居ますが

現在もです しかし対応波動は調べ出し 現在遠隔中で結果待ちですまぁ此の世界は 原因究明と

理解は 別の話的なブ分が有り 最終的に目指す所は 自律神経の正常化ですから まぁこの辺は

学者出無いので まっ良いかで進む心算です どの道他の臓器も知ってる?とも思えないしねー

まぁわしの頭では無理―っー事で 結果良ければ総て良しを期待して進む ダメなら又考える
401:ハリー今村 :

2020/01/19 (Sun) 06:35:26

host:*.tokai.or.jp



オオトラさんへ

自分も仕事が混んでくると必然的にここに

書き込む時間がなくなります。

いい刺激をたくさん頂きまして本当にありがとうございます。

このスレッドのタイトルにあるとおり

また気が向いたら、貴重なご投稿をお待ちしてます。

自分も手が空いた時にしか書き込めませんので

今後も不定期で気が向いた時にコメントします。

では。






400:オオトラ :

2020/01/18 (Sat) 15:32:02

host:*.dion.ne.jp
ハリーさん やっと顕在意識下の対応波動の 完成形の波動を手に入れたっー気がしてます

現在 猫柱とわしと変人と悪霊憑依さんで 検証中です 此の検証が終われば 一休みでしょうかね?

現在 一番重症の猫柱一名の状況の変化に継続的に注意を払って居て人間に対する 関心は低下して

居ますので書き込みは減少するかなー
399:ハリー今村 :

2020/01/16 (Thu) 16:25:42

host:*.spmode.ne.jp



オオトラさんへ

いつもながらの小気味いいレス、ありがとうございます。

霊媒も本物になると、その能力を消したいと懇願すると。

見たくないものが見えるんだから、そりゃあそうでしょうね。

得意になってメディアに出てくるのは、つまり偽者ということでしょう。

この少女もずっと経絡やツボが見えてたら、

どこぞの研究所でずっと研究材料にされたかもしれない。

普通に戻ってなによりですな。


398:オオトラ :

2020/01/16 (Thu) 15:00:45

host:*.dion.ne.jp
ハリーさん 其の話は 中国か何処かの話と思ってました まぁ遺伝子とはンんけい無いと思いますが

現在は もっと悲惨な変化が起きて居ますが 詳細はわしには書けません 何を持ってしても修正

出来ない変化です 所謂肉体の保護機能の(霊的影響から)破損かもしくは勘違いの霊的修行の結果の

第三の目が開いたっー勘違い まぁ良く 変性意識を良い物とか超能力と勘違いしてますが全く不要な

物です 以前書いた オカッパの女の子が見える話と一緒で 才能の開花と見る人はまぁわしの回りに

今せんねっーか 普通病気でしょう 人が生きる為には 見ては成らない物を見るっーのは相手からも

見られてその存在がばれるっー事 わしは知り託も無いです
397:ハリー今村 :

2020/01/16 (Thu) 08:02:53

host:*.spmode.ne.jp



オオトラさんへ


以前から取り上げたかったネタを以下に開陳。




「… 白寿会診療所にある日、来診した少女は、

自分自身だけではなく、いろいろな患者の経絡を指でたどり、

ツボを指摘したそうだ。

それが経絡図とぴったり一致するので驚いた森先生が

どうして分かるのかと聞くと、

少女は目に見えるのだと答えたという。

この少女は中卒で、経絡や医学に対する知識は

まったく持っていなかった。

森先生はこの少女の特異な能力について、

いろいろの角度から検討して詳細な記録を残しているし、

東洋医学研究の第一人者である間中喜雄博士も

この少女を診察している。

ただし、この少女の透視能力は、病気が治るとともに

消失してしまったらしい。…」


別冊宝島103 「気から経絡を考える 勝田正泰」の記事より引用






この一節を読んでから思ったのは、

かつてその昔、人間には経絡が見えていたのではという仮説。

その経絡を目視できる能力は本来はDNAに内蔵されていたが、

時代を経るごとに徐々にその遺伝子機能がスリープ状態になり、

近年に至り完全に経絡目視遺伝子はオフ状態でフリーズしてしまった。

だが何らかの突発的な要因で眠っていた経絡目視遺伝子がオンになると

この少女のように経絡やツボが見えるようになると。




経絡やツボは無いのではなく、

単に見る能力が失われた結果、

見えないだけ、かもしれない。



396:ハリー今村 :

2020/01/15 (Wed) 16:23:02

host:*.spmode.ne.jp



オオトラさんへ


ピックアップした情報は、とりあえずのツマミというか薬味のネギでして、

赤身、中トロ、大トロ、いや、オオトラさんのお口に合わなければ、

スルーで結構です。



いわゆる「鍼灸時間治療学・子午流注法」の基礎ブックをザックリと

読みこむのすら私には難解で、私の脳機能を軽くオーバースペック。

わからんもんは、わからんのや 笑




でも、というか、時間ネタと関係ない話で恐縮ですが、

さっき来院した患者さんが、鍼を打ってすぐに

あっ、今、急に体中が温かくなった!

と言ってくれて、ちょっと嬉しかったです。




395:オオトラ :

2020/01/15 (Wed) 15:46:22

host:*.dion.ne.jp
ハリーさん 大変失礼しました 時間は忘れ居た訳では無いのですがわしの 技法では 連続遠隔

なので 時間的制約を受けない為頭から抜けて居ました 実は時間は日の出 日の入りなので固定

した時間は有りません 季節とか場所に依り毎日変動して居ます 詰りグリニッジ標準時とか明石

標準時とか無関係で 夫々調べるしかないのです
394:ハリー今村 :

2020/01/15 (Wed) 13:50:59

host:*.spmode.ne.jp


オオトラさんへ


鍼灸界のレジェンド、もと外科医で後半生を

鍼灸の研究・啓蒙に捧げた故・間中喜雄博士が喜びそうなコメントを

頂戴しまして、まことにありがとうございます。



その間中博士の著書「体の中の原始信号」の「身体と時間」の章の

「中国医学とバイオリズム」の一節に

各経絡に応ずる時間の表が記載されてます。



肺経 午前4時

大腸経 午前6時

胃経 午前8時

脾経 午前10時

心経 正午

小腸経 午後2時

膀胱経 午後4時

腎経 午後6時

心包経 午後8時

三焦経 午後10時

胆経 深夜0時

肝経 午前2時




また361余のツボは一年の年数365日にほぼシンクロし、

一つ一つのツボが一日ごとに開口し、閉じる、とする説もある。

いささか天文学とこじつけが甚だしいと思われそうですが、

天人合一思想がベースにあるので、止む無しといったところでしょうかね。

とはいえツボがカレンダーの日めくり宜しく呼吸するという発想は

なかなか面白い。



心包、三焦という臓腑についての徹底した追求については、

伝統を重んじる教科書ガイド方面の先生方は基本スルーのようですが、

この2つの臓腑が目に見えない実体とするならアリですね。



心包は、冠状動脈の類いか、心臓を包む膜か、という説、

三焦は、リンパ系、脂肪層、などと諸説あるようです。



393:オオトラ :

2020/01/15 (Wed) 11:14:06

host:*.dion.ne.jp
ハリーさん 今日は少し方向を変えて 十二経脈の考察をば 以前からの前提を継承の用語です

十二経脈に流れる 気 は交換神経系と副交感神経系に流れる スーリャとマナスの 気ですが

月と太陽との別名が在ります まぁ一般的に 生き物に流れる気と解釈されて居ますで12っーのは

臓器対応を表して居ますね 実は自律神経は 太陽と月の運航に支配され 各臓器に流れる時間は

二時間事に変わります わしは普通 10の臓器で話を進めて居ますが10掛ける二時間では 四時間

不足になるじゃん?は至極真っ当な疑問なのですが十の臓器は 肺から始まり 肝まで目視で判る

臓器です が 心包 三焦 は何処に有りますか? 波動的に見るとこれ等は 物質肉体の範疇では

有りません ですから 機能のみの不正確な らしい?つー事に成り突っ込み禁止的解釈かなー?

処が エネルギー身体の 肉体に属する臓器で調べると心包は 井穴 三焦は脈絡で顔を出します

わしは学者では無いので 注目する部分は憑依 邪気 毒素 アーマーのみで 直ぐに頭は解除

方法に向かいますが 見える物しか理解乃至調べる事が出来ない 西洋医学には全く記載は有りません

此れで 24時二時間ごとに例えれば パルス状の波形の気が流れて居るっー理解てす

因みに 心包は 心臓の保護回路 三焦は小腸のムニャムニャっー感じの解説が多い様な気がする

解説に依ると 脊髄のチャクラのサハスラーラの項目に 消化管っーのが有るので 最近の流行り

の大腸は 第二の脳味噌っーは違うつー感じで無理ゲソなんちゃって
392:ハリー今村 :

2020/01/15 (Wed) 10:02:12

host:*.spmode.ne.jp



出世外人さんへ

仁王像の阿吽の呼吸の彫像。

あれは陰陽を表現していると言いますが、

あの開いた口と閉じた口で、

生まれた瞬間と絶命した瞬間を

表しているなどという穿った見方もあるとか。

人はオギャーと息を吐いて生まれ、

最後の息を吐いて口を閉じて亡くなる。

息をする、事はまさに、息ている=生きている。




大脳生理学者の故・品川嘉也博士は今から30年ほど前に

気功師と被術者の脳波が同調する脳波同調現象を

世界で初めて実証しました。

わかりやすく言うと怒っている人がいる近くにいると、

そうではなかったのにイライラして、

こっちまで怒れてくる。

だから怒った治療師は治療などしてはいけない。

ちゃんと心を落ちつけたうえで治療師は治療に入るべき。




「医術は人を助けるものだ!

そんな怒りの心で医術を修めてはならん!

怒りに満ちた者が鍼を持ってはならん!

今すぐやめろ!

すぐにだ!」チャングムの誓い 第三十話





三木成夫博士の「胎児の世界」という生前に唯一、

一般向けに書かれた本の50ページに

私が感銘の涙を流した文章があります。

三木博士は没後に生前の業績の評価が増し続けて、

次々に埋もれていた文章が書籍化された。

胎児の、とは別の本も読みましたが、流麗な文体と

溢れる教養に痺れますね。

三木博士の後継者が西原克成博士。

ご両人とも日本が生んだ稀代の医学者と私も尊敬しております。






391:出世外人 :

2020/01/14 (Tue) 22:58:48

host:*.bbtec.net

>>389

ハリー今村さん

アタマでは「自分の体は自分の体、他人の体は他人の体」と思っていても、細胞自体がそれぞれ一種独立した生命体なので、他人同士でも触れた途端に、言語を超えた深いコミュニケーションが起こってしまうのでしょうね。

その深い部分へのコミュニケーションへの入り口が呼吸であると。

ちょっと卑近ですが、馴れない猫を手なずける時、抱っこして、自分も息を吐きながら体の力を抜いてリラックスしていくと、最初逃げたがっていた猫も、そのうちクッタリしてスヤスヤ寝入ったりとか・・・なんていうこともありますね。

また、催眠では、まず相手の呼吸、脈拍に同調していくことが基礎的なテクニックである、といったことも読んだことがあります。

それと、たしか二木成夫博士や西原克成博士は、恋や闘争などで呼吸、脈拍、体温、ホメオスタシスが変化するのは、暖かい血の通う恒温動物(哺乳類、鳥類)特有の現象である、といったことを書かれていますね。

(蛇などの爬虫類では、まさに「冷血動物のような」という形容通り、恋をしてハートがドキドキすることもないし、残酷な場面に居合わせて心が痛む、ということはなく、呼吸、脈拍は常に一定)

呼吸を合わせるテクニックというのは、とても人間的な行為なのかもしれませんね。
390:出世外人 :

2020/01/14 (Tue) 22:35:24

host:*.bbtec.net

>387

オオトラさん

ご丁寧にフォロー下さいまして、ありがとうございます。

当方は「『高次身体』とか、『深層意識』とか、持ち出すけど、全然理解が成っちゃいない」というところなんすが・・・。

まずは、下記のような対応関係という理解でよろしいでしょうか。

 身体:表 層  中 層  深 層 
      |    |    |
 意識:顕 在  潜 在  無意識

とても深いですが、少しづつでも理解していけたらと思っております。

これからも臆せず投稿しますので、どうぞよろしくお願いいたします。
389:ハリー今村 :

2020/01/14 (Tue) 08:02:48

host:*.spmode.ne.jp



出世外人さんへ


福増さんのテクニックについて書かれた部分の引用です。




「福増氏の触手療法は、具体的には、文字通り手で触って病気を

治していく療法である、しかし、その触り方にも、理路整然とした法則が

存在している。たとえば、呼吸との関係がある。

常に、患者さんの呼吸を意識して、呼吸法とともに、あるいは正しい呼吸に

導くよう触っていくことが重要になってくる。

比較的新しい疲労についてはそーっと繊細に触り、

古い疲労はぎゅうぎゅう押さえて一度に痛みを表面化させるテクニックも

必要である。また、各筋肉は有機的なシステムとして機能しているので、

凝りのある部分だけに目がいってしまっていては隠れている本当の原因に

なっている凝りを見つけることはできない。

システムとして筋肉をとらえていく知識と経験が必要になってくる。

また、筋肉は覚醒しているだけで疲れが出るという性質があること。

精神的な緊張があると筋肉に疲労が出やすいこと。

これを念頭に入れたうえで、治療にあたらなければ、

本当の治療点が見つからないという重要な法則もある。

筋肉疲労が病気の原因になっているという理論は、

福増氏が、実践のなかで実証している。

アレルギー性疾患、神経痛、偏頭痛、高血圧、ヘルニア、

耳鳴りなどが、福増氏の理論に従って筋肉の凝りをとれば、

いとも簡単に治ってしまっているのである」

別冊宝島220 福増廣幸氏へのインタビュー記事より引用






呼吸法と共に触る、という福増氏のテクニック。

これは伝統鍼灸では呼吸の補瀉という技法として広く知られている。

患者が息を吸う時に刺す、あるいはその反対に息を吐く時に刺す。

患者が息を吸う時に抜く、あるいはその反対に息を吐く時に抜く。



だいたいは息を吐いた時、つまり患者の体が副交感神経優位に

瞬間的になったその時に鍼を刺入すると、患者の神経の緊張が緩んでいて、

患者がリラックスしていて、患者は鍼が刺された痛みをほとんど感じずに済む。



388:ハリー今村 :

2020/01/14 (Tue) 05:48:55

host:*.tokai.or.jp


オオトラさんへ

自分もそう言えば往診で歯科医のお宅に伺った事があります。

パーキンソン病でした。もちろん私では治せませんが

ご本人は指圧の気持ち良さを気に入ってくれてました。

気功も東洋医学も奇異な目で見られる宿命。

200万が1万余で済んだなら、どれほど有難いか。

中層は見えない。

了解です。



387:オオトラ :

2020/01/13 (Mon) 23:59:28

host:*.dion.ne.jp
出世外人さん 腰痛ご苦労様です昔話に成りますが有る所の 獣医さんが腰痛で万歳しました

季節的には 確か春先でした 奥様からのヘルプてお邪魔しましたが 三階建ての エレベーター

付の我が家とは余りの違いに ブックらしましたが 獣医って儲かるのに驚きました 獣医と言え度

医師の端くれ 医師繋がりで椎間板ヘルニャと有り難い診断と 費用が200万との事で 此れから

予防接種シーズンで稼ぎ時に金は掛かるわ 仕事は出来ないわで 窮余の一策と言う事で呼んだ

旦那は 三階の椅子に 松葉杖二本抱え座って居るのは2-3分が限界じゃーと超不機嫌でした

気功とかは粗迷信 誰が呼んだっー雰囲気の中 一時間程施術 翌日もお邪魔したら 松葉杖を抱え

立って居ました 挙句に何で治るとネチネチ質問され 施術時間より長時間の尋問説明では納得?

出来ず不満顔したが 当時一時間六千円で結局 200万が 1万8千円で終了奥様ニコニコと成り

ましたが 当時椎間板の切除とパパイャ酵素を使う術式が全盛の頃の話 で15歳位からの腰痛があり

色々な療法を試しても治らず 退職を考慮して居たトラックの運ちゃん まぁ人柱として遠隔して

粗一か月での結果は 前に書いた現在の ギックリ腰の物質肉体の解釈は 原因 膀胱系の毒素

関連する場所は 股関節を含む骨盤の周辺と成ります 現在は手当技法は一切して居ません 遠隔

のみ 現在物質肉体っー消え物の不調の短期解決を視野に研究中 寝返りは基本的に気功で言う

自発動功か まぁ苦し紛れかな?貴方の言ってる潜在意識は丸で関係無し 総て表層の身体の事

はりーさんの言う 解氷出来ない凝りが 中層の身体のの凝りと思って居ます 何をわざわざ

苦しみの継続を我慢して居るのか?判らんまぁ写真で遠隔で治る何て誰も本気にしないっーのは

現在の人柱を見れば判るので 別に何も思わない ハリーさん 現在中層の身体へのアクセスは

人妓的な技法では出来ません 残念です この宇宙の目にみる事の出来る総て健在意識の世界です

潜在意識の世界は 目で見る事が出来ません 唯感じることが出来る世界ですね 身体に分けると

表層 中層 深層 意識では 顕在 潜在 無意識 です
386:ハリー今村 :

2020/01/13 (Mon) 21:30:17

host:*.tokai.or.jp



出世外人さんへ

寝相には、色々と健康状態が反映されると言いますね。

食養家の故・大森英桜さんは、悪い臓器を下にして寝る、

なんて言ってました。心臓に問題があると下向きにうつ伏せ、

肝臓だと右脇を下に横向き、

健康なら大の字で仰向き。

寝相だけでなく、歩く姿を観るのが歩相、

座っている状態を観るのが座相。



仰るように、もちろん夢にはストレス回避のクッションのような

効用もあるでしょうね。

また、寝返りに身体の歪みを

取ろうとする自己治癒運動のような側面もあるでしょうね。


鍼灸師で医師であった故・橋本敬三さんは

身体の歪みを正せば万病が治る的な治病セオリーの先駆者でした。

橋本さんは小さい子供の体の歪みは、

脇でもこそぐってケラケラ笑わせてあげれば治る、と言ってました。

大人も同じ方法がある程度は有効では。




385:ハリー今村 :

2020/01/13 (Mon) 21:13:20

host:*.tokai.or.jp


出世外人さんへ


ギックリ腰の辛さは、ほんとやったものにしかわからない。

あの痛みはもうコリゴリ 笑

ゆえに自分も再発を恐れて今でも日頃から腰回りのケアは必須。

探していくと、必ず今まで気づかなかったような部位に

とんでもない凝りが潜んでいる事を発見する。

そうして少しずつ隠れていた慢性筋肉疲労を可視化というか

顕在化させて、ある部分を攻略するとまた次のステージが見えてくる。

で、次のステージの慢性筋肉疲労の凝りを攻略したら、

また次のステージが、を繰り返していくと、

身体の真実が見えてくる。

福増さんのインタビュー記事でも、深い部分の凝りをわざと

顕在化させる技に触れています。

また気が向いたら、そのへんも引用します。


384:出世外人 :

2020/01/13 (Mon) 19:07:54

host:*.bbtec.net

ハリーさん

昨年は年間に3回もぎっくり腰をやってしまいました。

腰痛は10代の終わりからの持病(肉体労働のバイトで、大人に負けまいと無理をして発症)で、ほぼ毎日、開脚とか腰のストレッチをしていたにも関わらずです。

いろいろとネットで情報を探し、「ぎっくり腰は腰の後ろ側だけでなく、骨盤周辺全体で筋腱がこわばっているのが原因」という情報を知り、いろいろ試したところ、痛みのある腰の後ろ側でなく、骨盤の前側の出っ張り左右2か所周辺(専門用語でどう呼ぶのか、ちょっとわからないのですが)がコチコチにこわばっていることが判明。

この部分にストレッチをかけると「イチチ・・」という強烈な「痛気持ち良さ」ですが、おそらく、この部分のストレッチで当分の間、腰痛は解消できるという手ごたえがあります。

この「痛気持ち良い」」部分が、「慢性筋肉疲労」や「凝り」でしょうか。

そして、こうした部分を緩めたり伸ばしたりする際、「気持ちいい」「痛気持ちいい」と感じるのは、本来、身体(≒深層意識)が、身体のあるべき状態を良く知っているからでは、と感じます。

関連してですが、「睡眠」というのはつくづく大切だと感じます。

寝ている間中、ドッタン・バッタンと寝返りを打つのは、昼間の活動で溜まった身体の歪み・凝りを、潜在意識が修正してくれている現象ではないでしょうか。

また、夢の中で気に食わない上司や取引先の担当者を殴ったりったりということがありますが、これも昼の現実世界で本当に相手を殴ってしまわないよう、潜在意識がよく計らってくれているからではないでしょうか。

潜在意識(オオトラさんのおっしゃる「潜在意識」と「無意識」の区別まではよく分からないのですが)は、いつも自分を助けるために働いてくれているのだと感じます(ありがたいですね!)。

現代はとかく顕在意識優先の社会ですが、睡眠や「凝り」を緩めた時の心地良い感じとか、普段、顕在意識が気づかない、潜在意識の働きを大切にしなくては、と感じます。
383:ハリー今村 :

2020/01/13 (Mon) 17:10:12

host:*.tokai.or.jp




「親父は気合術のようなもので病気を治していました。

近眼治療の名人やと言われていたんですね。

きっかけは、自分の近眼をあるお坊さんに治して

もらったことだったそうです。

そのお寺へ通ううちに、気が出ているからと、

お坊さんに治療法を伝授されたんです。

そのことをおふくろから何回も聞かされていたので、

病気治療への興味は自ずと高まり、『医者になろう』という

気持ちを、小さいころから持つようになったんです。


一ヶ月前くらいに、五十四年ぶりに親父の供養をやったんです。

そしたら、治療効果を示す親父が記録したデータが出てきました。

これがすごいデータで、親父の治療で、

たくさんの人の近眼が治っているんですね。

それも、視力が0.3くらいの人が約15日の治療で

1.0まで回復しているんです。

現代医学では、近眼は体質的なものとされていて、

そう簡単には治らないものという思い込みが、

医者にも患者にもあると思うんです。

でも、この親父のデータを見ると、

けっしてそうじゃないことが分かる。


近眼だけじゃなくて、いろいろな病気、

難病と言われているものは、現代医学が治らないと

錯覚してしまっている。そして、治らないような理論が

組み立てられているとしか思えませんね。

でも、そんな現代医学が治らないとしている病気が

東洋医学で治っている。その理由を探っていけば、

何千年も続いた東洋医学の真髄が見えてくるんじゃないですか」

別冊宝島220 福増廣幸氏の記事より引用




福増さんはそうしてついに

慢性筋肉疲労が病気の原因、との仮説を立てて、

慢性筋肉疲労を取り去ると気の流れがスムーズになり、

血液やリンパ液の流れも正常化して、自律神経が整う事で

体調が好転するという理論を組み立てて、実践した。



たまたま福増さんが到達した治病法則のこのような見立てが

私の体験知とシンクロし、大いに共感し合点がいったので、

何回かに分けて福増さんの言葉を引用した。




私は私オリジナルの造語で、

活きた凝り、死んだ凝り、

という言葉、概念、病態を発見している。

活きた凝りは鍼灸指圧で動き出す。

しかし、死んだ凝りは、どうしても動かない。

活きた凝りのあるうちに凝りを動かせば人は健康を回復できる。

それでこれまで長きに渡り死んだ凝りを動かせれば、

と四苦八苦してきたが、いかんせん、

私のレベルではいまだ手におえない。


382:オオトラ :

2020/01/12 (Sun) 20:23:35

host:*.dion.ne.jp
381さん わしは 粗大体の話はしている心算で 微細体には触れていません 質問してもいません

癌治療とか 予防も触れていません 何が言いたいのかサッパリ判りません 古代のシャーマンって

なに?インドの聖者っーか有名?ヨーギの師匠は マハーアバターババシです彼はシャーマンですか?

どうせ書くならわかるように書いて下さい 大体 難解に思えるなら自身で調べて下さ
381:重要; がん治療とがん予防 :

2020/01/12 (Sun) 17:03:56

host:*.bbtec.net
 あと、度質問でしたので言いますとここの内容はオオトラさんの場合、難解な部分があります「
恐らくインド医学の場合はエネルギー回路であるナーディの複雑さや数の多さに表されている様に
微細身の描写が非常に精緻であることが起因しているかと  

中医学ではインド医学に於けるタントラ密教の伝える人体図と比べ可成り簡略化されていますが古典とされる五臓六腑之図とか銅人流注図
などではエネルギールートの経絡は14本となりインド医学のナーディの主要ルートの数と共通します
 議論の分かれる部分はあると思いますが根本的には同一の所に帰趨するものと推察  これらも
遡れば太古のシャーマンが変性意識状態で感得したイメージや光景が元にあるのではと思う次第
 
380:ハリー今村 :

2020/01/12 (Sun) 16:35:03

host:*.tokai.or.jp


オオトラさんへ

その脱線が最高なんです 笑

息子の仮死状態を復活させる秘策は一酸化窒素。

とはいえ、紺屋の白袴で、自分の技を自分にプラシーボで

効かせるのは、これなかなか難しい問題。

確かに****で中医学の伝統もかなりクラッシュしたと

自分も聞いております。

交換神経はエサ取り神経、言いえて妙!

では副交感神経は、エサ食った神経とか、

エサ食ってのんびり昼寝神経ですかね 笑

交換神経社会を副交感神経社会に変えるには

大規模なパラダイムシフトが必須。

もっとも、あらゆる意味で情報汚染、

利益誘導の洗脳プロパガンダが流布していますから、

どこから手をつければいいのやら。





suyapさんへ

いつもためになるコメントをありがとうございます。

武道なんかでは息を吸った瞬間に動きが止まり、隙が生じるから、

その瞬間を狙い打ちしたりするんでは。

短距離走などはゴールした後、なんだかものすごく

ゼーハーゼーハーしてますよね。

そもそも短距離走はつまり交感神経フルパワーで

それこそ息もしない、息もつけない、できないで、突っ走るから、

ゴール後は、あんな風になる。

もっとも黒人の短距離アスリートはエネルギー産生型のミトコンドリアだから、

そんなに苦しそうでもない。


アフリカのバンツー族が人類最強の抗がん体質と言われたりしますが、

植物性の伝統食もさることながら、交換神経文明に毒されていないのも

貢献してそうです。

ちなみに哺乳類最強の抗がん体質の持ち主はハダカデバネズミ。

あれも日光の紫外線が侵襲しない地下生活で、

草根木皮が主食で、ストレスフリーなのかも。


ダイビングでは息の問題は即、生死に関わりますもんね。

フォローの説明でたいへんに合点がいきます。


頭に来たら息を吐く。

ストレス感じたら息を吐く。

銭もかけずにストレス解消、あ〜こりゃこりゃ 笑




379:重要; がん治療とがん予防 :

2020/01/12 (Sun) 16:33:53

host:*.bbtec.net
>>378の漠然とした意見に対して再度説明しておくと、もしがんになった場合、代替療法として
自律神経調整で対処する場合、安保氏らが主導していた医師グループで望ましい効果が出なかった
ケースがあり詳しく調査した結果、リンパ球の中のヘルパーT細胞1型より2型が優位であるケース
が殆んどであったということでした。 1型を優位にする工夫は医師によっても種々あるようで
ここで細かく取り上げませんが予防策の呼吸法による副交感神経刺激の効用とはまた別に取り上げれば
混同の恐れもなくなると思われ取り上げた次第

 ストレス対策では呼吸法は即効性がありますがヨガの観点では呼吸法によるプラナの取り込みが焦点に
なるかと  息を吸ったあと、5、6秒息を止めるクンバハカという呼吸でプラナが体内に留まり蓄積され
易くなりますが、このプラナの量、プラナ圧と言われますが、これが高いと緊急時の対応力が増し、ストレス
耐性が高まると言われます  自分も時々木の繁った場所や山へ行ってプラナを取り込んできますが、この程度
のことは中国の気功であれ同様のことかと。 また先程のTH-1、2の拮抗問題も関係者やがん患者の方々には
よく知られていることと思われ、残念ながら(笑)自分もまた特別参考文献などが必要な項目でもありません  
378:suyap :

2020/01/12 (Sun) 15:37:02

host:*.midphase.com

>>374 ハリー今村さん、

 >息を吸う=交感神経
 >息を吐く=副交感神経

コレ、陸上でフツーに生活してると、みんな呼吸に注意払うことなく
吐いたり、吸ったりしてますよね。

でも極限状態に直面すると、吸ってばかりになって息が吐けなくなる。
これはある意味、防御本能でもあって、身体をいわば臨戦態勢に持っ
ていってるわけ。

驚いたり、緊張したときは、みんな『息を飲む』でしょ。
は~っと息を吐きながら驚く人はいない。

反対に、リラックスしてるときは、みんな長~く息を吐いている。
(次の吸い込みで肺胞の隅々まで酸素が届くように、長~く排気する
ことが大切)

上記のような人間は緊張すると息が吐けなくなるという仕組を逆手に
取って、『努めて長~く息を吐く』ようにすると、緊張が解けてきます。

コレ、空気のない世界に人を引きずりこむ商売している者としては、
ある意味、職業的なノウハウでありまして(笑)、息を吸ってばかり
で空気の枯渇感に陥ってパニクリかけたダイバーに、『とにかく長~
く吐くこと』を思い出させるだけで、落ち着いてきます。

日々、自分の呼吸に注意を払うことも、大事な健康法ですね。


やい、>>375 >>376 host:*.bbtec.netのむくむく野郎、

どっかの記事を無責任にコピペして読者撹乱を狙っても無駄ってもんだ!
ここ放知技の、とくにこの健康スレを読みにくる人の意識レベルは、
唯物ルサンチマンのアンタなんかにゃ、とうてい理解不可能だろ。

>>375 >>376
↑↑
また消える運命かにゃ(笑)


377:オオトラ :

2020/01/12 (Sun) 12:16:43

host:*.dion.ne.jp
ハリーさんのブログ読みました全くの正論です 異議は御座いません わしが中医学は滅びるっー

感触を持って居るのは ****の時に大ダメージを受けて居るからです 気功は 始祖の問題が

絡みますか 説明は勘弁して下さい 脊椎の正常化は 重大な問題ですが脊椎の歪みや毒素は

経脈筋や臓器の関連が強い影響を与えて居るので カイロブラテック的な考えでは無理と思います

ハリーさんとの違いは 経脈への理解と修正技法に有ると 唯逸れたけですね 交換神経は もう

誰が言ったか忘れましたが エサ取り神経と言って居た方が居りました まぁ今の世の中経済的な

目標をぶら下げられ他人との競合に人生の目標を変えられて 餌集めに総てを捧げる人々にリラックス

は無理でしょう 一日の三分の二以上 交換神経を興奮させて金を稼ぎ人との競合で不用品の確保

に 血道を上げて 体を壊し医者や健康産業の餌に成りたい人何か知るかーっーのが現在の心境です

わしの現在の技法は 交換 副交感に対応する波動版で 写真を通してまず スーリャとマナス

の毒素を取り あぁ マナスっーのは交換神経支配のチャクラです スーリャは副交感神経支配の

チャクラです 従って経脈から末端の井穴迄処置出来ます 多分この辺から訳ワカメに成ると

思いますが 免疫は スーリャ身体 マナス身体が関係して来ますこの対象の違いが 免疫の

タイムロスの原因です 前に 喘息の施術の時に 八割方がアストラル身体の破損と書きましたが

病因は 体と身体では 対処が違います 病因の違いは 検知と言って居る技法を使いますが

基本的には初期能力の獲得は 伝授っー方法でした わしの能力の転写です 但し反射が来ると

知ってから止めて居ます 昔 子供を授かったお姉さんに 子供の食事や 母乳の汚染の心配の

解決方法として教えました まぁ一分も掛からないのですが 後が大変 スーパーで調べたら

食べれる物が無い どーして呉れると逆恨みされまして 次のステップの毒素除去法は聞いて貰えず

結局 伝授で開いたかいろを閉じて 目出度し目出度しでしたね 若気の至りでした 済みません

直ぐに脱線してしまいます そうだ スーリャとマナスの毒素除去の後エネルギー補充と 身体を同じ

く処理して 完了ですが 臓器の 肺 大腸 胃 脾 心 小腸 膀胱 腎 胆 肝と調べます

今わしは 膀胱と膀胱身体に毒素が有り 息子は仮死状態です まぁ如何でも良いけど
376:重要;削除しないでください :

2020/01/12 (Sun) 09:26:25

host:*.bbtec.net
安保、福田両氏の主導する自律神経免疫療法とならんで独自の工夫やアイデアで多くのがん患者の
方々の相談、対応に乗っておられる医師としては倉敷の伊丹仁朗医師もユニークな存在。
 安保氏の理論をもとに末期患者に落語を聞かせたりモンブランに登頂させるなど独自の取り組みは
メディアでも取り上げられ有名ですが代替療法と並んで骨転移など重篤なケースではビスホスホネート
剤を上手に活用してQOLの維持、向上に努めたり、また胃潰瘍の薬であるシメチジンやイルソグラジ
を使ってがん細胞の転移や血管新生作用を抑制する『裏技』なども紹介しながら現代医療の活用にも
枠を超えた取り組みが注目されます。 情報の海に溺れそうになる患者にとっては有難い存在と思い
ます。 がん対策の代替療法を考える時、理論の安保氏と並んで伊丹医師は柔軟な現場感での提案を続ける
、いはば代替療法第一次世代の主要メンバーになる方ではと思います。
375:重要;がん治療と自律神経 :

2020/01/12 (Sun) 08:52:45

host:*.bbtec.net
  ストレス対策と異なり、がん治療は単に自律神経の調整だけでなく副交感神経優位によるリンパ球数の確保(通常2000
以上を目途とする)に加え更にリンパ球中のヘルパT細胞のバランス調整が必要となります。 具体的に
はがん捕食作用を有するT細胞1型が2型に対して優位となる対処、工夫が求められます  統合医療の浸透してきた現在、
こうした事情に詳しい医師群も増えてきつつあると思われます  標準治療との選択や兼ね合いで悩んでおられる患者の
皆さんは自律神経免疫療法などのキーワードで情報収集されるのもいいかと。  がんを過度に恐れず、また単純化して一つの
対策で済むと侮ることも避けたいものです。
374:ハリー今村 :

2020/01/12 (Sun) 07:17:31

host:*.tokai.or.jp



自分のブログに昨年、

癌と自律神経について、を記事にしました。

https://harikyusiatuharii.eshizuoka.jp/e2003597.html



そのコメント欄にも書きましたが、

息を吸う=交感神経

息を吐く=副交感神経



癌の予防にゃ息を吐け。

息を吐くのに銭など要らぬ。

銭もかけずに癌予防、あ~こりゃこりゃ 笑




373:ハリー今村 :

2020/01/11 (Sat) 22:59:02

host:*.tokai.or.jp


オオトラさんへ

自身の健康は自己責任、

全く仰る通り。

自分も業界的なしがらみから今は完全に縁が切れて、

概念的なものではなく

ただ手の内だけを見ています。

それでどういうわけか、最近、指圧していて、アレっ、

手の内って言ってもこの押してる部分には何も無い、

確かに圧力はかかっているけど、

果たしてこれは実体なのか?なんて

思う時があり、解脱だか、なんだかわかりませんが、

なにわともあれ患者の気持ち良さが引き出せればいい、の

その一点を目印にやっております。

技なんてものは洗練されるほどいいように思われているが、

いやいや、むしろ朴訥で不器用な技の方が実際は優れている、

とすら今は思えてきています。



372:オオトラ :

2020/01/11 (Sat) 22:11:07

host:*.dion.ne.jp
ハリーさん 奈良の 某巨大教団の飼い殺しの 整体師がハリーさんと同じ主張をして居ました

脊髄のインナーマッスルの慢性疲労が 万病の元とかいう主張だったように思いますがわしは

その様な主張は賛同できませんでした 技師であれば 総て自身が確信した事を大事に育てるのは

普通に理解できます しかしわしは自身の理解した結論に 執着はしません 必ず持つと別の仕方

っーか現在が全て理想っーか 究極とは思って居ない べつの言い方をすれば 何処かに違和感を

感じるっー事の連続でした わしは人の評価はどうでも良いのです 認められる事なんか気にも

成りません 現在のわしは 全て持ち出しの研究です 結果が如何であろうと自己満足の世界で

生きています 金を支払う人を クライアントと呼ぶなら そういう人は居ません だから人柱と

言って居ます 対象人物の評価が 自身の体の健康より 元気が出たから 金稼ぎに邁進する様な

人は わしの応援の対象から外します  人の生き方に規制をかける心算も何も在りません唯離れる

だけです 説明とか説得とかもしません 人は自己責任で自由に生きる権利が有ります 干渉なんて

以ての外です 結果責任はわしには有りません 自身の健康は自己責任です 中医学だろうと 気功

だろうと 今現在大して興味は有りません 唯体の微細な分別に意味がない時代は直ぐ目の前にある

と思う迄です
371:ハリー今村 :

2020/01/11 (Sat) 20:11:17

host:*.tokai.or.jp


オオトラさんへ

自然治癒力からチャクラに戻りますが。

オオトラさんがご教示されたようなチャクラと経絡を

繋げた概念は中医学には、ありませんね。

もちろん矢山さんのように個人レベルでアーユルヴェーダと

中医学を繋げて理解している方もおります。

しかしあくまで少数派。

穿った見方をするならアーユルヴェーダ、中医学、

日本の伝統鍼灸、それぞれが区分化されることで

棲み分けて、ただでさえ少ない代替医療のマーケットで

患者というパイを奪い合っていると。

滅びの道を既にだいぶ進んできてしまった。

そんな感じはありますね。

ちなみに私個人は派閥や組織がまるっきりダメな性分で、

だからこそ、こんな風にここに自由に書き込めているわけです。

どこかの伝統鍼灸の研究会とか鍼灸業界の組織の一員だったら、

それらの組織に忖度して、そもそもここにいません。



チャクラを正確に把握できずして治療などできない。

憑依、生霊、悪霊を退散できなくば治療などできない。

そのように誰も鋭く突きつけないから、

普通はたいして治りもしない、

できもしないレベルで自己満足していると、

言っても過言ではない。



問題は根深いのかもしれませんね。


370:ハリー今村 :

2020/01/11 (Sat) 14:50:41

host:*.spmode.ne.jp



オオトラさんへ

ものすごく大雑把に言うと、

自律神経の正常化=自然治癒力の発現、

という事になりますかね。


野生のカバが猛獣とやりあって傷だらけになると、

泥だらけの池に沈潜して、キレイに治してしまう、と言います。

泥池を風呂に見立てれば、重力負荷を水の浮力で減殺し、

自律神経を正常化して、自然治癒力を引き出している、

と強引に分析できるかもしれません。


自然治癒力の研究はハッキリ言って医学界は完全にスルーしている。

まあ当たり前っちゃあ当たり前。

自然治癒力を研究して誰でも医療にかからずに治す方法なんか

見つかった日には、医学界の飯の種、患者がこの世から消えちゃう。


自律神経の正常化=チャクラの正常化、

チャクラの正常化=脊椎の正常化?


物質肉体からの感触では脊椎の正常化が

自律神経の正常化にリンクしていると個人的には想定して

日々追試してます。


369:オオトラ :

2020/01/11 (Sat) 13:14:45

host:*.dion.ne.jp
ハリーさん 済みません余計な事ぱっかり書いて肝心な事を書かずに 迷走して居ました

自然治癒力の発現は 結果です 自律神経の 交換 副交感の働きの適正な結果の事 わしの

現在の 遠隔の中心は 此の適性値の維持です 免疫力向上は 少しタイムラグが有りますが

最近の試験的治癒例は 比較的 他の要因の少ない方の例ですが 結果的に短期間で終わって居ます

所謂 他の要因の詳細は 今は言えません 中医学とか気功の滅びの予感に強くリンクしていて

書くに書けないのです そう言う意味では自然治癒力の発現は 外科的処置の必要な外傷を伴う事

以外は 手遅れを別にして 広範囲の病気の治癒が可能と強く思って居ますが 人柱の不足で...

368:オオトラ :

2020/01/11 (Sat) 12:40:18

host:*.dion.ne.jp
はりーさん 経脈筋は普通に 経脈に支配されて居ます 此処で言う経脈は 総称的に使いますが

実態は 以前書いた通り チャクラからのエネルギー分配機構ですから区別がハッキリして居ます

詰り チャクラを発電所と捉えた時 経脈は高圧送電線 経絡は42の小チャクラを含む変電所

脈絡は トランスを含む電柱設備 井穴は 各家庭への 引き込み線関係とわしは区別して 状態

を調べます 従ってチャクラが大元と成ますチャクラが調べる事が 出発点ですが結構難しい

チャクラの意味は 回転するっーのが一番優しい理解でしょうか? 車のオルタネーターがベルト

切れでは話は始まりません バッテリーを調べる事は無意味ですね 此のベルト切れないしは破損

の原因が 憑依 生霊 悪霊 なのです わしが恐れる理由なのです 発電量が一定な事は必須の

要件なのです まぁ例えが悪いけど 用語の区別は物事の正確な事態の掌握に必須な要素なのですが

今は 無茶苦茶に成って居て 混乱の原因の大部分を占めて居ますが 此れは意図された物です

話は飛びますが 堺のおっさんの 息子さんは 膀胱系の改善に依りますね 膀胱系は 生殖機能と

密接な関係が有ります 叩いても揺すっても起きない場合は 膀胱系を疑いましょう

昔 東京の青海在住の方が 乳癌患者共の会 見たいな所に書いた わしのカキコをみて 高松の

わしの処に来た事が有ります 彼女は転移を非常に恐れて居て相談に来ました でわしは 彼女の

回路を開き 自身で 体に聞く方法を教え 答え言わず調べさせました 転移は始まっていましたが

正確に言い当てました 当時は乳癌の監視気感は20年以上と言われて居た まぁ遠隔で施術して

今現在も 問題無しで過ごして居ると遠隔検知で承知して居ます 透視は気持ち悪いので今は

しません ばぁさんの風の状態を 透視したら喉から 右頬に渡り血管?のウニウニが見えて わし

こーりゃ夢に出そうて 以来封印して居ます
367:ハリー今村 :

2020/01/11 (Sat) 10:01:00

host:*.spmode.ne.jp



もそっと続き。




「しかし、ここに至るまでのプロセスには、

鍼灸医療における経絡やツボの研究、漢方医療における証の研究、

野口整体の治療点の研究、そして気功法の治療効果の研究など、

きわめて広範囲にわたる東洋医学の比較検討を積み重ねた結果である

ことをつけ加えておこう。

気の流れる通路が経絡であるが、福増氏はとくに、

各経絡に対応する筋肉『経筋』に着目している。

というのも、この経筋が全身の臓器や各部位の好不調と密接に

関係しているととらえているからだ。

それを福増氏は『筋肉のネットワーク』と呼んでいる」

「別冊宝島220 慢性筋肉疲労を最新の触手療法でとりさる 」より抜粋引用



全身の筋肉は600ほどあり、それが207個の骨に付着して

筋肉がネットワークとなり動いている。

そに筋肉のネットワーク上に凝りが生じれば

動きにブロックがかかり、それが気の流れを阻害し、

血液やリンパ液の流れも悪くなり自律神経に障害が及ぶ。





中国の古人はこのことを

「流水は腐らず、戸枢は朽ちず」

と表現した。



366:ハリー今村 :

2020/01/11 (Sat) 08:19:01

host:*.spmode.ne.jp



サクッと続き。


「たとえば怒りですが、そのときの筋肉の状態を見ると、

ちょうど猫が喧嘩をするように全身が逆立って骨格筋の全体が

縮んでいます。不安をもっているときは、顔から首、

そして恥骨にかけて凝り、それが手足の先まで及びます。

恨みだと、後頭部から首筋、肩甲骨の内側にかけての肩が凝ります。

こういった縮み、凝りの状態が続けば、

慢性筋肉疲労の状態になるわけですから、自律神経やリンパ液、

血液の流れが異常になり、病気につながっていくのです」


福増廣幸 『 別冊宝島220 気で治る本』





この福増さんという方の経歴がまた面白くて実は京都大学の医学部卒の

もとはバリバリの心臓外科の世界的権威で、そのとてつもないキャリアを

ある時、アッサリ捨てて、つまりメスの世界と縁を切り、

手技療法のみの独自の指圧法の道へと至った。

生前に刊行された本はたぶんたった一冊のみ。

その本のタイトルは、病気の原因は慢性筋肉疲労にあった、

みたいなものだったと記憶する。

この引用しているものは編集部が取材し、まとめた記事。

惜しいことには福増さんは50代でお亡くなりになった。

一説によると患者が押し寄せてキャパを超えてしまった、とか。

キャリアがキャリアだけに患者が押し寄せるのは必然だろうが、

手当てには宿命的に術者と患者の気の交流が介在する。

神の手ともてはやされる術者たちはことごとく早世する。

私は神の手とは縁なし。

ただの手 笑



365:堺のおっさん:

2020/01/10 (Fri) 21:06:19

host:*.enabler.ne.jp

suyapさん

やっと気づいた?

HN変えまくっても

お〇が知れるってね
364:suyap :

2020/01/10 (Fri) 20:29:41

host:*.midphase.com

>>364

ここのスレの流れを「カルト」のレッテルで遮断しようとするアンタさん
こそ素直じゃないね。氣にも気がつかないカタワじゃわ。
今は亡き、ムクムクのにほいもするw

ハリー今村さんとオオトラさんの阿吽の会話を、わくわくしながら一生懸
命に読みこなそう(氣こなそう)としている読者が大勢いるってのに。

というわけで、ハリー今村&オオトラ談義、これからもヨロシク!

363:ハリー今村 :

2020/01/10 (Fri) 16:46:51

host:*.spmode.ne.jp


オオトラさんへ

表層身体が隠すのニュアンスがなんとなく掴めました。

それで、隠したその痛みや疲れが再度浮上した時に、

ある種のメンケンのような排毒症状が勃発して、

そこを乗り越えないと完全に浄化できない、みたいな感じですかね。

確かに自分も自分の使ってきた部分に手当てを始めたら、

後から後から痛みが引っ張られてくる箇所が出てきた。

そのへんに恐らくは封じ込めて隠した痛みや疲労が堆積しているようです。

でも時間をかけてきて、かなり軽さも出てきた。



2点指圧では経絡指圧の増永静人が有名。

どんな技もどこかで通じているのか。

鍵となる何かを掴んでいるのでしょうね。



技の言語化は本当にかなりめんどくさい作業。

お手数かけまして誠にありがとうございます。



362:オオトラ :

2020/01/10 (Fri) 15:44:09

host:*.dion.ne.jp
ハリーさん 昔気功 レイキに或る意味 限界を感じて 依り優れた手当法を探して居た時に

基本的に 筋硬結の解除が色々な技法の味噌っーか秘訣っーかは 知って居た心算゛でしたので

目にとまったのが 横山式2点法?だった?何せ古い記憶よ 紡錘筋の2点に何チャラして一瞬で

筋肉の硬結を解除するっー謳い文句 でも其の2点を探し出す基本はよう説明が判らん?一瞬で

硬結解除なのに 何度か施術が必要とか 余り要領を得ない説明で オマケニ高いお金が掛かる

っーので止めた もう一つの疑問が人体の 筋肉形状は 紡錘筋のみに有らず 横紋筋 帯状筋

と多々ある 其れを指先で2点を探れるのか?っー疑問も有った 気導術っーは 筋肉は骨に腱で

固定されて居る で今思えば骨に打診を与え 痛みを出して脳に硬結場所を認識させる 後に気を

通して 硬結解除を計るっー技法だった様な気がする で此の気を発生させるき妓法が レイキと

そっくりで 気 のスイッチオンの方法を 行行しく行うのを見て 直ぐに判った何をして居るかね

泊まり込みだったけど セミナーの懇親会で 酒とかビールの味を昼間開発した 気で変えるっー

事をして 民が喜んで居た事が記憶に有る 要するに 自律神経の不調に依り感知出来ない故障を

脳に如何に認識させるかっー事が 表層の肉体の或る意味大事な事 脳は継続した故障信号に疲れ

継続的不調を訴える 組織を感覚認知から切り離す事で 全体の維持を仮に計るっーのが 表層の肉体

が 隠すっー意味なのです あー疲れる
361:ハリー今村 :

2020/01/10 (Fri) 13:48:12

host:*.spmode.ne.jp




「人間には、自然治癒力という自分で治ろうとする力があります。

その力が働こうとするのを止めている何かがあるから病気は治らない。

その何かをとってしまえば、病気は治ってしまう。

簡単なことなんですね。

自然治癒力の働きを邪魔しているものは何かということですが、

これは人によって解釈が違う。僕の場合は、それが

『慢性筋肉疲労』だと思っている。

それを信じるかどうかは受け手の自由で、僕はそういう仮説を立てて

それを実証しようと、今やっているわけです。



自然法則に沿った生活をしていないと、気が滞ります。

これは、筋肉の疲労、凝りとして体に現れます。

筋肉疲労は、自律神経やリンパ液、血液の流れに

悪い影響を与えます。そして、それがいろいろな病気の原因となるんです。

筋肉疲労をとってしまうと、自律神経やリンパ液、

血液の流れがスムーズになっていく。

そうすれば、病気も治ってしまう。

そんな仕組みなんです」

福増廣幸 別冊宝島220より抜粋引用





上記コピペの内容は理屈としては至極シンプルで

極々真っ当。

ただ治病のレベルにも色々あるのは

オオトラさんの投稿をつぶさに読めばわかる通り。



とはいえ、凝りはパワースポット。

凝りをエネルギー化する事は養生の基本の一つと

私は認識しております。




360:ハリー今村 :

2020/01/10 (Fri) 08:09:52

host:*.spmode.ne.jp


vagabundo1431さんへ

私も神や仏の方はサッパリです。

信心やって世界が良くなるなら、初詣の後に

世界はガラッと良くなるはず。

まあこんな皮肉言ってる野郎には御利益は無いね 笑


触手療法の創始者の故・福増一切照は病気の根本原因は

慢性筋肉疲労にあるとした。

体壁の自然治癒の可能性を探っていくと

凝りという地点に到着する。

ではいったいどうやってこの凝りを解除するか?

どこをどのように緩めていくか?

内科や外科ならぬ体壁科もしくは凝り科が私の専門。

足首の硬結を解除するだけでも実は相当に身体は軽くなる。



359:vagabundo1431 :

2020/01/10 (Fri) 01:48:48

host:*.au-net.ne.jp

>>358

ハリー先生

恐れながら横から失礼します。

マトリックスの世。戦っていた自分たちも、実はストーリーの一部だったというオチ。
詰まるところ、「成るようにしか成らん」のですが如何せんまだまだ未熟者でして。

「神のみぞ知る」なんて言いながら、神って一体何なのか?我々の勝手な妄想では?
だって人はしるしを欲しがりますから。

神も仏もあるから悪いことも起こるのか?この世が全て必然であるならば、邪悪もまた必然なり。

「人間の運命は完璧に決まっていて、同時に完璧に自由である」。なるほどそうか!

以上。暇人の暇コメントでした・・・。
358:ハリー今村 :

2020/01/09 (Thu) 23:09:03

host:*.tokai.or.jp


オオトラさんへ

個人の資質、まさにこれで、

純粋な心を保持できるかどうかが鍵で、

純粋であり続ける者は、きょうび変人奇人としか見なされない。

俗な例えで恐縮ですがハリウッド映画のキャプテンアメリカの誕生に

関わる博士が彼をなぜ改造人間に抜擢したかというと

純粋な真っ直ぐな心の持ち主だったから。

よこしまな欲望のために無敵のパワーが使われたら

破滅へと堕落する。



私がわざわざいまだに指圧をし続けているのは

一番めんどくさいやり方が一番嘘がつけないから。

俺ってけっこう純粋でしょ? 笑



311の前に自分は佐野元春の警告通り計画通り、の

あの曲が頭に浮かんで仕方なかった。

黒澤明監督の夢の赤富士は完全に予言めいていましたね。

宮崎駿のナウシカしかり。

科学技術の進歩、というがこの言葉、

随分と嘘くさく虚しく響きますね。



357:オオトラ :

2020/01/09 (Thu) 22:43:53

host:*.dion.ne.jp
ハリーさん 実はわしは粗13年位前から気の発展は極少数の 個人を残し粗消滅すると思って

居ました 結局一番大事な要素は 個人の資質なのです 又資質が有っても 気に興味の無い人も

多いと思いますので残るのは 粗変人奇人でしょうわしも 今年で70歳に成ります何時まで生きて

居るかわ判りませんし 現在の知り得た事も伝える手段が有りませんっーか 其の気も有りません

人は一代で消える そうだ 思い出した事が有ります 今は無き ヤフーブログに書いた 311の

前に 突然ビジョンを見ました 暗い空間に浮遊して居ました 下を見ると暗いうねりの様な物のを

感じて 意識を向けた時に見た物は 波に揺れる多くの死体?と思われる物でした 其処で終わり

何じゃこりゃー?と あぁー気持ち悪いと ブログに書きました その後 311が起きました

その後 別に見たビジョンは 山道を降りた狭い道に 鳥居が有り其処へ多くの老若男女がその

鳥居を潜り 山へ続く道を通り 消えて行くっー物でした 特別修行中とか無しで行き成り出たので

原因は判りません行く先は 黒い森としか認識出来ませんでした
356:オオトラ :

2020/01/09 (Thu) 22:13:38

host:*.dion.ne.jp
堺のおっさん様 何処へ行ったと心配した 迷子の保護 誠に有難う御座います わしは少し気が

判る気がしますが 後は粗 文盲の様で 自覚として 粗石器時代の人の様な気がしています

大変ご迷惑を掛けました体の事でお悩みが有りましたら L2判の全身写真を送って下さい

対応させて頂きます
355:ハリー今村 :

2020/01/09 (Thu) 21:27:59

host:*.tokai.or.jp


江戸末期に、治せぬ者はほとんど無し、と豪語した

盲目の名鍼医・葦原検校は、万病一邪、と喝破。

その著書、鍼道発秘の序に気の何たるかを

記述した箇所がある。

このへんのクラスならオオトラさんと話がツーカーで

通るだろうけど、私じゃあ、チョイと、

いや、かなり劣りますな 笑


なんだかんだ言って私はガチンコ、

物質身体に対してがメインなんで。

しかし物質身体レベルでも

それなりに見えてくるものは多くあります。



354:ハリー今村 :

2020/01/09 (Thu) 20:23:42

host:*.tokai.or.jp


堺のおっさんへ

オオトラさんの誤爆コピーの転載、ありがとうございます。



この文脈でネタを繋げると

いやまったくもってアカデミズムってのは、

本当のホントを完全に解き明かしてしまうと、

飯の種が消えてしまう。

だから定説だの発見だのエビデンスだのと言っても

ほとんど全てが寸止め、もしくは下手を打つと

丸っきりトンチンカンなエビ丼すの海鮮祭り、

でも、サザエの壷焼き、アレは美味い 笑


353:堺のおっさん:

2020/01/09 (Thu) 19:43:12

host:*.enabler.ne.jp
他スレに誤爆したものと思われるので、こちらにコピーします。

5 名前:オオトラ

2020/01/08 (Wed) 16:29:16 host:*.dion.ne.jp

ハリーさん ご親切に有難う御座います 流石国の税金で食べている人達は ノンビリしてますね

エビデンスとかカニデンスとか 海鮮食堂ですか?っー感じです 日本も敗戦前は 結核 後は癌

で此れから 食って行こうとかの話を読んだ記憶がある様な 東洋医学と西洋医学の 手を取り合い

っーのは 銭の取り合いの間違いでは? わしの人体に対する見方は依然書いたフラクタル構造に

基づいています 現在は 物質肉体と上位肉体が 考察の中心ですが此れだけでお腹一杯でしょうか

でも 此れだけで経脈は 18有りますが? なに考えて居るのでしょう それと 邪気の定義が

判りません 邪気即何とか とか まぁ日本人は剣禅一如とか好きだからー如何でも良いけど

気功的には 最も恐れ 忌み嫌うものは 邪気と 憑依となって居ます
352:ハリー今村 :

2020/01/09 (Thu) 13:34:48

host:*.spmode.ne.jp



オオトラさんへ

いや〜、毎度、ほんとうに深い実話、慧眼に驚くばかりです!



スポーツ、これほんとに身体に悪い、と

正直に言った東大の先生、ソッコーで消えた 笑

言ってはいけない健康タブーのホントの事の一つが、

過度なスポーツ、武道が健康を害するという真実。



私も指圧ばかり30年ほどやってきましたので、

手の親指が晩年の大山倍達状態になってはヤバイと察知し、

1年以上前から自分で少しずつ手入れしてます。

特に手首の関節、肘関節、前腕内側・外側と広範囲に

温灸で温めてだいぶいい感じに軽くなってきました。



グリコーゲンストックがすぐに枯渇して乳酸が溜まるのは、

ある種のブレーキシステム。

これ、けっこう、凄い斬新な発想ですね!

それでブレーキかけた後に

残り火のような乳酸をじわじわと燃やして

次の戦闘に備える、もしくは最後の力の源として温存する。




私は凝りは宝の山、と思っとります。

なぜなら凝りをほぐせば即これがミトコンドリアの

エネルギー源になるんですから。

ここ掘れワンワン。

ここ押せ乳酸。

凝りという宝があってもこれまで誰も気がつかなかった。

勿体ないったら、ありゃしない。


351:オオトラ :

2020/01/09 (Thu) 12:51:47

host:*.dion.ne.jp
ハリーさん 乳酸が邪気とか毒素とかは私も思って居ません 詰り人間の筋肉のフルパワー自律神経に

依り破損しない様にリミターが掛かって居ます スポーツとか武道とかは長い時間を掛けた訓練に依り

此のリミッターの上限を向上させるシステムに成って居ると思いますが 例えばわしは 空手時代に

自然石割りを得意としていました タンパク質とカルシュウムで出来た 体で石を割るっーのは

精神面での決意と物理法則の隙間を狙う コツが有りますが その後遺症は年齢と共に現れます

多くの武道家 スポーツ選手の予後は良くありません 今はスポーツ医学が発達?して余り聞く事は

有りませんが昔のプロゴルフの引退後の 車イス生活は比較的有名ですね わしも身体浄化を始めて

表層の身体から 中層の身体に浄化が移った時に酷い目に合いました 詰り体は損傷を隠すのです

気功師がエネルギー 邪気や毒素に気付くと如何するか?気功の先生に成って 極力施術はせずに

現場から離れます 生活が有るからねー 大山倍達館長もわしが20代の時に合いましたが 既に

階段を上がれなく成って居ました まぁ余談です足揉み療法の方の指関節は ひん曲がって居ました

手の指が 外反母趾?っー位酷い状態でしたね 此の人晩年はどうなるのかと驚いた記憶が有ります

子宮癌の人に施術した時は 手が紫色になり怖かったです そうそう 現在の遠隔でも憑依 邪気毒素

が有ると 自律神経の調整波動は 入りませんっーか調べると数値は出ますが本体に起こるべき変化

は 丸で無し 詰りべつの回路が起動して居る状態に成りますっーかすり抜けて居る感じなのです

で 憑依等を除去するとちゃんと変化が起きるのです 此れはもう理屈で無く現実なのです

350:ハリー今村 :

2020/01/09 (Thu) 08:26:01

host:*.spmode.ne.jp


オオトラさんへ

いつもながら明確なご回答、まことにありがとうございます。



個人的には睡眠時の脳脊髄液による脳洗浄は

睡眠時の細胞リニューアルとリンクしていると推定しています。

通常は脳内マクロファージのミクログリアが脳内免疫を担う。

恐らくは脳脊髄液の中にミクログリアを活性化するような分子があり、

グッスリと寝ている時に脳脊髄液がミクログリアを刺激して、

認知症の原因物資とされる脳内の変性タンパク質のアミロイドβタンパク質などの

ゴミがミクログリアによって洗浄処理されているのでは、と推測しています。



邪気に関しては東洋医学ではその本体についての考察は

ある意味、曖昧なまま、で来てしまっていると見受けられます。


邪気とは違いますが、これも個人的な見解ですが、

私は凝りの原因分子とされる乳酸もしくは

乳酸と変性タンパク質が結合した乳酸タンパク質は、

単なるゴミではなく立派なエネルギー源と見ています。



乳酸は長らく分子レベルにおける邪気のように見られてきました。

そもそも筋肉を酷使した疲労時に血中の乳酸レベルが上昇するという

その一点の事実だけを捉えて、筋肉疲労時に増える分子=疲労原因分子、

と短絡したのが乳酸害悪説の発端でした。これ100年前の誤謬。

これが間違いである事が近年に判明した。



乳酸は細胞膜にある乳酸トランスポーターで血中に運び出され、

速筋から心筋や遅筋へと運ばれて、心筋や遅筋のミトコンドリアで

再利用されてエネルギー化される事がわかった。

そもそも筋肉細胞はエネルギー源である糖を

グリコーゲンの形でストックしているが、

大量にグリコーゲンはストックできない。

猛ダッシュなどすればすぐに速筋のグリコーゲンは底をつく。

その時に乳酸の形に変換された第二次栄養源を使って

火事場の馬鹿力のパワーの源とした。



といったわけで、実際に凝りをほぐして血中に流入させると

ストックされていた乳酸がミトコンドリアでエネルギー化されて、

見事に元気が増す。



癌の体壁にはおびただしい氷のような凝りが生じる。

これが溶け出して再利用できればと長年模索しているが、

なかなかあそこまで凝ると簡単にはいかない。



適度な凝りのうちに上手に凝りをエネルギー化する。

そんな養生が結果として癌予防になるのでは、と

これも個人的な見解です。







349:オオトラ :

2020/01/09 (Thu) 06:50:04

host:*.dion.ne.jp
ハリーさん わしの尊敬して居る先生は 人の正常な活動を阻害するのは 邪気と憑依と喝破して

居ます 今回の悪霊騒ぎは 改めてこの言葉の 意味を噛締める事に成りました 脳脊髄液の洗浄

は督脈との関係は無いっーか 督脈自体がわし的には 脈絡と思って居ますそして 洗浄は井穴の

働きと思って居ます 任脈 督脈の 気の流れは男性は背側の脊髄を仙骨から頭頂を経て前面の

恥骨側に流れる循環 女性は 逆の流れ 前出の矢山先生がマグネットリングで確認して居ますが

これを 気功で言う 小周天として居ますまぁ要するに 気の循環が健康と直に結び尽いて居ると

入って居る訳です まぁ言って見れば 群盲像を語る ツ―処 まず目を開けて 見える物を正しく

認識する能力の開発が第一と思うが 皆この事を超能力の開発と思って居る様ですが?

しかしいくら医学の為と言え 脳に電磁波の嵐を照射し続けるとは狂って居るとしか思えません

自身の栄達の為に 人を犠牲にして平気とは 自身の為した事は総て自身に還ります怖くは無いのか?

知らなかった は免罪符には成りません 其れと邪気 毒素がストックのパワー愿とは理解不能

邪気は字の通り 邪な気の事で取除く事は 通常の人為す行為では不可能です 表層の身体から

潜在(中層の身体)へと 転移する行為と思います 邪気の定義を再考する必要が有ると考えます 
348:ハリー今村 :

2020/01/08 (Wed) 19:22:24

host:*.tokai.or.jp



睡眠中に脳内の毒素が脳脊髄液で洗浄されている、

の記事はこちらにあります。

タマちゃん、お借りしました。

いつも面白い記事を貼ってくださりありがとうございます。

https://1tamachan.blog.fc2cn.com/blog-entry-19200.html


よ~く眠れた時に、朝目が覚めると

頭がスッキリしている。その理由が

つまりはよく眠れているそのノンレム睡眠の際に

脳脊髄液が脳内に流入し

脳内のゴミ掃除をしてくれている。

睡眠ひとつにもこのように

まことに尊い生命力が息づいておりますな。


347:ハリー今村 :

2020/01/08 (Wed) 16:45:57

host:*.spmode.ne.jp



オオトラさんへ

ナイスレス、ありがとうございます。




それで引用はしませんが、今から30年以上前に発刊された

「別冊宝島103 気は挑戦する」という本の中に

山部嘉彦さんという気功実践家が

「超能力ブームを嗤う」という記事を寄稿されており、

その記事中で霊障にも触れています。

安易に気の世界に踏み込む事の危険性を喚起しているオオトラさんと

通じる良い記事と思い再読しました。




また話がアチコチに飛びますが、

「タマちゃんの暇つぶし」サイトを私は毎日チェックしてますが、

2019年11月15日の記事の

寝ている間に脳脊髄液が脳を洗浄しているという記事は

大変に衝撃的でした。

生理学ではこの脳脊髄液の役割が今一つ不明だったのですが、

脳脊髄液が寝ている間に脳内のゴミ掃除をするウオッシャー液の

ように機能しているという発見は、

睡眠の重要性を再認識させてくれました。

経脈でいうと、脳脊髄液の機能は

トクミャクあたりとリンクするのか、どうか。



346:オオトラ :

2020/01/08 (Wed) 16:38:09

host:*.dion.ne.jp
ハリーさん エビデンスとかカニデンス イカデンスとか 海鮮食堂の紹介有難う御座います

中医学は 滅びるのでしょうか? 祖大体の各身体に 夫々9本の 経脈がありますので 論外です

345:ハリー今村 :

2020/01/08 (Wed) 12:07:55

host:*.spmode.ne.jp



オオトラさんへ

資料に当たってみまして、該当箇所を以下に抜粋。



「過去五十年の解剖学的実体を探る研究は成功しなかったが、

電気、磁気、音波、ラジオアイソトープ、イオンなどを

使ったわれわれの実験研究は、経脈は存在するというエビデンスを

確立してきた」


「古代の経脈理論においても、量子状態と同様、

すべての経脈は繋がり、環境と統合されている。

経脈の一箇所への刺激情報はただちに全体に伝わる。

経脈を量子状態として研究することによって、

中国医学と現代医学は有機的に結合し、

生命科学の発展を推進することができる」


中国における経脈研究の第一人者

北京市第六医院・中医師・李定忠の見解





とまあ、こういった感じで、わかったような

わからんような 笑



344:ハリー今村 :

2020/01/07 (Tue) 16:43:54

host:*.spmode.ne.jp


オオトラさんへ

アカデミズムってのは、カッコつけですから、

リアルな現場から見ると、

向こう岸の安全地帯から石投げてワーワー言って様子見てる、

そんな感じですね。

あくまで気を科学的観測をもとに科学用語と整合性を

持たせようとすれば粒子性と波動性の量子のような、

という形容がふさわしいという程度と

私も了解しているつもりです。

なにしろ気がどのように科学的に規定されようと

現場でそれがそのまま役に立つわけでは無いですし。




気の世界の一端には魑魅魍魎、悪鬼夜行、憑依、生霊、悪霊と、

およそ肝の小さい私みたいなヘタレ野郎じゃあ、

ションベンちびりまくりですわ 笑

もちろん笑い事でなく、真面目な話、

実際にオオトラさんが体験しているわけで。

そういえば東海アマさんも、似たようなエピソードを記事にしてました。




鬱と脾系の連環などは伝統鍼灸の流派では検証されているような気がします。

もっとも私は伝統鍼灸にも現代鍼灸にも、どの派閥とも関係ない立場なので、

詳しくは知りません。

個人的には頸部の総頸動脈の左右を温灸で拡大し、

脊椎1本まるごと温灸で温めれば、

生理学的には鬱は軽減される、と見ています。

鬱の患者さんは首凝り、腰痛がワンセットで出現するケースが多い。

こういう患者さんには頸部と脊椎への温灸がいい。


343:オオトラ :

2020/01/07 (Tue) 15:28:27

host:*.dion.ne.jp
ハリーさん 気の性質は確かに 粒子性と 波動性が有りますが 量子自体が 名前の1人歩き

状態と思って居ますハッリ言えば 何処までが粒子か 何処からが波動か区別が付くのかさえ不明確

では無いでしょうか? わしはこの様な議論は無意味と思って居ます 強いて言えば 交換神経は波動

波動の性質が強く 副交感神経は粒子性が強い感じを持ってます まぁ序に言えば鬱でしたか 副腎

の働きでは無く 脾経脈に含まれますので 脾が本命と思います まぁ臓と腑の区分けみたいで?

ですが そして 気 の世界は 以前書いた 憑依 生霊 最悪の悪霊まで揃って居ますので決して

バラ色の世界では有りません 一面 魑魅魍魎もセットですぜ 百鬼夜行の世界でも有ります

わしは大分前に 悪霊っーのに掠った事が有り 余りの不可解さに驚いた事が有ります 実は憑依

生霊には 送った人の 性別のタグが付いて居ますが 悪霊は当時調べられませんでした が

今回 わしの親しい人が 此の悪霊に憑依されて居て性別が確認出来ました 全員 女でした

4名で 生き霊4名で生き死にの騒ぎと書きましたが その当事者で やっと取り除いて一安心したが

その後も状態が変わらず再度調べたら 無意識下の深層っー所に 悪霊が4名隠れて居ました

あぁ 此れは持って行かれたと 一時は目を瞑りましたが まぁ何とか出来た様です 未だ安心は

出来ませんが そう言う部分も有る世界です
342:ハリー今村 :

2020/01/07 (Tue) 13:59:10

host:*.spmode.ne.jp



これまでに気の物質的基礎として

計測器で観測されたものは



・ 脈動する赤外線輻射

・ 変動する生体磁場

・ 16ヘルツ以下の超低周波

・ イオン流

・ フォトンなどの微粒子

・ 静電気



などがある。

ただしこれらはあくまで気という氷山の一角であり、

気の全体、気の本質ではない。


341:ハリー今村 :

2020/01/07 (Tue) 12:03:47

host:*.spmode.ne.jp



出世外人さんへ

気は広大なフロンティア、まさに仰る通りで同感です。

中国は50年ほどの気の科学的観測結果を踏まえて、

気とは粒子性と波動性のある量子のようなエネルギー情報、

と位置付けた、と言います。

この見解も少し前のものですので、今現在の見方が

どのように変化しているかは知りません。



自分が手の内で捉えている気の感触は

確かに粒子性と波動性のエネルギー情報という表現がピッタリします。

気が凝固すると分子レベルでは乳酸なのか、あるいは変性タンパク質なのか、

単なる血滞なのか、またはこれらの複合体なのか、と

色々と考えると面白いです。




鬱に関しては副腎の活性化などは非常に有効であろうと私も見ています。

また鬱の場合にも身体のこわばりをほぐしていくことは

やはり非常に重要と認識しております。



本スレッドのリード役には、

私ではいささか力不足かもしれませんが

こんな風にまた少しずつ様々なトピックを

出世外人さんやご交流する皆様と深めていけたらと思っております。

どうぞこちらこそ今年も宜しくお願いします。


340:出世外人 :

2020/01/07 (Tue) 11:00:51

host:*.bbtec.net
ハリー今村さん 

昨年もハリーさんのリードでとても有益なスレとなりましたが、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

また、ブログ記事を紹介くださいまして、ありがとうございます。(>>335

現在、家電にパソコン・スマホ、電車や電気自動車と、身の回りのあらゆる場所に電磁気が活用されていますが、ほんの数世紀前までは電磁気も「雷」や冬場の「静電気」のような形で、時折、偶発的・瞬間的に観測されるだけの、つかみどころのない現象でした。

「気」に関する知見は、こうした数世紀前までの「電磁気」に関するものと同じような状態にあるのでは、などと妄想したりします。

見方を変えれば、「気」は現文明にとって、実に広大なフロンティアですね!

それと、現在の「うつ」などと診断され、向精神薬を処方される症状の多くが、実は副腎の疲れによる副腎皮質ホルモンの不足が原因、といった説を聞きますが、何か非常に思い当たる節があります。


339:ハリー今村 :

2020/01/06 (Mon) 12:12:59

host:*.tokai.or.jp



オオトラさんへ

旧年中はここコメント欄でお世話になりました。

大いに勉強し笑わせて頂きました 笑

黒澤映画の常連俳優だった土屋嘉男さんのエッセイに

乗馬についての章があり、馬をよく知り乗りこなす者ほど

乗馬は下手と自分を卑下して言う、というくだりがあります。

土屋さんが、私はぜんぜん乗馬できません、と言うと

馬術指導の方が、あなたそうとう乗りますね、と答える。

オオトラさんのご謙遜な発言からこのエピソードを連想しました。

わかっているからこそ軽率な発言を慎む。

わかっているところと、わかっていないところが

だいたいわかってきたけど、わかっていないながらも

なんとなくわかるあのあたり、そのへんはまだ言えない。

ほぼ自分なりに解明できたが、それを言うと

かなりヤバイので口が裂けても言えない。

実際にコメント欄にコメントするにも

言えること、言えないこと、曖昧にしか言えないこと、

行間を読んでほしいこと、など様々です。

そんなこんなをひっくるめて

爆笑ネタに出来るオオトラさん、

今年も宜しくお願い申し上げます。



338:オオトラ :

2020/01/06 (Mon) 11:41:31

host:*.dion.ne.jp
皆様 明けましておめでとう御座います 御迷惑でしょうが本年も宜しくお願い致します

ハリー様には過分な評価を頂 恐れ要ります 私自身は 気 に尽いて特別な考えは有りません

当初 気功を習い まぁ様々な思考錯誤を繰り返し 経験を通して感じた 色々な事事々への

一番整合性を感じ 再確認の出来る 発展性の有る ヨーガに強く惹かれた事が 転機だったと

思って居ます 気の本質などはわしに判る筈もなく そんな物が有るのかさえ判断付き兼ねます

只今のわしには トャクラを通した分析と判断を中心にした 施術と結果の間を迷走中っーのが

現実ですね 残念な事に わしの思考は カメの如くノロノロとしか進まず 論理的に思考の結果

とは言い難い まぁ体癖が1-7っー事で 納得はして居ますが 今現在は新しい技術体系の思考

錯誤中で 有料の施術活動はして居ません 人柱と猫柱相手に 香川の隅でもそもそして居ます
337:ハリー今村 :

2020/01/06 (Mon) 10:08:20

host:*.tokai.or.jp



堺のおっさんへ

本当に、仰る通り、迷患者さんに、

迷医、ついでに迷鍼灸師 笑

題目唱えて信心すればの御利益詣でじゃないけど、

信じる者は騙される、に決まってるのに。

もっとも信じると多少はプラシーボ効果が出る。

九州大学のその昔の実験では、うどん粉をノイローゼの特効薬と

偽って患者に飲ませたら2週間は効いた、というから

健康にいい系のマーケティング商材も2週間くらいは効くはず。

そこから更に期間延長で効き目が持続するのかどうか

に関しては私は知りません。

そうした健康にいい系のマーケティング商材にすがるより、

自分の体が生み出す自前の生理活性分子の方がよほど

効果を実感できる。

それもほとんどタダで手に入る。

というか自前の生理活性分子が

人を健康たらしめている必須分子なわけで。

その最も基本的なものの一つに一酸化窒素がある。

一酸化窒素は血管拡張ホルモン。

つまり一酸化窒素によって血流が生まれる仕組み。

それでどうすれば一酸化窒素が手に入るかというと

皮膚や血管を含む体壁に圧力を加えると

一酸化窒素が皮膚と血管壁から産生される。

体壁を自分でマッサージ、按摩、指圧するのに

一銭もかからない。びた一文要らない。まったくの0円。

一銭もかけずに、ただ体壁を押せば

血管拡張ホルモンの一酸化窒素が皮膚と血管壁から湧いてくる。

押せば一酸化窒素の泉湧く。

押せば命の泉湧く。

一酸化窒素というこんなわかりやすい体にいいものが

存在している事実が、まずもって一般化しない。

不思議と言えば不思議。



336:堺のおっさん:

2020/01/06 (Mon) 09:17:48

host:*.enabler.ne.jp

今村さん、今年もよろしくお願いいたします。


さて、現状は「名患者」どころか「迷患者」があふれています。

〇〇が体に良いと宣伝されればすぐ飛びつく。

TVで何かの方法が紹介されれば、翌日スーパーの棚から

紹介された商品があっという間になくなる。

そして次の商品が紹介されればその繰り返し。

まさに「迷患者」だらけです。

何故みなさん自分の体に向き合わないのかな?

自分の体の発する情報に耳を傾けないのかな?

何かに依存しなければ健康は手に入れられないと思っている。

自分の体は自分で守るという視点は「迷患者」さんにはありません。

見ていて滑稽ですが…
335:ハリー今村 :

2020/01/06 (Mon) 08:59:05

host:*.tokai.or.jp

皆様、あけましておめでとうございます。




堺のおっさんへ

鍼灸業界で有名な故・澤田健という鍼灸師の口癖に

「医道乱るれば国乱る」があります。

思うに311後に、この言葉は拡大され、

「医道乱るれば世界乱る」

そしてさらに言うならば

「医道乱るれば地球乱る」

とでも言えそうな勢いです。

医道を本来の姿に立ち戻す、ドヤっ、なんて、

私はそんな御大層なお題目を唱えるのは性に合いませんが、

とりあえずは、自分の健康は自分で獲得し確立する。

ここがスタート地点であり、

これこそが医道を正道に戻す根本解決への最速コースとみます。

仰るように、名患者が増える、ことも医道を正す道。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。





出世外人さんへ

以前に開設していた拙ブログで気と電磁波に関して

西原克成博士の著書から引用した記事を

掲載しておりましたので、こちらに貼っておきます。

http://kouhakudou.blog.fc2cn.com/blog-entry-1603.html

気の正体に関しては多くの科学的観測がされておりますが、

確定的に、こうだ、という定見はまだないようです。

オオトラさんクラスであれば、気とは何か、に関して

確たる見識が聞けそうですが、

私レベルでは、まだまだですので、

諸先輩のご見識を参考に、

私も私なりの意見を発信しております。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。



334:モーレアの風 :

2020/01/01 (Wed) 06:35:46

host:*.bbtec.net

 謹賀新年
      オオトラ氏のインド医学、中国医学の「からだ観」に対する御造詣の深さと一貫したは御姿勢は
我々も学ぶところ大であります   本年もよしくお願い致します
333:オオトラ :

2019/12/31 (Tue) 13:34:07

host:*.dion.ne.jp
猿トビさん 違和感が残り再発の懸念が有る 当然です 左右の筋硬結が当然なので 傷みの

強い方に 顕現して居るだけですから わしはヨーガアーサナで 体の修復はした事が有りません

従って どの様な形で改善したかは判りませんが 実は人の体の難しさは 右身体と左身体では

気 の流れが 真逆なのです 多分痛みが出たのは 右身体のマナスの関係だと思いますが左の方

の スーリャの硬結は残って居ると思います 此の両方の硬結の解除は チャクラ(マニプラー)

での解除か 貴方がスーリャのマニプラーチャクラをコントロールする 技法を身に付けるかです

インストラクターのお姉さまに 聞いて見て下さい 此の右身体と左身体の 気の流れが逆向きと

言う事実は 佐賀医大?に居た 矢山先生が発見して 気の人間学っー本に書いて居たと思います

気功的には 男女の気の流れは 鏡像である と成って居ますこの先生は 外科医だったのですが

治せない患者に悩み 鍼灸を学び 遂に気功(奇行でなく)に走ったっー変な先生ですた
332:堺のおっさん:

2019/12/31 (Tue) 11:28:01

host:*.enabler.ne.jp
生老病死。

思うようにならない人生。

そもそも健康ってなんだ。

名患者になって実践していきたいですな。


名医は国をも直す。

そして

名患者が増えれば国をも直す。

来年も日本国民が

名患者に目覚める様な

情報をお願いいたします。
331:ハリー今村 :

2019/12/31 (Tue) 06:51:40

host:*.tokai.or.jp



あるオーラが見える医師

「癌は恨みの感情を抑圧する事が原因」





嘘発見器の第一人者のクリーブ・バクスター博士

「ネガティブな感情は細胞からの広範囲な

マイクロボルトレベルの電気的放出を引き起こす。

様々な疾病は、このようなネガティブな思考や

感情の表現あるいは抑圧から

生じている可能性が考えられる」





生命場研究の第一人者のハロルド・サクストン・バー博士

「病気の多くは心身相関的な原因によるので、

名医は患者を身体面だけでなく、精神面や感情面も

考慮に入れて、全体として診断することの大切さを知っている。

仕事の悩みとか不幸な結婚などは現実に頭痛や胃潰瘍を引き起こす。

430人の被験者に3万回を超える測定を実施して、

わかったことは、被験者の感情が絶好調の時の電圧は高く、

反対に落ち込んでいる時は電圧も低いという事」





鍼灸指圧師のハリー今村

「昔から、人を呪わば穴二つ、笑う門には福来る、

という諺が伝えられている。昔の人は感情の振幅に伴い

細胞レベルでの電気的変化が起こる事など知る由も無かったが、

人を呪えば呪いの念で相手を殺せるかもしれないが、

その呪いのネガティブな感情が自分の細胞の電圧を低下させ、

結果として自分で自分の首をしめる、つまり

自らを殺めてしまう事が薄々とわかっていたのだろう。

また昔の人は笑いが細胞の電圧を高めて健康状態を引き上げる事も

薄々気がついていたと見受けられる」





皆さまとここコメント欄にて交流し、多くの気付きやヒントを頂きました。

本当にありがとうございました。

来年も気が向いたらコメントしますので、

どうぞ宜しくお願い申し上げます。

じゃあねー 笑


330:ハリー今村 :

2019/12/30 (Mon) 17:10:41

host:*.tokai.or.jp


常連クライアントのOさん

「お陰様でうちの畑のお大根(紅芯大根)は、あの台風19号の時の大雨で、

浜の畑が水浸しになったんだけど、水が引いてから諦めずにやるだけの事は

やろうとお父さんと頑張って、葉っぱについた土を綺麗にするために

すぐに水かけして、液肥や発酵促進剤をやり続けたら、

最初は被害を見に来た市場の人が今年は2割減だねって言っていたのに、

出来たお大根を市場に出し始めたら、もっとドンドン出して、

で、むしろいつもの年より増産になりそうで、

お父さんにも言ったんだけど、確かに諦めないで

水かけ、液肥、発酵促進剤もどれも効いただろうけど、

お大根に向かって、頑張って大きくなるんだよ、

負けるじゃないよ、と畑で声かけてやったのが良かったんじゃない?

って、そう言ったら、お父さん、そりゃあ、ないわ、だって 笑」





鍼灸指圧師のハリー

「いや、Oさん、それあながち馬鹿にしたもんじゃないですよ。

実はアメリカでそんな実験をした研究者がいて、彼の事務所のデスク脇に

置いてあったドラセナという観葉植物の葉っぱに電極をつけて、

モニターで記録しながら、何をしたらモニターに変化が現れるかと

考えて、そうだ葉っぱにライターで火をつけて炙ってみたら、

ドラセナはどんな反応をするか、と思ったら、何と

まだライターに手もかけず、着火して炙りもしないのに、

ただそう思っただけで、モニターのグラフが大きく揺れた、で

このバクスター博士はこれにヒントを得て、色んな生き物、

例えば市販のヨーグルトの中の乳酸菌を二つのビーカーに分けて入れて、

一つに電極を付けて計測し、もう一つには抗生剤を入れてビーカーの中で

生きている乳酸菌を殺すと、仲間の乳酸菌が抗生剤で殺された事を

敏感に感じとってもう一つのビーカーの乳酸菌たちが電気的に反応する

事が記録されたりして、まあ次々に色んな生き物で試して

結局、生きとし生けるものはみな何らかの意識というか心のような

ものを持って交流交信していると結論してる、

だからOさんの語りかけ農法は完全にお大根に気持ちが伝わってて、

そのお陰で他の農家さんは大打撃を受けて減産だったのに

Oさんは増産だったんだよ」

※ 本年の仕事納めの昨日の当院内の実話内容





クリーブ・バクスター著「植物は気づいている」の一節に

人間のネガティブな思考と強い感情が起きるのに伴って、

その者の細胞からマイクロボルトレベルで広範囲な電気的放出が

記録される、このことから、様々な疾病は、このような

ネガティブな思考や感情の表現から起きている可能性が考えられる、とある。





地獄極楽胸先三寸。

世界をネガティブに地獄と見れば自らの細胞が発した自分由来の

良からぬ電気的放出で自ら不調に陥り、

世界を極楽とポジティブに見れば自らの細胞が発した自分由来の

有益な電気的放出で自ら快調になる。

世界は自分の意識ひとつにかかっている。

全ては自分由来か。



329:ハリー今村 :

2019/12/30 (Mon) 13:05:34

host:*.tokai.or.jp


猿都瑠さんへ

じゃあ若年寄ですかね 笑



自分も開業してすぐの頃に夜の往診に行って、

よせばいいのにベッドサイドで中腰で、

寝たきりの患者さんの頭を持ち上げて首の後ろを

やろうとして、腰にビキーンと激痛が走り、

あまりの痛さに脂汗が出てきて、それでもそんな素振りは

患家の皆さんには見せられないから、平気を装って

這々の体で車に乗り込み帰宅し、そこから

坐骨神経痛との長い長い闘いが開始されました。

10年ほどは坐骨神経痛と付き合ったか。

カミさんと付き合った年数より、はるかに長い。



急性期の痛みは自分の鍼灸でしのいだが、

慢性的な腰痛と時に再発するギックリ腰がきつかった。

べつに好きで自分で自分の体に症状を作り、

それを自分で治すのインサイドジョブ、

自作自演をしてるわけではない。



でも、自分が発症したお陰で同じ症状で悩む患者さんに

心底共感でき、痛みの詳細を共有し、

そしてどうにか自分や患者さんの腰痛、ギックリ腰、

坐骨神経痛を手なづけられるように

なった事は治療師である自分には本当にいい経験になった、

と今では感じています。

そういう意味では、自作自演、大成功です 笑



自分に限っては仙骨の両外縁に温灸を当てると

めちゃくちゃ脚全体が軽くなり、うまくすると

足先までジンジンと血流が増すのを実感します。


人体は二足歩行で内臓をぶら下げているから、

構造的に重力とバッティングして

色んな宿命的症状が勃発します。


大気圏がもっと分厚かった恐竜の生息していた時代は

今よりも地球の重力は軽かった、という仮説もどこぞで

ささやかれておりますが、もしもその頃の地球重力なら

今の人間のサイズなら腰痛は皆無かもしれません。

もっともこのへんの話には証明できるものが少なく、

確証はありませんが、普通に考えて恐竜のあの巨体の体重を

支えるには、あの構造では無理があるような気はします。

たとえ恐竜の骨が中空構造に軽量化されていたとしても。

話がいささか飛躍しました。


328:猿都瑠 :

2019/12/30 (Mon) 11:16:36

host:*.au-net.ne.jp
オオトラさん

坐骨神経痛、まさかそこまで行くとは思わず、不調はオオトラさんの仰る「骨盤の上部とアバラ骨の間に有る 脊柱に沿った 筋肉の硬結」、ここの違和感からでした。

尻の筋肉の硬さ、これは坐骨神経痛の痛みの周りを解してからでないと、梨状筋のある深部まで届かないのじゃないかと言う個人的な思い込みでした。

整形外科の先生も病名は告げてはくれず(苦笑)ネットで筋肉やらの位置を確認すると、坐骨神経が痛いなと。

普段の生活で、自身の呼吸に意識を向けたり、筋肉について考えている人はまず居ないでしょう。

痛くなって初めて実感(笑)

肺だけが自身でコントロール出来る唯一の臓器。

呼吸に意識を向けることで、自律神経や気の流れを良くする、こんな事を言われてたと思います。

とにかく痛みが取れて欲しいので、坐骨神経を挟む梨状筋が神経を刺激するのではないかと。

ヨガに梨状筋を伸ばす糸通しのポーズがあり、それを習って2週間掛からず痛みは消えて。

全体的に硬い筋肉だと言われており、柔らかい筋肉になるのが目標ですね。

ここ半年で以前よりも疲れにくくなった、睡眠の質も向上した実感があるので。

ただ痛みが消えただけで違和感があるので、根本から改善しないと再発の可能性は高そうです。



今村さん。

若くは無いんです(笑)

整形外科に通ってる多くの年代の方々に比べれば若いと言うだけで。
327:ハリー今村 :

2019/12/30 (Mon) 07:20:28

host:*.tokai.or.jp



東京の町田市から来たMさんに

ミトコンドリア絡みではこんな事も話した。



「ミトコンドリアが面白いのは環境に適応して進化する事、

例えば北方ロシアのエヴェンキ族は先天的に軽いバセドー病のような体質に

変異しているんだけど、その変異がなぜ生じたかというと

北方ロシアはマイナス50度の極寒環境でその低温下でも

体温を維持して生活するためで、このバセドー病で

出過ぎてしまう甲状腺ホルモンはミトコンドリアの活性分子、

それでこの寒冷地適応に進化したミトコンドリアはだから

エネルギー産生よりも体熱産生に特化するようにシフトして進化している。



それとは逆に体熱産生をセーブしてエネルギー産生に特化して

進化したミトコンドリアを獲得したのが赤道直下の

暑い環境にいるアフリカの人々、

暑いところでは体温が高いんじゃあ大変なんでその代わりに

ATPエネルギーを最速で産生するようになった、

これが黒人アスリートが陸上競技やスポーツに向いている理由、

熱帯適応に進化したミトコンドリアを持っていると

すぐに体温が上昇しないでその代わりに

最速でATPエネルギーが筋肉に供給できるというわけ。

このように北方ミトコンドリアと熱帯ミトコンドリアでは

スペックに差がある。



それで今指圧で押してるこの筋肉の凝りの乳酸が

実はミトコンドリアのエネルギー産生の燃料だから、

こうして指圧して体中の凝りをほぐしていくと、

凝りの乳酸が血液中に運ばれて血流に乗って全身のミトコンドリアで

再利用されてエネルギーに変換される。

だから筋肉を使って凝ったらどんどん凝りをほぐして

ミトコンドリアに使ってもらわないと

乳酸の持ち腐れ、宝の持ち腐れ、で勿体ない。



そういえばアメリカの大学の実験では

筋肉を使った後にその筋肉をマッサージすると

ミトコンドリアが増えたというデータも既に出てる。

その関連で日本の東大の研究では乳酸が

ミトコンドリアを増強するシグナル分子の

役目を担っていると仮説を立てて目下検証中」

※ ここまで会話内容






※ ここから一人語り。

ミトコンドリアは環境に適応して進化する、

という事は適切な環境をミトコンドリアに与えれば

望み通りのミトコンドリアが手に入る可能性がある。

では寒冷地適応の熱産生に特化したホットミトコンドリアが

欲しい場合は寒冷地に住めばいいのか、また

熱帯適応のATP増産タイプのアスリートミトコンドリアを

手に入れるためには熱帯地方に住むのが適切か、と言うと

これはもう少し吟味が必要という気がする。

なぜなら環境適応でミトコンドリアに変異進化を促すには

自然な流れを見るなら何百年か、何十世代という

時間の厚みが必要だろうから。



それでとりあえずホットミトコンドリアや

アスリートミトコンドリアなどの

お好みスペック・トッピング・メガ盛りミトコンドリア(スタバじゃねーっつーの 笑)は

手に入らないかもしれないが、次善策として

スペックの仕分けは無理だとしても

機能や数を底上げするというミトコンドリアの増強、

ミトコンドリアのパワーアップ、

ミトコンドリアのアップグレードの方法なら分かっている事がある。


ミトコンドリアは、一酸化窒素、グレリン、

ナトリウム利尿ペプチド、乳酸の4分子で

アップグレードできる。



一酸化窒素は血管拡張ホルモンで皮膚や血管壁に

圧力を加えると産生が促される。

グレリンは空腹時に胃が動くと胃壁から分泌される。

ナトリウム利尿ペプチドは心臓で産生される心臓ホルモンで

運動や入浴で産生が促される。

乳酸は筋肉で言う速筋で主に産生されるが

脳内でも乳酸はよく産生されている。




この長文コメントのオチが

鍼灸師の手前味噌でたいへんに恐縮だが

鍼灸指圧は一酸化窒素の産生を促進できるから

ミトコンドリアのアップグレードをしたい場合は

とても便利というかベスト。

町田のMさん、ドンピシャ、大当たり!



手前味噌だけでは申し訳ないので追加すると

ヨーガや太極拳、柔軟体操なども一酸化窒素やナトリウム利尿ペプチドの

産生を促しミトコンドリアのアップグレードにつながるはず。


腹が減って腹が鳴ったらグレリンが出た証拠、

腹が鳴ったらミトコンドリアのアップグレード。



筋肉凝ったら、めっけもん。

凝りの乳酸、宝の山。

ほぐせばミトコンドリアの泉わく。




結論、人体には必要なものは全て揃っている。

はい、やっとオオトラさんの名言に辿り着いた、

いや〜、長かった 笑


326:出世外人 :

2019/12/29 (Sun) 20:52:12

host:*.bbtec.net
オオトラ様

>>324

>唯一呼吸が 自律神経に自分の意志で働き掛ける事が出来る事を 発見した先人の凄さが光りますね

なるほど・・・・

呼吸を通じて自律神経に働き掛けることができるということは、潜在意識への入り口にもなりうるということで、

瞑想法は様々ありますが、シンプル極まりないヴィパッサナーが究極的である所以ですね・・・

大変なヒントを頂きました。
325:ハリー今村 :

2019/12/29 (Sun) 13:59:28

host:*.spmode.ne.jp


オオトラさんへ

全く仰る通りです。

全て本来は備わっている。

自律神経系への着目、これもシンクロです。

そのへん、またやりましょう。

本日、仕事納め多忙につき。

324:オオトラ :

2019/12/29 (Sun) 09:24:32

host:*.dion.ne.jp
ハリーさん 人の体には必要な機能は総て揃って居ます 他人との競争っーか無意味な価値観が

機能不全の原因です まぁ心の病が体に出るだけとも見えます 高次身体よりも 表層 中層

深層の身体に 注目すべきとわしは思ってって居ます 総てフラクタル構造ですので明確な分離は

出来ませんが(意味が無い)別に小出しをする心算は無いが今現在の治療技術は総て 表層の身体向け

と思って居ます 気功 ヨーガを含め 東洋医学が自律神経の調整正常化が目的て 唯一呼吸が

自律神経に自分の意志で働き掛ける事が出来る事を 発見した先人の凄さが光りますね

そして 自律神経に意識の拡大で働き掛ける範囲の拡大を目指した方々の努力も又凄いです

話は変わりますが 座骨神経の痛みの原因は 骨盤周辺の総てが 関係しますで 一番傷みやすい

処は 骨盤の上部とアバラ骨の間に有る 脊柱に沿った 筋肉の硬結ですね 尻では有りません

座骨神経痛は 身体の左右何方かに出易いのですが 多分両方の筋肉の 硬結度合いの違いが

症状発現の違いとなって居ると思います チャクラで言うと マニプラーで 脊髄中心部で出ます

まぁ 最近の全部の自律神経正常化の 技法は自身で解明を進めて居ますが中々面白いです
323:ハリー今村 :

2019/12/29 (Sun) 06:28:56

host:*.tokai.or.jp


昨日の午前に東京の町田市のMさんが久しぶりに来院された。

飯山さんが昨年の夏頃に私の事を、てげてげ、で紹介し、

それをみて今年の5月に初来院し、昨日が4度目。



Mさんは内部被曝の影響で発生したとみられる心臓系の

突発的症状を経験し、その症状を再発させないために

当院に通い始めた。



セシウムはご存知のようにカリウムと置換されて

筋肉中に取り込まれる。その筋肉の中でも

特に心筋への影響がよく指摘される。

セシウム、ストロンチウム、それぞれ特異的な臓器親和性があるが、

ほぼ全ての組織器官、全身に影響がある。

単なる腰痛、肩凝り、にも内部被曝が影響しているケースは

相当にあるとみている。



Mさんが昨日の指圧中にミトコンドリアについて質問された時に

答えたのだが、内部被曝で傷つくのがミトコンドリア。

ミトコンドリアが傷つくとエネルギーと体温の産生が出来なくなる。

これがブラブラ病の一因で、ミトコンドリアはホルモン産生も

しているのでホルモンもうまくいかなくなり、

鎮痛ホルモンが低下すれば線維筋痛症のような症状にもなると

予想している。



鍼灸指圧は一酸化窒素の産生を促進し、

血流を増し、ミトコンドリアを活性化できる。

Mさんの体は治療後にはいつも柔らかくなり、

御本人も、体が軽くなった、と紅潮した顔で帰路につく。



ヨーガ、柔軟体操、なんでもいいが、

血流を確保しミトコンドリアを活性化する事は

きょうびの健康を維持する上で重要。


322:ハリー今村 :

2019/12/28 (Sat) 22:05:47

host:*.tokai.or.jp


猿都瑠さんへ

ギックリ腰はむしろ若い者ほどなる、

と私なんかは捉えてます。

若者は若さゆえに無理がきき、

自分の筋肉疲労の自覚が無い。

それでコチコチの腰の筋群で

無理に動こうとし、

あるいは咳やクシャミの衝撃で、

あるいは屈もうとして、

あるいは振り向きざま腰をひねって、

グキッ、イッテー、となる。

ギックリ腰は早い話が腰椎周囲の筋群の捻挫、

悪くすると腰椎の椎間板辺りまで痛めて

のちのち坐骨神経痛の後遺症で苦しむ。

また治っても癖が付いて再発頻度が高い。

腰部筋群の血行を徹底的に上げて、

脊柱、股関節、膝関節、足関節、の関節全てを

柔軟に動くようにすれば、ギックリ腰の癖は改善されて、

再発予防になるはず。

鍼治療なら連続して3日間、続けて治療すれば

相当の鎮痛効果が出る。

腕のいい鍼灸師ならギックリ腰を速攻で治す腕を

もっているのは全国区では相当にいる。

でも、ヨーガも効くでしょうね。

板金屋の息子が証明してくれたから 笑





321:猿都瑠 :

2019/12/28 (Sat) 20:19:39

host:*.au-net.ne.jp
今村さん、こんばんは。

ぎっくり腰、弟が三度ほどなってるんですね。

自分も駆け込んだ整形外科の先生に言われた一言。

若い者がここに何度も来てるのとちゃうわ。

自分の住んでる界隈には迷医が多いのか。

内科の先生もいるのですが、風邪を引いたヤンキーに一言。

勉強のし過ぎやな!

ヤンキーは教室で言うんですね、あんなこと言いやがって、藪医者や!と。


ヨガの呼吸の最初、合掌してお腹の上に置くんですね。

普段の生活を続けていると、呼吸や自分の身体を省みてる時間は本当に無いんですね。

なので、自分の身体の為に自分だけの為に使える大切な時間、自分はそう言ったんですね。

次回からその言葉が先生の方から聞かれるようになる(笑)

移動の電車でも次の駅までの数分すら立ってられない自信があるので、一目散に空いてる座席に向かう。

いやいやあんな経験は御免ですから。

確かに高次な意識も必要ではありますが、常時ある痛みを考えると言ってられないw

亀さんがヨガをやってると聞いてなければ、ヨガも素通りだったでしょう。

亀さんの言う、神計らい。
320:ハリー今村 :

2019/12/28 (Sat) 19:45:33

host:*.tokai.or.jp



猿都瑠さんへ

はじめまして。

うちの常連クライアントの板金屋の頭領が言うに

その息子さんが、ギックリ腰やって完治せずに

嫁さんが教えた町のカルチャースクールで

ヨーガやったら治ったと報告。

それ俺に言うか 笑



オオトラさんへ

な〜る、どうもあの身体モデルは

線形的過ぎるとは感じてました。

いつもたいへんに面白く勉強になります。



suyapさんへ

鎖骨の窪みも凄く効きますし、

肩甲骨の表面にへばりついている凝り、

これを温めると亀の甲羅みたいな僧帽筋がホカホカ。

温灸の棒を使えば背面にもうまく熱照射面が当たるはず。

まあ匂いは人によっては苦手でしょうね。

自分はすでにあの匂いがしみ込んで

温灸の燻製です 笑


319:suyap :

2019/12/28 (Sat) 19:16:01

host:5.62.22.59

>>316 ハリー今村さん、

ありがとうございます。

「肩甲骨のお盆の凹み」って、鎖骨のくぼみのことでしょうか?
実は施術していただいたのと同じ温灸器を買ったのですが、なにせ
臭いと灰の処理が面倒なので、あまり活躍していません。

ペットボトル温水器で早速あたためてみたいと思います。


318:オオトラ :

2019/12/28 (Sat) 19:08:42

host:*.dion.ne.jp
ハリーさん 粗大体は高次身体でも何でもないのです人の病気に関しては 物質肉体と其処に

エネルギーを降ろす 肉体っー存在があります なんでエーテル体が出てくるのか 判りかねます

チャクラのエネルギーの繋がりは 経脈 経絡 脈絡 井穴の順で流れます で何処のチャクラ

チャクラは 四種類あります 体外 体表 神経叢 脊髄 です この総てのチャクラに ムーラダーラ

から サハスラーラまで存在します これを フラクタル構造としていますが 働きは其々違い

ますが すべてリンクしていますので 複雑 怪奇 なのですね この姿を知る事は事実上不可能

でので 単品の不調を取り上げてソコからリンク先を探すとか まぁ大変なのですが 馴れれば

まぁ何とかなるかな? 西洋人には唯物論が深くしみ込んでますから?序に書くと エーテル体は

いくつも有ります どこのエーテル体の事かも判らないでしょうね 後もう一つ 合掌を組んで

呼吸の変化を見るっー初歩の 気感のことですが 合掌を解き片手にすると 呼吸の変化は起きません

こんな簡単に確認する事さえ知らずにヨーガの講師を目指すって やっぱりアンポンタンです

悪口では有りません

317:猿都瑠 :

2019/12/28 (Sat) 18:46:18

host:*.au-net.ne.jp
ヨガ歴半年です(笑)

職業病というか、重い荷物を持っての移動の繰り返し、気が付けば臀部の激痛で普通に立っているのが1分も持たない。

とにかく薬を出さない地元の整形外科に行っても、湿布を出されて腰痛体操の紙を渡されて終わり。

2週に一度は湯治に出かけたものの、改善される事は全くない。

ところが湯治先でヨガのインストラクターと出会った。

偶然なんてものはない、この世の中では必然しかない。

少々迷ったが、何となくしか知らないヨガに初挑戦。

西原先生の著作とかは読んでるのと、一般よりも病気云々は知ってる(つもり)なので、話を聞いてると分かってるやん。

えぇ、一番は綺麗な先生だからってのもありますが(大笑)

ヨガは呼吸+ストレッチと教わります。

呼吸が重要、ストレッチはその次と。

腹式呼吸は吹奏楽部出身、水泳もやってたので、クリア。

ところがいつまでも若かりし頃で止まったまんまの自分の筋肉はガチガチ。

自分より年配者の方々よりも硬い。手首近くまで前屈出来たのが膝と足首の間で止まってしまうw

ともかくこのままではいずれ先が見えてしまっていると。

実はヨガと出会う前、全国的に展開している接骨院の先生と知り合いなので診て貰った。

股関節が傷んでるねと。でもその先生の診立ては違うと直感。

臀部の筋肉のいずれかが張ってる筈だと。

辿り着いた病名wは、坐骨神経痛。梨状筋が影響していると判断。

でも臀部の奥の方の筋肉なので、表層部から徐々に中の筋肉をほぐしていくようで。

ヨガが終わった後の頭の上から抜けるような爽快感、ストレスが抜けて行く。

自分の身体が歪んでいるのは実感していたので、それが少しずつ補正されていく。

そこで感じる、いや骨や関節、筋肉を元通りに持って行く事で、最適化された身体を目指していく事で、健康体wに向かっていくんだろうなと。

一般的な人間よりも言葉遣いは豊富なようなので、何気なく自分が呟いたことを、インストラクターの先生が次回に言ってたりしてにんまりもしつつ。

腰痛体操なんてのも、結局見ればヨガのポーズの焼き直し。

あの初心者的な部分だけで治ればここまでは傷んでない。

堅い身体では疲労がすぐ溜まり、ほぐされて柔らかく可動域の広がった身体では疲労が溜まりにくくなっているのを実感。

自分より遥かに若い先生ではあるけれども、引き出しの多さには舌を巻くレベルなので。

そこにプラスして、ヨガの書籍で知識を経て、超古神道に則り太陽に向かって天照大御神を感じる。

身体を冷やさず小食、と行きたい所ですが、ここが難しい。

温かいビールを飲めますかいなw
316:ハリー今村 :

2019/12/28 (Sat) 18:26:18

host:*.spmode.ne.jp


suyapさんへ

潜水と医療に関する詳しい解説を

まことにありがとうございます。

本当に適当に潜水病みたいなザックリとしたくくりで

みていたので、ここで教えて頂いて、

よそで恥をかかないで済みました。

名患者ナンバー2の兄ちゃんには

潜水に関する医学は既にかなり調べられていると

聞いていました。

水中写真の第一人者、中村さんでしたか、

彼は新聞記事でお灸治療の愛好家と自称してました。

お灸も一酸化窒素の産生を促進します。

肩の痛み、辛いですね。

肩甲骨のお盆の凹み、全部温めると

僧帽筋全体も温まりますよ。




315:suyap :

2019/12/28 (Sat) 17:24:17

host:5.62.22.59

>>308 ハリー今村さん、

潜り屋とサイナスの問題は減圧症(いわゆる潜水病)とはちょっと違って
おりまして、水深ごとに変化する水圧との圧平衡を、日ごろは開放されて
いるサイナスは自然にやってくれます。が、風邪とか蓄膿とか花粉症とか
で炎症があって自由に空気が行き来できない(鼻づまり)があると、とく
に浮上してからもサイナス内が+圧になって充血するんですね。

たぶん顔面部への施術で血行が改善されて腫れが引き、通りが良くなるの
でしょうね。

もうひとつ指摘されていた窒素の件ですが、圧力環境下では大気圧下より
余分な窒素(N2)が呼吸と血流を通して身体各部に吸収されます。それを
気泡化(炭酸飲料の栓を抜いた状態)させないように暴露時間と暴露圧か
ら計算したテーブルにしたがって潜り、浮上速度にも気をつけて防ぐので
すが、それに失敗した奨励が減圧症です。

減圧症を発症してしまったら、施設が近くにあれば物理的にもう一度圧力
をかけて気泡化した窒素を体内で小さくし、血流に乗せて排出するという
のがオーソドックスな治療です。それにいたるまでに純酸素の吸入、補液、
医者がいれば、いわゆる血液をさらさらにするオクスリ(笑)を入れて、
とにかく気泡化した窒素を血液循環⇒内呼吸を通して排出する。

ところが、同じ状況で同じ環境下に晒されていても、減圧症が出る人、出
ない人がほんとうに千差万別で。また症状が出ても、発症部位や回復の機
序がこれまた天国と地獄。実際に、無謀な大深度から緊急浮上した二人の
ダイバーが、ひとりは症状も出ずにケロッとしているのに、もうひとりは
死を迎えたという現場を見ています。

そこで、その違いはどうして出るのかという話ですが、循環器系、呼吸器
系の機能、脂肪組織や骨組織など窒素の排出の遅い組織の量(体型)、
脱水の有無、年齢、etc.いろいろなリスクファクターが挙げられています。

それに加えて、私が実際に見た症例によれば、それぞれが元々疾患を抱え
ていた部位に症状が出やすいということは確実に言えそうです。つまり、
東洋医学的な表現では、血の滞りがある場所に気泡化した窒素が詰まりや
すい(血流が悪いから排出されにくい)。

そこでハリー今村さんの新説を加えると、

 >鍼灸指圧は一酸化窒素の産生を誘導する。
 >この一酸化窒素は血管拡張ホルモンですが、
 >血管拡張作用に引っ張られ、
 >潜水病の原因になる窒素ガスの排出が促進される

物理的な再圧チャンバーのトリートメントを繰り返しても、一度血流が詰
まって壊死しかけた組織はなかなか元通りにはなりません。そんなときに
有効かと思います。

将来は上記の機序がなんらかで興味を持たれて、チャンバー内での鍼灸指
圧(おっと、高濃度酸素環境下なので灸は使えませんが)が行えれば良い
ですね。

最近、両肩が上がりにくくなり、ヨガの失敗か、五十肩か、はたまた減圧
症のマイルドケース(無菌性骨壊死)かとボーっと考えているところです^^
314:ハリー今村 :

2019/12/28 (Sat) 16:28:37

host:*.spmode.ne.jp


オオトラさんへ

脱走中の本にはエーテル体と肉体をつなぐ経路が

東洋医学の経絡に相当する、みたいな事が書かれていたような。

ゆえにエーテル体より上位の高次身体には経絡を介して働きかけ

治療する、とかなんとか。

ちょっとうろ覚えなんですが、この辺の分析理解はまた

オオトラさんの手の内とは違ってくるのかどうか。


喘息は西洋医学ではそれほど簡単にはなおせませんよ。

ほぼ1回でって、コリャ、また、ビックリ!


カメラアイ、確か内田樹さんが一時期、高校生の時に

その状態になって学校の黒板に書かれた事や

教科書の何ページのあそこに書いてあった事など

一度見たものは大体脳内メモリーから

読みだせた、という話しを養老孟司さんに

言うと、その状態がずっと続いてたら危なかったよ、

なんて対談してましたね。



でも本来はカメラアイくらいの能力は人間に備わっているんでしょう。

こういう能力も含めてDNAの潜在能力は本当はもっともっと

あるんだけど、DNAの機能を低下させて色んな機能をオフに

してしまう情報操作、有害分子、有害波動により

私たちのスペックが制限されて健康度も落ちてる、

というところでは。


313:オオトラ :

2019/12/28 (Sat) 15:32:49

host:*.dion.ne.jp
ハリーさん 喘息の八割方が エーテル身体の破損です 修復を意識しながら気送るだけで 普通

一回の施術で治りますっーか 癒し完了です 個の場合 エーテル体とエーテル身体の違いに注意

発疹なんかは このケースが多い様です そして前に書いた 鯨女の事ですが 我が家の変人に

聴いたら 二回程施術をした筈だとさ 覚えてねーょ そうだ 家の変人は カメラアイですた

車のナンバーとかその他は思い出すとアップが効くそえです 頭の中どうなってるのか不思議です

そして 骨への打診ですが 腰痛の場合骨盤周辺 恥骨 仙骨と 危ない部分に満遍なく手を添えて

その手を別の手で叩くっー今なら 即エロとか変態とか大騒ぎでよね わしの場合は 心頭滅却 心

此処にあらずでしたが 一回 キャバ嬢がボインボインのクセに タンクトップのホットパンツで

来やがって 鉄壁の平常心と心で唱えた事が有りました 後奈良のクライアントが 霊能者でシンボル

ホル 霊気の技法を読まれた事に気付き 読んだ?ったらにヤ~と笑い 読んだと言いましたけど

霊能と身体不良の改善は無関係かな その人は人の死が判ると言ってました 風も無いのにカーテン

や ブラインドが揺れたりで あぁ此の人もう直ぐか?って判るそうです
312:ghhhhfhff :

2019/12/28 (Sat) 14:50:12

host:185.220.101.75
ttps://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12249030107.html
安倍晋三首相が、トランプ大統領に、取り入るために、
明日11日(アメリカでは10日)に、持って行く日本からの資金は、
なんと4500億ドル(51兆円)だそうだ。vvxvvxv
311:ハリー今村 :

2019/12/28 (Sat) 14:35:33

host:*.spmode.ne.jp


オオトラさんへ

相変わらずに、かなり、オモロイです 笑

探してる本は、やたらと分厚くて

見た瞬間に読む気が失せる難物なんで、

その想いが本に伝わり脱走した模様。

オオトラさんが御紹介下さったものとは違いますが、

この本も図解部分がとてもいいですよ。

リチャード・ガーバー著のバイブレーショナルメディスンの日本語版です。


気功もヨーガもカルチャースクールのおば様向きに

なんちゃって仕様に一般化して普及するから、

ガチなプロ仕様を欲する向きには

なかなか本物と出会えない状況ですね。


医者の不養生、紺屋の白袴、とは

よく言ったもので、医療者自身のセルフケアは

もっと問題にしていい案件と私も思います。

ちなみに私は自分で自分に鍼灸指圧しますよ。

その感触をまたクライアントに術としてフィードバックして、

技のレパートリーを増やしています。


西原博士の臨床例にも冷たい物中毒をやめないと

その症状は改善しないと忠告しても、

へ馬鹿にしてやめられず、結果、治らずじまい、の

エピソードが出てきます。

碩学俊英の名医のアドバイスすら聞かんのだから、

私の言う事など聞くわけがない 笑

いちおう生活指導みたいな事をアドバイスする事も

ありますがね。実践してるかどうかは不明。

でも、いつぞや、茨城県から車で3時間以上ゆうにかけて

来院してくれた女性は、私の昔のブログをよく読み込んで

冷たい物は一切口にしない、を守ってるせいか、

風邪もひかず、今のところ健康だ、と報告してくれました。

こういうクライアントさんに巡り合うと救われますね。



310:オオトラ :

2019/12/28 (Sat) 12:32:14

host:*.dion.ne.jp
ハリーさん 前に書いたトラックの運ちゃん 体の痛みが無く成ったと間では聞いて居たが

最近上げた筈の 波動がどんどん下がって居る 同時に遠隔した 叔母ちゃん 上がった侭で

波動値は維持して居るので 他人を通して聞いたら 体の痛みが無く成って バリバリ働いてる

ってさ 前にも ぎっくり腰で動けなく成った人が 痛みが取れたら 明日ゴルフに言って良いか?

っー人が居た 以後呼ばれても行かなかった 馬鹿は死ななきゃ治らないっーの
309:オオトラ :

2019/12/28 (Sat) 11:54:54

host:*.dion.ne.jp
ハリーさん お探しの本は 「魂の科学」でしょうか?此れが一番 具体的な説明の本と思います

扉の 図解が 秀逸です 現在のわしの技法の 大元は インドのバッタチャリァ博士の書いた

宝石光線療法っー本です わしも色々技術は習得しましたが 自身に自分が施術出来ないー大問題

が有ります ハリーさんも自身に針 灸 マッサージ が出来ますか? 現在は自身の全身像の

写真で 何でも出来ます ヨーガは詳しくは有りませんが 現在の日本の ヨーガ は出鱈目とは

知って居ます 健康な人が出来る 柔軟体操てす 気功でも 静功と動功が有りますが 遣っ見ると

精功が遥かに難しく 退屈に感じます 動功は 如何にも遣って居る感が有りますが?

ヨーガの眼目は 身体の不調や病気の原因を バータ(乾燥) ピッタ(熱) カファ(粘性)の性質の

エネルギーの過剰と不足 と見て居ると解釈して居ます で 療法としての アーユルベーダが

有ります 例に漏れず 商業ベースの施設が多いとか わしは実態は知りませんが 以前日本人の

女性が イギリスに ヨーガ留学して居るっー人とメールで話したら アンポンタンの人でした

次はインドに行って箔付けて 日本でヨーガの インストラクターに成るそうな 片手でムドラー

組んで チャクラが動くとか まぁチャクラ感覚ゼロで 好きにしたらと 呆れ返った記憶が有る

チャクラ感覚の無い 又は 気感の無い人が 何をする気なのか 理解不能でした 知らんけど
308:ハリー今村 :

2019/12/28 (Sat) 09:12:11

host:*.spmode.ne.jp


suyap さんへ

当院の名患者ナンバー2は

人懐っこい、気だてのいい兄ちゃんです 笑


潜水病には体内の窒素が絡む。

これでピンと来るものがあり。

鍼灸指圧は一酸化窒素の産生を誘導する。

この一酸化窒素は血管拡張ホルモンですが、

血管拡張作用に引っ張られ、

潜水病の原因になる窒素ガスの排出が促進される

なんて事が起こっていれば、と。

細かい機序がどう作用しているのかは

臨床レベルではわかりませんが。

効けば良し、が現場なので。


高次身体の詳細が解説されたあの本が

どっかいっちゃった 笑

今探してるところ。

ヨーガ関連を知悉しているのはオオトラさん。

また爆笑講義、頼んます 。






307:suyap :

2019/12/28 (Sat) 08:54:06

host:5.62.22.146

>>304 ハリー今村さん、

素敵な写真を撮っておられる方ですね。
http://naturescene.jp/index.php

80年代に伊豆をフィールドにしておられたのなら、
どこかでお見かけしてたかも^^

サイナスの問題は我々潜り屋の職業病でして...
あ~気軽に行ける距離に住んでいたらなあ。。。

306:ハリー今村 :

2019/12/28 (Sat) 06:32:40

host:*.tokai.or.jp


出世外人さんへ


深謀遠慮のご配慮、まことにありがとうございます。

私個人がディスられるのはいいのですが、

鍼灸界全体がそれでイメージダウンしては

先達に申し訳ないので、ひとこと申し上げた次第です。



そうですか、西原克成博士と面識があるのですね。

凄いっすね!

西原博士の著・究極の免疫力、の中の一節は

何度も何度も引用し、反芻し、吟味し、

自分の血肉と化し、治病観の根底になった、

まさに人生を変えたバイブルです。

その本の中になぜ温熱が身体にいいのか?

なぜガン細胞内の潰れたミトコンドリアが

温熱で復活して蘇るのか?

その一節では数センチ以内の固形癌が

温熱で自然治癒するメカニズムが解説されています。

この一節にさらに私が発掘した情報を追加し、

より精度を上げたものをここでも発信しているつもりです。



今回の1年以上のブランク明けの投稿の皮切りに挙げた

中国科学院が発見した発熱38.5度が

ヒートショックプロテインHSP90を誘導し

リンパ球の免疫力を最大に引き上げるというアレは

西原博士のあの著書の一節にさらに説得力を持たせる

最強の補強エビデンス、と思い先行して公開しました。



温熱が身体にいい、と漠然と言っても、

ではなぜ温熱が身体にいいのか、の体内での機序が

あまり説明されない。これでは説得力に欠ける。

数センチ以内の固形癌が発熱が続くと消えるというエビデンス。

発熱38.5度でヒートショックプロテインHSP90が誘導され

リンパ球の免疫力が最大限に発揮されるというエビデンス。

この二つのエビデンスが揃う事で温熱治療において

どのように温熱を加えればいいのかの明確な指針が

立てられるようになった。

個人的には相当に画期的な発見です。

その具体的なメソッドも既に述べました。



長文コメになってしまいますので一旦ここで引き取りますが。

西原博士は鍼灸業界の全国学術大会で講演をされた事がある。

私はまだその時は鍼灸師になっていなかったので

拝聴できませんでしたが、講演録を読んだ記憶があります。

その講演録に解剖学と整合性の無い架空の臓腑経絡系の三焦系が

細網内皮系に相当するのでは、という西原博士独自の見解が

述べられていて面白かったです。

また西原博士の他書には気功にも言及した箇所があります。

「内臓が生み出す心」だったか。

あっ、そう言えば、あの本もバイブル 笑



305:出世外人 :

2019/12/28 (Sat) 01:50:27

host:*.bbtec.net

ハリー今村さん

>>302

>だから超有名鍼灸師クラスと私では

>身体観も何もかも違う。


>私の意見はあくまで浅学非才な私個人の浅知恵と

>少ない経験値だけが根拠なので、

>その事を十分にお含み頂けますように

>お願い申し上げます。


ハリーさんが「浅学非才」などとはゆめゆめ思いませんが、その意図されるところ、よく心得ております(おそらくほとんどの読者諸氏も)。

それにしても、飯山先生がつけた当スレのタイトル、

「有益そうな健康法を語るスレ」

のさりげなく深い意味を、サーパリ理解しない輩が出没するのは困ったものですね。

「有益な健康法」ではなく、あくまで「有益そうな健康法」。

そもそも体質も生活環境も人生観も人それぞれ違うわけですから、万人に対して絶対的な健康法なんてありえないんですよね。

「有益そうな健康法」の情報を持ち寄って、各人が自分に適当と思えるものと試してみればよいだけでしょう。

もっとも、これもハリーさんがとっくにご指摘の通り。

http://grnba.bbs.fc2bbs.net/reply/15507578/1000/

ハリーさんは大人のご対応ですね。


>>301

>ただ、東洋医学の置かれている現代日本は

>現代医学のみを信奉する非常に強力な洗脳、

>ほぼ思想統制に近い同調圧力の渦中にあり、

>ちょっとでも東洋医学の効用を説くだけで

>アンチがワラワラと湧いてくる現実があります。

医療も原子力や農薬と共通の問題と思いますが、お金・利権・産業の肥大化というのは、人間を狂わせますね。

言い方は良くないのですが、やっぱりおかしくなっている医療関係者は・・・・かなり、多いですね。

ただ、鍼灸、整体、内科、外科、精神科、歯科・口腔科と、各分野で探せば名医・良医という方は確かにいらっしゃると思います。

こうした良医・上医の方は、東洋医学・西洋医学を問わず、患者を全体的に洞察して、的確な最小限の手立てで、最大限の治癒効果を引き出す点で共通しているんじゃないでしょうか。

(西原克成先生などはその典型ではないでしょうか。過去にちょっとした経緯があり、先生から著書を頂いたり、研究会を傍聴させていただいたことがあります。)


>こうした東洋医学すら認めないマインドが多数を

>占める中で、さらにハードルが上がる高次身体を

>素直に受け入れる事ができるのか?

高次身体に関する科学が最も進んでいるのは、おそらくインドのヨーガで、そうした書籍類を(内容はさっぱり分かりませんが)パラパラと見たことがあるのですが、とにかく壮大な体系に圧倒されます。

インドではこのヨーガの科学をマスターするために、何生もの献身的な研鑽を前提にしているそうですが、はやり当然という感じがします。

一方、日本という国・文化も奥行き・底力があり、西原先生(「意識は質量のない物質である」という見解は、高次身体論への突破口ではないでしょうか)をはじめ、高次身体に関わるユニークな研究がありますね。

この辺も追々、話題にさせていただけたらと思います。

ハリーさん、オオトラさんの文字通り、「切れば血の出るような」臨床経験に基づくお話、非常に楽しみにしております。
304:ハリー今村 :

2019/12/27 (Fri) 21:57:45

host:*.tokai.or.jp


堺のおっさんへ

その名言、

せめてなりたや名患者、に

座布団十枚 笑



実際に名患者から学ぶ事は多々あります。

ある高齢の男性クライアント。

若い頃に小便にドバッと血が出て、

病院に行ったら腎臓を1個取らなければ、と

医者に言われたが、盲人の鍼医の所に行って

診てもらうと、腎臓1個取るなんてとんでもない、

俺の鍼に通えば治る、と言われそれを信じて

結局、腎臓を取らず50年以上経過した今もピンピン。

この男性、実は疲労が溜まったりすると今でも

小便に血が混じるんだけど、その都度、鍼治療して

体調をキープしている。若い頃に世話になった盲目の鍼医も

他界し、似たような技の鍼医を転々とし、

ご縁があって今は私の常連クライアント。

このクライアントさんには彼が若い頃に受けた鍼医の術や

哲学、やり方、言った言葉の数々など教えて頂いた。

こういう患者を介した子弟の情報伝達があるんですね。

もちろんこの男性クライアント、

うちの名患者ナンバーワンにランクイン。



今朝来た親戚筋の常連さんも名患者。

彼は水中写真のプロで、よく海に潜る。

ダイビング用品を装備すると、地上では

重く腰に来る。また彼はウミガメの産卵の撮影を

専門にしていて子供用のウミガメの写真絵本も出版されるキャリア。

アカウミガメのみならず、タコとイカの一生を追った2冊の

写真絵本も今年同時に上梓した。自分もその本を頂いて見たけど

海中の生命サイクルの素晴らしさ、健気さに感動しました。

で、ウミガメの産卵撮影では写真機材を抱えて夜の浜辺を歩く。

これも腰に来る。年に必ず1、2回やっていたギックリ腰が、

当院に通いだしてから全く起きなくなった。

前頭部への鍼治療でダイビングの後に鼻腔の奥が

重くなる症状も消失。ついでにこの鍼で花粉症が完治。

もともとは整形外科に2年以上通って治らなかった五十肩を

治したくてウチに通いだして、5回ほどの鍼治療で

五十肩は治ってしまったが、そこで通うのをやめずに、

月に2、3回、必ずメンテナンスで当院に通って

鍼治療と指圧を続けているのが名患者たる所以。

ウチの名患者列伝の第2位はこれで確定。



名言と言えば昭和の名灸師、

噺家の立川志らくのおじいちゃんの

深谷伊三郎の言葉に、

「ツボが治すではなくツボで治す」

がある。この言葉の真意がわからないと

いい治療は出来ない。


先に触れた末期の膵臓癌の患者を2年以上延命させた

鍼治療のツボもごくごく当たり前のツボ。

でもそのツボを使いそのツボの底の生命力を

汲み上げ引き出したのがその超有名鍼灸師の腕。

これがつまりツボが治したのではなく

ツボで治すの極み。


303:堺のおっさん:

2019/12/27 (Fri) 19:43:22

host:*.enabler.ne.jp

今村さん、オオトラさんの対話を読んでいて思ったこと。

世に名医と言うものがあるなら、せめてなりたや名患者。

三国志の受け売りです。(笑)
302:ハリー今村 :

2019/12/27 (Fri) 08:32:35

host:*.spmode.ne.jp



鍼灸業界の超有名鍼灸師クラスにおいては

末期の膵臓癌で医師が外科処置をしたが

手に負えず余命は幾ばくかというクライアントを、

引き取り鍼治療をしながら、大学病院で経過データを

全て残しながら、2年以上も延命というケースもある。


私はもちろんこういう超有名クラスではないので

そうした実例は獲得していない。

だから超有名鍼灸師クラスと私では

身体観も何もかも違う。


私の意見はあくまで浅学非才な私個人の浅知恵と

少ない経験値だけが根拠なので、

その事を十分にお含み頂けますように

お願い申し上げます。


301:ハリー今村 :

2019/12/27 (Fri) 04:12:31

host:*.tokai.or.jp


出世外人さんへ

全く仰る通りです。

高次身体を認める医学と、

そうでない医学では身体観、

死生観すら変わってきます。

それだけでなく、そもそも医療そのものが

根底から変化します。



出世外人さんが既に指摘されたように

肉体のみの問題ならば物理的処置で済みますが、

高次身体の影響が肉体に投射されたものは

高次身体に働きかける療法でなければ治せません。



ただ、東洋医学の置かれている現代日本は

現代医学のみを信奉する非常に強力な洗脳、

ほぼ思想統制に近い同調圧力の渦中にあり、

ちょっとでも東洋医学の効用を説くだけで

アンチがワラワラと湧いてくる現実があります。

多勢に無勢。



こうした東洋医学すら認めないマインドが多数を

占める中で、さらにハードルが上がる高次身体を

素直に受け入れる事ができるのか?


なかなか難しい問題ですね。


300:出世外人 :

2019/12/27 (Fri) 00:41:18

host:*.bbtec.net

ハリー今村さん オオトラさん

話が深い方に入っています・・・。

末期の癌患者に対しても、医療機関では手術、抗がん剤、放射線治療など手を尽くそうとしますが・・・・結果としてみればこれらも、患者本人に対しては死に行く恐怖を和らげるための、家族に対しては患者の死を納得させるための「儀式」のような感じです。

率直に言って、末期癌のような助かりようのない状況では、「若年だろうと高齢だろうと、人間は死ぬ時は死ぬ」という「明らめ(「諦め」でなく)」というか「覚悟」が一番頼みになる気がします。

観念でなく実感として「人間は死ぬ」ということが分かるというのは相当大変なことですが、高次身体への気づきというのは、実はこの辺の実感が深く関わっている気がします。
299:ハリー今村 :

2019/12/26 (Thu) 22:09:12

host:*.tokai.or.jp


際物取扱い所と言えば、

自分も立て続けに癌の進行したクライアントを

みた時期がありました。

膀胱癌の末期の高齢男性の腰に鍼を打った時、

鍼を打つ右手を支える左手の押手の患者の

皮膚に触れた小指側の部分から

氷のようなとてつもない冷気が伝わってきて、

こちらの体温が急速に奪われてガタガタ震えた経験、

また膵臓癌の末期の高齢女性の僧帽筋群のあまりの硬さに

指圧する指先がなんとも言えぬ感触を得た経験、

癌の末期には皮膚体壁に想像を絶する冷気と硬さが出現する。

これが手当てでしか獲得できない癌のエビデンス。

はっきり言ってここまで進行していると

もちろんどうにもならない。

だけどそれでもその患者たちは鍼や指圧を

気持ちいいと喜んでくれる。

体壁に温もりと柔らかさがあるうちに

手当てができれば可能性はある。





298:モーレアの風 :

2019/12/26 (Thu) 19:57:09

host:*.bbtec.net

 今度は糖質制限やクエン酸の言葉の入った>>254が検索ツールの総合ガイド案内に! さすがにわかる方が
編集されてるとツイ感心、 健康スレ案内も同じ>>254ですか‥なるほど
 掛け合いの相手がいると便利ですが自分の場合は不要、流れで必要と思う内容を体系の中で位置づけ
ながら相互の関連性を見ていきたいと思います  特にがん予防や対策は膨大な内容になるので整理が
がカンヨーと思う次第
297:ハリー今村 :

2019/12/26 (Thu) 19:20:16

host:*.tokai.or.jp


オオトラさんへ

宗教は皆んなでお題目や念仏唱えたりして

一体感と高揚感で脳内モルヒネが出て集団催眠、

みたいな生理学的に説明できる機序を上手に

利用している感じではありますね。

そこで救われる方がいるなら全否定はできませんが、

ある意味、テクノロジー****、

科学教も似たり寄ったり、じゃね、とも思います。

治病の現場はオオトラさんも十分に承知しているように

常に修羅場というか試験会場。

効かなければ落ちぶれるだけ。


来るときには来るんですよね。

それもオオトラさんの人徳のなせるワザ。





296:オオトラ :

2019/12/26 (Thu) 18:23:17

host:*.dion.ne.jp
ハリーさん わしの知ってる限り 祈祷っーのは余り良いイメージはないですね 宗教はだ

当り前の現象をまやかしに使う事が多いのです 例えばどんな宗教も 合掌で顔の前で祈ります

これは人の身体構造として 呼吸が(吸う方が深くなり横隔膜が緩み 精神の安定とリラックス

状態になる 気功で最初に聞くことです 逆に鳩尾の前で合掌を水平に構えると 吐く息が長く

なり 緊張しますっー当たり前の事 前に書いたがわしは レイキのマスターコースの卒業者で

レイキと言えば京都の鞍馬神社が本山見たいな物 月1で12回以上通うっーことも含め 彼方此方の

神社に通った その時に気づいた事は 神社によってアジュナーチャクラに 気が降りる処と

サハスラーラチャクラに気が降りる処が在る事 アジュナーチャクラは交換神経 サハスラーラは

副交感神経を刺激しますから 不調の場所により改善が見込める事は当然あることと思いますが

石槌山で護摩行に参加して パニック障害を起こした人も居ますからねー なぜそんな事知ってるか

わしの処にもって来られたからですがな わしは際物取り扱い所では 在りませんと声を大にして

叫びたい
295:モーレアの風 :

2019/12/26 (Thu) 16:46:43

host:*.bbtec.net
>>293 関連

 乳酸菌に関しては>>235後半においてもキャンサーネットジャパン編の著書など取り上げ触れました ご参考まで
294:ハリー今村 :

2019/12/26 (Thu) 16:37:11

host:*.spmode.ne.jp


オオトラさんへ

度々のレクチャー、いちいち面白く裨益するところ大です。

そういえば、ふと今思い出したのですが

鍼灸の学校に通っている時、ある先生が、

彼は自宅で鍼灸院をやり、鍼灸学校の先生もされていたんですが、

舞踏病という難病が現代医学でも鍼灸指圧でも治らなくて、

藁をも掴む思いで祈祷をしたら治った、

そんな嘘のような本当があるんだよ、と鍼灸を学ぶ

私たち生徒にヒョッコリと語りかけた姿が脳裏に蘇りました。



このへんの普通の医療では難治でも

どうかすると奇跡的に治癒してしまう症例の中には

期せずして波動が調整されたものもあるのか、どうか。



そういえば横尾忠則さんと対談したオーラが見える医師は、

完全に信じきる、という行為は完全に安心する事に通じ、

自律神経の交感神経系優位から副交感神経優位へと

チェンジを促す事で一時的に自律神経を正常化し、

これが加持祈祷などの信じる事による治癒プロセスに

一役かっている、なんて話しが出てきます。


でも事はそれほど単純ではなく実際はオオトラさんが

仰るように相当に複雑なんでしょうね。



あの変人体質は霊感体質なんですかね。

ちょっとヤバイではないですか 笑

もっとも私は個人的には特に何も感じていないつもりですが。



293:モーレアの風 :

2019/12/26 (Thu) 16:30:56

host:*.bbtec.net
    再び乳酸菌のこと (ガン対策との関連で)

 前回>>287ではワールグルグ効果を中心にエネルギー代謝とガンの関係を大きく概観、復習しました 
今回は>>208で触れた免疫細胞、免疫系とガンの関係、またその際の乳酸菌の持つ意味について
焦点をあてクローズアップしてみたいと思います

 エネルギー代謝は自律神経、内分泌系と直結した最重要項目であり 糖質過剰摂取 → インシュリンの大量分泌
→ 血糖値の急降下 → 生体のストレス反応  →習慣化による身心諸症状  という経路を辿って問題が
拡散、進行します  また気づかずに低血糖症をこじらせているケースが多いことも現代病の特徴でしょう

 乳酸はミトコンドリアでの有酸素系エネルギーー産出が停滞したり拮抗する解糖系でのエネルギー産出が亢進して発生
事情は見てきた所、乳酸の処理にクエン酸が役立つのもミトコンドリアのクエン酸回路というエネルギー産出の歯車を潤滑に
回す潤滑油の役目をするからです

 さて本題の乳酸菌ですが口から摂る乳酸菌の分泌する乳酸は腸内にあっては環境を適度な酸性に保つ役割
を果たしてくれて有害菌の異常な増殖を押さえ腸内細菌バランスの維持に貢献してくれます
疲れの元の無酸素呼吸で発生する乳酸とは体内での機序が違うのです   時々あった放知技へのカチコミはこの
辺の混同でしたw   

 乳酸菌とガンとの関係を見る時、何よりも重要なポイントは>>208でも触れたリンパ球のうちのヘルパーT細胞1型
と2型のバランスです  またまた拮抗関係ですがガン細胞を貪食していく能力はこのTh-1をどれほど賦活でき
るかに大きくかかっていると言っても過言ではないでしょう  

 我々の体内では日々約5千個のガン細胞が生まれていると言われますが、それらはリンパ球のうちのNK細胞が
撃退し消えていますが、このキラー細胞の活性が低下することでガン細胞が増殖するというのが大きく捉えた
免疫からのガン発生、増殖のメカニズムです  

 病院でのガン標準治療の他に医師に広く認識されている代替療法には温熱療法、漢方、リンパ球(免疫)療法などが
ありますが、この免疫療法であるリンパ球療法でNK細胞の活性を中心とした療法の効果が上がらずTh-1,Th-2の
ヘルパーT細胞の活性を中心にした療法に切り替えると非常に効果が上がったというケースが多かったとの報告があります
 
 また安保氏らの自律神経免疫療法でも単にリンパ球を増やすだけでなくTh-1を優位に導くことでさらに効果が出てきた
との症例が多数出てきてその面での工夫が各医師により凝らされているところ

 そして乳酸菌は腸の免疫細胞の中で最高司令官ともいうべきヘルパーT細胞のうち、Th-1を活性化する能力が強く、その
効果は多くの医療機関や研究機関でも確認されているところ   死菌でも免疫活性の効果は同じというのも心強い点ですね
 
に 最後になりましたが免疫細胞である白血球は顆粒球、リンパ球、マクロファージの三種に大別され、ガンの退治に関わる
のはリンパ球とマクロファージです    T細胞やNK細胞に代表されるリンパ球はガン細胞を直接攻撃しますが一方のマクロファージ
は異物の存在を顆粒球やリンパ球に伝え、同時に自らも腫瘍壊死因子と言われるTNFやインターフェロンといった、ガン細胞の増殖を
食い止める物質を放出することが知られています   

 エネルギー代謝から見た糖質過剰の問題性、クエン酸やビタミンB群の必要性、  免疫系から見た乳酸菌の意味と意義などを体系的に
捉える一助となれば幸いです; モーレアの風
292:オオトラ :

2019/12/26 (Thu) 14:18:11

host:*.dion.ne.jp
ハリーさん 抜けが多くて済みません スーリャは副交感神経系の指標です あぁ後わしとこの

変人は わしなど問題に成らない程の 霊感の持ち主です

其れと スーリャとマナスの数値は 免疫力と リンクして居ます まぁ当たり前だけど
291:オオトラ :

2019/12/26 (Thu) 13:50:41

host:*.dion.ne.jp
ハリーさん序にもう少し書きます 波動の上側の波を マナスと呼び 交換神経側の波動の事で

下側の波をスーリャと言います ピーク値が 人で12です 動物は 10かな で此のピーク値に

引き上げる事がわしの施術の目的なのです 但し此の身体のレベルが 表層 中層 深層 に別れ

夫々別々に 波動の操作が必要に成ります超面倒臭いのです この表層 中層 深層は意識で

表すと 顕在 潜在 無意識に 対応して居ます 普通皆さんが 無意識下の云々っーのは此の

最下位の領域から 一歩も出て居ないのです 正確に書けば 顕在意識下の潜在とか無意識とかで

全く何の意味も無い表現が飛び交って居る訳です 昔遣って居た 気功師養成っーのは前に書いた

粗大体の エーテル身体の浄化 覚醒の事です 此れに因り 気の感受性を引きあげ 手からの

気の放出の感覚等が直ぐに実現して居ましたが 多分今は無理っーか 技術は健在なのですが

不幸に成る人続出が怖いわ 基地外に刃物っか 何というか?後 波動の効果は 送って見ピーク

値の変化で判定します
290:ハリー今村 :

2019/12/26 (Thu) 13:38:57

host:*.spmode.ne.jp


オオトラさんへ

そうです、直訳で、波動医学。

もっとも私の知識もアメリカの医師の大著の訳本を

ざっくりと読んだ程度。

西洋医学と東洋医学の融合、これはある種の幻想、

ガス抜きプロパガンダでしょうね。

話が大きくなったけど、

自分に出来るのはベッドサイドの土方のみ。




289:ハリー今村 :

2019/12/26 (Thu) 12:13:48

host:*.spmode.ne.jp


オオトラさんへ

バイブレーショナルメディスンの説明と

オオトラさんのご教示で色々と合点がいきます。

いつもありがとうございます。


288:オオトラ :

2019/12/26 (Thu) 11:09:24

host:*.dion.ne.jp
ハリーさん 所謂パイプレーションメデスンとは 振動する身体っー事ですか?わしは波動と

言ってます 波の様に 詰りプラスの山とマイナスの山の有るエネルギーの動きですね 所謂

交流的な波形です 此の振幅の間で 人は生きて居ます そして三身体が判らないと何も判りません

一番簡単な 分類では 食物鞘(栄養サイクル) 次に 生気鞘(栄養をエネルギーに変換する)

次が 理智鞘 です で 普通食物鞘しか知る事ができません わし等が別の言葉でいう 粗大体

従って 此の身体は 波動が低いのです 中身は 物質肉体 肉体 エーテル体 プラズマ体

エーテルダブルと成ります 来の低位物質肉体が西洋医学の対象で 気 鍼灸 ホメアパシーとか

が 肉体に掠るか如何かっー世界なのです 此れが 病身が何処かの区別が出来るか如何かと言う

事なのです微細体っーのは 生気鞘とかその上の理智鞘の事です さてこの区別が付いても 

どの様な方法で 働き懸けるか全く別の話で誰かが書いて居た 東洋医学と西洋医学の融合何て

夢の又夢で御座います
287:モーレアの風 :

2019/12/26 (Thu) 09:50:10

host:*.bbtec.net
           健康法の要諦とは (ガン対策の観点から)
 
 先日、 九州の変人さんがビタミンCの大量服用で痛風を撃退との記事を投稿されましたが、初耳のこと
であり不十分な感想しか書けませんでした  気になり調べていると痛風ではないにですが安保氏
の著書にワールブルグ効果とブタミンCの関係で触れられていた箇所がありましたのでその部分を
以下に記しておきます  ガンという未だ完全解明には至っていない対象に取り組む際の氏の姿勢共々
見習い参考にしたく思います   研究室に於いてガン化の原因を究明する作業は今後とも重要ですが
家庭や日常生活にあっては既に解明された事柄を踏まえつつ、そのリスクを減らす作業が健康法として先ず
大切な実践事項となります   もちろん糖質の過剰摂取だけが問題だと言っているのではありません
ガンを始めとした種々の生活習慣病や現代病の背景として優先的に考慮していい問題ではと意見を提起
させていただきました  ;モーレアの風

   -----------------------------------------

 
 ビタミンCを血中に大量投与することでガン細胞が死滅するのは、解糖系優位ノガン細胞の性質と大きな
関係があります。
 ビタミンCは、食べ物から摂取した糖を細胞に取り入れる際使われていますが、使用後のビタミンCは酸化
してしまうため、細胞内のミトコンドリアで処理しなければなりません。  しかしガン細胞にはミトコンドリ
アが極端に少ないため、この処理がうまくできないのです。
 つまり、ビタミンCを大量に点滴投与していけば、ガン細胞にのみ酸化物が蓄積していくことになります。
この結果、他の細胞に悪影響を与えることなく、ガンだけを選択的に死滅させることができるわけです。

 ちなみに、ガンのPET検査もじつは、ワールブルグの理論を応用した面があります。
解糖系の刺激で分裂するガン細胞は糖をこのみますから、検査でブドウ糖を体内に摂り入れれば
ガン細胞に自然と集中することになり、正常な細胞との違いがハッキリと現れるわけです。

 その意味でいえば、糖類のとりすぎもガン化をうながす要因であり、食事療法の多くがその摂取を制限
こともうなずけます。 ガン細胞が分裂しやすい状況を作り出す面があるわけです。


286:ハリー今村 :

2019/12/26 (Thu) 06:10:12

host:*.tokai.or.jp


オオトラさん、真面目な話の続き。

グラフィックデザイナーの横尾忠則さんが各界のある意味、変人、

ある意味、超人たちと対談したものを纏めた本に、

ある医師が登場します。元々は外科にいたが

どんなに病巣を切除して取り除いても、

必ずまた同じ患者に別な病症が出現する、

そんな不可解な臨床経験から病気の本体は物質的身体の側に

あるのではなく、別の側、彼曰く、精神、心の側にある、と

結論し、それからは心療内科に移り、患者と一対一で

徹底的に患者の心にある問題を探っていったら、

患者が自分の心の問題を見つけ、心の底からその問題を

解決すると、ポンっと身体の側の病症が

消えていくことを発見した、

という対談記録が掲載されてます。



この医師が言うには

癌は恨みを抑圧すると発症する、

と述べてます。

これをバイブレーショナルメディスン的に解読すれば

エーテル体などの高次身体に恨みの感情の抑圧が災いし、

何らかの損傷、もしくは変異が生じて、

それが物理的身体にまで伝達されてくると

癌となって顕在化する、となるかもしれません。

だからその場合はいくら癌を切り取っても、

高次身体の恨みの抑圧が解除されなければ、

また癌が再発する。


現代医学の物理的医学では心の問題は切り離され、

まして高次身体など眼中に無い。

西洋医学でも東洋医学でも治らず、

あらゆる代替医療をさまよう医療難民が溢れるのも自明。



先の医師も仰っているけど、

人間の本体は感情体であって、

この身体はその感情の受像機に過ぎない、と。

これはオオトラさんが言う気が本体と同義ですよね。



285:ハリー今村 :

2019/12/25 (Wed) 17:22:24

host:*.spmode.ne.jp



オオトラさんへ

真面目な話もいいですね。

漢方の大御所の著書を読んでも

癌を本当に治しきれたと自信を持って言える症例は無い、

と正直に書いている者もある。

自分も何人も癌のクライアントをみました。

仰るように西洋医学と併用、

下手を打つと当然にこちらの責任にされてしまう危険が常。

まして末期なら治療中に不測の事態が起きかねない。

経験を積んだ治療師ほどオオトラさんと同じ心境に達する。

自分が初期の数センチの固形癌がヒートショックプロテインで

自然治癒する例を挙げたのは、

そのレベルなら手の内で可能性があるから。

今から往診で脳梗塞の後遺症の片麻痺のクライアントの患家に

寄ってきますので、これにて。



284:オオトラ :

2019/12/25 (Wed) 17:02:15

host:*.dion.ne.jp
真面目な話 昔わしも 癌を弄ったが 現在は全くその気は無い 実際民間療法と言われるわしの

所に来るような人は西洋医学に 吸い尽された 出し殻の様な状態で 手遅れなのじゃ そして

命が掛かって居るので西洋医学と併用して居る人が多い そしてわしが数少ない経験から強く

感じたのは 患者家族の責任の擦り合いと 此れ幸いとわしに責任を押し付ける姿でしたね

抗癌剤の副作用の 下痢 が出たら 敗血症 多臓器不全で一直線なのょ わし抗癌剤何か処置

出来ませんがな わしが請け負ったのは乳癌の****除去後の痛みの除去ジャその事自体は目的

達成で 一旦終了した その暫くして 又呼ばれたが転移再発かは知らないがもう見た目終末て

有った イヤーな思い出よ 大腸はガン切除後の一番血流が増える所で抗癌剤の影響が顕著に出る

所なのよね 医師は何を見て居たのか?まぁわしは 癌はもう見ない
283:ハリー今村 :

2019/12/25 (Wed) 15:59:41

host:*.spmode.ne.jp

前コメで書き忘れた事を追記します。


出世外人さんとオオトラさんが共に指摘されているように

感情レベルの損傷はまずエーテル体などの

高次身体=微細身体領域が緩衝材となって吸収する。

その高次身体の感情レベルの損傷、

精神的ショックは、やがて身体レベルに

疲労のような形で伝達されるが、

あまりに高次身体の損傷が激しいと

身体の異変、病変となって顕在化する、と

バイブレーショナルメディスンでは解説されてます。



282:モーレアの風 :

2019/12/25 (Wed) 15:48:34

host:*.bbtec.net
 245 気が向いたとき有効そうな健康法を語るスレ

>>891:養生法の探究:2013/12/05
西原克成博士の「究極の免疫力」という本にはガンの真相であるワールブルグ効果が記述されています
のでこれは良本です

                     ↑

      本スレ>>127 ( 関連して>>225 ) の主旨と異なり不可解

 クレプス(クエン酸)回路と同様、ワールブルグ効果もまた、次き次ぎと出てくる新説の類と異なって
研究者が下敷きにする根本的に重要な発見であり定説   取り扱う際の一貫性は重要かと    




281:ハリー今村 :

2019/12/25 (Wed) 15:37:52

host:*.spmode.ne.jp


オオトラさんへ

語り部爺さんの爆笑実話シリーズ、絶好調です 笑

能力者の霊界探訪記ってのは、

やっぱり面白い。



自分も昔は玄米正食に一時期、傾倒して、

当時まだご存命だった正食指導家の大森英桜さんの講義や

著書に、大森先生が実際に体験した霊に関するもろもろが

開陳されてました。この玄米仙人と言うか玄米食界のレジェンドの

話がまた笑っちゃうエピソードが満載。

彼は治病の経過の中で霊現象に何度も遭遇し

その正体を突き止めようとした。

彼の一つの結論は霊が見えるのは血液の汚れ、としたが

やはりその一つの結論だけでは説明できない現象も

認めていた節が見受けられる。

彼も言っていたが、決してふざけて霊の世界に足を

踏み入れてはいかんと。

たとえコックリさんでも、うっかりすると憑依されるから、と。



ある宗教家のエピソードもオオトラさんに通じて面白いものがあります。

この宗教家が信者さんに知り合いの男性が

難治の喘息患者で医者が匙を投げて今にも絶命しそうに

床にふせって苦しんでいるからどうしても診てほしい、と

頼まれて患家に行き霊視すると気管支にトグロを巻いた蛇がいる。

これを外さないと喘息は治らない。この宗教家が言うには

こうした憑依霊を外す事が簡単にできるようで普通は出来ない。

で、ちょっとした祭壇をしつらえてそこへ移したら、

その患家の玄関の戸がガタガタと突如発生した

つむじ風の突風で揺れて、それっきりピタっとその患者の喘息は治り、

それっきり再発もせずにその男性は結婚して家庭を持った、という

まことしやかな話が収録されてました。

これを実話とみるか、フェイクとみるかは各人のセンスだが、

こういうエピソードを読むと、病気治療とひとことに言っても

物理的身体のみにアクセスする段階、

そこから拡大した心身一如の気のレベルでの治病、

さらに霊術家のみが治せる難治領域、と

少なくとも3段階くらいのレベルは設定できそうです。



ざっくり言えば物理身体レベルが現代西洋医学、

気のレベルが東洋医学、

霊術家レベルがオオトラさんやこの宗教家の治療、

となりましょうか。


こんな事を書けば、いささかトンデモとご批判がきそうですが

特に玄米食を推奨するつもりや、宗教を勧めるための

ステマ投稿ではありません。

あくまでこんな話があった、という四方山話。

何度も言いますが私個人は特に何の霊的能力もない

ただのベッドサイドの土方です。


280:オオトラ :

2019/12/25 (Wed) 10:44:18

host:*.dion.ne.jp
ゴメン 尻切れトンボに成った 骨盤に手が届かないと 打診に依り骨に刺激を与えられない

だれがこんな 鯨見たいな女 どないせいっーんじゃ その後の記憶は無い 
279:オオトラ :

2019/12/25 (Wed) 10:37:52

host:*.dion.ne.jp
ハリーさん 何か昔の事が多くて 語り部爺さん見たいになつて来たのですが 昔有るご婦人が

来訪されて 当時有名な気功施術院に通って居るけど チケットを20枚?位買わされて通って居る

が 全然良く成らないので 此方に来たっー話でした 最初の話は 頭の痛みが有り 苦しいと

で問診で聴きだした話は 家族が立て続けに 三人無く成ってから外を歩いて居たら オカツパの

女の子が見える様に成り 其の内 石に呼びめられ見たら 幾つもの顔が有る石だつた

家に持つて帰り 洗って仏壇に飾ってあるとか? 何でこんなのばり来るんじゃ と泣くわし

この当時は レイキのマスターに成り立てで有りました でエネルギー回路の整理整頓の術を

施し 二回の施術で完治 面倒な割にお金に成らず 又泣く 精神的ショックでエーテル体の

破損が原因てしたね 後 気導術っー50万円のセミナー受講後の 某地方の大手の会社社長夫人の

腰痛施術時の事 気導術っーのは骨格と筋肉の緊張を解き痛みを取る(此の時気を入れる)技術で

按摩と気功のミックス?見たいな物で 腰痛の場合は 骨盤等に 打診を行うのですが デブリンコ

で 脂肪をかき分けても如何にも骨盤等に
278:ハリー今村 :

2019/12/25 (Wed) 07:35:09

host:*.tokai.or.jp


飲尿獣医さんへ


なんでも実際に経験すると、やはり世界の見え方が違ってきますね。

その見え方はだからある者にとってはトンデモかも

しれないけど、それはそれで良し。

バクスター博士の実験もかなり昔に少しは話題になったようだけど、

植物に心がある(実際にあるんだけど)みたいな

トンデモっぽい印象操作で次第に

支持を失った、あるいは意図的に。

バクスター博士の実験にはワンコ、ネコちゃん、登場しますよ。

畢竟、私たち地球の生き物は原初的知覚でつながっている。

地球を大事に、生き物に優しく、という時に

原初的知覚を根拠に言えばより説得力が増すはず。

また書名「植物は気づいている」の中のワンニャンがらみのエピソードを

見つけたら、ここにピックアップします。


277:飲尿獣医 :

2019/12/25 (Wed) 05:56:44

host:*.ccnw.ne.jp
>276
ハリーさん→ハリー今村さん
276:飲尿獣医 :

2019/12/25 (Wed) 05:41:08

host:*.ccnw.ne.jp
>275
ハリーさん、すばらしい!
私の言いたいことおっしゃって下さってる。

以下私の前書いた体験記再掲します。

名前:飲尿獣医 2016/02/11 (Thu) 05:28:05
あり得ぬこと、それを人は奇跡と呼びます。
平成10年、(時は流れて行きます。もう、17年前とは申しません)私は数々の奇跡を体験しました。
その内の一つを紹介させて下さい。(散々知人には話したことですが)

当時、ハイテンションになっていた私を心配し、妻は私から離れることができなかったようです。
娘と三人でリー(写真のカーリー)の散歩をしている時、
息子が友人に連れられて、最近魚釣りにはまっているという話題になりました。
私は「俺も小さい時、うちの二階に住んでいたHさんによく連れて行ってもらった。楽しかった」と
話しているうち、あの申し訳なかったおにぎりのことが甦ってきました。
「Hさん、今どうしているんだろう?会ってお礼が言いたいな」と私が口にした時
散歩中のリーがグイグイリードを引っ張って、いつものコースと違う方向へ走って行きました。
そして突然立ち止まったのです。その場所は私が知らなかったHさんの家の前でした。
なんとそこには「忌中」の貼紙がしてあったのです。Hさんの告別式の案内だったのです!
私は「行かんでもいい」という母を説き伏せ、一緒にお通夜に伺いました。
Hさんは、字は定かではありませんが長谷川一夫といって、凄くハンサムな方でした。←これ余分

こんな私にとっての奇跡も、妻の目には偶然でしかないようです。

275:ハリー今村 :

2019/12/25 (Wed) 05:27:01

host:*.tokai.or.jp

出世外人さんへ


エーテル体、メンタル体、アストラル体、コーザル体、・・・

などの多層性を帯びた微細身体領域が

この物理的身体にオーバーラップしているという身体観を

一括してバイブレーショナル・メディスンと仮定し、

アメリカの医師リチャード・ガーバーが実験的な論説をまとめて書を著し、

全米でベストセラーを記録し、その訳本をザックリと読んだ記憶はあります。

なので、なんとか、このへんの話題にも食いついていけますが 。



昔から虫の知らせ、噂をすれば影、と言いますが

これもトランスパーソナルなコミュニケーションの実在を

薄々感じていた証拠では。

有名な共時性というシンクロ現象もまた。



一時期、このへんのカテゴリーに接近したんですが、

なにぶん仕事においては手の内のガチの物理療法で

按摩、マッサージ、指圧は畳の上の土方、

ベッドサイドのフィンガープロレス、

腹が減っては戦はできぬ、

腹が減ると指先に力が入らなくなり仕事にならん、

の肉体労働者なので、高尚でバイブレーションな

微細身体領域になかなか深く入り込めない 笑



オオトラさんくらいの能力があれば

物理身体と微細身体の両方を同時に治療できるかもしれませんが、

治療師の能力も適材適所で

生まれつき遺伝的に仕分けされているのかも。

私は基本ガチ肉体労働系の治療師。



試験管に取り出した白血球はその採取した本人の感情の起伏を

距離が離れても正確にトレースできる。

バクスター博士はバクテリアから犬猫、観葉植物、ヒトと

様々な生き物を実験し、地球の生き物すべてになんらかの

意識的なコミュニケーションが介在していると結論した。

そしてこのコミュニケーションをプライマリーパーセプション、

原初的知覚と名付けた。



虫の知らせ。

虫とヒトは昔から

原初的知覚で交信してきた。


274:出世外人 :

2019/12/24 (Tue) 23:34:25

host:*.bbtec.net

>>271

ハリー今村さん

>東洋医学は古典においては気一元論の医学体系。

>しかしこの気という概念を現代人にスッと理解してもらうのが

>いかに困難かは鍼灸師たちは身にしみています。

>それで自分もどうにか現代人に気というものを

>現代科学の概念で説明したいと思案し、

>リンクできそうな現代科学の研究を探ってきました。

遺伝子を解析するなど現代医学はフィジカルな肉体に関する理解において、大変な進歩を遂げていますが、
それでもどうしても分からない部分が残るように思えます。

それがヨーガや神智学でいうところの高次身体、「メンタル体」や「アストラル体」に関わる分野であり、東洋医学が「気」としてアプローチしている次元といえるのではないでしょうか。

「高次身体」というとオカルトじみていますが、この実在を示唆する例として、たとえば誰しも次のような体験はあると思います。

 * * * * * * * * * * * * * * *

A氏は一人で飲み屋に入ることなど滅多ないが、ある日の仕事帰り、ふと一杯やりたくなり、手頃な居酒屋を見つけて入った。

A氏は席についてびっくり。なんと隣には何年も会っていない旧友のB氏がこれまた一人で飲んでいた。

A氏とB氏は思いがけない再会を喜び、その夜はひとしきり歓談し、またの再会を約束して別れた・・・・

* * * * * * * * * * * * * * * *

A氏とB氏がこのような状況で会うということは、確率的に考えればほとんどありえないことで、それこそ高額の宝くじに当たるくらいの確率です。

しかし、高次身体から見ると、実はきわめて必然性のある出来事だったのかもしれません。

たとえば、B氏は深く悩んでいることがあり、一人で飲んでいた。

これを親友であるAさんが高次身体で察知。

B氏はA氏と何気ない世間話に興じているうちに、気持ちが晴れ、悩みを解決する糸口を得ることができた。

顕在意識には浮上しないものの、潜在意識(≒高次身体)の次元でA氏はB氏を親身に手助けしていた・・・といったことが起きていたのかもしれません。


あるいは、次のような話はよく聞くのではなでしょうか。

「仲睦まじい高齢の夫婦がいたが、ある時、奥さんの方が亡くなってしまった。するとその数カ月後、旦那さんはどこも体に悪いところがなかったのに、ポックリと亡くなってしまった」

旦那さんの病名は「心筋梗塞」などと診断されるのかもしれませんが、むしろ高次身体で「大量出血」のような現象が起き、
それがフィジカルな肉体で心筋梗塞という症状として現れた、という解釈が成り立つように思うのです。

なぜなら仲睦まじい夫婦は高次身体が融合しており、片方が亡くなるということは、残された方にとっては文字通り「身を裂かれる」体験であり、フィジカルな肉体は健全に見えても、実は高次身体では事故で片腕、片足を失うといったことに匹敵するダメージを受けていたと考えられるからです。

医学の円熟した進歩には、高次身体への探求・理解は避けて通れないことに思えます。

しかし現在の文明が今後も破綻せずに継続するとして、高次身体に関する「医学」が、現代医学のような形で客観的に論じられる段階まで進歩するには、また幾世紀(あるいは幾千年?)といった長い時間を要するのかもしれませんね。
273:ハリー今村 :

2019/12/24 (Tue) 18:03:32

host:*.spmode.ne.jp


オオトラさんへ

なんだかいつもながら鬼気迫る逸話のオンパレード、

でもガハハと笑ってしまう、このセンスは唯一無二ですね。

それもこれも多分真実だからの味でしょう。

気血に関しては気が先行するで私もいいと思います。

このへんもある程度、科学的な観察がされてます。

もっとも現代人が納得するかしないかは

本当のところわかりません。

ヒョエー、生霊、怖いっすね!

はい、関わるのは御免こうむります。






272:オオトラ :

2019/12/24 (Tue) 16:42:11

host:*.dion.ne.jp
ハリーさん わしも変人は1人しか知らないので 詳しくは書きませんでしたが わしが治した

と書きました 原因が在ったと言う事なのですよ 但し一例を持つて 此れだーなどと言う心算

は有りません そして血流を上げれば 気も流れが良く成る? わしは気が主体と思って居ます

まぁ此の世界は 多くの嘘と誤解が有りますので 余り踏み込みたくは有りませんが西洋のスピ系

と切り離せない現実として 麻薬が有りますシャーマンの秘密でも何でも無い アルカロイドの

吸引 喉の奥の脳との極近い部分での吸収行為 鼻から綿棒での薬剤の塗布で非常に高い効果が

出るっー講義も受けた事も有ります 後 生き霊は非常に恐ろしい現象で 三体入り込まれたら

生き死にの事態に成ります 憑依よりも性質が悪い 以前180Cn位の男性に相談を受けた時に

中に女の憑依が3体居まして 何度問いかけても 私は女っー返事で何じゃこりゃ?でしたがまぁ

無事事無きを得て取り除いたことが有りました 攻撃力が 憑依と生霊では段違いなので要注意

です とてもとても 簡単に扱えるものでは有りません 生き霊が付いて居ると判ったら直ぐに

関わりを持たぬ様に逃げましょうね
271:ハリー今村 :

2019/12/24 (Tue) 09:05:46

host:*.spmode.ne.jp


堺のおっさんへ

そうでしたか、飯山さんのご家族の御厚意で

この放知技掲示板がこうして今まで奇跡のように

存続しているのですね。

このような自由に書き込める場所を提供し、

管理下さっている皆様に私からも御礼を申し上げます。




この健康スレには以前にも私と同業の鍼灸師の投稿が

ありました。また恐らくは書き込みはしていないが

ここを読んでいる同業者がそれなりにいるのでは

と推察しています。



東洋医学は古典においては気一元論の医学体系。

しかしこの気という概念を現代人にスッと理解してもらうのが

いかに困難かは鍼灸師たちは身にしみています。

それで自分もどうにか現代人に気というものを

現代科学の概念で説明したいと思案し、

リンクできそうな現代科学の研究を探ってきました。



東洋医学は気一元論ですが普通に気血と

気と血、キとケツ、を一緒に言う。

これはやや乱暴な見立てで

言い換えれば意識と物質を同列と見なす概念。



実は先に触れたクリーブ・バクスター博士の研究に

体液、体細胞の全てがヒトの意識活動に

連動する電場を表出する事を示唆する興味深い

実験に基づく立証記録があります。



その研究成果を非常にざっくりと単純に言えば

ヒトが何かに感動した時には私たちの全体液、

全細胞が共に感動の電場を発し、

悲嘆にくれれば体も悲嘆し、

ネガティブな感情はネガティブな体の状態に、

ポジティブな気持ちは体を活性化する、

つまり心身一如、心と身体は一心同体、

病は気から、がバクスター博士の実験から

既に完全に立証されていると言っても過言ではありません。



ここにさらにロシアの最新の研究成果のジャンクDNAの部分に

意識や言語と関連する遺伝子の存在を発見、

の結果をリンクすれば

私たち人間はDNAレベルで心身一如、

気血一体の存在であると結論できるかもしれない。



デカルトは心身二元論としたのちにもう一度

心身一元論をやろうとしていたと、どこかで読みましたが

バクスター博士の研究はまさに

西洋科学が接近した心身一元論と見ても良さそうです。


気はわからなくても

血液はわかる。

気と血が一心同体なら

血流を促進すれば気の動きも促進されるはず。



掲示板に対するお礼のつもりが

長文のコメントになり失礼しました。



270:ハリー今村 :

2019/12/23 (Mon) 17:00:54

host:*.tokai.or.jp


やまっちさんへ

こちらこそ早速のレスありがとうございます。

貴殿の画像というと、浪越ポーズのアレっすね、

お恥ずかしい限り 笑

ご来院頂きましたら是非リラックスして

何なりと気安くご希望をお申し付けください。


269:やまっち♪:

2019/12/23 (Mon) 16:34:37

host:*.odn.ad.jp
>>268
ご丁寧なお返事いたみいります。 
治すのは当人の様々な地から!・・・ご尤も。 重々処置しているつもりです。 

光伯堂のサイトを見て 貴殿の画像を拝見し 行こう!と地震で決めた次第。 的確な表現は難しいのですが 閃きと言うか・・・。 何事も始まりは閃きや直感に因るものが大きいと常々感じております。 その説は思いっ切りお願いしたいと思います。(゚゚)(。。)ペコッ
268:ハリー今村 :

2019/12/23 (Mon) 15:11:08

host:*.tokai.or.jp



やまっちさんへ

当院、全くもって無名の非カリスマ治療院ですので

いつなんどきでも、突然でも何も気にせずに

どうぞネットあるいは電話で予約してご来院ください。


ちなみに私は神の手とは真逆、

でくの手、泥の手、ただの手です。

手先から未知の気がほとばしる、

なんて事もありません。

フォースも出ません 笑



治すのはあくまでクライアント自身の生命力。

それをほんのすこしでも活性化する手伝い、

その手当てが鍼灸指圧で出来るだけです。

物販は一切無し。料金は相場以下。



神の手を期待するなら日本中に私以上の技、

経験の持ち主はごまんといます。

もしも神の手を期待するなら

その呼び声高い有名治療院が向いてます。


私のもとに来院する皆様はご縁のなせるワザ。

やまっちさんともご縁があれば嬉しく思います。

滞在プランを組んで数日間続けて治療するパターン

もこれまでに幾人か経験しております、

当院の情報は詳しくは

「しんきゅうコンパス 鍼灸指圧 光伯堂」

で検索すれば表示されます。




※ なおこのコメントの最後としまして

自分の治療院の宣伝のようになってしまいました事を

皆様にお許し願いたく思います。


267:やまっち♪:

2019/12/23 (Mon) 14:32:24

host:*.odn.ad.jp
>>266
以前からおうかがいしたいな!とは思っていたのですが 何回かの計画は中途挫折に。 
原因の一つは 近いようで遠い地理的要因が有ります。 伺う以上 みっちりとやって欲しい!という思いがあって 数日連続して通う算段をしていた事も有るもので。
私は運転免許証なるものを持ち合わせて無いので 移動は人に頼るしか無い!と言うのもあったりして。 

いずれお邪魔しようと言う気は変りが無いので 突然連絡連絡させて頂く事になるとは思います。 その節には宜しくお願いしたいと思うのですが。
266:ハリー今村 :

2019/12/23 (Mon) 07:52:19

host:*.tokai.or.jp



堺のおっさんへ

変人体質が嫌でね。だって突然に自分が何したでもなく

いきなり右腰とか特定の部位が朝から痛い。

でその患者さんがその当日に来ればいいけど、

数日後だとその数日間こっちも痛みを感じて

いなければならない。なんじゃこりゃー 笑

である日、鍼灸関連の本を読んでいたら

山梨県のご婦人の鍼灸師が寄稿した記事の中に

私と同じ体質を吐露する内容があり、

仲間がいたーと狂喜乱舞 笑

そのご婦人は患者の痛い部位が問診しなくてもわかるから楽、

治療につれ痛みが無くなっていく、

でもいちいちその前に痛くなるのは嫌、と全く同じ感慨を訴えていた。

これはオオトラさんも指摘されているようにいわゆる身代わり業、

相手の病邪をこちらが背負って治すという古来からあるらしい業。

しかし訓練してこの体質になったならともかく特異的に発現した場合は

下手を打つと早死にのコース。冗談じゃない 笑

で私もどうにか自分なりに工夫して変人体質を改変したつもり。

秀吉、知将ですね。家康は浜松の浜納豆を献上させて

この浜納豆という珍奇なる発酵食品を尊んだ。

家康は健康法フリークというのは有名ですね。





やまっちさんへ

初めまして。宜しくお願いします。

言葉使い、大事ですよね。

自分もつい糞とか馬鹿とか吐き捨てるように

いうと、それで気分が良くなるどころか

もっと悪くなる、を常に経験してます。直せよ 笑

オカルトやスピリチュアルはいかにも非科学と

プロパガンダされてきましたが、

欧米の最深部ではオカルトと科学を並列融合して

ずっと研究されてきたようです。

オカルトやスピリチュアルに魅せられる人口が増えているのは

科学のみを信奉させられてきた事への反動でしょうね。





オオトラさん、いつもタメになり、

つい爆笑してしまうコメントを、ありがとうございます。

砂風呂がちっと怖いのは前にそこに入って解毒した毒素を

こっちが吸ってしまわないか、というそれ。

これじゃあ砂風呂版の身代わり業 笑

身代わり業の変人体質が早逝する、は

勝手に発現した者にはとんでもない恐怖。

そうするとあの気功ブームでワラワラと雨後の筍の如く

湧いて出たにわか気功師も数年でバタバタと早逝したのは

身代わり業を知らずしてやってしまった事に幾らかは起因する

のかどうか。

遠隔気功の概要のレクチャーをありがとうございます。

自分にはまだまだ難しそうですが。

中国の本物の気功師も遠隔気功を使える能力者はいるそうです。

しかし霊媒などメディアに出てくるのはほぼ100パーセント

眉唾物だというのは既に常識。本当の霊媒は霊が見えたり

霊の声が聞こえるというその能力が嫌でどうにかして

その能力を消去したいと願う。そりゃあそうだ。

そこら中に霊が見えて、どこからか突然に声が聞こえたら

まともに暮らしていけない。こういう本物は決して

メディアに出て自分の能力をひけらかしたりしない。

身代わり業体質も別にひけらかすつもりは

さらさらないけど、これで山梨県のご婦人の鍼灸師と

オオトラさんの家人と私の三症例は揃った。

恥を忍んで公表した甲斐がありました 笑




265:オオトラ :

2019/12/23 (Mon) 00:43:33

host:*.dion.ne.jp
やまっちさん まぁ九字切るとか マントラを唱える とか拍手? 息吹? わし若い時極真会で

馬鹿遣ってたけど 三種類の息吹で生霊返しが出来るこたー無いですねー今調べたも無理ー

目的が違いますもんね
264:オオトラ :

2019/12/23 (Mon) 00:29:12

host:*.dion.ne.jp
ハリーさん わしの家人が忘れて居たけど 此の変人でした 体に痛い所の有る人が来ると

同じ所が痛く成り 教えると嫌われて居たそうです 若い時から不整脈で苦しんで居たとかで

話の途中で どんな風に成るのか? 聞いたら直ぐに不整脈が始まり 何しよんのじゃーと叱られた

事を思い出しました 当時は変わった人もいるもんだ等と感心してました 調べたら夭折っー事で

わしが治しました 現在アーシングはお勧めしません 理想は確か女性の研究者が居た筈で夏に

海岸の砂に埋まり半日以上過ごす 但し同じ場所の再使用は暫く禁止と言う話だったったと記憶に

在りますが現在は 放射能被曝や汚染の心配が有りわしは選択肢から除外して居ます

遠隔の初期は 性別 名前 その他個人情報の特定が出来る状態で目を閉ざして薄緑色のトンネル

の向こうを傍観して 他人の姿が浮かぶ事を意識して 姿が見えたら気を送るっー様な事をして

ましたねー 現在は相手の全身像の写真を使用して波動を送るっースタイルです わし人見知り

するタイプですので(笑い)何か新しい技術で半数成功 半数失敗っー事書いて居ますが 其れは

対象身体が違う所為と思います 所謂人体は 三身体で構成されて居ますので 病変の身体の

特定が出来ないと 下手な鉄砲に成ります と思います チャクラを考えると 経脈 経絡脈絡

井穴は思考から外す訳には行きませんねー まぁ昔 透視の勉強した事が何らかの関係が有るのか

も知れませんね?
263:やまっち♪ :

2019/12/22 (Sun) 23:31:04

host:*.odn.ad.jp
お初です!(゚゚)(。。)ペコッ

生き霊返し!・・・全ては言葉より発する!の言い伝えのごとく それなりの言葉が 返しの力を持つ。 

息吹にも跳ね返す力はあるし 拍手などにも同様の力があると言われている。
262:堺のおっさん:

2019/12/22 (Sun) 23:13:25

host:*.enabler.ne.jp

>>261 今村さん

>また患者が訴える症状が患者の来る前にこちらに

>乗り移り患者の痛む部位と同じ部位が痛み出す。

>そしてそのトランスパーソナルに伝達してきた痛みの患者を

>治療すると、こちらの痛みも霧散する。

こんな経験は人の治療をしたことのない私にはありません。

しかし、これはすごい重要な現象だったのでは。

病や痛みは誰が直すのか?

それは患者さん本人です。

その手助けを皆さんはやっている。

そのもっとも重要なことが

この一文に込められている。

その人の身になった時に

はじめて病や痛みを直す手助けができる。

これは当たり前すぎて…

できるようで、なかなかできる人がいない。

俺が直してやる。

俺に任せとけ。

お前を治療すればいくらになる。

そういうオーラの出ている医者や施術者には

近寄らないようにするしかないです。


余談ですが

秀吉が中国大返しを実行したとき

2万を超える足軽に与えたもの。

味噌とおにぎり。

その結果、近代的軍事専門家でも

秀吉軍の大規模移動は不可能と言われた

大返しを実現させた。

発酵食品のすごさを400年以上前に

実証しています。

どんな味噌だったのか興味深いですが。(笑)
261:ハリー今村 :

2019/12/22 (Sun) 21:21:58

host:*.tokai.or.jp


オオトラさんの語りは、ほんと真に迫り味がある。

アボリジニは遠隔地にいて家族の状況が正確に見える、とかなんとか。

西洋の研究者はこういう現象をトランスパーソナルと

カテゴライズしたりしてます。直訳すれば、個を越えて。

つまり個体と個体が距離に関わらず交信するコミュニケーションの

媒体があるということらしく。

これは私の勝手な想像ですが

遠隔気功は多分このトランスパーソナルなメディアを介して

行われているのでは。とするなら

生霊もまたトランスパーソナル・メディアでの意識のやり取りか。

なるほど跳ね返す方法もあるんですね。



この業界に入って右も左もわからないビギナーの時期に、

よく治療していると、どういうわけか体がカーッと熱くなり、

真冬でも玉の汗が胸腺あたりの胸の中央から臍に向かい

滴り落ちたものです。そんな事を繰り返すうちに

そうした現象は収まりました。

また患者が訴える症状が患者の来る前にこちらに

乗り移り患者の痛む部位と同じ部位が痛み出す。

そしてそのトランスパーソナルに伝達してきた痛みの患者を

治療すると、こちらの痛みも霧散する。

こんな経験も多々ありました。

しかしこれも一定の時期を経てほぼ感じなくなりました。


私の場合は、

どうやら既存の医学や科学ではまだ説明できないこうした通信媒体が

あるのでは、というくらいの体験程度です。


アーシングは砂風呂みたいなものですかね。

中央アジアのトルファン盆地では熱い砂の中に埋まる

この砂風呂療法が昔から盛ん。

地球による地熱温灸 笑




260:オオトラ :

2019/12/22 (Sun) 20:20:29

host:*.dion.ne.jp
ハリーさん スレの荒れかたが凄いですね ネガテイブな感情がこき起こす事態は 実は

気の世界では 憑依 とか 生き霊に直結します で此の事の事実関係を調べる方法が有ります

それは 反射 っー言葉で表します生霊に関してはその人が 反射 の持ち主か調べればすぐに

判ります 昔何千何万もの人から生霊攻撃を受けました まぁ普通生霊返しっー技術は殆ど

知られて居ませんが 有ります 還されるとDNAが変質してその後は何が起きるかは判りません

わしは全てお返ししましたが その後の事は知りません 自己責任なので勿論 反射を内臓して

居る人に施術をする事は有りません 身体の手遅れと同じく関わるだけ無駄なのです 此の事は

何年も前から知って居ます 阿部の晴明の時代からっーかまぁ人類の愚かな宿唖なのかもね?

クエン酸サイクル何かよりも 大地に身を埋める アーシングの方が未だましと思いますよ

まぁわしが考えると 片手落ちの方法ですが 普通の人には驚きの効果と思いますが 完全では

有りませんが マナスの毒素除去の一方法です 但しエネルギーの補充は出ませんし低いレベルの

方法です
259:モーレアの風 :

2019/12/22 (Sun) 19:58:58

host:*.bbtec.net
>>258
 思い出して頂ければ結構かと、 それじゃクエン酸関連は一応そこまででw
258:ハリー今村 :

2019/12/22 (Sun) 19:06:42

host:*.tokai.or.jp


ハンス・アドルフ・クレブス博士!

明治時代に来日して人力車夫のスタミナに

仰天し、弁当の中身が日の丸弁当にタクワンで

梅干しのクエン酸からクレブス回路の発見に、

というアレですね。

スタミナ維持にクエン酸のキャッチフレーズ、

忘れてました。

俺ももうちょい脳内血流を上げなアカン。

モーレアさんは本当によく勉強されていて

自分は最近は本をあまり読まず、

もっぱらネットの記事などをつまむ程度。

落ち度がありましたら

何なりと補足ください。

色々とご指導頂きまして

いつもありがとうございます。


257:モーレアの風 :

2019/12/22 (Sun) 18:11:05

host:*.bbtec.net
 
>>231にあるようにハリイさんにはクエン酸で疲れが取れるかどうか確証できないとのご高説を頂きました
でエビデンスですが、その必要はないかと  と言うのも酢やクエン酸で疲れが消えるということは
1953年、ノーベル賞を授与されたイギリスのクレプス博士の「クエン酸サイクル学説」によって
初めて証明され理論づけられました  

 クエン酸サイクル或いはクレプスサイクル学説は最高級の分子生物学書を始め高等、大学ほか各種の
教科書に取り上げられており更に学術上の定説にとどまらず「科学的真理」の一つとなっています
 医師が否定的意見を述べれば逆に疑われてしまう、それほど偉大な発見ですね  まあ確証持てない
ならそれもご自由ですが余りネットなどで公言されない方がと§
256:モーレアの風 :

2019/12/22 (Sun) 17:41:43

host:*.bbtec.net
  クエン酸もそうですが問題はエビデンスを確立するための試験自体が行われないことです
その理由はまあよくご存知のはずw

   ただ研究がされていないわけではありません  以下超重要  
 
 例えば糖尿病は体を構成する組成細胞を結合させている間質液が酸性化すると、せっかく出た
インシュリンを細胞内にあるミトコンドリア(出ました!)が受け入れないからであると愛媛大学医学部で発見、発表されています
  これ、実は凄いことです    一般に食べすぎや甘い物の摂り過ぎ、運動不足等で間質液が
酸性になっていると糖分を吸収できず血液に逆戻りして血糖値が上がることになります

 長田氏が愛大に電話して、ならばクエン酸があるではないかと研究者に言うと「クエン酸以外で
何かないかと調べている」との返事でした  ハイ、そういう事情よくわかる「逸話」です
 これでも自分は確証もてない人と言う人は別に自由ですが余り私見に拘っていると次々出てきますw
255:ハリー今村 :

2019/12/22 (Sun) 17:16:09

host:*.tokai.or.jp



クエン酸はマウス実験ではストロンチウムの排泄に有効、

という記述を覚えていたので311後にはクエン酸を

含む梅干しを欠かさず朝食に1個食べてました。

それでクエン酸を含む食材はどのようなものか

調べて柑橘類やキウイなどの酸味を含む果実にクエン酸が

含まれる事を知り、これらも積極的な摂取に務めました。

ヒトにおけるエビデンスは無いので

内部被曝に対する防御法は確立されていないのは十分承知した上で

出来る事はやるだけやってきました。


黒ごまのカルシウムもストロンチウムに対する防衛に

なると推定し、ごま塩を自作した時期もありましたが

どうもあのザラザラとした食感に馴染めず

家族にも総スカンでいつからかやめてしまいました 笑

血管の解離を恐れて納豆だけは食べ続けています。

糖質に関してはご飯の量は朝は茶碗の半盛り、

昼は仕事のつなぎなので2杯余、

晩飯は麺類が多い。

パンは今はほとんど食べません。

栄養学も日進月歩で変化しているので

ついていくのが大変ですが体感を観察しながら

自分なりに試行錯誤の日々です。

クエン酸のマウスにおけるストロンチウム排出のエビデンスは

かつて日本の東京大学の薬学博士が獲得されたとの記述がありました。


オオトラさん、胸腺、膝はリンパ系に直結、

手指は胸腺との経絡的な連環でしょうか。

間質性肺炎が治癒はなかなか凄いですね。

胡散臭く思われるのは治療師の宿命ですわ 笑




254:モーレアの風 :

2019/12/22 (Sun) 17:13:23

host:*.bbtec.net
  
 おや>>235が放知技の検索ツールに採用されてるw こういう現場感のある投稿が活かされるのは
まあ当然かもと自分で言ってみる

 同じ感覚でも自分だけの体感とか体験とかをクエン酸や糖質制限への否定的意見の根拠でもあるかの
ように得々と書くのは如何なものか
 当方は勿論自分の体験や体感?!を土台に参考にするものがあれば参考にして書いてきた  もちろん
その動機や背景には無数の肯定的意見や体験談がある  勿論ご希望なら紹介してもいいw
253:オオトラ :

2019/12/22 (Sun) 15:24:11

host:*.dion.ne.jp
ハリーさんの書き込みで 思い出しました リューマチ姉さんの初回遠隔の時出た反応が

アナハタチャクラで伝わって来たイメージは 胸腺の異常でした 私の現在の手法では免疫

全般に渡って改善が見込めますので正確には覚えて居ませんが医師は 長いお付き合いに成ります

ねーと言って居たそうですが 実際わたしが遠隔したのは 約二週間でしたか? 一番最初に

痛みが消えたのは 膝 其れから手指だったと記憶して居ます 本人とは一度も会ってません

二枚の全身写真だけです(ひとづてで) その遠隔は中止してます 原因は前記の働き方の事

現在は トラック運ちゃんの30年に渡る腰痛っーので勉強中で事後対応も少し変わっています

現在は 痛みは感じないそうですが今少し見守る心算です(痛みの余り退職のタイミングを考え

て居たそうです)この方にも直接会ったり話をしたりっー事は有りません そう言えば間質性

肺炎のオバサンも居た 二週間位の遠隔で 掛かり付けの医師から 治って居るっ言われたとか

このオバサンはとは近所だつたので話はしましたが 相当怪しまれました クソ
252:モーレアの風 :

2019/12/22 (Sun) 13:48:54

host:*.bbtec.net

い; 医師でさえ   クエン酸の   効果は認めマス     ;これはもう‥◎●かもわからんネ
251:モーレアの風 :

2019/12/22 (Sun) 12:44:20

host:*.bbtec.net
>>250 訂正

 リー今村    →   ハリイー今村   (失礼しました)
250:モーレアの風 :

2019/12/22 (Sun) 12:37:05

host:*.bbtec.net
>>231:リー今村
クエン酸は疲労回復に有効と昔から言われますが私は確証は得られません
クエン酸を含む食品を摂取しての体感ではそれなりの感触は食後感じますが
クエン酸単独の効果かどうかは他の成分も含まれるため何とも言えません

                 ↑
      なるほど  あなたの場合はそうでしたか  あなたのお考えとして
  承っておきます
  

249:モーレアの風 :

2019/12/22 (Sun) 11:45:12

host:*.bbtec.net
そうそう宇宙は電磁の海  細胞の電気刺激いいじゃん  エネ代謝、自律神経、HSP、腸管免疫、と併せてコマ
愈々コマ揃ってきまスタ、 どんどん融合、複雑化して高度なリロンに仕立てないとネ!
248:モーレアの風 :

2019/12/22 (Sun) 11:28:19

host:*.bbtec.net
 商品紹介か‥  まあステマなら似たようなモンか  「細胞電気リロンにもとづく家庭用ゴッドハンド、
神の手を特別価格でご提供、」 とかに発展すればいいね!  今なら甘納豆と大福餅の年越しセットを
無料進呈とか、 ~夢が広がる☆
247:JLH@静岡 :

2019/12/22 (Sun) 10:32:44

host:*.infoweb.ne.jp
で、次は、商品の紹介となるのかな?と思ったら、

そうでもないようで

しかし、山猿といい白無垢といい

書けば書くほど偲ばれる輩が排出されますなあ

白無垢排除で、アクセス数が上がったということでね

これを下げたい勢力がある
246:モーレアの風 :

2019/12/22 (Sun) 10:11:45

host:*.bbtec.net
オレに文句言う奴は細胞電気攻撃で反撃な ← そうそう、善人ぶらずにそういう
本性見せないとダメっしょ(電)
   
245:モーレアの風 :

2019/12/22 (Sun) 09:59:21

host:*.bbtec.net
 >>2 緋牡丹お竜さん江

 そんな事言わずにせっかくセンセイが帰ってきたんだからドンドン質問しないと、 桜の会みたいに
豪勢に、sakuraになってでもw
244:モーレアの風 :

2019/12/22 (Sun) 09:49:40

host:*.bbtec.net
>>243
誤解されたらアレなんで一応、  (¥)は治療代ね、
243:モーレアの風 :

2019/12/22 (Sun) 09:44:11

host:*.bbtec.net

A: 最近、どうも入りが‥  ここでまた宣伝しとこか、あ、イランこと言うヤツがまた来た、チッ

 B: そんな弱気でどうする、目新しい分野のキーワードで引き付けろ で今度行った時は
(¥)わかってるよな?!

   
242:モーレアの風 :

2019/12/22 (Sun) 09:34:00

host:*.bbtec.net

【糖質の重要性について by飲尿獣医】

 フラつく  →   そこで餅を食う  →  ナント 臨床症状消失    結論; 糖質摂取は不可欠

 さすがハイレベルな学術報告で御座います  感動しまスタ☆☆
241:モーレアの風 :

2019/12/22 (Sun) 09:24:47

host:*.bbtec.net
  なるほど治療院やペット病院やってる人が利益共同体を組んでいる事情がよく伺える展開ですw
彼らには最初から困るお話でしょう  さすが放知技、世の中の流れに逆らってこそ存在価値が!
 
 糖質制限とかとんでもない、だってそれで元気になられたらお、おキャクが

 クエン酸はイヤよダメダメ、 だって安過ぎマス、

   それが営業者の正しい反応デス、エライ!  そうでないとコッチも張りが(大笑)
240:ハリー今村 :

2019/12/22 (Sun) 08:43:37

host:*.tokai.or.jp


人を呪わば穴二つ。

この諺は実は細胞電気領域において

立証されている。

呪うようなネガティブな感情は

細胞の電気的状態を不安定にする。

正確に電位状態も計測されている。

心理と人体の電気現象を研究したクリーブ・バクスター博士が

この細胞電気と心理のリンクを発見している。


笑う門には福来る。

逆もまた真なり。

これらとジャンクDNAにおける新たな発見は

恐らくリンクするだろう。


239:ハリー今村 :

2019/12/21 (Sat) 22:09:50

host:*.tokai.or.jp



そう言えばロシアの研究でジャンクDNAの領域が

言語や話法に関わる事を発見との記事があり、

またある者は意識に関わる領域がジャンクDNAの部分にあると

推察しています。


初めに言葉ありき。

思う念力岩をも通す。

どうやらようやく科学がオカルト・スピリチュアルと

融合する気配が見えています。


気功が出来るオオトラさんにとっては

これらは自明の事象でしょうが、

先のリウマチのお姉さんをこの文脈で解くと

仕事への欲望に肉体が悲鳴をあげてジャンクDNAの言葉で

リンパ系の炎症として遺伝子が宿主に語りかけている、

とでもなりましょうか。



既に然るべき作用・働きが見えてきたのだから

このジャンクDNAというひどい呼称も早々に破棄すべき。

全く医学界の常識なんてものは

こんな風にコロコロ変わって信用できません。


238:ハリー今村 :

2019/12/21 (Sat) 21:38:29

host:*.tokai.or.jp


オオトラさんへ

前略で本題に入りますが、

先にコメントした内容が自分にも思わぬ発見に

なりまして、ほんとどこで気付きが

転がってくるかわからないものです。

いや呼んで頂きありがとうございます。


昔、業界の腐れ縁で研修に参加した際に

ベテランの鍼灸師がヒソヒソと話すには

リウマチ患者の腋下リンパ節を強くではなく

ゆっくりとソフトにこうしてこんな風に

こっちからもってくるようにこうマッサージすると

治っちゃうんだよね、と得意そうにそう語るのを

後ろの席で耳ダンボ、ビックリ眼で

見つめてしまった事を今思い出しました。


しかしリウマチが進行して

完全に関節が変形して固定されてしまった状態が

元どおりになるのか、自分はそうした固定された状態を

初期化できた治験はありません。

初期ならばリンパ系の流動性を上げる事で

寛解できるのかもしれません。



健康が大事か、仕事が大事か。

健康が大事か、モノが大事か。

健康が大事か、ゼニが大事か。


健康ほど大事なものはありません。

モノよりゼニより健康。

しかしそれがわからない皆さまが多い。

全くもって同感です。

237:オオトラ :

2019/12/21 (Sat) 21:07:45

host:*.dion.ne.jp
ハリーさん まぁ相変らず噛みあわない議論が多いみたいですが理屈よりも大事な結果が
一番ですね クライアントは理屈が聴きたいのでは有りませんしね わしの自律神経系への
アプローチはハリーさんの想像とは大違いなのですが 説明は致しません 結果が総てとの
意見に大賛成です 何時ひっくり返るか判らん他人の見解よりも 自身で作り上げたプロセス
と 想定上の結果の整合性が総てですね まぁわしは仕事としての研究で無く 年金暮らしの
暇人の世迷い事ですので如何でも良いでがねリューマチのお姉さんは必死で仕事に励んで居る
そうです その欲望が体を壊した事への 気付きが無いようです 救い様が有りませんねー
今は皆この様なひとが多く 何かなー?っー感じです
236:ハリー今村 :

2019/12/21 (Sat) 19:23:01

host:*.tokai.or.jp


人間の体は面白いもので、

初診時に極端に固い凝りであっても、

2ヶ月に1度の当院への通院を

2年も続けると驚くほど凝りのほぐれが早くなり

柔軟性を回復するケースがある。

体が固くても諦めず

コツコツと体に手をかける事は大事。



235:モーレアの風 :

2019/12/21 (Sat) 12:53:44

host:*.bbtec.net
 乳酸と乳酸菌のこと

 放知技には乳酸と乳酸菌を混同したカチコミwが何度もあった  自分も2度ほど対応したことがある
体内で出来る乳酸と外から入る乳酸菌の体内での機序は全く別、 乳酸はエネルギー源となる要素もあるが
クエン酸回路が順調に回らなければ処理できない  この場合、クエン酸とB群、特にB1の組み合わせがあれば
乳酸は効果的にエネルギーに変わる  その他にも酵素なども必要だが外から補給するものとしてこの
二者がな何よりも重要  もちろん酸素もだが酵素も含めてこれらは体内在庫で賄える場合が多い

 乳酸はエネルギーにもなるが処理できなければ体液の酸性化や組織の炎症化を引き起こす厄介者である
一方、「乳酸菌」を外部から摂取することは腸内で有益菌が優勢となってビタミン類も不足することなく
造られる  また他の組織と異なり腸内では乳酸菌の作り出す乳酸が酸性環境を保つことで酸に弱い
有害菌の増加を抑制してくれる   更に有名なのは最大の免疫器官である小腸のパイエル板を刺激して
免疫を強化してくれることだろう  乳酸菌は抗がん効果が研究機関で実証されている数少ない
サプリメントの一つである    南雲吉則医師らが中心になって編纂された「抗がんサプリメントの効果
と副作用徹底検証・キャンサーネットジャパン・三省堂」では総斬り状態の中で東京女子医科大やハンガリーのデブレツエン
大学、ブルガリア、ソフィア国立ガンセンターなどの研究機関での臨床試験で統計学的に有意な差で延命効果があるとの
実例も添えられており興味深い  こうしたエビデンスのあるサプリが非常に少ない中にあって特筆すべきと思う
234:モーレアの風 :

2019/12/21 (Sat) 08:43:53

host:*.bbtec.net

人間は人類史レベルから見ても圧倒的に脂質にエネルギー源を依存してきました   ブドウ糖が唯一の
エネルギー源とされてきた脳でさえ糖質摂取をゼロにすれば脂質をエネルギー源としてきちんと機能します

 糖質の重要性は確かです  エネルギー源意外にも遺伝情報を伝える核酸の要素として不可欠、糖質が
無ければ一時たりとも生命活動は維持できません  

 これほど重要な糖質ですが糖質を食物から摂取する必要はありません

 血中のブドウ糖は肝臓によって管理され血糖値が下がると肝臓に貯蓄されたグリコーゲンが分解され
血中に放出される仕組みですね  肝臓にはアミノ酸(蛋白質の分解産物)からブドウ糖を作り出す
「糖新生」という機能があります  さらにこのブドウ糖を使って貯蔵用の糖質であるグリコーゲンを
合成することも出来ます   つまり体内で必要な糖質は糖新生で十分まかなえるのです
 そのようにして人類は何万、何十万、いやそれ以上長く生きてきたのです  

 食事から糖質を摂る必然性はありません  そして今問題にされているのはその過剰な摂取です
糖質を断てばミトコンドリアは寧ろ活性を取り戻します   情報時代です  読まれている皆さんも
ご自分でよく調べられ出来ればご自分のカラダで実験されることをお薦めします  議論は不要と
思います

233:ハリー今村 :

2019/12/21 (Sat) 08:36:17

host:*.spmode.ne.jp


モーレアの風さんへ

私の論旨の首尾に齟齬がもしありましたなら

お詫び申し上げます。


また糖質を制限し、クエン酸を摂取する事を個人的に励行し

健康増進に励まれている皆様に

私がとやかく言う立場にはありません。

全てそれを実践される皆様の自己判断に基づいていますから。

ひとさまの自由なライフスタイルをアカの他人が規制する権限など

もちろんございません。

そして私は私個人の判断で自分流のメソッドを実践しております。

糖質制限に恨みなどありませんし、

クエン酸にも無論なんの恨みもございません。

さらに言えば私がひとさまの健康法をとやかく言えないと同様に

私も誰かに自分の健康法をとやかく言われる事があってはなりません。


ひとつ言えるのは医学界の定説はある日を境に

180度ひっくり返る事があります。

乳酸の評価も近年に逆転しました。

どんな意見にも慎重になるのは

こうした現象を観察しているからです。



しかしそれはともかく

モーレアの風さんのご意見と私の考えは残念ながら

合致しませんが、お互いに現代の医療を良くしようとの

気持ちでは通じるところがあるはずです。

今後も私の不足した部分を補って頂ければ幸いです。


232:モーレアの風 :

2019/12/21 (Sat) 08:11:24

host:*.bbtec.net

 ◎ミトコンドリアを語るなら糖質の問題は不可欠だ言ったわけでありガンの最大要因などとは言っていない

 ◎クエン酸とビタミンB1はクエン酸回路にとり必須的に重要だと言ったわけでありクエン酸単独で効果があるなどとも
言っていない  

 どうして正確な受け止め方をされないのか非常に不思議と言うしかない

 ガン化のメカニズムと治癒は必ずしも表裏一体ではない  またガンに於ける治癒とは数値化できない要素が
統合して果たされる現象である  そういう謙虚な受け止め方が求められる

 >>127に代表されるような今村氏のご高説こそ原因のメカニズムと治癒現象の話を混同されている
 意見を述べられるのは自由にせよ区分、整理が必要だろう   

 現代医療に於いて最も研究が進んでいるとされる乳がんに於いても初期には放射線、ホルモン材、化学療法
がゴッチャにされ全部一緒に施される例が多数あった  例えばホルモン依存性のものもあればホルモンと無関係のも
のもある   エネルギー代謝に問題がある場合もあれば遺伝性の場合もある  

 患者ご本人はとにかく治ればいいのであり標準療法でダメでも民間療法や代替療法で改善するケースも出て
も当然あるだろう  遺伝子に変異を起こす可能性として種々の要因があるのであれば糖質の摂取過剰も
その有力な一つであると言っている   今村氏が糖質にソコまで否定的になるのが
自分には不思議である   糖質制限やカットで、またクエン酸の飲用励行で体調がよくなっては困る事情でも?
と最後には考えてしまう そういう声が今溢れ出てきているならなお更である

 



 
231:ハリー今村 :

2019/12/21 (Sat) 07:04:22

host:*.tokai.or.jp


モーレアの風さんへ

私では力不足ですが一応返答します。

今の私の考えは糖質はあくまで必須栄養素と捉えています。

ガンと糖質との関連はわたしにはわかりかねます。

最近になりネットのニュースでも伝えられていましたが

人類が糖質を正常に摂取できるようになり

ようやく人口が増えて文明が安定した、

ゆえに糖質は人体に必須である、との

衝撃的なニュース後に

糖質制限を止める者が続出とのフォローもありました。

この糖質の是非に関しては以前のブログでもコメント欄で論争し、

既に私の考えは提示済みです。



ミトコンドリアは自分自身のミトコンドリアDNAの遺伝子の

ほとんどを宿主の細胞本体のDNAに共生の際に

疎開避難させています。

ミトコンドリアDNAが遺伝変異しないためです。

そしてミトコンドリアが使う酵素の材料のタンパク質は

宿主DNAの遺伝子がそのほとんどを産生する仕組みです。

つまりミトコンドリアを活性化するというミトコンドリアを主体に

語る時に、このミトコンドリアが細胞と一体であり、

ミトコンドリアDNAと宿主細胞DNAとの協調という視点が

欠落します。

糖質を制限すれば細胞本体のエネルギー産生も機能しなくなり

結果としてミトコンドリアへの必須タンパク質の供給も不能になる。

そういう意味で私は糖質がガンの最大要因という意見には

今は賛同しません。

祖母の例を挙げたのは祖母が糖質無制限で

健康長寿を全うした事を伝えるためです。

鍼灸指圧を習慣化すれば糖質無制限でも

健康長寿を全うできる確証を祖母との15年の経緯で

得ました。



クエン酸は疲労回復に有効と昔から言われますが

私は確証は得られません。

クエン酸を含む食品を摂取しての体感ではそれなりの感触は

食後感じますが、クエン酸単独の効果かどうかは

他の成分も含まれるためなんとも言えません。



乳酸は長いあいだ害毒分子とみなされてきましたが

今ではその考えは誤りであり、細胞内にストックされた

火事場の馬鹿力のためのストック燃料と見直されています。

またマウス実験では乳酸を含むエサを食べたマウスのスタミナが

他のマウスよりも強いことも立証された。

乳酸もエネルギー産生に必須の分子です。

乳酸菌を含む発酵食品や発酵飲料には乳酸という

乳酸菌が産生する人体にとっての必須分子を

摂取するという利点がある。

ゆえに乳酸菌を含む食品には健康増進効果がある。



一応以上のように返答致しました。


230:モーレアの風 :

2019/12/21 (Sat) 06:48:55

host:*.bbtec.net
【参考】
  
 ガン化の中後期に於いて起きるワールブルグ効果について、超初期段階でも同様の代謝変化(解糖系
の亢進およびミトコンドリアでの有酸素系エネルギー産出機構の抑制)が起きることが北海道大学遺伝子病
制御研究所に於いて新たに確認されており予防薬開発への道筋が展望できると期待されている
229:モーレアの風 :

2019/12/21 (Sat) 05:06:17

host:*.bbtec.net
>>126
 少し勘違いされているようです  当方はあなたの手からこぼれ落ちた理論とかについてディベート
しているのではありません  ディベートする余地のない事実について申しております

 あなたの投稿に頻出するミトコンドリアやその活性化を語る場合、種々の栄養素を挙げられる
のと同様、否、それに優先して糖質の問題を取り上げるのは当方の意見ではなく科学的常識だから
言っております

 「糖質の過剰摂取による解糖系の亢進が拮抗するミトコンドリアでの有酸素系エネルギー産出を抑止する」
ことや「ガン患者ニブドウ糖を投与することでガンが増殖し投与を中止すれば増殖が止まる」ことは
理論ではなく実証された事実です  あなたの技や経験のお話とは無関係の科学的事実です

 糖質を取り上げることに対するあなたの否定的なまでの消極性が気になるのです   
何よりもミトコンドリアというキーワードを持ち出してきたのはあなたです  種々の医学用語を多用しながら
も、このテーマで決定的に重要である筈の糖質、クエン酸、乳酸という超重要ワードが指摘でもしない
限り殆んど出てこないのは何故かと気になっていたのです

 飯山氏はあなたの施術と並んで医学的知識の深さをも称賛されました   このスレが政治的立場では
なく健康問題と言う科学性、客観性をも問われるスレであるならば用語や実証された事実に対しては謙虚に
受け止め扱う姿勢が何よりも求められます   問題を混同されぬよう切に願うところです   以上


 
228:ハリー今村 :

2019/12/21 (Sat) 04:36:50

host:*.tokai.or.jp


オオトラさんへ

こちらこそお久しぶりです。その節は旧スレッドにて

活発にご交流頂きましてありがとうございました。



東洋医学をどう捉えるか?

さまざまな切り口があると思います。

仰るように自律神経の正常化という側面も

大きな柱になります。



そうなると自律神経の神経根が脊椎の両脇から

分枝するから、脊柱起立筋に沿った経絡の

太陽膀胱系のツボ郡は間違いなく自律神経の正常化に

アクセスできると見込めます。



さらに細かく見ていくと

胸椎付近は交感神経の枝がメインで、

頚椎や腰仙椎は副交感神経の枝と分かれている。

ゆえに武道で気を失った際に喝を入れるのが胸椎付近。



これは自分の臨床例ですが体調が芳しくない新規のクライアントが

来院して、指圧のみの治療が終わりにさしかかった際に、

急に気持ちが悪くなったとそのクライアントが言い出して、

あれよあれよと言う間に気を失ってしまった事がありました。

その時に胸椎付近を軽く按摩して意識を回復させました。



温灸を脊椎に当てる場合も副交感神経の枝を先に温めて、

のちに交感神経の領域の胸椎を温めれば

治療後に気を失ったり、極端にだるくなったりしません。

四肢末端などを温灸したあとも

胸椎付近へ念のための仕上げに温灸しておく。

こうした細かい配慮で事故も防げます。



論より証拠、結果が全て。

治験の蓄積、成功失敗の積み重ねというフィルターを

経て手の内に確証が得られます。


疾患別に交感神経、副交感神経のどちらが原因するのか

カテゴライズすれば治療方針が立てやすいでしょう。

さしずめガンなどは交感神経の力で増殖しますから、

副交感神経が優位になるように持っていくという

方向性が良いと思っております。



227:オオトラ :

2019/12/21 (Sat) 01:42:03

host:*.dion.ne.jp
ハリーさん ご無沙汰しておりますわしは今 東洋医学は自律神経系の学問と言う事に注目して
交換副交感神経系の正常化っー事に向けての 試行錯誤の真っ最中です色々お試し中です
今の所腰痛 膝痛 初期のリュウマチ等が 粗一月程度の施術で解消して居る様に思います
アトピーも対象に考えて居ますが 知り合いには居ませんので 検証できて居ませんが可能性
は十分有り と思って居ますお困りの方居ませんか?
226:ハリー今村 :

2019/12/20 (Fri) 21:48:19

host:*.tokai.or.jp


モーレアの風さんへ

この度も私如きに、

貴重なご高説を頂戴しましてまことに恐縮しております。

なにぶん私は単なるいち臨床家に過ぎません。

既に述べた通りそれ故に臨床と理論に整合性を

持たせられる論説しか展開できません。

つまり手の内で確信できる事しか口に出来ません。



臨床は、論より証拠、結果が全て。

その積み重ねで自然に自分のフィルターから

こぼれ落ちる理論も多々あります。

こぼれ落ちた理論には申し訳ありませんが

興味が失せます。



私の祖母は普通にご飯の食事を摂り、

間食のお菓子もよく食べて

ガンにも認知症にもならず98歳で大往生を遂げました。

祖母が50代から飲み続けた降圧剤を80歳過ぎで

ピタッと止めさせてからは

週に2回の私の鍼灸指圧で祖母の体調を維持しました。

論より証拠、結果が全て。

この15年以上に渡る祖母に鍼灸指圧を

し続けたというこのひとつの臨床例があれば

もう多くの論理は私には必要ありません。



本当にこうしてお声かけして頂き有難いのですが

私如きではモーレアの風さんと

ディベートをするには力不足と感じます。



今後も私の興味がある内容しか提示できませんが

何卒ご了承下さいますよう重ねてお願い申し上げます。



225:モーレアの風 :

2019/12/20 (Fri) 20:51:41

host:*.bbtec.net
  
 この間のスレを振り返って思うこと

 食事の最後にまた甘い物とかアホ杉、のメスペ君の話からツイ糖質についてこの間書いてきた
ストレスの観点ではストレス理論からの検証で糖質との関連はほぼ解明されている

 もう一つはガンとの関係だ   既述したがワールブルグ博士が解糖系のエネルギーでガンが増殖する
事に着目したのは先見の明と言うべきだろう  しかしその後のガン研究は遺伝子研究の進歩
でガンは遺伝子の変異という見方が広まりガン化の環境、条件に注目する考え方が失われていった
のは残念というしかない

 今村氏にしても>>127に於いて「確かにガン化した細胞は解糖系が亢進し、ミトコンドリアがシャットダウン
している。しかしそれはガン化した細胞に於けるメカニズム。ガン化した原因のメカニズムではない。」
と述べられている  糖質については「白砂糖や人工甘味料の過剰摂取が何らかの健康障害の要因
にはなりそうですが、これもそうだと言い切れる証拠を思い出しておりません。」とのご意見である

 なる程これでは糖質制限の話題が出ても関心を示されなかったのも納得である  に対して温熱療法
・効果については多くを割いておられる  確かにHSPを利用した方式は殺傷療法の様な高温でなく馴染め
易そうだ  今村氏の記事を見てもガンに対しても大いに効果を期待できそうだとの印象を受ける

 温熱療法の効果は自分も否定しないが同時にガン化の温床となる条件や環境について糖質との関係についても
謙虚に受け止める姿勢が望まれる   低酸素や低体温が問題であれば施術療法として手当や温灸もいいだろうし
湯たんぽで大腿筋を温めるだけでもリンパ球の数は増える  糖質の過剰摂取によってガン化の素地が出来るのであれ
ばガン化の可能性を高めるリスク要因として包括的にとらえる姿勢が重要であろう

  温熱でガンが消えたケースもあれば重曹で消えたケースもあるのである  糖質は未だガン化要因の有力な“候補生”であり
百年も前の話ではない  寧ろその可能性が高まってきているのではと思う   原因のメカニズムが未だ不明だから問題
なのであり森下敬一氏が千島理論の赤血球分化説を顕微鏡下で捉えた如き“現行犯逮捕”が出来ないのである
  ともかくガンは総合戦であり体験者の方はうなづかれることだろう  
224:gggdgdddbhhbdd :

2019/12/20 (Fri) 12:02:53

host:185.220.101.79
ttps://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12249030107.html
安倍晋三首相が、トランプ大統領に、取り入るために、
明日11日(アメリカでは10日)に、持って行く日本からの資金は、
なんと4500億ドル(51兆円)だそうだ。ggdgdggd
223:ハリー今村 :

2019/12/20 (Fri) 08:20:05

host:*.spmode.ne.jp


前コメント内の


遠赤外線→近赤外線

大地くん→大知くん


に誤字訂正です。すみません。


222:ハリー今村 :

2019/12/20 (Fri) 08:10:43

host:*.spmode.ne.jp


堺のおっさんへ

よく自分みたいな農の素人が自給自足などと言って

家庭菜園をやってみるものの

まずもってまともに収穫など出来ない 笑

やはり餅は餅屋。

プロの農家さんがいなければ

私たち一般庶民は餓死してしまう。



農こそが国家の基本、

日本の農家が日本国民を養い支えている。

もちろん漁師や酪農家も。

第一次産業ではなく

第高等産業いや無くてはならない必須産業が

食料生産に関わる職域の皆様。

しかしその現場はまことに肉体労働。



スポーツ振興も結構毛だらけだが、

その余りある体力を食料生産に回してもらえば

日本の食料自給率もアップするはず。

スポーツが流行れば国家は衰亡する。

おや、ちょいと余分な事を口走ってしまった 笑



治病の現場は既存の常識や論理、

机上の空論は全く役に立たない。

現場は常にその現場からのみ唯一と

言えるユニークな叡智が湧いてくる。

インディジョーンズにならずとも

現場には常に発見がある。




飲尿獣医さんへ

私もこちらからのコメントで失礼。

お仕事柄、覗きこむような体勢になる事が多いのでは。

歯科医なども覗きこむような姿勢が累積し

頭部の回旋時に首に痛みが生じて取れないというケースが生じ、

その原因を探っていくと手指の人差し指の先にかかっていた負荷と

判明し、そこに連なる経筋群を治療して

長年の痛みがほぼ一発で解消した臨床記録があります。

胸鎖乳突筋だけでなく、手指、手首、前腕、上腕、

肩関節、肩甲骨間部、背部、

まで視野を広げて遠赤外線を当てていけば、

より一層早く可動域が初期化されるはずです。



三浦大知さんという和製マイケルジャクソンとの呼び声高い

優れたミュージシャンが、ダンスをしながら歌える体力は

筋トレの賜物か?と質問された際に、

筋トレをすると腕の筋肉が重くなったりして

腕は声帯に繋がっているのでかえって良くないから、

筋トレはしないで、歌って踊るを反復するのみ、

と答えていて、本物はやはり本物だけあって

肉体を正確に把握しているんだと感心しました。



人間の二本の腕は進化発生学で起源を遡ると

魚類の胸ビレに相当する。

金魚を見ていると分かるが

胸ビレと口、エラの動きは同期する。

それゆえに人間の腕も

心肺、気管支、声帯と同期する。

大地くん、ドンピシャ!



221:堺のおっさん:

2019/12/20 (Fri) 07:25:45

host:*.enabler.ne.jp

>>220 今村さん

農家はキツイ。

年寄りばかり。

いくら機械化が進んでもどうしてもできない作業がある。

もっとも高価な設備投資すればかなり解決されるが

ペイしない。

やはり、体をいたわりながら続けるしかない。

そんな農家の皆さんの悩みが大元のある。


今村さんは実践し、検証し、理論化する。

患者さんもその知識を吸収し

自分の体と向き合っていく。

ホントに楽しいです。
220:ハリー今村 :

2019/12/20 (Fri) 05:44:39

host:*.tokai.or.jp



堺のおっさんへ

治療院でのお客さんとの会話は

ほんとためになりますよ。

アキレス腱、足首も実際にやってみると

その効果効能に狂喜乱舞ですが、

レアなパーツで言うと肩甲骨のディスク上の窪み、

ようはあの三角形の定規のような形状に沿って

そこに付着した筋肉の凝りを隈なく温めると

また世界が違って見えてきます 笑

凝りという現象は一言で言えば

重力と干渉した痕跡。

だから凝りを外すと一時的にその筋群は無重力に浴す。

血流を生み出すための血圧は重力負荷に抗って

血液を全身に送るために生じた。

筋群の凝りを外し筋群を無重力状態に持っていけば

血流は重力の抑圧から解放されて

怒涛の奔流と化す。


うちの常連さん、お茶農家さん、レタス農家さん、

大根農家さん、と農家の方も多い。

農家の方は本当によく働く。

体の使い方も過酷。

大根農家さんはあの重い大根を何百、何千、何万本と

収穫しトラックに乗せ、水洗いし、ダンボール箱に詰めて、

またトラックに積んで市場に持っていき降ろす。

この作業がどれだけ体に負担か。

お茶畑の斜面での作業。

中腰の多い畑仕事。

みなさん腰をやられる事が多いですね。

そんな農家の皆さんに束の間、

鍼灸指圧で英気を養って貰えれば

鍼灸指圧師として嬉しい限りです。





vagabundo1431さんへ

どうぞお母さんへ試してください。

手首は手のひら側、手の甲側、あと手首の両脇サイド面、

上下左右の4点を照射するといいです。






219:vagabundo1431 :

2019/12/20 (Fri) 00:26:34

host:*.au-net.ne.jp

>>214

ハリー先生

早速、足先の冷え著しい母親に試してみます。
手も冷たく、既にヘバーデン結節なんですけどね(T_T)

アキレス腱は確かに、自分で揉んでも氣持ちいいですよね(^^)/
218:堺のおっさん:

2019/12/19 (Thu) 23:03:24

host:*.enabler.ne.jp

>>217 今村さん

楽しいね~

こういう会話は。

施術中の光景まで浮かんできたりして…

患者さんとの会話も、また楽しいでしょうね。
217:ハリー今村 :

2019/12/19 (Thu) 22:16:45

host:*.tokai.or.jp



堺のおっさんへ

ヒト特有の直立二足歩行。

歩き、走り、しゃがみ、飛び、蹴り、

降りる、登る、踏む、立つ、支える、

動きのバリエーションは多々あるが、

足首やアキレス腱には常に負荷がかかる。



脊柱管狭窄症も自重負荷による宿命的加齢疾患だが、

足首の硬化も同じくヒトの宿痾。

アキレス腱を温めて

足首が緩むと

足枷が外れたように

足首が軽く滑らかに動く。



自分も仕事場で指圧中はよくしゃがむ。

ほんと動きが軽くなりますよ。


216:堺のおっさん:

2019/12/19 (Thu) 21:41:02

host:*.enabler.ne.jp

今村さん

アキレス腱を温めるというアイデア。

連日、長時間畑でしゃがんでいる身からすると

これもいいなと。

ついでにかかとの骨もほぐしてゆがみを直して

明日に備えます。
215:ハリー今村 :

2019/12/19 (Thu) 21:09:59

host:*.tokai.or.jp



あまり知られていないが

漢方薬の原初のスタイルは衣冠療法。

さてこの衣冠療法とは何ぞや?

読んで字の如く衣と冠に関係する。

どういう事かと言うと

生薬の香りを身に帯びてまとう事、

今の世で言うアロマテラピーに近そうだが、

より治病的な目的で袋に仕込んだ薬方を身につけて

その生薬の香りの気を鼻腔で吸い、皮膚に付着し

治病の目的とした。

服に身につけたのが漢方薬の原型で、

その名残りとして「服薬」の言葉が今に伝わる。



私が使用している太乙薬條という商品名の棒灸には

16種類の生薬がブレンドされている。

この棒灸を燃やしてその香りを身にまとう、

ここに古代と現代が融合し服薬の原初が蘇る。

温灸はこのような意味で漢方薬を飲む事と同じか

それ以上の効果が期待できるとも言える。



214:ハリー今村 :

2019/12/19 (Thu) 20:14:11

host:*.tokai.or.jp



vagabundo1431さんへ

温灸と鍼では、いささか味わい、

感触に違いがあります。

温灸はやはり温熱効果で

温度変化に対応するかたちでヒートショックプロテインが産生される。

鍼の場合は圧力ストレスに対してヒートショックプロテインが出る。

ちなみに指圧も圧力ストレスでヒートショックプロテイン 。

鍼、灸、指圧でそれぞれ体壁に付与されるストレッサーが微妙に違う。

でも、全てヒートショックプロテインが出る。

超ざっくりというと、こんな感じです。

足首を緩めて足先ポカポカ、

温灸の良さはこの感触。

あくまでこれは私の体感です。



213:vagabundo1431 :

2019/12/19 (Thu) 19:35:24

host:*.au-net.ne.jp

>>211

ハリー先生

即答感謝。尚、シロウトの質問ですが鍼でも同等の効果は得られますか?
212:ハリー今村 :

2019/12/19 (Thu) 18:06:07

host:*.spmode.ne.jp



NK細胞が活性化している今この瞬間。

さてこの地球世界でそれを意識している者は

はたしてどのくらいいるだろうか?

たぶん放知技の本スレッドを

最近読んで下さっている皆様くらいではないかと。



NK細胞もガン免疫で活躍する免疫細胞。

またNK細胞は宿主の感情に同期する。

気分が落ち込むとNK細胞の活性も一気に下がる。

意識、モチベーションを高める事は

NK細胞を活性化しガンに打ち勝つ力を養う。


馬鹿は風邪をひかない。

なぜなら馬鹿は細かい事を気にして

気分が落ち込んだりモチベーションが下がる事が無い。

いつも意気揚々、ストレスなんてどこ吹く風。

だから馬鹿のNK細胞はいつも正常な活性を維持し

免疫の最前線で風邪の原因ウイルスや細菌や異物抗原を

速攻でやっつけてしまう。


馬鹿を武器にできれば

最強の免疫力が獲得できそうだ。



211:ハリー今村 :

2019/12/19 (Thu) 16:16:39

host:*.spmode.ne.jp


vagabundo 1431さんへ

こちらこそいつもコメントをありがとうございます。

アキレス腱の真上と左右の窪み、です。

これに足首の前の部分、ツボ名で胃経のカイケイの部分も

同じようにじっくりと温めると

足湯以上の温熱効果が持続します。


古人は四肢の末端への刺激が

中枢を沈静化すると見ていたようですが、

なるほど足首を温めると

意識がここに引っ張られて

いい感じに気を失いかけ、笑

もとい、眠くなりリラックスします。


210:vagabundo1431 :

2019/12/19 (Thu) 15:04:17

host:*.au-net.ne.jp

>>209

ハリー先生。

いつも有難うございます。具体的には、アキレス腱左右の窪み部分でしょうか?

209:ハリー今村 :

2019/12/19 (Thu) 13:18:43

host:*.spmode.ne.jp



最近になり発見したのがアキレス腱に

温灸すると、足が軽くなり

足先までポカポカして、

風呂を出て布団に入って

朝まで足先が冷えない事。



アキレス腱温灸。



ほい、堺のおっさん、

こんなん出ました〜 笑


208:モーレアの風 :

2019/12/19 (Thu) 09:38:33

host:*.bbtec.net
 先日は主にエネルギー代謝の面から不調、病気に至る経路を見てきたがストレスの話題が本来であったかも知れない
 糖質摂取過剰による(インシュリン大量分泌を通じた)低血糖状態という緊急事態に対処すべく生体は
ストレス反応を繰り返し結果ウツなどに至る事情も見てきた  糖質を減らし更に排除すれば解糖系利用による乳酸の
弊害もなくなりミトコンドリアでの有酸素系エネルギー生産回路が主体となって不調や発病のリスクは大きく軽減される
 
 ところでストレスと自律神経の観点から病気やガンの問題を取り上げたのが例の安保教授らのグループだがそのメカニズムは
極めて明快だ  即ちストレスによる交感神経の緊張、優位で神経末端から分泌されるアドレナリンが免疫細胞の顆粒球と結合する
 依存の問題で出てきたホルモンの受け手、レセプターが顆粒球にあってアドレナリンと結合する  顆粒球は免疫細胞であってガン細胞
の様な微小なものは相手にしない  ガン攻撃に役立つのはリンパ球の方でリンパ球には副交感神経の末端から分泌されるアセチルコリン
とくっつくレセプターがある  そしてこれら二種の連係は拮抗(対立?!)関係にある  ムリしない、頑張り過ぎない、リラックスですよ、と
安保教授らが唱えてきたのも副交感神経を優位にしてリンパ球を増やすことを狙ってのことだ

 上記は概略、要点であるがリンパ球数を増やすだけでなく、リンパ球の中のTh-1(ヘルパーT細胞1型)とTh-2(ヘルパーT細胞2型)のこれも
拮抗関係にある細胞のうちガン細胞を貪食する前者の1型をいかに増やすかに工夫、苦心が凝らされているところ
 今村氏が言う“気持ちいいが大切”は自律神経系から入っていく療法のポイントを一言で表したものだろう  気持ちいいこと
はリラックスさせてくれて副交感神経を優位にしてくれる   さらに言えば自律神経も内分泌系も免疫系も神経伝達物質(内分泌系
ではホルモン、免疫系ではサイトカイン)をやり取りして交流、会話しており正に人体はミニ宇宙だ∞





207:ハリー今村 :

2019/12/18 (Wed) 19:21:46

host:*.tokai.or.jp


堺のおっさんへ

免疫細胞に特有のバイオリズムでもあるのか、

あるいは朝食後、夕食後に適応進化したせいか、

代謝のピークのようなものと関連するのか、

詳しいことまではわかりませんが、

NK細胞に関しては朝夕2回の活性化のエビデンスは

獲得されていると。



自分の体感ではこの朝夕2回に合わせてやると

たしかに体がシャンとする感覚はあります。

背中の胸椎付近の交感神経を刺激すると喝が入り、

手首、足首あたりを温めると眠くなりますね。


寝る前にやるのもいいでしょうね。

血流が良くなって

リラックスしてぐっすりと眠れそうです。


206:堺のおっさん :

2019/12/18 (Wed) 17:38:15

host:*.spmode.ne.jp

>>205 今村さん

朝夕に行うと効果的という教示はストンときます。

寝る前とかにどうしても実行していたのですが、

これはやってみる価値ありそうです。

仕事でこの時間は無理やという人も

休みの日は出来そう。

代謝のピークと関係するのでしょうかね。
205:ハリー今村 :

2019/12/18 (Wed) 16:59:12

host:*.spmode.ne.jp


堺のおっさんへ

NK細胞が活性化するのが午前9時と午後5時。

この時間に合わせて温灸をすると

なお一層効果が上がると私は見込んでいます。



以下は私の臨床例では無いのですが、

小児頭大にまで大きくなった子宮筋腫が

一日2回の灸治療と食事療法で消えた実例がある。



漠然と体を温めればいいではなく、

38.5度でヒートショックプロテイン90、

リンパ球にスイッチオン、

NK細胞は朝夕2回の活性化、

とピンポイントを押さえて温熱治療を実践すれば

成果がきっと出るはずです。


204:モーレアの風 :

2019/12/18 (Wed) 08:43:54

host:*.bbtec.net
>>195  関連追加
 痛風や尿酸値を上げる原因は激しい運動、糖質、アルコールの三点と女医の姫野医師なども言っています
 尚アルコールもビール、日本酒などの醸造酒は糖質が多く焼酎やワイン、ウィスキーなどの蒸留酒は少ないわけですが
 糖質とは別にアルコール自体ということであり高尿酸血症の人は酒類はほどほどがカンヨーかと
 プリン体は無関係とわかっておりツマミの動物性蛋白などは気にしなくていいということです

 九州の変人さんのv・cの代替大量療法というのは初耳で驚きましたが、それで体調がよくなったなら
凄いことですね  一般性、普遍性がどの位かはわかりませんが医療機関の世話にならず持病を克服した
場合、何よりの自信となります   大規模病院の初診や再診代が大幅アップされますが飯山さんが言った
ように“健康は最大のリスクヘッシ”  健康の価値も“値段”もますます高くなってきました
203:ハリー今村 :

2019/12/18 (Wed) 05:40:10

host:*.tokai.or.jp



借金で首が回らなくても、

胸鎖乳突筋をほぐせば

借金はともかく首だけは確実に回るようになる。

総頸動脈が一酸化窒素で拡張すれば

右脳、左脳の両方の脳に血流が促進されて

頭脳が明晰になる。

迷走神経は内臓や横隔膜を支配しているから

シャックリが無くなり胃腸や心肺の機能が高まる。

甲状腺から出るホルモンはミトコンドリアを賦活。

唾液腺が刺激され唾液の分泌が良くなる。

唾液腺から出る若返りホルモンのパロチンによる

アンチエイジングも期待できる。

鬱っぽい時に胸鎖乳突筋を温めると即座に気分が改善される。

首を回すのが楽になるだけで

以上の効果が期待できる。



あとこれは健康法フリークには良く知られているが

口腔から侵入する飲食物由来の異物抗原に対して咽頭扁桃の

免疫細胞は対処するが、空気由来の異物抗原には

咽頭扁桃は対処できない。

だから口を開けて呼吸していると

とめどなく雑菌やウイルスが腸管内に侵入する。

これを防ぐには口を閉じて鼻呼吸に徹すればいい。

鼻腔から侵入する空気由来の異物抗原は鼻腔内のフィルターで

捕捉されて100パーセントの湿度が与えられた後に

肺胞へと送られる。

鼻呼吸であれば大気中の異物抗原は鼻腔内のフィルターや

肺胞マクロファージでシャットアウト出来る。

風邪予防に鼻呼吸。



202:堺のおっさん:

2019/12/17 (Tue) 23:21:09

host:*.enabler.ne.jp

>>201 今村さん

>自分は風邪予防に胸鎖乳突筋という

>頸部の両側にある筋肉を耳下から鎖骨にかけて

>温めてます。

おお、私の持っている温灸器でぴったりのサイズではないですか。

さっそく試してみます。
201:ハリー今村 :

2019/12/17 (Tue) 22:57:15

host:*.tokai.or.jp


堺のおっさんへ

恨み骨髄、骨身にしみる、骨まで愛して。

骨髄で幹細胞が生み出されているとすれば

やはり骨は物凄く重要な地点。

ストロンチウム対策としても骨のミネラル循環を

促進する事は必須。


肝臓、胸腺、いいとこ当ててますね。

自分は風邪予防に胸鎖乳突筋という

頸部の両側にある筋肉を耳下から鎖骨にかけて

温めてます。

ここは総頸動脈もあり脳の血流も促進できます。

また頸部リンパ節、甲状腺、迷走神経など

重要な経路が入り組んでおり、

口腔からの食事と共に侵入する異物を

処理するワルダイエルリンパ咽頭輪つまり扁桃腺、

飲食物が腸管免疫へと向かう際の免疫の第1の関所もあります。

胸鎖乳突筋をよく温めるようになってから

喉の不調に見舞われる事が無くなりました。



また自分は指圧師なんで手首、肘、肩関節、このへんを

温めるとめちゃくちゃ気持ちいいですね。

ギックリ腰の既往がありその後遺症で坐骨神経痛に悩まされた時期も

ありましたが自分で鍼灸して治しました。

紺屋の白袴ならぬ紺屋の紺袴。あるいは自作自演 笑



自分の体は自分で守る。身体自治。

飯山さんが提唱した医療革命の基本ですからね。



200:堺のおっさん:

2019/12/17 (Tue) 21:58:00

host:*.enabler.ne.jp

>>199 今村さん

骨休めですね。

これは面白い発想です。ウロコポロリ。

また、体のどこを温めるのかということですが

件のセラミック温灸器であちこち試しました。

二日酔いならうつ伏せになって肝臓を温めるとか程度ですが

結構効きます。

風邪気味の時は、あおむけに寝て胸腺に温灸器をあてる。

ホンマ、ドシロートの経験値ですが、かなり改善されます。


話は変わりますが、日本人のほとんどは内臓が冷えていると。

血流が内臓の冷えで阻害され、いろんな症状を引き起こしている。

自分でできる改善策として、おなか全体を上下にマッサージと言うか

指圧と言うか100回程度ゆっくり行う。

寝る前とか、風呂上りとか行うと肩こりまで改善される。

指圧の先生には申し訳ないが、

自分でできる体調維持法をてげてげにやってます。
199:ハリー今村 :

2019/12/17 (Tue) 15:31:07

host:*.spmode.ne.jp


どこを温めるか?

という点で少し前から注目しているのが骨。

骨は単なる支持組織のみならず実は免疫にも深く関わる。

骨で産生されるオステオポンチンやオステオカルシンなどの

近年になり注目されている骨が生み出すホルモンには

免疫の維持や骨粗しょう症の予防、スタミナなどと

多岐にわたる生理機能と連関する事が分かってきた。



背骨はどこを温めても気持ちがいい。

また首、肩関節、肘関節、手首、股関節、膝、足首と

これまた全て温めると柔軟性が改善する。

恐らくは骨温活もまた免疫活性化には

有効なメソッドと推定している。





198:ハリー今村 :

2019/12/17 (Tue) 12:07:55

host:*.spmode.ne.jp


堺のおっさんへ

その節はありがとうございました。

治療院にレンジが置いてないので

まだ実験しておりません。



前コメントに提示した38.5度でヒートショックプロテイン90、

リンパ球にスイッチオン、が達成できれば

どんな温熱機器でも相応の効果は見込めそうです。

そう言う意味では堺のおっさんの父上は

コーリーと同じく時代を先取りし過ぎたのかも 笑。



また、それを言うなら日本のお灸文化は

とっくに最先端の免疫賦活療法だったという事でしょうね。


197:堺のおっさん:

2019/12/17 (Tue) 10:52:22

host:*.enabler.ne.jp

今村さん

2年ほど前だったと思います。

自作のレンジでチンするセラミック温灸器を送らせてもらいました。

温熱療法に使えませんか。
196:ハリー今村 :

2019/12/17 (Tue) 10:32:37

host:*.spmode.ne.jp



先日にこちらのスレッドの150で中国科学院が発見した

38.5度以上の発熱が免疫細胞にスイッチを入れる事実に触れました。

さらにその後の投稿ではコーリーの毒治療に言及しました。

このコーリーの毒治療は、早い話が中国科学院の発見を

先取りし、ガン細胞に死菌や生菌を打ち込み発熱を誘発し

免疫細胞を活性化してガン細胞の貪食を促進していたとみなせます。

コーリーがもしも現在にタイムスリップして中国科学院の発見を知れば、

自らの実験的治療に正確な科学性があった事を知りきっと喜ぶでしょう。



ヒポクラテスは火で治せないものは不治である、

との言葉を残しておりますが、

この言葉を上記のエビデンスに沿って言い換えるなら、

38.5度以上の発熱を誘導してヒートショックプロテイン90の産生が

促進できれば相当の免疫力アップが見込め、

うまくいけばコーリーの毒治療のようにガン細胞の消退も夢ではない、

となりましょう。



世に温熱療法の類は温泉、サウナ、遠赤外線ヒーターと

もろもろありますが、本当の意味で温熱効果を正確に

発動するには上記に照らしてちょっとしたコツが必要になると

私は見ています。



そのコツはつまりそうした温熱治療をして

一時的にでも38.5度以上まで体温が上昇する事が1点、

そしてもう1点がリンパ球に直接38.5度以上の温度を照射して

リンパ球にヒートショックプロテイン90の産生を促す事の

以上の2点です。



温熱療法をやってそれほど効果が上がらない場合は

この2点のどちらにもヒットしていないからで、

温泉や遠赤外線ヒーターであってもこの2点の

どちらかにヒットすれば免疫活性化がもたらされるはずです。



インフルエンザの流行る時期です。

例えばサランラップで絞った濡れタオルをくるみ

レンジでチンして熱いけど我慢できるくらいの

適温になったものを後頭部、首筋、手首などに当てると

ほとんど無料でレンチン温灸ができます。



レンチンタオルの温度が落ちたらまたレンチンすれば再利用できますし、

最後にラップをほどいて鼻腔に当てれば湿熱で鼻腔内のウイルス対策にも

なります。


このレンチン温灸の際にも上記のポイントの2番目の

リンパ球への38.5度以上の温度照射に留意すると

頸部リンパ節、腋下リンパ節、鼠径部リンパ節などのリンパ系経路の

重要ポイントに戦略的に熱照射するという視点も出てきます。


(※ 実際に自分で実行する場合は、くれぐれも火傷にはご注意下さい)



さて地球の気候トレンドは小氷河期に入ったとする意見も出てきています。

こうなると地球の気候そのものが人間の免疫力を低下させる敵になってくると

言える時代を迎えているのかもしれません。

地球を救おう、地球と仲良く。

誠にエコで美しい言葉ですが、

それはそれとしてこの氷河期を乗り切るキーワード


38.5度でヒートショックプロテイン90、

リンパ球にスイッチオン、


は覚えていて損は無いと思います。


195:モーレアの風 :

2019/12/16 (Mon) 11:48:51

host:*.bbtec.net
>>194 関連
 尿酸でツイまた気になったのですがプリン体は無関係、強度の高い運動、糖質の摂り過ぎ、遺伝が原因だと
言う専門家も出てきました  遺伝は結構多いかも  にしても糖質は本当に悪役商会にw
ではこれで今日の所はw
194:モーレアの風 :

2019/12/16 (Mon) 11:36:34

host:*.bbtec.net
>>192 関連
  
 ただ最近、 先述した副腎にはビタミンCを蓄える機能があり今まで言われた量よりも多目に飲んでも
よさそうだと言う見方が出てきました  確かに緩下剤の用途もありそれで調整出来ればいいかもw
抗酸化作用がある一方活性酸素も出すので体調見ながら自分に合った量があるならそれでいいかも
ですねw
ただ尿酸値コントロールの薬は副作用が殆んどないのでクエン酸やVCの大量療法!より薬を飲んだほうが
楽かもw  運動も普通にできて糖質制限で増える肉や脂肪を気にすることもなくなります
 あの有名な発作時も今は薬局でロキソニンが販売されており便利になったと聞きます  最後はおくすりの
CMでちょっとバランスとっときマスネw
193:モーレアの風 :

2019/12/16 (Mon) 11:17:47

host:*.bbtec.net
>>192 1行目訂正
    ビタミン  →   ビタミンC
192:モーレアの風 :

2019/12/16 (Mon) 11:15:08

host:*.bbtec.net
>>191
クエン酸はいくら飲んでも大丈夫(笑)ですがビタミンは自前で合成できずフィードバック機能が働かず
ポーリング博士みたいな事も問題w  10g以上は要注意と見ておいたほうがよさそうですね
 呼吸法は動悸の時は気分を落ち着かせる効果もあり即応性もありますね  心臓と言えば若い人
にも心房細動が増えていますが安心感を持つ上でβーブロッカーなどを携帯している人も多いかも  
クエン酸と併せて呼吸法は身心に好影響を及ぼし是非試して欲しいものです
191:九州の変人 :

2019/12/16 (Mon) 10:58:39

host:101.110.55.177
モーレアの風 さん

呼吸は大切ですね。私は以前狭心症持ちでニトロを肌身離さず持ち歩いていました。

しかし、医者に別れを告げようと決心してから、しばらくはお守り代わりに持っていましたが、
そのうち消費期限も切れたので捨ててしまいました。

捨てるとすぐに発作が始まりましたが、横隔膜を大きく動かす事を意識しながら、一気に空気を
吸い込んで、ゆっくり長く吐くという呼吸をすれば、発作が治まることを体得しました。

これは自分で内臓を指圧し、内臓血管に一酸化窒素を発生させたためだと、後に今村先生の説明
で腑に落ちた次第です。

クエン酸、私は毎日欠かさず大酒を飲みますが、焼酎にクエン酸を加え、それに飲む緑茶を加え
て飲んでいます。クエン酸でミトコンドリア活性化ですね。

ビタミンCはもっとトンデモで、ピーク時は毎日80gほど飲んでいました。
(日本の医学の上限は2000mg=2gなので40倍)

原因は痛風でした。

尿酸の排出が悪くなるのは腎臓の劣化、劣化の原因は自分の理解では化学調味料による細胞の
硬化と糖質(特に果糖)による糖化なので、これらを一切断つか、珍味などどうしても我慢
出来ないものは乳酸菌で発酵させて食べました。

次に劣化した腎臓の再生、メガタンパク、メガビタミン、メガミネラルをやりました
(詳細は割愛します)。

最後は尿酸の働きの代替えです。人類と一部の類人猿を除くと、ビタミンCは自前で合成して
いるそうです。ビタミンCの合成を行うエネルギーを節約して人類とその仲間たちは脳を肥大化
させたと主張する学者もいるらしいです。

尿酸の働きの代表格は抗酸化作用で、炎症部分に発生している活性酸素を中和して無害化する事
です。私の場合はいろいろ体に不調があるので、体中炎症だらけで、尿酸値を下げたくても炎症
がそこら中にあるので下げられないのではないかという考えでした。

それならば尿酸の代わりの抗酸化物、ビタミンCを大量に摂取してみようと考えました。

前にも書きましたが、尿酸値は投薬なしで正常になりました。

あと、ビタミンCには、殺菌作用や、抗ウイルス作用、細胞を構成するコラーゲンの材料でも
あると言われています。

とり過ぎるとおなかが緩くなるのでそこまででやめれば良いし、かぜの引きかけなどでは体が
要求するので大量に摂取してもおなかは緩くならないそうです。
(私は馬鹿を極め過ぎて10年以上かぜなどひいていませんが・・・)

190:モーレアの風 :

2019/12/16 (Mon) 10:54:01

host:*.bbtec.net
>>189  下から4行目訂正

  150/190 →  150/90
189:モーレアの風 :

2019/12/16 (Mon) 10:23:27

host:*.bbtec.net
>>186  参考

 【メタボ検診基準】 130,85 以上  →  保険指の導対象に

 【高血圧症ガイドライン】  糖尿病や腎臓病などの病気がない場合、まず生活習慣の改善を
数か月行い、それでも最高血圧が140未満または最低血圧が90未満に下がらなければ投薬治療を行う

  ※ 米国の診断基準(2013年改訂) 60歳までは150/190未満までは正常とし140未満に下げる
必要性,効果は認められないとした   

(病気と関連性が強いのは上の最高血圧であり下は表記しない国も  また加齢で上がるのは生理的な
現象であり他に大きな病気がないのなら従来よく言われてきた年齢+90位迄が妥当な線ではと)



188:九州の変人 :

2019/12/16 (Mon) 10:06:51

host:101.110.55.177
出世外人さん

血糖値が上がると血がドロドロになり、特に弱っている弱い毛細血管内の血流が悪くなり、
それが歯ぐきですと歯ぐきの細胞に栄養や酸素が行渡らず、細胞が壊れてきて炎症が起こります。

血糖値が上がる原因が糖質摂取だとしますと、口の中にも糖質が残っています。悪玉菌は糖質が
大好きですので悪玉菌が増殖します。

炎症を起こした歯ぐきの外に悪玉菌がいると、以前飯山一郎先生が乳酸菌風呂で説明されていた
「マクロファージコミニュケーション」ならぬ「悪玉菌コミニュケーション」が始まり、血糖
たっぷりのドロドロ血と、炎症と、くんずほぐれつの悪玉菌地獄の出来上がりというわけでは
ないでしょうか?

糖質摂取をやめ、血糖値が上がらない状況を続ければ、自然と治っていきますし、乳酸菌も応用
すれば更に治りも早まるでしょう。

あと、私の経験ではミネラルです。糖質摂取をやめ、海塩を口に含むと、歯の詰め物と歯の間に
塩がしみこみ、ヒーと言うほどしみていました。しかし、塩をなめ続けるとそのうち全くしみな
くなりました。その後、2箇所位の詰め物がはずれてしまいましたが、塩と乳酸菌を時々口に含
むだけで、もう2年以上経過しますが何ともありません。

乳酸菌と塩とミネラルで歯が再石灰化したのだと考えています。

あと、γ-GTPです。もともと大酒飲みの上に普通に糖質と医者の出す成人病の薬たっぷり飲ん
でいたあと、薬をやめたらγ-GTPは700超えました(上限値の10倍以上)。

その後、糖質摂取をやめると、翌年の健診で200台、次の年には正常値になりました。

酒も、すぐ二日酔いになっていたのがほぼなくなり、以前に増して強くなりました。

糖質の処理に肝臓さんはとても酷使されていたんだという事が良く分かった体験でした。
187:モーレアの風 :

2019/12/16 (Mon) 08:04:51

host:*.bbtec.net
ここまで書くのはさすがに甘えさせ杉だろうと葛藤しつつ自分も鬼でなく最後のフォローをしておきたい
 人生=ストレスであり丹田呼吸だ気功だヨガだマインドフルネスだ気合だ!と言ってもドコで不意にストレス源が待ち構えて
いるか知れずそのためのセリエ博士でありストレス反応であり、その際に分泌される抗ストレスホルモンの代表は何と言っても
コルチゾールであるわけで、この原材料の補給はやはり最重要課題だろう   ハイ、結論です、その原材料とは
 クエン酸とビタミンCです  あれこれ加えればキリがないけどストレス社会を乗り切る武器は何よりもこの二つです
  今回は以上になります!
186:モーレアの風 :

2019/12/16 (Mon) 07:28:01

host:*.bbtec.net
高血圧で投薬対象になるのは従来は生活習慣を改善しても上が160,下が95だった気が。
それが今やメタボ検診ではそれぞれ130,85に引き下げられたからタイヘン、以前なら1400
万人と言われた高血圧患者が一気に4000万人に! 3人に一人は高血圧患者でとにかく病院へ行って
ガタガタ言わず薬飲みなさいということらしい?!  ただ役所などは健康保険の負担軽減で生活改善
にも取り組んでいる  が医薬品売上金額の第一位は血圧の薬!というから役所の指導などは殆んど意味
がないようだ   先程の方が言われるように病院は病人を診る所であり病名をつけ治療をしなければ
存在意味がない機関だ  公営なら財政負担の面で逆に病気を減らそうと必死になるが民間では経営が
出来なければオワコンである  問題はコチラ側で、必要があって受けた医療だとして、その医療にいつまで頼るのかであり
自分で改善できる余地があればそれに取り組むべきで結局情報武装がカンヨーになる

 心臓や血圧の薬は特に徐々に減らす工夫が必要で様子を見ながら先ずは食の改善だろう  
最新のレポートではコレステロールは気にしなくてよい、寧ろ重要ということで注目すべきはここでも糖質になる
 糖質摂取で血糖値の急上昇が起きるがそれに対抗してインシュリンが分泌され血中の糖分を脂肪細胞に取り込む
アスリートなどは糖質摂取の後クエン酸を飲んで筋肉細胞に取り込みグリコーゲンの方に誘導する裏技を使うが普通人が
甘いものた炭水化物を摂る度にクエン酸を飲むなどは実際的でなく食の悦びも消えては本末転倒にもなりかねない

 脂肪が問題ではなく糖質摂取によるインシュリンの大量分泌が問題であると言われる所以は簡略すれば以上だが先日の
話に関連させればインシュリンの大量分泌はもう一つ大きな問題を生む   血中の糖分=血糖値がインシュリンの作用で急激に
下がると脳はストレス反応を起こしてアドレナリンの過剰分泌を起こしいわゆるキレ易い傾向になっていく
 緊急出動隊のアドレナリンはアドレナクロムという麻薬様物質の原料でもありチョクチョク出てもらっては困るのだ

 糖質を頻繁に摂るとこうしたストレス反応でストレスホルモンを出す副腎が疲労し最悪は本来の緊急出動が出来なくなる
事態にも発展する   こうなるとキレることも出来ず深い憂鬱状態、文字通りウツになる 今次元がイヤになるから
深刻だ  他人に危害を与えないならまだキレる方が元気ということに‥  
 3時のおやつなどはいいとして、朝からスイーツみたいな過度な甘党ファンの方は少しづつ減らしては如何?


 
185:出世外人 :

2019/12/15 (Sun) 22:19:59

host:*.bbtec.net
九州の変人さん そしてみなさん

医者が無暗矢鱈に服薬させ病人を作り、病院と製薬会社が肥大化していく――医療マフィア、というんでしょうか、恐ろしいですね。

一種の共時性でしょうか、私も、最近、かかりつけの歯科医さん(口腔外科医、いつも見立てや処置が適切な人)からこんなことを聞きましたので過去・最近の体験と合わせてシェアさせてください。

歯科医「口の中を見ると、その人の免疫力の状態がよくわかりますよ。
   免疫力が落ちている人は、細菌が繁殖して、歯周病が相当進行していますね。
   特に血糖値や血圧の降下剤は内臓にダメージを与えるので、服用している人の歯周病はひどいです。薬で免疫力が落ちてるんです。
   歯周病が怖いのは、歯を失うだけでなく、実は心筋梗塞や脳梗塞、糖尿病の原因でもあるからなんですよ(https://www.jacp.net/perio/effect/)・・・」

改めて恐ろしい!と思いました。

要は、
心筋梗塞や脳梗塞、糖尿病の予防に薬を飲む
   ⇒免疫力が下がる
   ⇒それでも薬を飲み続ける
   ⇒免疫が下がって心筋梗塞や脳梗塞、糖尿病のリスクが増々高まる

という、救いようのないサイクルではないかということです。
 しかも免疫力が落ちるということは、当然、癌の発症リスクも高まるということではないでしょうか。

それにしても、現在、病院というところは無暗に薬を使いますね。

6年くらい前の話です。

検診でγ‐gtpやらコレステロールの値が高かったので、専門医のところに行ったところ、こんなやり取りになりました。

医師「(血液検査の結果を見て)あっ、これは大変です! すぐに治療に入りましょう」

私「治療って、どんなことをするんですか?」

医師「お薬を飲んでもらいます」

私「最近、食生活で思い当たる節があるんです。コーラ(1日1リットルくらい)やウイスキーをがぶ飲みしているので、少々、マズイのではと思ってたところです。
まず暴飲暴食を改めるので、それでも検査結果が悪かったら服薬ということにしませんか」
医師、しぶしぶ、という感じで承諾「それでは2週間後、また検査しましょう」。

コーラとアルコールのがぶ飲みをやめて2週間後、再度検査を受けると結果はすべて正常値に。
その時の医者の残念そうな顔といったら・・・いかにも「金ヅル、カモを逃した」といった感じでした。

待合室には名門大学の医学部を出て、ハーバートの医学部でも研究した、といった証書を貼り出していましたが・・・問診もしない、生活改善の指導もしないで、いきなりリスクのある服薬を勧めるのはどうなってるんでしょうか???

もうひとつ、これは最近ですが、たまたま75歳の母親の服薬リストを目にしてびっくり。
血圧、血糖値、コレステロールと4種類くらい降下剤を飲んでいるではないですか。(おそらくvagabondさんのお母さんと同じパターン)
母はテレビを見たりしながら、お菓子類をしょっちゅう間食してます。
そこで「降下剤は内臓にダメージが来るよ。まずは、薬を使わずに、間食を控えてみたら。それで検査数値が悪かったら、薬を飲んだらいいでしょ」と説得したところ、聞いてもらえました。
母は、かかりつけの医者に「食生活を改善するので、薬を一時控えたい」と言っても、取り合ってもらえなかったのこと。そこで、内緒で1カ月ちょっと薬をやめて間食を控えたところ、検査数値はほぼ正常値になったということです。

リスクなしで病気を治したり予防する方法はいくつもあるのに、なぜ、身体にダメージを与える薬を安易に使うのか?

「治療」や「予防」という名目で服薬させ、本物の病人に仕立てていく・・・恐ろしいとしか言いようがありません。
改めて、自分の身は自分で守らなければと感じる次第です。
184:モーレアの風 :

2019/12/15 (Sun) 16:46:00

host:*.bbtec.net
>>183
 そういう感じで時々またよろしくw
183:ハリー今村 :

2019/12/15 (Sun) 16:26:19

host:*.spmode.ne.jp


モーレアの風さんへ

自分の過去のブログの内容がネットの世界にインパクトを与えたとは

とても思えませんが

ミトコンドリアはひと頃よりは少しは一般化したかもしれませんね。

というのは先日、銀行の待合に置いてあった女性誌をなにげにパラパラと

見てたら、どこぞの医師が独自の筋トレを指南する記事中に

筋トレで血流を上げてミトコンドリアに酸素が送られる事が大切と、

ごくごく普通に書かれていて、けっこうビックリしました。



しかし酸素という分子は反応性が強く鉄が

すぐに錆びて酸化鉄になるように

あらゆる分子を酸化させて劣化させてしまう。

この酸化が地球大気中に住む生き物にとっては宿命的課題。

生まれ出ずる悩み。

だから人間がこの地上で健康でいるためには

酸素の酸化毒性から身を守る事は必須。

ではいかにして酸素から身を守るか?



この酸化毒の発生源である酸素を吸着してくれるのが

赤血球のヘモグロビンであり、

同じ役目を担うのが細胞内に総数で

1京8000兆個いるとされるミトコンドリア。

ヘモグロビンとミトコンドリアという酸素の吸着装置、

言わば酸素蝿を捉える蝿取り紙が私たちの血液中と

細胞内にある事で酸素の酸化毒から身を守っていられる。

そしてまたミトコンドリアは酸素という毒を

エネルギーに変換する。


ヘモグロビンの中心元素の鉄、

ミトコンドリアの酵素の中心元素の鉄や銅、

これらが酸化鉄、酸化銅になって酸素がむやみに

他の分子と反応しないように防いでいる。

またヘモグロビンには抗酸化ヒートショックプロテインが備わり

ミトコンドリアには抗酸化酵素が備わり、

元から酸化毒を防ぐ万全の体制。



栄養摂取において鉄分や銅などのミネラル、

金属元素が重要なわけがここにあります。

クエン酸、ビタミンB、鉄や銅、脂肪酸、

アミノ酸、酸素、グルコース、

ミトコンドリアはこうした成分を巧みに使いエネルギーを生み出す。


酸素は確かに酸化毒の元だが

このようなメカニズムにより今では有益とさえ言えるまでになった

これもひとえにミトコンドリアのおかげ、

いや生命の神秘のなせるわざ、か。



ほんのおさらいです。

182:モーレアの風 :

2019/12/15 (Sun) 14:26:17

host:*.bbtec.net
>>181
ミトコンドリアに的を絞っての今村サンのブログでの論理展開はネットでも大きな影響力が有ったたと思います
忘れやすい読者のために時々軸に戻って復習してあげるといいかもですね  自分もイロイロ、ツイ、
「癖」で言ってしまいましたがゴ容赦をw
181:ハリー今村 :

2019/12/15 (Sun) 13:37:53

host:*.spmode.ne.jp



モーレアの風さんへ

仰るように以後は用語の選択に留意し、ぶれない軸の構築に努めたいと思います。

ただなにぶん私が故・飯山さんに最初に見出されたのは

ヒートショックプロテインについて私が論説を展開していたからであり、

私の軸はその時からずっと変わりなくヒートショックプロテインの作用を

追求して今日に至ります。さらに言えば飯山さんご贔屓のマクロファージの

動態にもヒートショックプロテインは非常に有益な作用があります。

またガン細胞内の潰れたミトコンドリアがヒートショックプロテインで蘇り

ガンの治癒に関わる事も分かっています。

なにぶん私は手の内の実証と発信する論理に整合性を持たせる事しか出来ません。

難しい生理学用語はなるべく使用しないようにしますが

最低限の専門用語の使用は認めて頂きたくお願い申し上げます。


今から午後いちの常連さんが来院されます。

彼女はガンサバイバーです。

手術、抗がん剤を経て、温灸と指圧でほぼ完全復帰を成し遂げています。





180:モーレアの風 :

2019/12/15 (Sun) 10:51:04

host:*.bbtec.net
  貴殿が養生法の探究で力説してきたミトコンドリア賦活のキモを筋にすればクエン酸とB群の重要性は
特筆すべきでしょう  そこを基軸として東洋医学を探究するもよし、現代医学の最新用語で
新たなを説明を展開するもよし  ただ軸を忘れ最新用語の多用の波にのまれた読み手の皆さん
が何か特殊な複雑系の世界に入ってしまうのは残念なことです

 自分の主張は簡単明瞭、糖質を減らし上記のことを実践するだけで大方の不調や病気が好転する事情、
経緯を多くの方が自ら実践体験されることを願うのみ  ここがわかってもらえば自分の用も特にありません
 ご安心くださいw
 
  
179:モーレアの風 :

2019/12/15 (Sun) 09:59:59

host:*.bbtec.net
線抜きに備えてガンについて更に言えば終末医療の世話になる可能性は誰でもありますが、もし
そういう状況になった場合、どこまで現代医学の緩和ケアに委ねるか、意識の状態が意思を呑み込んだ
場合に先んじて考えておくことも重要かと   生命や意識も問題を改めて問う切っ掛けにもなります

 また医療を極力否定して最後まで一人で生きて死ぬならそれなりの生き方がありますが死の現象をよく
学んだ上でその過程を受け入れていく必要があるかと  死への移行に際して自然良能に反した過剰な
医療への対応もあるでしょう   これらのポイントを後ろから逆に押さえていくと普段の生き方にも基本
部分での道筋が見えてきます   以上です  
178:モーレアの風 :

2019/12/15 (Sun) 09:38:40

host:*.bbtec.net
 これは気弱な、自分でよければ何時でも代わってあげますよw と言っても堺サンが何と言うかが
先決です、キリッ(イヨッ、律義者!)  まあ線抜してくれる方が気楽ちゃ気楽w
177:ハリー今村 :

2019/12/15 (Sun) 08:06:44

host:*.spmode.ne.jp


モーレアの風さんへ

いつも貴重な投稿を読ませて頂いております。

ありがとうございます。

他のスレッドに今朝書かれた内容を読むと

どうも私の発言がモーレアさんには面白くないと見受けられます。

私の発信した内容が御気分を害されましたなら陳謝いたすところです。


ガン治療は実際に当院の臨床においても本当に難しい。

最初期の数センチ以内の固形ガンならば私のメソッドでもなんとかなるであろう

手応えは獲得しております。しかし皮膚を触り氷のように冷えていたり、

コリが既に死んでしまって動きが止まってしまったような末期のガンの場合は

私の術ではとうてい手に負えません。

そんな時、この手に神の手が宿って欲しい。

痛切に思います。

臨床は結果が全て。

確かにここで偉そうな事を言っても日々、無力感に苛まれております。

引き続きこちらに投稿したいとは思いますが御気分を害するならば

差し控えさせてもらいます。



176:ハリー今村 :

2019/12/15 (Sun) 06:42:28

host:*.tokai.or.jp


vagabond 1431さんへ

権威主義の洗脳ですね。

その権威の世界にいる者たちもまた洗脳されているわけで。

まさにマトリックス。


そしてそれは鍼灸指圧の世界とて同じ。

この業界も世間が認める権威では無いが

中には歴然とした権威が固着している。

自分はもちろんコレを破壊する反逆者。


鍼灸指圧師でトールライクレセプターがヒートショックプロテインがと

ブツブツ言ってるのは私ぐらいでしょう 笑


ガンの自然治癒に学び特殊な温熱効果のある風呂を開発して

絶大な効果を上げたある内科医院の紹介を以前にユーチューブで見ました。

その医師は非常に正確にヒートショックプロテインの作用を理解し

治療メソッドに落とし込み結果を出していた。

しかしもちろんその成果が広く知れることもありません。


ヒートショックプロテインの効果を最大限に引き出すには

体壁に42度〜50度の温度変化を与える事にある。

温灸がちょうど42度で、直接灸が筋肉層にまで50度の温度を伝える。

つまり単純に言えば灸治療こそが抗がん治療の最たるもの、だった。

だが明治維新を機にこの国は鍼灸指圧を唾棄すべき下等医学とし

ドイツ医学に傾倒し戦争国家へと舵を切った。

早い話がグローバリズムの津波が我が国の伝統医学を潰した。


でも、馬鹿みたいにしぶとく灸治療の分子レベルの効能メカニズムを解析し

その真の科学的価値をついに発見できた。

あとは拡散あるのみ。


175:vagabundo1431 :

2019/12/15 (Sun) 00:31:59

host:*.au-net.ne.jp

>>168

ハリー先生

故に、米寿を迎える母親の処方薬からせめて降圧剤だけでも止めるよう家族に
再三促したのですが全く相手にされませんでした(相手にされないどころか、こ
ちらが異常者扱いされました)。それ程までに、家族は病院様々です(もちろん、
頭から西洋医学を否定するわけではありません)。

その他、体に良いからと家族が勧める各種サプリメントも母親は服用しています。
おまけに、痩せ細るのは食事量が足りない証拠と連日のフォアグラ攻め。
まぁ、本人が好んで食べる分は良いのですけどね・・・。

これらを家族は本当に必要な事だと確信しています。根拠は医者にそう言われた
から、テレビでそう言っていたからです(T_T)

少なくとも、我が家は依然マトリックス状態。

微かな光と言えば、母親が1年ぶりで鍼灸治療を再開したことでしょうか・・・。
174:ハリー今村 :

2019/12/14 (Sat) 19:40:32

host:*.tokai.or.jp


九州の変人さんへ

ガン細胞の分子レベルでの栄養取り込みの動態から

いかにしてガン細胞を制圧するかのスキルチャートは

ほぼ完成に近づいているといったところでしょうか。


私はいち鍼灸指圧師に過ぎず、サプリ販売を始めとした物販などは

一切行っておりません。以前は温灸セットなどをネット通販で

購入して自宅で実践できるように患者に促した時期もありましたが

今はそれも止めてます。温灸も簡単にできるように見えて

やはり使いこなすにはプロでなければならないと今は考えているからです。


さてこれは厳然たる医学的事実ですが人間は連鎖球菌による丹毒症に罹患し

40度近い発熱が1週間ほど続くと2センチ以内の固形ガンが自然消滅します。

世界中から報告されているガンの自然治癒。

このメカニズムを解き明かし、治療メソッドに落とし込めればと

私は長年の臨床で追試を試みています。


この丹毒症の発熱がガン細胞を抑制する事実に興味を持ち

ある種のガンワクチン療法とも呼べる実験をしたのが

アメリカの外科医ウィリアム・コーリー。

コーリーは患者のガン細胞に連鎖球菌の死菌や菌の殻などを打ち込み

相当の好成績を獲得したとされます。

しかしこのコーリーの毒治療はガンの標準治療に採用される事なく

歴史の闇に消えました。


コーリーの毒治療、つまり発熱・免疫活性化治療のキモとなるメカニズムは

ヒートショックプロテインが免疫細胞を活性化するというそこにあります。



私なりのオリジナルのアプローチ法は既に完成してます。



173:モーレアの風 :

2019/12/14 (Sat) 17:18:25

host:*.bbtec.net
  糖質をゼロに持っていくと身体のエネルギー源は糖質から脂質に転換します   殆んどの人は問題なく
スムーズにこの転換が行われますが中には軽度の低血糖状態になる人も
  これは長年の糖質漬け生活で脂質をエネルギーとして使う酵素が体内に不足している場合に見られるようです
ここで慌てて糖質摂取に戻れば元の木阿弥、いつまでも糖質に「依存」する糖質依存から抜け出せません
 まあ依存から抜け出す際の離脱現象はどういう依存の場合にも起こりますがパニクらないことデスw

 依存の問題は快感物質の受け手の受容体が減っていくため以前通りの快や効き目を保つには量を増やす必要
が出てくるため問題が起こるわけで、これもカラダの恒常性を保つメカニズムですが依存者には困った問題に
依存から脱却したい場合は一定期間、当該物質の「補給」を中止すること  それにより受容体の数が回復し
当初の量で快が得られるようになります  が繰り返しになるのでそのまま止めるのが賢明な選択かと
モノにもよりますが自分の体験から大体2週間もガマンすれば酒、タバコ、甘い物の欲求が激減しそのまま離脱し易く
なります  因みに甘いものの受け手はドーパミンD2レセプターですね  ;
172:九州の変人 :

2019/12/14 (Sat) 17:13:00

host:*.home.ne.jp
がん細胞とブドウ糖と高濃度ビタミンC点滴療法。

がん細胞はブドウ糖が大好きです。
ビタミンCは分子構造がブドウ糖とよく似ており、がん細胞はビタミンCを間違って細胞内に
取り込む場合があります。

ビタミンCをがん細胞が取り込むと、ビタミンCは代謝の過程で過酸化水素に変換されます。
過酸化水素というのはオキシフルという消毒液の成分で強い殺菌作用があり、ビタミンCを
取り込んだがん細胞は破壊されます。

人体の正常な細胞はビタミンCを取り込んでも無害のまま代謝されます。

これを利用してがんをやっつけようとする治療が高濃度ビタミンC点滴療法です。

この治療法で、本当にがんが消えた人がいる一方、サパーリ効果がない人もいます。

キーポイントはビタミンCを点滴する時、血液中にブドウ糖があるかどうかです。

ブドウ糖があるとがん細胞は特にお腹もすいていないので、ビタミンCとブドウ糖を見分ける
余裕があるかもしれません。

一方、ブドウ糖が長時間無く、がん細胞が飢餓状態であればビタミンCを大量に細胞内に取り
込む確率が大幅に上がります。

従いまして、メインの代謝が解糖系の人は、糖を欲しがりブドウ糖が常に血液中にあるので
ビタミンCが効かず、代謝がほぼミトコンドリア系の人には劇的にビタミンCが効くという
わけです。

なぜ点滴かというと経口摂取よりも血中濃度をとても上げられるからですが、がん予防程度の
効果で良ければ経口摂取で十分です。

なるだけ糖質を避け、ビタミンCを経口摂取すればがん予防になりという事なんですね。
171:九州の変人 :

2019/12/14 (Sat) 16:35:31

host:*.home.ne.jp
今村先生

昨日はわざわざ藤川先生のブログまで探していただきましたようで恐縮です。

私のような者が藤川先生の経歴を要約するのもおこがましいのですが、最初は普通の精神科医で、
普通に薬物治療を行っていたそうです。

ただ、藤川先生が奇特だったのは、患者さんを積極的に減薬、断薬に持ち込もうとされていたそう
です。

しかし、あと一歩で断薬という段階から、断薬できる患者さんがほぼおらず、洋書を読み漁って
メガビタミンの勉強をされ、更に糖質制限も加えて治療に取り入れられたそうです。

しかし、メガビタミンで断薬に持ち込める患者さんが出始めた一方で、さっぱりメガビタミンの
効果が現れない患者さんもある割合でいたそうです。

そしてたどりついたのが1にプロテイン、2に鉄、(鉄といいましてもたんぱく質と結合した
形のフェリチン値で表わされる貯蔵鉄と呼ばれるものです)

これらがないままメガビタミンと糖質制限を始めてしまうと、ビタミンサプリの副作用ばかりが
目立ち、また、急に解糖系からミトコンドリア系への代謝の切り替わりもできず、調子が良く
なるどころか、逆に調子が悪くなってしまうケースが多くみられるそうです。

このやり方で臨床データを積み上げ、現在の高い確率で患者さんを快方に向かわせる治療法を
確立されたそうです。

しかし、薬剤を使わず、サプリは自分で米国製の安いものを探して通販で購入しなさいという
姿勢は、更に医者の中での特異性が際立っておられます。

しかし、最近は著書がバカ売れしているようですので、ちゃんと神様はお見通しというとこで
しょうか。

あと、先日お名前を出した小西先生につきましては、お仕事が手技により患者さんを助ける
治療家です。小西先生もメガビタミンと糖質制限を患者さんに勧め、治療の一環として取り組ま
れていました。

すると、やはり藤川線静と同様に、効果がある患者さんと、効果が見られない患者さんとに
別れたそうです。

そこで、藤川先生の事を知ってか知らずか、やはりプロテインのベースがあると患者さんの調子
が良くなる確率か格段に上がることを、やはり臨床的に見出されたようです。

小西先生は、以前から講演会などされており、一度福岡に来られた際には講演会に参加し懇親会
では直接お話しできました。

講演会の費用といえばほぼ交通費のみのようなもので、とても真摯な感じの紳士(ジェントル
マンといえばスーツ着用の感じですが、私がお会いしときは作務衣着用でした)でした。

しかし、こちらもやはりキンドル版の書籍が好調のようで、関東方面では講演後の懇親会に
書籍の売り上げを寄付されて、皆で安く懇親会をされているようです。
(うらやましいです)
170:モーレアの風 :

2019/12/14 (Sat) 14:41:24

host:*.bbtec.net
>>169
下から2行目訂正;       糖質摂取で   →    糖質摂取による
169:モーレアの風 :

2019/12/14 (Sat) 14:34:16

host:*.bbtec.net
  糖質については依存の観点と同時にエネルギー代謝の面からも重要な指摘が行われており個別に見ていく
く必要性があります  炭水化物を高度に精製した糖質を過度に摂取することでカラダは解糖系というシステムで
エネルギーを産出する様になりますが問題はこの方式が無酸素で行われ副生産物として乳酸が大量に生成されてきて
体液の酸性化や組織の炎症化を招いて病気の温床となります

 このことが本来のミトコンドリアでのクエン酸回路による有酸素系エネルギー産出システムの働きを低下させ無酸素での解糖系
呼吸を更に亢進させます   解糖系利用が進むと酸素が豊富な環境でも有酸素による方式よりも解糖系が利用される
ようになりワールグルグ効果として知られています

 それではと有酸素のミトコンドリアでのクエン酸回路を活発化させればいいだろうと実に様々な栄養素が提唱されています
中でもB群はクエン酸回路の循環に不可欠、特に重要なのはB1でガンの特効薬だと謳う本も出ていますがそこまでかどうか
は自分にはわかりません   ただクエン酸回路を回すうえでB群は重要、クエン酸自体も同じく効果的ですね  自分もこの
二つは欠かせません

 順序が前後しますがガンと糖質の関係がよくわかるものにブドウ糖を用いるPETという検査がありますが、ガン細胞が主に
ブドウ糖をエネルギー源としていることを利用したものですね  解糖系利用でブドウ糖を食べながら増殖しているイメージを持てば
甘い物もそこそこにしたくなるかも  西式健康法で風浴という裸療法がありカンにいいということを昔聞いたことがありますが
酸素補給が効果があるにしても糖質過多で無酸素呼吸のエネ産出をされたのでは堪りません

 甘いものを食べたらクエン酸でもいいのですが糖質を減らせば脂肪の利用が増えて自然と好みが変わっていきます  水やクエン酸も
嗜好の是正効果があり有酸素系活性化の健康効果と併せれば過度な甘い物好きもなくなります

 脂肪酸が主としてエネルギー源として使われだすと副生産物の活性酸素や炭酸ガスが減ってきて老化の進行もグンと遅くなちます
何よりも糖質摂取でインシュリンの分泌が減って空腹も覚えにくくなり自然にダイエットも出来ます
;脂肪減らせっていうのに脂肪取れとかアンタ変だろ、  ヨリ
168:ハリー今村 :

2019/12/14 (Sat) 11:00:10

host:*.spmode.ne.jp


九州の変人さんへ

血流、たしかにこれこそが命そのものと言えます。

血流を生み出しているのが血圧で、血圧を生み出すポンプが心臓。

ですがここに大きな謎があり、どうも心臓のポンプ圧では

血管総長96000キロ、51億本の毛細血管をかいくぐり

水の4倍も粘っこい血液が心臓を出て全身を1分間以内で

周回する事は不可能とされます。



ではこの人体の高速の血流を生み出しいる駆動力はどこにあるのか?

これは恐らくは血管それ自体にもあると私は観ています。

心臓ポンプは言わばリズムを打つ太鼓の役目で、

太鼓に合わせてドンチャンドンチャンと血管が自律的に

血管収縮ホルモンのエンドセリンと血管拡張ホルモンの一酸化窒素を

交互に産生する事で血液の地球1周半の高速周回を可能にしていると。

だとするならば血流を促進するために皮膚と血管壁を押すと旺盛に

産生されてくるのが一酸化窒素だから押せば一酸化窒素の泉わく、

一酸化窒素で血流促進、血流=命、押せば命の泉わく、となるわけです。

とりわけ重力に逆らって人間は頭部、大脳へと酸素や栄養を含む血液を

大量に送り込む必要がある。それゆえに人間は金魚やカエルよりも

はるかに高血圧だが、キリンや七面鳥は人間以上に超高血圧が正常値。

降圧剤が血流を阻害すれば何が起こるかは自明ですね。



糖質に関しては、そもそも日本人は遺伝的に膵臓の血糖配分を

コントロールするインシュリンの産生能が他民族よりも劣ると言われています。

さらに日本人の中でも地域差、遺伝的特性が異なりますから、

このへんも一般論はそれほど役に立たないのでは。

酸化、糖化、それぞれそれなりに問題はありそうですが、

とくに酸化については、まだ確定的なエビデンスは無いようです。

欧米の研究において膨大な投資と長い年月の追試で

抗酸化食品を食べても抗酸化効果は認められなかったとの結論に至りましたが

既に抗酸化マーケットがあまりに肥大化し過ぎてもはや

酸化=悪、抗酸化=善のロジックを修正しようがない状態、

早い話しが収拾がつかなくなっているとみなせます。




チチローが子供時代のイチローの足裏を押した話しは

特筆すべきエピソードと私も思っております。

イチローは現役中にほとんどケガをしなかった。

あのしなやかな動きは徹底的に柔軟な関節、筋肉、血管壁を作りあげたからでしょうね。

以前にユーチューブで見ましたが柔術家ヒクソン・グレイシーやイチローに

特徴的な資質がなんでも股関節がとても柔らかい事だと分析されてました。


167:九州の変人 :

2019/12/14 (Sat) 08:44:27

host:*.home.ne.jp
今村先生へ

血流は生物が元気に過ごせるためには根源的なものですね。

太古の昔、生物が海から陸に上がる際、必要不可欠な海水の代わりに作ったのが血液と言われて
いるくらいですから。

TVではお笑い芸人さんがスゥイーツや、炭水化物、粉物などを食レポし、一般大衆を糖質地獄に
招いていますが、糖質を摂取して血糖値が上がると、毛細血管の血流が悪くなります。

若いうちはそれほど影響が無いのかもしれませんが、年を重ねるごとにその人(個体)の弱い
毛細血管の血流が極端に悪くなります。頭皮ですと薄毛、白髪、歯茎ですと歯周病、
副鼻腔ですと蓄膿、生殖器ではインポ、不妊、その他内臓全体のガン、私のように極端に血流が
悪くなる不整脈ですと足の神経障害、全ての病気の原因ですね。

私は足つぼにも興味を持ち官足法の本も複数読みましたが、野球のイチロー選手がほとんど怪我
をしなかったのは、当初、私はイチローは全力プレーをしておらず、手抜きをしているんだと思
っていました。しかし有名なレーザービームでは、肩の強さばかりがクローズアップされますが、
実は素早く走りこんでより早くより投げる的に近ずくという前段階も含めると、手抜きしながら
では成立しません。実は、イチローのお父さんが小さいころからイチローの足の裏をマッサージし、
足裏に老廃物が溜まらないようにするとともに体中の血流を上げていたからではないかと考えて
います。たしか、現役時代も、電動の足裏マッサージャーを遠征にも必ず持って行ってたそうで
す。

食レポではもう一つ、果物がありますね。糖度が異常に高くなるよう改良(悪)された果糖
たっぷりのやつです。無知な医者は果糖は血糖値を直接上げないので安全などと言いますが、
実は人体は果糖は猛毒であることに対応し、肝臓で直接処理しているらしいです。

どういう毒かというと、タンパク質を糖化させる力がブドウ糖の数倍から数十倍強いそうです。
老化とは、糖化と酸化のことですので、老化促進の一翼を担っているのが果糖です。

どこかの誰かが書いていたことがあります。癌は血流の悪いところにできる。だから心臓癌
はないでしょうって。

166:モーレアの風 :

2019/12/14 (Sat) 07:10:58

host:*.bbtec.net
  メスペどんが血糖値が上がったところへ最後に甘いデザートとかアホ杉、と呆れていたが甘い物は全て
の依存の根源のようなもので止められない人は誠に多い   そういう人は間食でなく食事の最後に
甘いものを食べる様にすれば血糖値の急上昇が抑えられる  そんな効用が西欧では知恵として生活に
活かされてきたのだろう   もう一つ考えられるのはリラックスしたり睡眠の質を高めるセロトニンやメラトニンの前駆物質
であるトリプトファンが糖質と一緒なら脳内に取り込まれ易くなるという事情もあるかも知れない  満足感を更に高
めてくれるということだが庶民には縁のない王侯貴族の習慣だったのだろう  分子生物学が明かした機序
として押さえておけば現代人には更に応用の効く話となる   

 がこの際再考したいのは甘い物好きを好みの問題で片付けずに全ての依存の根源という新たな目で見れば俄然
応用範囲は広がってくる  薬物耐性のメカニズムを知ることでアルコールや煙草を始め依存を起こす薬物全てに応用出来る  
根性や我慢だけでなく頭デッカチになった現代人には左脳の前頭連合野の“最新部分”でのナットクがあれば悪癖から抜け出
す取り組みにもより前向きに取り組めて成功率が格段に上がると思うのだが‥金融リテラシーもそうだが分子生物学の成果
も重要部分は公教育で教えるべきだろう

 
165:九州の変人 :

2019/12/13 (Fri) 17:51:12

host:*.home.ne.jp
今村先生

本日は私のようなものの投稿に過大な反応をいただき恐縮しております。

実は調子に乗って午後、毛細血管の血流についての投稿をしようとしましたが、会社のPCの
調子が悪く、投稿できなくなってしまいました。

実は私日が暮れますとアル中全開で酩酊まっしぐらとなります。つきましては明日以降また
投稿させていただこうかと考えております。

本日は本当にありがとうございました。
164:ハリー今村 :

2019/12/13 (Fri) 16:44:26

host:*.spmode.ne.jp



九州の変人さんへ 追記です。

藤川徳美先生のブログを拝見してきました。

お母さんが息子さんの統合失調症を藤川流の方法で独自に完治させたという報告の

あとに、一般人が専門医を凌駕する時代という言葉がたしかに書かれていますね。

うちの治療院の常連さんにもこの藤川流を実践して体調が好転した方がいますし、

なにかと健康関連の目端のきくブロガーが藤川先生を取り上げているのは

以前より承知しておりました。

人体生理は理屈通りにはいかず百人百様なのでこれこそが決定版とはいきませんが、

論より証拠、結果が全て。

こうした実績の集積がやがては点滴岩を穿つでKR省、SY利権の巨大な壁に

穴を開けるはずです。

情報提供、ありがとうございます。

お互い粘り強くコツコツといきましょう。



163:ハリー今村 :

2019/12/13 (Fri) 14:32:10

host:*.spmode.ne.jp

九州の変人さんへ

一般人の知識が専門医を凌駕する、という事態はネット時代になり

スポンサーの操るフェイク情報の洗脳によらず、

専門家、一般人双方のリアルな情報がだいぶフラットに普通に

供給されるようになったからでしょうね。

それでもまだ情報弱者が多い現実はありましょうが。



末端の血流改善には足首、手首をぐるりと温灸するという方法を私は行います。

白血球の造血巣は長骨の骨端にあるとも言いますから

股関節や膝関節や肘関節も同様に温灸で温めるとすこぶる気持ちいいです。



掲示板の良さは九州の変人さんと私のような静岡の変人がこうしていきなり

交流できるところにあります。

一般人、専門家などという立場主義を越えて大いに交流しましょう。



バクテリアやウイルスの事を少し知るとその多様性とその数に圧倒されます。

ウイルスは宇宙からも飛来し、また海洋ウイルスの数は驚くべきもの。

カブトムシもミミズも自然免疫だけでこの夥しい細菌やウイルスに負けずに

生きていますが、人間もまた相当にしぶとく丈夫なはず。

九州の変人さんの免疫力がヘルペスウイルスに打ち勝ち

痺れや不調が完治するように祈っております。

162:九州の変人 :

2019/12/13 (Fri) 14:07:20

host:101.110.55.177
ここ数年のうち、4~5年以上前に何回か書き込みましたが、全く反応がないのでその後は見る
だけの人になっていました

今日は、藤川先生がブログに現在の医療を一刀両断する言葉「一般人の知識が専門医を凌駕する
時代」に、心を押してもらったような気がしています。

しがないサラリーマンですので、第三者を診察、診断、治療するとお縄になってしまいますが、
治療家の方の手助けになればという思いで書き込みました。

宿主と寄生物の共生関係は間違いなくあると考えますが、現在、私の手足の指はヘルペスウイルス
が最後の砦として血管の交感神経を刺激し、血流を阻害して私の免疫細胞が届かないようにして
いる感じです。それに対し、私はナイアシン(ビタミンB3)で血流を上げて対抗しています。

現在ヘルペスは敵のようですが、共生するに当たり生物の多様性は大変重要事だと感じています。
私は玄米と蓬由来の乳酸菌を3本ずつ培養して使っていますが、一本一本に個性があり、
おとなしいもの、荒々しいもの、一見おとなしいのに間違って倒したりすると猛りだすものなど
もいます。これは、一本一本の菌の多様性と、存在比率の違いによるものだと考えています。

私の周りにも、かなり稀になりますが、乳酸菌で歯周病予防の乳酸菌タブレットが不要になった
人、乳酸菌をかけて湿潤療法を行い、痛みの無さと治癒のはやさに驚かれた人などが居ます。

一方で、大部分の人はあまり新しいことを試そうとしないのに、テレビでコマーシャルしている
物は簡単に取り入れてしまっているようです。

風邪薬、鎮痛剤、エナジードリンク、消毒薬、消臭剤、芳香剤、見ていると腹が立つのを通り越し
下手な漫才より面白い位です。すべてKR省の役人と、SY会社の陰謀なのにです。

これくらいにしておかないとまずい気がしてきたので今回はここまでとします。


161:ハリー今村 :

2019/12/13 (Fri) 13:15:20

host:*.spmode.ne.jp


オートファジーというと秋の紅葉のあの樹木の葉が変色するのも

オートファジーの働きと言いますね。

葉の色を司る色素体の養分を樹木本体が吸収し、

冬の栄養としてリサイクルし備蓄する過程において葉が変色し、

秋の紅葉を生み出す。

色素体はオートファジーされる事で壊れるがその養分は再利用される。



この理屈でいくと少食・断食でシミが薄くなるのは

シミのメラニン色素が回収されてリサイクルされるためかもしれません。

シミを消すこの過程においてヒートショックプロテインがリンクするかは

今のところ不明ですが

奇跡の50代との呼び声高い君島十和子さんは50度の風呂に浸かり

その後に37度の風呂に入るとか。

これはまさに皮膚に温度変化を与えてヒートショックプロテインを

産生させる技。とはいえ私はそこまで急激な温度変化ではなく

普通に風呂に入り、温灸を習慣化している程度です。

160:ハリー今村 :

2019/12/13 (Fri) 11:54:24

host:*.spmode.ne.jp


人体に共生するウイルスや細菌が本来は宿主と共生し守る味方であるはずが

どうかすると不顕性感染の原因になり宿主に悪さをする。

この事を知ったのは西原克成博士の著書でした。


ウイルスはとかく悪党の権化のようにみなされますが

進化においては種を超えて遺伝子パーツを運ぶ水平遺伝の立役者、ベクターという

見方もあります。そうした長い進化の過程で宿主に共生し落ち着いたウイルス種もあり、

ヘルペスウイルスもそうした類のウイルスではないでしょうか。

こうした共生ウイルスや共生細菌に対しては通常の自己の免疫力で対処していて、

こうした通常の共生細菌や共生ウイルスとの免疫道場における普段からの稽古があって

そのお陰で時に襲来する道場破りの季節性インフルエンザウイルスやパンデミックウイルスが

来た時に適切に対処できる。そんな考え方は確か交差免疫に相当すると

うろ覚えで記憶しております。




HSP47はヒートショックプロテイン の一種で皮膚などでシミの予防に働くとされます。

お風呂好きにシミなどが少ないのか不明ですが、

お灸や温熱治療でHSP47を誘導できれば相応の効果が期待できるのではと見込んでいます。

159:ハリー今村 :

2019/12/13 (Fri) 10:54:09

host:*.spmode.ne.jp
九州の変人さんへ

大変に貴重で素晴らしい治験実績をご披露頂きまして

誠にありがとうございます。

共生細菌や共生ウイルスによる不顕性感染が様々な不調の原因と指摘する医学者がおりますが

恐らくはそれは当たっているだろうと私も思っております。

ヘルペスなども自己の免疫力が落ちていなければ特に悪さをしませんが

免疫力が落ちると増殖して症状を発現します。

同じく腸内細菌も普段は有益な働きをしておりますが

腸管内を冷やし過ぎて腸管免疫の関所のパイエル板を壊すと

腸内細菌が体内に侵入し不顕性感染を引き起こします。

これらは外因というよりも内因ですね。


オートファジーとシミについてはたいへんに鋭い考察ですね。

シミを消すのではとされているのがHSP47 。

この辺はまた次回に。
158:九州の変人 :

2019/12/13 (Fri) 10:32:02

host:101.110.55.177
オートファジー体験についてひとつ書き忘れました。

小食、断食のときは、おでこ、手の甲、ふくらはぎにあったシミやほくろがだんだん薄くなり、
ほぼなくなった箇所もありました。

しかしメガ・・・・を始めるとシミやほくろが戻ってきて、それからまた薄くなり始めています。

小食、断食では不完全な細胞を無理やり再使用しようとしているのに対し、メガ・・・・では
DNAに刻まれた設計図通りに再生しているものと考えられます。

自分の体験からでした。

157:九州の変人 :

2019/12/13 (Fri) 10:15:16

host:101.110.55.177
腰痛、肩こり以外意にも話がおよびますが・・・・

私は58歳の会社員(一応機械系エンジニアです)、20年ほど前から痛風、不整脈、狭心症、
高血圧、高脂血症・・・と病気のデパート状態でしたが、西洋医を信じ、処方されるお薬を
毎日大量に飲んでいました。

ところが、7年ほど前から足がむくみ、足裏の感覚がなくなり始め、目をつぶって立つことが
できなくなりました。医者に訴えても「薬が合わないのかなあ」とつぶやくばかり。

このままでは数年後には「あなたは癌です」と言われ、殺されてしまうと考えネットでいろいろ
調べ始めました。

最初、西式、甲田式といわれる玄米採食、小食、断食をやりまじめました。続いて飯山一郎先生
に行き当たり、乳酸菌生活もとりいれながら、断薬を行いました。

しかし、痛風、不整脈、高血圧以外は治ったものの、前者と足裏の感覚麻痺は残りました。

次に見つけたのは古くは三石巌先生に元流を発する分子栄養学、現在では広島の藤川徳美先生
や、東京の小西伸也先生が提唱されるメガタンパク、メガビタミン、メガミネラル療法に移り
ました。

メガ・・・療法は、西式、甲田式の正反対ですが、小西先生も同じパターンで変革されたこと、
あと、自分の指の爪がペラペラになり、缶飲料のプルトップを開けられなくなり「自分の
腸内細菌には、セルロースを動物性のアミノ酸に変換できる種類がいないと考えたからです」

続いて大阪高槻の松本仁幸先生の漢方で免疫を上げて難病を治す&妙な神経症状は免疫が落ちた
時に神経細胞に増殖したヘルペスウイルスが原因で、抗ウイルス薬で治せるという松本理論まで
見つけだすことが出来ました。

肩こり、腰痛の原因はヘルペスが全てではないと考えますが、自分にあてはめると薬を大量に
飲み始めて以来、寝違え、あちこちの筋肉の攣り、こわばり、手指などが真っ白になるレイノー
症が出ました。レイノーは、松本理論では血管の交感神神経のスイッチが切れなくなって起こる
と説明されており、これが心臓の冠動脈で起これば冠攣縮性狭心症そのものです。
私は以前腰痛持ちで定期的にぎっくり腰になっていましたが、これも腹筋と背筋の運動神経が
同時にONしたままになることで、腰に多大な負荷がかかっていたものと考えられないで
しょうか?

私は2年半前くらいからメガ・・・+抗ヘルペス剤(個人輸入代行業者経由)のハイブリッド
治療を自分で行っていますが、ついに今年の健康診断で尿酸値と血圧が投薬なしで正常範囲に
下がりました。また、肩こり、寝違えが時々あったのが全くなくなり、手が震えて字を書くの
が苦痛だったのが、苦痛でなくなりかかっています。足裏の感覚も50%くらい戻りました。

あと、脳から心臓につながる心筋を動かしている神経細胞内に居るヘルペスウイルスをやっつ
ければ不整脈も治り健康体に戻れるというストーリーを考えています。

今村先生は凝りや痛みをほぐす事が専門ですが、ほぐして血流が上がると免疫力が上がり、
神経細胞に巣食っているヘルペスウイルスをやっつけることで症状が消えるという考え方も
あるのではと思っています。

あと、スポーツ選手が肉離れを起こしたり、ゴルフや野球でイップスになるのもヘルペスに
よる運動神経障害ととらえることができるのではないでしょうか?

だらだらと長文失礼いたしました。何かの治療のご参考になれば幸いです。

156:mespesado :

2019/12/13 (Fri) 09:28:25

host:*.itscom.jp

>>155

 今の風潮である「食後のデザート」なんて、血糖値が上がっているときに

よりによってデザートとして砂糖の多いものを摂取するなんて最悪。それに

対して日本の伝統である「おやつは10時とか3時」というように食事とは

切り離されていたのは合理的だった…。

 これ以外にもなるほどな話が満載。
155:mespesado :

2019/12/13 (Fri) 09:22:37

host:*.itscom.jp

 ↓たばこと肺がんが関係ないのと同様に、糖質と糖尿病は関係ない!


【武田邦彦】
糖尿病の真実。医療界でこの真実を口にするとクビになります!
糖尿病を防ぐにあたって本当に食べてはいけないものと、本当は食べていい
ものは何なのか・・
https://www.youtube.com/watch?v=-NLM250MqUk


 ↑武田邦彦さんの Youtube 動画。相変わらず面白い。
154:ハリー今村 :

2019/12/13 (Fri) 08:06:48

host:*.spmode.ne.jp

亀さん、返信コメントを頂きまして、ありがとうございます。

一説によれば少食や断食をすると口腔を介して外部から腸管内に入ってくる食餌由来の

異物抗原が減ることで、免疫系の戦力を他所の免疫部位に分散する戦術的利点がある、

と解く医学者もおります。

風邪などひいて鼻腔や気管支から血液中にまで風邪の原因ウイルスが増殖している場合には

一時的に少食・断食をして口腔からの異物抗原を強制的にストップし、

腸管免疫の主力を温存しつつ、他所の関節やリンパ系へと

免疫の戦力を分散するのは理にかなっていると言えそうです。



また少食・断食原理主義の方々が聞けば眉をしかめそうですが

満腹にも実は絶大な健康増進効果があります。

お腹がはちきれんばかりにパンパンに食べると腸管内壁が圧迫されて

オキシトシンというホルモンが分泌され、

オキシトシンに誘導されてβエンドルフィンが産生されます。

これが満腹時の満足感、充足感、幸福感、高揚感を生み出している。

βエンドルフィンは鎮痛ホルモンだから満腹になると一時的に痛みを和らげる効果もある。

オキシトシンやβエンドルフィンはもちろん免疫系にとっても活性化を促進する。



人体生理とはこのように一見相反する原理が普通に共存する世界。

少食で健康な者もいれば、満腹で健康な者もいる。

このへんがわからずに一律の健康原理を盲信すると結構危ないのです。



健康指導の原理が世に多く流布しておりますが

コレがベスト、なになにが万病を治す、の

ワンイシューの原理主義的な指導がほとんど。

それが合う者もいれば合わない者もあるわけで、

健康難民が生まれてくる背景にはこうした原因があります。


153:亀さん:

2019/12/13 (Fri) 04:02:52

host:*.t-com.ne.jp
>>152

> 少食=免疫強化と安易に捉えるのはちょっと危険

なるほど、仙人とは違い、人は何かを食さなければならないこともあり、小食必ずしも変易の強化にならずというご指摘、有難うございます。

ところで放知技の読者の皆さん、小生一人で質問するのは実に勿体ない。腰痛、肩こり、その他で悩んでいる方、是非先生に質問を行ってみてください。

>>140で悩み事を書いておられた、ひとことじーさん、どうでせうか?

> 何でだろう、なんでだろ~と、少~しだけ悩んでおります。w



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
152:ハリー今村 :

2019/12/12 (Thu) 07:55:25

host:*.spmode.ne.jp
亀さんへ

少食や断食と関連する免疫系はオートファジー。

栄養が外部から供給されなくなると自分の余剰栄養を切り崩してやりくりする。

この際に起動するのがオートファジーで、オートファジーは細胞内の余剰成分を

栄養分としてリサイクルする。その時に細胞内にまで入り込んだ細菌やウイルスなどの

異物抗原も一掃される。猫や犬や人間もそうだが風邪や不調になると

食欲が落ちて、ジッとしているのは、この細胞内免疫系のオートファジーを

駆使していることの証左。

ただし通常はむしろ様々な食べ物を食べることが免疫系にとっては大事。

腸管免疫において腸管マクロファージや腸管筋肉マクロファージが

外部から摂取した免疫活性分子をトールライクレセプターという

マクロファージの細胞膜の異物受容体で捉えてその異物認識を起点に

免疫系が駆動する事が分かっている。

その免疫活性分子が乳酸菌の細胞壁のペプチドグリカンであり、

また多糖体やLPSなどの分子にも強力な免疫賦活作用が認められている。

免疫系と一口に言っても、ケースバイケースで吟味する必要があり、

少食=免疫強化と安易に捉えるのはちょっと危険ではある。

151:亀さん:

2019/12/12 (Thu) 01:13:14

host:*.t-com.ne.jp
>>146

> もしも亀さんのご親族が当院に来院する機会がありましたら
>
> 全力で丁寧な治療をする所存です。

そのお言葉、痛み入ります。弟は小生より五歳下なので、来年の天皇誕生日には62歳になります。本人次第ですので、本人が来院する決意をするかどうかは何とも言えないのですが、実際にお願いすることになりましたら、是非共よろしくお願いいたします。本当は小生が行きたいのですが、別に悪いところは何処もないので、あと二年半経ったら、身体の総チェックの意味で、一度来院させていただければと考えております。社会に巣立ったはずの下の息子が、仕事を辞めて急に四年制の専門学校に進んだため、今後の二年間ほどは愚生が我武者羅に、仕事を続けなければいけないこともあり、当面は行けそうにありません。

免疫のお話と関連性があると思いますが、千曲川沿いに居を構える道友の一人から、昨夜メールがありました。メールによれば、過日の台風で堤防が崩れたものの、幸いにして自宅は無事だったようです。しかし、交通網が寸断されて食糧が手に入らない…。ところが、道友の場合は既に一日一食を実践していたこともあり、一週間程度は何も食べなくても大丈夫だったと書いてありました。だから、スーパーへ行って食糧を求め、血眼になるということはなかったとのことでした。道友の場合は今回は病ではなく自然災害という災難でしたが、そうした時も免疫力が高まるのだなと、改めて人体の持つ免疫力の凄さに驚嘆した次第です。

さて、小生、来年の一月一杯は仕事部屋に缶詰めになっていますが、その間、先生とsuyapさんとの間で交わされるであろう対話、楽しみにしております。



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
150:ハリー今村 :

2019/12/11 (Wed) 19:47:18

host:*.tokai.or.jp



suyapさんへ

こちらこそ、その節はご来院頂きまして

まことにありがとうございました。



中国科学院が発見した発熱が免疫にとって重要な機序であるとする記事は

こちらのサイトに掲載されておりました。

https://indeep.jp/fever-is-great-healer-for-infections-cure/



この記事の言わんとするところをものすごくわかりやすく言えば

発熱=治癒反応=善となりますよね。

ところが今の医学界は

発熱=悪と短絡し、解熱をもって善とすると。



本当なら発熱が起こったら38.5度までわざと熱を上げて

リンパ球にスイッチを入れれば自力での治癒が可能なのに、

もしも発熱過程で解熱してしまったら

熱だけ下がって抗原はそのまま残存潜伏してしまう。

一説によれば子供の中耳炎などはそうした解熱剤の副作用などとも言われます。



ワクチンの問題は本当にやっかいですね。

人類はワクチンなど知らずに700万年以上、

達者に生き残って今に至る。

自然界にワクチンを打つ生き物など皆無。

獲得免疫系よりも実は自然免疫系のほうがはるかに実力がある。

カブトムシもミミズもワクチンなど打たずに

自然免疫系だけを武器に、おびただしい細菌やウイルスを

ものともせずに元気に暮らしてる。



江戸期の思想家・三浦梅園の言葉に

聖人と称し仏陀と号するも もとより人なれば

畢竟 我 講究討論の共にして 師とするは天地なり

なる言葉があります。



天地すなわち人間の自然な治癒反応である発熱プロセスを師とすれば

医学はおのずと天地の理にかなったものになり

それこそが健康医学の礎になるはず。

しかし世の趨勢は真逆の様相。

まったくもって今の医学界は混迷を極めておりますな。
149:suyap :

2019/12/11 (Wed) 18:59:35

host:5.62.21.81

>>148 で2番目にリンク貼ったソースはフェイスブックなので、フェイスブック
やってない人には読めないので、下にコピペしておきますね。
20世紀にはいって「発明」された抗生剤とワクチンは、ほんとうに人類にとって
は生化学兵器でしかないですね...

https://www.facebook.com/docmeehan/posts/10220598532010601
Posted by Jim Meehan MD
December 3 at 5:47 AM

The Pacific Islands (Samoa, Fiji, and Tonga) measles outbreaks are not natural outbreaks, nor are the infections following the course of typical wild-type measles infections, even if we consider the generally poor nutritional and potentially immuno-compromised status of the Samoan population.

No, this measles outbreak in Samoa is clearly unnatural. I'll present the facts and you decide what, who, or how this measles outbreak is occurring.

As you consider the timeline and facts below, also consider what happens when you vaccinate actively infected, nutritionally deficient, and immunocompromised children with live virus vaccines, not too mention the likelihood that these children are being vaccinated with THREE live virus vaccines (measles, mumps, and rubella) from a combined MMR or MMR-like vaccine.[1][4] Then, consider what happens when doctors and nurses pound their liver and deplete the body's master antioxidant, glutathione, with acetaminophen. Then, top it all off with what is reportedly "the standard protocol" of prophylactically administering gut microbiome destroying antibiotics. The result of this combination is predictable.

Let's also remember that during the Disneyland measles outbreak of 2015, 38% of all measles cases genotyped to the VACCINE STRAIN OF THE MEASLES VACCINE.[2] And this was in a presumably MUCH healthier population than that found in Samoa.

Here are the facts, from RNZ website and RNZ Pacific Journalist. Note the dates of delivery of vaccines and then the outbreak:

FIJI
10/1/19: UNICEF delivered a total of 135,000 doses of measles vaccines with syringes and safety boxes to FIJI.

11/7/19: Fiji then declared a measles outbreak on November 7, 2019.

11/27/19: As of November 27th, there are now 14 confirmed cases of measles.

SAMOA
4/2019: MMR was officially relaunched by the Samoan government in April 2019, after being suspended in 2018 following the deaths of two babies within minutes of receiving MMR. Reportedly, it was a medical error that killed the children. Two nurses improperly prepared the vaccine by mixing it with an anesthetic solution. After the April relaunch, vaccine uptake was understandably low, as parents were largely unwilling to subject their children to the risk of the same medical errors harming or killing their children.

10/1/19: UNICEF delivered a total of 115,500 doses of measles vaccines to SAMOA on October 1st, including syringes and safety boxes, as well as supplies of Vitamin A.

11/28/19: As of November 28, 2019 SAMOA has now confirmed 42 measles-related fatalities. Since the launch of the measles re-vaccination campaign in mid-November, the Samoan Ministry of Health has vaccinated more than 50,000 individuals in both Upolu and Savai’i. New Zealand responded to earlier requests from Samoa for medical supplies, and for pharmaceutical refrigerators which are essential to preserving the efficacy of vaccines.

Samoa’s Director General Of Health, Leausa, Dr Take Naseri, said “We have to stop [administering improperly stored measles vaccines] for safety reasons and the fact that we have to do away with about 6000 doses because they were not stored in that specialised fridge where it has to maintain the temperature. So we have to maintain that standard.”[2]

TONGA
Early October: UNICEF delivered a total of 12,000 measles vaccines including syringes and safety boxes to TONGA. Plus additional 6 specially designed refrigerators and 3 emergency trolleys to the Tongian Ministry of Health, to ensure the vaccines remain stable...because thousands of the vaccines these children were receiving were not stored properly.

10/24/19 - Tonga: A measles outbreak was then declared in the Kingdom of Tonga on October 24, 2019. The outbreak of measles in Tonga began early October 2019. Tongan health authorities are to re-vaccinate up to 20,000 people against the measles after it was discovered some historical vaccinations might not be effective. "Even though some children have two doses, they still contracted the measles." (Same story/excuse as in Samoa [2]).

12/2/19: As of this week, there were 394 cases of the disease with two people remaining hospitalized and 2 infant deaths.

REFERENCES:
[1] Reportedly, the vaccines being delivered to Samoa were manufactured in India [I have not yet confirmed this report - Jim Meehan, MD]

[2] Roy, Felicia, Lillian Mendoza, Joanne Hiebert, Rebecca J. McNall, Bettina Bankamp, Sarah Connolly, Amy Lüdde, et al. 2017. “Rapid Identification of Measles Virus Vaccine Genotype by Real-Time PCR.” Journal of Clinical Microbiology 55 (3): 735–43.
First published electronically in 2016 in the Journal of Clinical Microbiology, this paper was authored jointly by staff from the Canadian Public Health Agency and the US CDC reported that 38% (73 of 194) of the 194 cases of measles in the US in 2015 were caused by the vaccine strain of measles. Remember the 2015 outbreak of measles at Disneyland?

Don't miss this critical revelation from page 1:

"...During the measles outbreak in California in 2015, a large number of suspected cases occurred in recent vaccinees (3). Of the 194 measles virus sequences obtained in the United States in 2015, 73 were identified as vaccine sequences (R. J. McNall, unpublished data)." This information comes from RJ McNall herself, one of the paper's authors, who is an employee of the Division of Viral Diseases at the CDC. But the information was NEVER PUBLISHED.

38% of the cases of measles tested during the 2015 Disneyland and other US outbreaks were caused by the MMR vaccine. FULL STOP.


[3] https://www.fbcnews.com.fj/world/pacific-islands/thousands-of-measles-vaccines-destroyed-in-samoa/?fbclid=IwAR2k5etUaTl9Fgn4U2gf7tRWsdQArIgSSBFMsN0zFN_g8IgyEklcpnh-Zww

[4] https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC112900/?fbclid=IwAR3Kq6oGDo5FhE3F2epeFdOEheIBtmrblrpKt_x6GkRycMDIi3wNA4lVVxs
148:suyap :

2019/12/11 (Wed) 18:54:30

host:5.62.21.81

>>147 ハリー今村先生、

Welcome back to 放知技!

その節はたいへんお世話になりました。
その後、何のご連絡も差し上げなかった無礼をお許しください。

-------------------------
体温もしくは発熱と免疫に関して中国科学院がとても素晴らしいエビデンスを

既に獲得している。その要旨を簡潔に言えば

体温が38.5度まで上がると免疫系にスイッチが入り

インテグリンやHSP90の発現を機に免疫系が最高の能力を発揮するという事。
-------------------------

うぉ~、世の「ワクチン」信者に聞かせてやりたいもんですね。
(聞く耳もっていないだろうけど)

今、南太平洋のサモアでは麻疹(はしか)ワクチンで大騒動になっており、
ビタミンAとCをしっかり摂り、ワクチン接種せず、病院にも行かない
で自宅療養すれば治るから...と個人的にアドバイスしていたサモア人
が逮捕される始末:
https://www.npr.org/2019/12/06/785487606/samoa-arrests-anti-vaccination-activist-as-measles-death-toll-rises

私が住むミクロネシアでも近年麻疹の流行が見られ、アメリカのCDCやら
国連のWHOやらが異様に騒ぐのです。そしてUNICEFから三種混合ワクチンが
ドーンと送られてくる。それ打ったとたんに死んじゃう赤ちゃんが続出...

今回のサモア(+フィジー、トンガ)も、UNICEFがワクチン送りつけて、
接種が始まると1ヶ月くらいで麻疹のアウトブレークが宣言されるという形
をとっています。
https://www.facebook.com/docmeehan/posts/10220598532010601
↑↑
ワクチン摂取反対派のある米国人医者の見解です。

そうこうしているうちに、ミクロネシアのマーシャル共和国が、
麻疹ワクチン接種した証明書を持っていない人間の入国を拒否する
と宣言したと、ユナイテッド航空が発表しました。

こちらの病院の私のカルテにも「(あらゆる)ワクチン拒否者」と
でかでかマーク入れられているので、この事態はちょっとマズイです。

麻疹(はしか)なんて、昔は子供の通過儀礼。罹患する事で免疫力が
ついたのです。不幸にして亡くなる子供もいたけれど、それは生物的に
見れば自然淘汰。サモアで逮捕されちゃった人も、うっかりコレを書いた
のがよけいセンセーションを巻き起こしたのかも。
147:ハリー今村 :

2019/12/11 (Wed) 14:22:26

host:*.spmode.ne.jp



体温もしくは発熱と免疫に関して中国科学院がとても素晴らしいエビデンスを

既に獲得している。その要旨を簡潔に言えば

体温が38.5度まで上がると免疫系にスイッチが入り

インテグリンやHSP90の発現を機に免疫系が最高の能力を発揮するという事。



このエビデンスを手の内のメソッドに落とすなら

例えば頸部、脇の下、鼠蹊部などのリンパ節周囲を部分的に

温灸などで温めて免疫賦活スイッチ温度の38.5度まで温める、

なんて事を私は臨床や自分を実験台に実践しております。
146:ハリー今村 :

2019/12/11 (Wed) 13:50:35

host:*.spmode.ne.jp



亀さんへ

どうも本当にご無沙汰しておりまして、また早速のレスならびに

当院を弟さんにご紹介くださり、まことにありがどうございます。

腰痛とひとことで言えど、その様態は多様。

ではありますが加齢があるのなら確実に言えるのは

積年の重力負荷、自重による脊柱管狭窄が推定されます。

この場合は負荷を減殺するべきメソッドが有効。

風呂に浮いて重力を減殺するは理にかなっていますが、

そんな程度で緩解しない時には鍼灸指圧が向いております。

指圧で圧痛点を探し、そこにさらに鍼灸を加えていけば

まずはだいたい予後はそこそこいくと予想できます。

もっともどんな症状であれ、まずは触ってみないことには

確定的な事は言えません。

もしも亀さんのご親族が当院に来院する機会がありましたら

全力で丁寧な治療をする所存です。



話は変わりますが、先日ネットのあるサイトで知る人ぞ知る民間療法が紹介されてました。

高名な物理学者や帝大クラスの医学部教授などが密かにご贔屓との事。

でもそれがどう見ても私には中国按摩の一手技をうんと荒く施術したものにしか

見えませんでした。もっともどんなメソッドを選択しようが赤の他人が

とやかく言うのは野暮なのですが、それでも、いくらなんでも

そんな海千山千を選ぶくらいなら正統な日本独自の指圧の方がよほどいいのに

と思うと同時に、それは結果として我が指圧業界の沈滞を意味すると

猛省するに至りました。偽物がはびこるのは本物が衰退するから。

やはり情報発信はやめてはいけませんな。

145:亀さん:

2019/12/11 (Wed) 12:06:22

host:*.t-com.ne.jp
>>144

今村先生、戻ってきていただき、本当に嬉しいです。今後の投稿、大変楽しみにしております。

小生の弟が腰痛だかで困っているようなので、二週間ほど前に会った時、先生の治療所のURLを紹介させていただきました。正月に來るとのことなので、再度語り合うつもりです。

では、今後ともよろしくお願いいたします。



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
144:ハリー今村 :

2019/12/11 (Wed) 11:44:36

host:*.spmode.ne.jp
本当に久しぶりのコメントになります。

飯山さんには1年以上前の生前に何度も自分の治療院や考えを紹介して頂きました。

お陰様でこちらを通じて多くの新規の患者さんが当院にご来院くださいました。

その事に関して改めて故・飯山さん、ならびに同士同友の皆様にお礼申し上げます。

パソコンの買い替えなどがあり、こちらへコメントするのが億劫になって

おりましたが、また少しずつ気が向いたらコメントさせて頂きます。



さて今朝一番の常連さんと会話していて私はこんな事を言いました。

日本だけでなく世界の医学の根本的問題は病理ばかり研究し、

健理、つまりいかにすれば人は健康でいられるのかの

健康に対する研究が全く行われていない事にある、と。



さてでは、いかにして私たちは無手勝流に健理を模索しその奥義を

会得するか?ですが、

これは各自が各々で自前の知識やスキルを実践し、それぞれが

それぞれで自分独自の健理に到達する、という事になるのでは

と私は想定しております。



ではありますが私なりの健康のバロメーターとして五快を列記すると

快食、快眠、快便、快動、快心、となります。

この五快がほぼ達成できれば、それすなわち健理の奥義に到達したとみても

いいのでは、などと思っております。


単純な原理ですがヒトの皮膚と血管壁は押される事で

一酸化窒素という血管拡張ホルモンの産生を始めます。

血管が拡張されると血流が促進されて

ミトコンドリアに酸素がよく供給されると

エネルギーと体温が生み出されます。

押せば一酸化窒素の泉湧き、

その結果、ミトコンドリアが活性化されて

命が活性化されます。


一酸化窒素には外部被曝に対する防護効果も認められています。



143:亀さん:

2019/11/02 (Sat) 16:05:46

host:*.t-com.ne.jp
ひとことじーさん、

> ツイッギーの提供した「ミニスカート」

Oh、モーレツ(小川ローザー風)…、あの当時の熱気を思い出しますぅ~

咄嗟に脳裏に浮かんだのがビートルズ… 小生は拙稿「パンツを脱いだサル 3」で、以下のように栗本慎一郎の言葉を引用しています。
__________
(ビートルズ)神話はほとんどのところ情報謀略のプロが全力を挙げて作り上げたものであり、一定の意図を持って作られたものだ。
http://toneri2672.blog.fc2cn.com/blog-entry-243.html
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
つまり、ツイッギーとビートルズは、何処かで繋がっているのでは????

それはソーとして、今は、ミニスカートの想像も断ち切らねば、仕事の締め切りに間に合いそうもないんで、これにて失礼…



青年よ勃て、と言いたい亀さん@人生は冥土までの暇潰し
142:ひとことじーさん :

2019/11/02 (Sat) 08:47:41

host:*.plala.or.jp

>>141:亀さん

大いにためになる動画のご紹介、ありがとうございます。

動画で武田教授が言っていた「夜目、遠目、傘の内」で、気づいたこと。

「かぐや姫」を連想しました。

元が美女であったれば「夜目、遠目、傘(御簾)の内」に加え「十二単」と重なり、

それは、さぞかし「絶世の美女」であられたことでしょう。

かぐや姫の時代から、すでに男は「女性」に誘導されていたんですね。w

(余計なお世話?)↓

ツイッギーの提供した「ミニスカート」は、

男性の****の低下を薄々感じ取っていた世の女性陣の本能を呼び覚まし、

「究極の誘導兵器」として、世界中のファッションを席巻した・・鴨です。ww

141:亀さん:

2019/11/01 (Fri) 11:01:15

host:*.t-com.ne.jp
>>140

ひとことじーさん、
__________
一番の驚きは「ここ数年来、寝たきりであった同い年のムスコが、朝にチョッピリおめざ」するようになったことです。

何でだろう、なんでだろ~と、少~しだけ悩んでおります。w
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
それわ、それわ、誠に御目出とうございます (*゚▽゚)ノ★+☆【祝】☆+★ヾ(゚▽゚*)

今でも〝現役〟の堺のYさんに、「亀もガンバレ」と言われそうwww



ウブな亀さん@人生は冥土までの暇潰し

口直しに…
https://www.youtube.com/watch?v=T9WVkIyo5ws
■****を失った男性はヤバイことになります■
140:ひとことじーさん :

2019/10/30 (Wed) 19:04:10

host:*.plala.or.jp

一陽来復・・・鴨ネ?


以前から、血糖値が高めと言われていましたが、特に支障なく過ごしておりました。

今年の7月にある病院で、半強制的?に健康診断を受けさせられたところ、

Hba1cの値が「12.9」(基準値は4.6~6.2)となっていました。

医師の女医さんが、ビックリするのなんの、

「こんな数字見たことありません」「即、糖尿病専門医の治療を受けて下さい」と。

さすがに、基準値の2倍以上というのはマズイと思い、

一念発起、漢方風の治療を考えていたところ、娘からの助け船「グルテンフリー」が良いよと。

なんでも、テニスプレーヤーの「ジョコビッチ」の体調が極めて良好になったとのこと。

そこで、約1ヶ月「パン類、麺類」を完全にシャットアウトして血液検査をしました。

その結果「11.3」まで改善しましたが、イマイチ。(即入院して治療するレベルと言われた)


これじゃイカンと、さらに本気出して考えた結果

① 漢方薬「桂枝茯苓丸」(血液サラサラ効果と血管のお掃除)を1日1包服用

② 1日8,000歩を大股で(ポールウォーキング)歩く。

③ 当然ですが「グルテンフリー」は継続しました。

④ サプリとしては「クロム(膵臓の機能をサポート)」を含む「亜鉛ミネラル」を摂取。

⑤ 食事は野菜を先に食べる、間食には「小麦製品」を食べない。

これらを2ヶ月間、超真剣に続けてきました。

その結果先日の血液検査では「7.7」まで改善し、正常値まであと一歩となりました。

当然、あと2ヶ月したら、また血液検査を受ける予定です。

「正常値」に戻ったら、大好物の「焼きそば・UFO」を食べることにしています。w

(注)
なお、漢方については「子供の病気」を治療するため、20年以上独学で勉強しました。

上記のことは、あくまでも個人的な結果なので、決して真似しないで下さいね。m(_ _)m


(追記)
一番の驚きは「ここ数年来、寝たきりであった同い年のムスコが、朝にチョッピリおめざ」するようになったことです。

何でだろう、なんでだろ~と、少~しだけ悩んでおります。w


139:ささやん :

2019/08/13 (Tue) 22:41:40

host:*.bbiq.jp
★バレニンパワーはどうなのか???
鯨の凄さは心底理解できる。食べて元気になる理屈もとってもとってもよ~くわかる。
地球規模で活動する鯨。食物連鎖の頂点にいる鯨。今の時代では、人間と同じくらい汚染生物
の極みなのです!
マグロも旨いけど、今では一切食べないし、人に勧めるものではない食べ物ですよね。
138:飲尿獣医:

2019/02/19 (Tue) 09:02:20

host:*.ccnw.ne.jp
http://bbs6.fc2bbs.net//bbs/img/_409100/409098/full/409098_1550534540.jpg
講演者の方々の紹介です。
137:飲尿獣医:

2019/02/19 (Tue) 09:00:49

host:*.ccnw.ne.jp
http://bbs6.fc2bbs.net//bbs/img/_409100/409098/full/409098_1550534449.jpg
6/23(日)愛知県一宮市で「いのちの水全国大会」(第10回尿健康法全国大会)が開催されます。
案内チラシをこちらにアップさせていただきます。
配布にご協力いただける方は私までご連絡下さい。
よろしくお願い致します。
136:うっさん :

2018/10/18 (Thu) 11:53:53

host:*.ocn.ne.jp
ハリィー今村さん・何度も質問に答えていただきありがとうございます
明日・会えるので伝えてみます
行くか・行かないかは本人次第です
手作り乳酸菌のことも以前話しましたが敷居が高いようでした
鍼灸はどうかな・・・
135:ハリー今村 :

2018/10/18 (Thu) 08:09:55

host:*.spmode.ne.jp
うっさんへ

はい、まず主訴として幻聴の事を伝える。

あとはその他の心身の状況を問診、望診、聞診、切診(接触診)などを総合して

患者の本質に迫り治療するのが鍼灸指圧のやり方です。

現代医学の身体観と伝統鍼灸の身体観は異なります。

ですから診断技法も異なります。ではありますが、

現代医学でかんばしい結果が出ないケースで、伝統鍼灸で好転する場合も

多々あります。以上、参照意見としてご活用頂ければありがたいです。
134:うっさん :

2018/10/18 (Thu) 05:41:35

host:*.bbtec.net
ハリィ-今村さん・アドバイスありがとうございます
精神科の助手をしていて患者さんの幻聴の話を聞いていて
ふと・ハリィ-今村さんのことを思いだしコメントを書きました
針の治療を受けるとき”幻聴を消したい”と治療師さんに言えばいいのですかね
133:ハリー今村 :

2018/10/17 (Wed) 19:53:59

host:*.spmode.ne.jp
132の、うっさんへ

はじめまして、鍼灸指圧師のハリー今村と申します。

長年この業界に在籍してきましたが、鍼治療で幻聴を消す方法が確立されているという話は

これまで聞いた事はありません。

ですが鍼灸指圧は患者の体表観察をふくめて総合的に患者の心身の本質を洞察しようと

努めて治療するものです。

腕のいい鍼灸指圧師に遭遇すれば、もしかしたら幻聴が消える事があるかもしれません。

治る治らないは置いて、まずは鍼灸指圧を体験する事を目的に、

トライしてみるという方法もございます。

今の所、できるアドバイスはこの程度です。


132:うっさん :

2018/10/17 (Wed) 11:56:58

host:*.ocn.ne.jp
幻聴は針で消すことは出来ますか?
131:ハリー今村 :

2018/10/16 (Tue) 22:33:14

host:*.spmode.ne.jp
こと人間に関して言えば、つまりは人間の血圧はいかにして効率よく脳へ質のいい血液を送るかという

その目的の為にあると言える。

その大事な血圧を無理矢理下げれば、脳に送られてくる血液量が足りなくなる、もしくは滞る。

その結果、何が起こるか?

頭のキレが鈍くなる、これが俗に言う認知症。

逆立ちをすれば、自重による血流降下の凄さはイヤでもわかる。

この体液が降下する重力負荷に抗って血圧が脳へと一生懸命に血液を送るから、

私たちは脳を駆使できるのだ。

血圧万歳、血圧こそ内なる神の計らい。

素晴らしいものは、いつもすぐそばにある。

130:ハリー今村 :

2018/10/15 (Mon) 21:21:28

host:*.spmode.ne.jp
たかひろさんへ

動物では魚類、爬虫類、両生類あたりが低血圧とされますが、恐竜は血圧が高かったのでは。

地上では強烈な重力で血液が下方に集中して脳貧血を引き起こす。

だからそうならないために血圧という機能が獲得されたわけです。

血圧も適応進化で得た生き抜くためのツール。

理由があってあるものを捻じ曲げて、果たして、いいのかどうか。

ほんと、どうにもおかしい世界です。
129:たかひろ :

2018/10/15 (Mon) 19:59:13

host:*.mesh.ad.jp
ハリィ-さんお久しぶりです。私はキリンの高血圧は知ってますが七面鳥の高血圧は知りませんでした。低血圧のことは全く問題になりませんよ。いつも思いますが、日本の医療関係者の問題かもですが。確かに緊急、もしくは普段から病院は必要と思います。だけど医者は普段権力がありすぎて偉そうにしてるのだろうかと思います(笑)勿論、良心的な医者もいますよ。患者、看護士、その他の医療関係者は直ぐに医者を先生とペコペコするのが気に入らないのですよ。
128:ハリー今村 :

2018/10/15 (Mon) 18:44:25

host:*.spmode.ne.jp
パソコンの不調、買い替えにつき、タブレットからコメントします。

いきなりですが、キリンの高血圧は有名ですが、さらに上をいくのが七面鳥だそうで。

ではありますが、キリンや七面鳥が高血圧で悩んでいるとは聞かない。

そもそも血圧は血液を全身に送る機序。

つまりもっとも問題なのは、むしろ低血圧。

既存の医学的常識は誰のためにあるのか?

常識とはまことに不可解。
127:ハリィー今村 :

2018/10/08 (Mon) 10:44:29

host:*.tokai.or.jp
mespesadoさんへ

レスを頂きまして、ありがとうございます。

飯山さんが生きていれば、今回の賞をネタに、

ひとはガンで死ぬのではなく、ガン治療で死ぬ、の

お得意のキャッチフレーズをよりいっそう強く広言したことでしょう。

ガン細胞の解糖系亢進の機序を約100年前に学者が解明しました。

それでこの説からガン細胞に糖は厳禁で糖質制限もリンクするのですが、

では糖の過剰摂取が本当に癌の原因になるのかどうかは、わたし的には

まだまだ懐疑的です。たしかにガン化した細胞は解糖系が亢進し、

ミトコンドリアがシャットダウンしている。

しかしそれはガン化した細胞におけるメカニズム。

ガン化した原因のメカニズムではない。

だから糖の過剰摂取=ガン化、という短絡的な図式は早計だというのが

私の認識です。もちろん白砂糖や人工甘味料の過剰摂取が何らかの健康障害の要因には

なりそうですが、これもそうだと言いきれる根拠を見いだしておりません。

放射線、添加物、重金属、など発ガン物質と呼べる原因物質が夥しく散乱する現代ですから、

そうしたものの複合要因という要素はあるでしょう。

しかし縄文人の骨格遺跡からは縄文人でもガンになっていた証拠が挙がっています。

原始人=オーガニックライフ=健康、という短絡的な図式もまた反証がある。

現代人がすべてガン化するわけではないし、縄文人がみな健康体であるわけでもない。

そういった視点で見ていくとそれなりの推定ができてきます。

うちの裏庭の姥桜の老木にはキノコが自生しています。

春に花が咲いて散り葉っぱがしげると、ケムシが大発生し葉がすべて丸坊主になります。

そんな風にムシやキノコに侵蝕されながらも老木はしたたかになんとか生き抜いている。

ほんらい人間もまたこの老木と同じではないかと。

ひとの体には毎日何千個ものガン細胞が発生する。

それを免疫細胞が処理しながら毎日を生き延びる。

老木にとってはキノコもケムシも仲間かもしれない。

その根には菌根菌が大量に共生し、その枝葉にも共生菌が住む。

ひともまたガン細胞と共生関係を築き免疫系を維持し、

腸内細菌をはじめとしたマイクロバイオーム(共生菌の多層構造)を築いている。

ガンは無治療なら余命13年、治療すれば余命3年と言われ始めています。

生命の真実はいまだ不思議なカオス。
126:mespesado :

2018/10/08 (Mon) 09:35:19

host:*.itscom.jp
>>125

 「病気は予防してナンボ」

 本当にそのとおりですね。

 実は、今回の本庶佑さんのノーベル賞受賞、確かにおめでたいことなんで

すが、そして本庶さんの業績に文句を付ける気は更々無いのですが、どうし

ても強い「違和感」を感じていました。

 それは「またかよ」という感想。

 どういうことかというと、私は仕事で生命保険会社の医的統計分析を担当

している関係上、薬品が病気に作用する機序についてはいろいろ調べている

わけですが、高血圧に対する薬にしろ、脂質異常に対する薬にしろ、病気の

根源を直す薬ではないんですよね。

 ちょっと単純化して説明すると、生体には、ある機能に対してその強さを

増強するAという機能と、強さを抑えるBという機能が備わっていて、体調

の変化に応じてAとBのどちらを強めるかで微妙なバランスを取っているこ

とが多いのですが、このうち例えばAの機能が何らかの原因で機能不全に陥

った時、西洋医学というのはAの機能を復活させるのではなくて、Bの機能

を強制的にブロックすることで再度バランスを取ろうというやり方で「治療」

しようとするわけです。これって生体にとってはなんとも「残酷」で「もっ

たいない」話ですよね。なぜなら機能Bの方は全く正常に働いているのに、

Aの機能が不全だからと言って、バランスを取るために正常なBの機能をわ

ざと不全にしようってんですから。

 で、今回の本庶さんの業績も、免疫細胞が自分の体を攻撃しないようにす

るための「安全弁」をわざとブロックして機能不全にすることで病気に対処

しようとするわけですから、考え方は一緒です。

 こういった西洋医学は無生物を考察対象とすることから始まった自然科学

の方法論の延長線上の学問であり、生体のどこのどういう機構が何に作用し

ているのかを実験で解明する、というところまでが現在は精いっぱいであり、

未だに「ある機能不全に陥った機構を修復するにはどうしたらよいか」を見

つけるところまでは至っていないと思うのです。

 このような「未開」な段階では、治療と言ってもどうせ「正常な機能をわ

ざと破壊してバランスを保つ」、いわば「椅子の1本の足がすり減った時、

残りの3本の正常な足を同じだけわざとすり減らすことで直す」ような治療

しかできないんですから、病気を直すことより病気にならないように用心す

るのがベストだとしか思えないですよね。
125:ハリィー今村 :

2018/10/08 (Mon) 06:38:42

host:*.tokai.or.jp
病気は予防してナンボ

http://harikyusiatuharii.eshizuoka.jp/e1938107.html
124:無所属 :

2018/10/04 (Thu) 01:46:05

host:*.arena.ne.jp
すんません誤爆してしまいました。m(_ _)m
123:無所属 :

2018/10/04 (Thu) 01:44:52

host:*.arena.ne.jp
しかしアレですな。もしタバスコで目を洗う事に成功したら次は、ハバネロソースに挑戦して
それをも乗り越えたら、アルコール度数の一番高いウオッカに…、で、それでも大丈夫なら
熱々の湧きたての茶で、洗眼出切るか?どうか?もしこれらを全てクリア出来たら素人手品師
所の騒ぎじゃ無く、明石の原人ならぬ明石の引田なにがしに成れると思われwww
122:ハリィー今村 :

2018/10/01 (Mon) 19:16:05

host:*.tokai.or.jp
ツボや経絡は古代人からのクイズ。

未来人への謎かけ。

つまり現代に生きる鍼灸指圧師は

自分なりにツボや経絡に対する答えを提示する義務がある。

その答えの一端を記事にしました。

https://www.el-aura.com/kouhakudo20181001/
121:藤山 豪 :

2018/09/28 (Fri) 18:14:51

host:*.m-net.ne.jp
 「自分に危害を加える。」ということは、名誉なことなんだよ。

北村 満男
片岡 真哉
美馬  史
120:たかひろ :

2018/09/28 (Fri) 13:51:39

host:*.mesh.ad.jp
ままりんさん、私も犬HKでチラッと見ました。まあテロビだから大したことないと思いチラ見でした(笑)私も脳出血でデイケアにリハビリに行ってますが医師看護士等、医療関係者は絶対に東洋医学を完全否定、病気になる減塩が正しいと頭から思ってますよ。今村さんのお仕事は失礼ながら無勢でしょうけど、本当の医学を知っていて理解ある利用者さんばかりなので素晴らしいと思いますよ(^-^)v
119:ハリィー今村 :

2018/09/28 (Fri) 13:17:26

host:*.tokai.or.jp
ままりんさんへ

ええ、たまに、あの局はガス抜きみたいに東洋医学の特集をやりますね。

ただ、いつもうちらプロには評判がすこぶる悪い。

質の低い特集しかやらないから。

でも今回はそこそこ評判はいいようで。

まっ、大手メディアには特に何も期待してません。

個人がコツコツと情報発信するしか東洋医学の啓蒙の道はなし。

というのが私の信条です。
118:ままりん :

2018/09/27 (Thu) 22:38:31

host:*.infoweb.ne.jp
>>115 ハリィー先生

>そうですね、もちろん科学は万能ではないですし、科学で解明できている部分は
>それこそ砂浜の砂を一握りすくって手の内に残っただけ、で
>残りの砂浜すべてが未解明だ、とどこぞの西欧の科学者も申したとか。
>ではありますが、現代人はすでに科学教の信者がほとんどなので、
>科学の論理で説明しないと納得しません。
全くホントにおっしゃるとおりと思います。

>私もべつに東洋医学万能論者ではありませんし、
>スピリチュアルサイトに連載を持っておりますがスピな世界を盲信している
>わけでもありません。
>曖昧な目に見えない可視化できない膨大な暗在系の
>真相情報があるに決まってますが、それを持ち出しても説明のしようがない。
ヒジョ~に僭越ですが、同じ考え方です。
スピリチュアル関係については盲信するわけでもなく、
でも、実際に何か感じる物がある人は特に、否定はしないと思いますね。
自分も否定はしない派です。でもこれ意外な感じがありますが、案外、
(もちろん、即座に否定されて、その結果憐みの目で見られることも多いですが)
それほど嫌悪感持って拒絶するわけでもなく、「あるかも」と
鷹揚に受け取る人も同じくらいいるように感じています。
自分の周りだけかもしれませんが。

先生、先日、犬HKが、東洋医学の3時間特集番組放送してました。
気づいた時には漢方の話になってて全部は撮れなかったのでしたが、
日本の状況も、すこ~~~しづつ、変わってきてるのかも知れませんね。

>ままりんさん、今後も応援頼んまっせ!
ハリィー先生、ハリィー先生は、EG様が太鼓判押した先生ですもの、
もちろん、応援させていただきまっせ (*•̀ᴗ•́*)و ̑̑!(なぜか大阪弁 ^^;)
117:Nanashi :

2018/09/27 (Thu) 05:48:37

host:*.au-net.ne.jp
試してみてください。 驚く結果をご覧いただけます。 このゲームを考えた本人は、メール を読んでからたった10分で願い事 が かなったそうです。このゲームは、 おもしろく、かつ、あっと驚く結果 を 貴方にもたらすでしょう。

約束してください。絶対に先を読ま ず、1行ずつ進む事。 たった3分ですから、ためす価値あ りです。

まず、ペンと、紙をご用意下さい。 先を読むと、願い事が叶わなくなり ます。

①まず、1番から、11番まで、縦 に数字を書いてください。 ②1番と2番の横に好きな3~7の 数字をそれぞれお書き下さい。

③3番と7番の横に知っている人の 名前をお書き下さい。(必ず、興味 の ある性別名前を書く事。男なら女の 人、女なら男の人、ゲイなら同姓の 名 前をかく)

必ず、1行ずつ進んでください。先 を読むと、なにもかもなくなります 。

④4,5,6番の横それぞれに、自 分の知っている人の名前をお書き下 さ い。これは、家族の人でも知り合い や、友人、誰でも結構です。

まだ、先を見てはいけませんよ!!

⑤8、9、10、11番の横に、歌 のタイトルをお書き下さい。

⑥最後にお願い事をして下さい。さ て、ゲームの解説です。

1)このゲームの事を、2番に書い た数字の人に伝えて下さい。

2)3番に書いた人は貴方の愛する 人です。

3)7番に書いた人は、好きだけれ ど叶わぬ恋の相手です。

4)4番に書いた人は、貴方がとて も大切に思う人です。

5)5番に書いた人は、貴方の事を とても良く理解してくれる相手です 。

6)6番に書いた人は、貴方に幸運 をもたらしてくれる人です。

7)8番に書いた歌は、3番に書い た人を表す歌。

8)9番に書いた歌は、7番に書い た人を表す歌。

9)10番に書いた歌は、貴方の心 の中を表す歌。

10)そして、11番に書いた歌は 、貴方の人生を表す歌です。この書 き 込みを読んでから、1時間以内に1 0個の掲示板にこの書き込みをコピ ー して貼って下さい。そうすれば、あ なたの願い事は叶うでしょう。もし 、 貼らなければ、願い事を逆のことが 起こるでしょう。とても奇妙ですが 当 たってませんか?
116:ハリィー今村 :

2018/09/24 (Mon) 05:52:45

host:*.tokai.or.jp
「細胞生理学で読み解く鍼灸指圧の治効原理」

を完成させるのが私の掲げるミッション。

その試論となるコラムをこちらで展開しております。

https://www.shinq-compass.jp/salon/column/31517/37984/

トールライクレセプターという用語はまだ一般化していませんが、

免疫を語るうえで絶対に必要なアイテムです。

だいぶサクッと説明できるようになりました。
115:ハリィー今村 :

2018/09/24 (Mon) 05:41:52

host:*.tokai.or.jp
ままりんさんへ

ちょっと山に籠もってました。というか住んでるところがほぼ山。

ママヤマという縄文遺跡に連なる一角に居住しております。

うちの近所ではないですが最近は牧之原市でサル騒動が勃発して

全国放送で有名になってるようで、ついでに牧之原のお茶の宣伝でもすれば、

と思っております。

そうですね、もちろん科学は万能ではないですし、科学で解明できている部分は

それこそ砂浜の砂を一握りすくって手の内に残っただけ、で

残りの砂浜すべてが未解明だ、とどこぞの西欧の科学者も申したとか。

ではありますが、現代人はすでに科学教の信者がほとんどなので、

科学の論理で説明しないと納得しません。

東洋医学は特にクリアに科学的な説明を試みないとこのままでは後がありません。

私もべつに東洋医学万能論者ではありませんし、

スピリチュアルサイトに連載を持っておりますがスピな世界を盲信している

わけでもありません。曖昧な目に見えない可視化できない膨大な暗在系の

真相情報があるに決まってますが、それを持ち出しても説明のしようがない。

ならば明在系の可視化できる客観的なエビデンスで東洋医学を

今後も説明していこうと思っております。

生命はよく言うように複雑系であり、まずもって予定調和な線形的な予測など

簡単に裏切られます。ですからそもそも線形的な論理は生命の説明には

マッチしないのはそこそこ生命科学に精通した者の常識。

線形的なロジックの限界は十分に承知しつつ、

それでもなんとか線形的に描くのを楽しむつもりです。

長らく自分のブログに引きこもっておりましたが、

ボチボチと他媒体にも発信し再起動です。

ままりんさん、今後も応援頼んまっせ!
114:ままりん :

2018/09/24 (Mon) 01:30:08

host:*.infoweb.ne.jp
ハリィーせんせ~~~(*^-^*)!しばらく書き込みがないので、
どうなさったのかと心配しておりました。

>こうした東洋医学にこびりついた偏見、誤解、プロパガンダ、固定概念を
>覆すのは容易なことではない。

おっしゃるとおりと思います。日本の場合、特殊な事情があるわけですが、それを除いても

この「科学的根拠」がないとインチキと思う御仁の多いこと。もちろん、

それはわからないではないですが、「科学的根拠」がどんだけのものなのか、とも思っております。

仕事で研究員の方と話すことが多かったのですが、雑談中、

「すべての現象を、今ある科学で説明しきることができると考える科学者のほうが少ないと思う」

とおっしゃってた方がいて、全くそのとおりと思うのです。

昨日までの常識が、ある日突然覆されることだってあり得るわけで、

ほ~~~んの一部分がわかられているに過ぎない、という意味でおっしゃったと思うのです。

だからEG様が、何かって言うと「科学的根拠を示してください」と言われて

閉口してしまうお気持ちも、僭越ながらご尤もと思っていました。

道は険しいかと思いますが、応援しています!(たいして役に立ちませんが ^^;)

これからも投稿を楽しみにしております!
113:ハリィー今村 :

2018/09/24 (Mon) 00:52:20

host:*.tokai.or.jp
飯山さんが私を宣伝してくれたお蔭で、

これまで鍼灸指圧など受けたことが無かった皆さんが

私のもとで鍼灸指圧を受ける機会が増えてきている。

本当にありがたいことです。

目黒の有名チーズ店のオーナーも先日に我が治療院に来院し

ご自身のお店のブログにその時の様子を記事にアップしてくれました。

https://www.euro-art2001.com/blog/2018/08/post-150.php
112:ハリィー今村 :

2018/09/24 (Mon) 00:40:13

host:*.tokai.or.jp
東洋医学=古典医学。

東洋医学=代替医療。

東洋医学=中国医学。

東洋医学=マイナー医学。

東洋医学=非科学的医学。

こうした東洋医学にこびりついた偏見、誤解、プロパガンダ、固定概念を

覆すのは容易なことではない。

世の中のほとんどは東洋医学を嫌い、西洋医学や現代医学を崇拝する信者。

東洋医学を東洋医学界でしか通じない伝統的な用語で説明していては

恐らくは東洋医学は永久にメジャーになることはない。

東洋医学を現代生理学の言葉で説明する。

そのとき、はじめて東洋医学は現代医学として浮上できる。

サクッと一酸化窒素と鍼灸指圧と血流促進をからめたコラムはこちら

https://www.shinq-compass.jp/salon/column/31517/37948/
111:ハリィー今村 :

2018/09/23 (Sun) 17:52:26

host:*.tokai.or.jp
たかひろさんへ

はい私も最近、若くしてお亡くなりになった知り合いの奥さんの話を聞きまして、

とてもショックを感じておりました。

どんなメソッドを修得しても、それがそのまま寿命を延ばすことには

つながらないかもしれない。

生体系はみなDNAが異なるようにすべて違う。

ではあるが、生体システムには何らかのルールが存在する。

科学はそれを万人にわかるように説明できる。

その誰もがわかる生体原理のなかにきっと健康になる鍵がある。

私が最近になりまた細胞生理学で鍼灸指圧の治効原理を読み解こうと

しているのは、そんな思いからです。

お互い頑張りましょう。
110:たかひろ :

2018/09/23 (Sun) 09:56:20

host:*.mesh.ad.jp
ハリ-さんお久しぶりです。最近私の周りでも私も含め30代、40代でも脳疾患を患う方が多いです。また50、60代以上の方でガンになり孤独死や急死と言う話を良く聞きます。原因は色々あるでしょうけど。私も生きるため頑張りますよ。
109:ハリィー今村 :

2018/09/23 (Sun) 05:32:29

host:*.tokai.or.jp
健康スレ、1001コメントの地獄からの生還さんへ

ハリー頑張れの言、しかと受け止めました。

ありがとうございます。

311後ですから有名人のガン死のニュースが最近も多いです。

もちろん原因は多様ですが。

内部被曝でDNAが傷つくとミトコンドリアが主導して

細胞をアポトーシスするが、テロメアにはリミッターがある。

だからリミッター以上の負荷がかかると自動的に

テロメアのリミッターが解除されて、細胞分裂が

無制限に始まる。これがいわゆる細胞のガン化かもしれない。

同じく様々なメソッドで良かれと身体に負荷をかけると

それが引き金になり、同じ機序で老化を促進し

ガン化を引き寄せるかもしれない、という

部分に焦点を当てて1本、記事を書いてみました。

https://www.el-aura.com/kouhakudo20180921/



今ある細胞を上手にやりくりし、簡単にテロメアの切符を切らない。

細胞分裂のスピードをゆっくりにして、DNA傷害や変性タンパク質を

コツコツと修正していけば、恐らくは細く長く生きられるだろう。

細胞にはユビキチンプロテアソーム系とオートファジーという

細胞内を修繕する2つの浄化システムが存在する。

この2つの浄化システムを活性化できるのがヒートショックプロテイン。

鍼灸指圧はヒートショックプロテインを誘導することで

ユビキチンプロテアソーム系とオートファジーを活性化し

細胞内をクリーニングすることでテロメアの回数券をストックできるだろう、

というそんなコラムも鍼灸コンパスの自院のコラム欄に掲載しております。

https://www.shinq-compass.jp/salon/detail/31517/


飯山さんにお世話になった恩返しとして

これからも他媒体含めて情報発信していきます。

宜しくお願い申し上げます。
108:RUSANNTIMANN :

2018/09/17 (Mon) 19:12:22

host:*.bbtec.net
あれ?牢獄スレに書き込んだつもりがこっちに?
まあ何の偶然か、ここでは食糞が話題かいな?

ついていけねーやw
107:RUSANNTIMANN :

2018/09/17 (Mon) 19:08:22

host:*.bbtec.net
俺はウンコとか嫌いなんだよ。
そんなに糞とか連発しないでくれw
106:たかひろ :

2018/09/16 (Sun) 14:29:54

host:*.au-net.ne.jp
>>101飲尿獣医さん、私も認知症の方々が食糞をするということを聞いたことがあります。詳しくは分かりませんけど、何かしら、自然のメカニズムがあるのかもしれないです。
105:飲尿獣医 :

2018/09/14 (Fri) 20:25:06

host:*.ccnw.ne.jp
出世外人さん

確かに初めて飲尿した時には、思い切って飲んだ割には「何だ、こんなものか⁉︎」という以外感と
「やった!」という精神の高揚感はありますね。
104:出世外人 :

2018/09/14 (Fri) 19:25:28

host:*.bbtec.net
>>102 飲尿獣医さん

>>それと以前、知人の犬を散歩したとき、人間の糞便を食べたがり閉口したことがあります。

>人間の糞便って、あなた、路上で糞便していた人がいたのですか⁉︎

ショッキングな思いをさせてスミマセン。

釣り人の多い湖畔を散歩してたんですが、彼らが草むらにこっそり撃ったキジを探して食べようとするもんですから・・・。

・・・・・・・・・・・・

以前、飲尿経験者と話したことがありますが、生理学的効果はともかく、「飲尿するくらいならどんなことでもできる!」とふんぎりがつくそうで、体質改善・生活改善の第一歩、意識改革の手段としては効果があるとおっしゃっておりました。
103:飲尿獣医 :

2018/09/14 (Fri) 13:33:48

host:*.ccnw.ne.jp
糞便→排便
102:飲尿獣医 :

2018/09/14 (Fri) 13:31:52

host:*.ccnw.ne.jp
出世外人さん

>それと以前、知人の犬を散歩したとき、人間の糞便を食べたがり閉口したことがあります。

人間の糞便って、あなた、路上で糞便していた人がいたのですか⁉︎
101:飲尿獣医 :

2018/09/14 (Fri) 08:48:36

host:*.ccnw.ne.jp
>>100
出世外人さん

https://www.e-nioi.jp/pet/kougi/rabbit/8.html
ウサギは栄養補給の為、普通に食糞しております。
以前私が書いたように、犬の食糞行為、飲尿行為も意味のあるものです。
痴呆症の人が食糞するのを聞いたことがあります。
理性から解放された、動物としての本能がそうさせるのかもしれません。
私は、理性のある人で食糞する人も何人か知っております。(笑)
飲尿も然りです。
100:出世外人 :

2018/09/13 (Thu) 21:19:40

host:*.bbtec.net
本スレ >>736

飲尿獣医様

はじめまして。

(直接、お声掛けいただきまして、光栄に存じます!)

>>そうすると、すぐ眠れます。(爆)

>意地悪ではありません。些か自嘲的に書きました。

大変、失礼いたしました。

ともすると理系の秀才の方は怜悧である・・・といった偏見が当方にあるようでして・・・。

飲尿獣医さんはきっと、心優しい方と存じます。

これを機に、今後とも、よろしくお願いいたします。

折角お近づきになれましたので、かねてからの疑問なのですが・・・

犬猫を観察しておりますと、よく、自分でお尻を舐めて掃除しています。

それと以前、知人の犬を散歩したとき、人間の糞便を食べたがり閉口したことがあります。

こういった犬猫の行為は、「飲尿」のような健康法と何か関係があるのでしょうか?
99:ぎのご怪獣 :

2018/08/14 (Tue) 03:28:30

host:*.eonet.ne.jp

113:mespesado :2018/08/13 (Mon) 23:23:37 host:*.itscom.jp
>>112

 ベガ酢さん。

 ご本人としては真面目に質問しているのに、まるでせせら笑われるかのよ

うにイジられてる…。

114:ベガ酢 :2018/08/14 (Tue) 00:24:28 host:*.au-hikari.ne.jp
mespesado さん


誠意のこもったレスありがとうございます。

何も考えずに自己中にスレを選ばず投稿したことは
申し訳なく思っています。

だからmespesadoさんに言われたときに
反省をして勧められたスレに移動しました。

結果そのスレも汚してしまいました。

私一人が汚したわけではないと思っています。
追いかけてきてまで攻撃する人たちが
常連さんの中にも多くいる事がわかりました。

今証明は出来ませんが体重60キロ、
身長170センチなのにデブとののしられ
男なのにおばはんと決めつけられみじめですね。

http://grnba.bbs.fc2bbs.net/?act=reply&tid=16512882

↑まともに反証できないからって、こっちに逃げてまた妄言とはw

思考のアベレージが「バカ主婦の足元にも及ばばい、臭いだけのぶよぶよデブオバハン」と言っているの。
体系はその人の脳みその質を表している。

たしか・・・スプートニクもデブはバカって言っていたような・・・(爆w)
98:こはく:

2018/08/13 (Mon) 21:25:33

host:*.aitai.ne.jp
きのこちゃんが、真っ白なはちまきをキリリと巻きました。
まさに巴御前の再来。

なんとなく段々見えてきたような。

今日は盆の入りですね。迎え火をたきました。





97:ぎのご怪獣 :

2018/08/13 (Mon) 20:02:21

host:*.eonet.ne.jp

480:ベガ酢 :2018/08/12 (Sun) 08:59:03 host:*.au-hikari.ne.jp

多くの皆さんのご意見に感謝します。
やっぱり師匠がいなくて私には掛け替えのない掲示板です。
大事なことを書くのをおろそかにしていました。

症状ははっきりと多量の血(一回目)が尿に交じってました。
二回目からは少量の血が混じっています。
まだ痛みはありません。

現在の食事:目指すは粗食小食です。

平日の朝食は市販のクロレラマドルに
寒天を入れて美味しく食べてます。
便秘予防の効果を信じて行っています。
豆乳ヨーグルトも毎朝欠かさず食してます。

お昼はトーフ一丁、とワインを少々飲んでます。
トーフは市販のごまだれサラダドレッシングをかけて食べます。

夕食は麺類がほとんどです。
ほとんどインスタントですが面だけ食べて
スープは捨ててます。

週末の土曜日、日曜日は友達と飲みに行き
ビール2,3杯につまみはほとんど揚げ物類です。

最近変わったことは食生活ではなくて
室内温度37度のなかでエアコンも扇風機も使わずに
汗をかくようにしています。

本当はE山師匠のように運動をして汗をかくのが
理想だと信じてますが運動が苦手なのでせめて汗だけでもかこうと
2週間前から始めました。

私の意志はE山師匠を信じて、
それで死んでも後悔はしないつもりです。

E山師匠の情報を一部(粗食小食)実践して
体重75キロから55キロまで落とした後の
2ケ月に一回、血液での健康診断で
コレストロール、血糖値、高血圧などを
全部平均まで下げることが出来て
さすがE山師匠の情報は正しかったと
今でも疑いもせず信じています。

最後にこの投稿は釣りでも何でもありません。
まじめな相談です。

質問には正直に答えますので
さらに良き情報があればよろしくお願いします。

http://grnba.bbs.fc2bbs.net/?act=reply&tid=16492748

↑あらゆる意味で末期患者ですね。

ドブ酢さんにそっくりな付きまとい体質の「発狂テープ」があるんだけど
間もなく大公開されるから、参考に聞いたほうが良いよ。
人の発狂見て自分の炸裂治せ。

もう、遅いかもしれないけどw

96:ぎのご怪獣 :

2018/08/13 (Mon) 19:44:49

host:*.eonet.ne.jp

ドブ酢デマおばさんは
自分で書いた「妄想」を査読できないらしい。
末期だね、まっき。

その勢いだと、裁判官とも奇声を発しながら
大ゲンカしてそうだよねー。

自分で書き散らしたゴミくらい
整理整頓してね。自己責任で。

他人の文章を「参照」するときは
ソース元を提示するのは、常識だよ。

その常識が「欠如」してるんだから
かたる資格すらないわ。

ほんと「たいしたことない匿名」ですねw

95:ぎのご怪獣 :

2018/08/13 (Mon) 19:34:27

host:*.eonet.ne.jp

ドブ酢さん
おじさんのはずが、おばはんキャラになってきてるよw
ニンニクくさそうなwww

94:ベガ酢 :

2018/08/13 (Mon) 19:30:43

host:*.au-hikari.ne.jp
#95の質問に答えなくてもいいです。
どんな汚い言葉が飛び交うか想像しただけでも
この掲示板を汚すことになります。

ハリィー今村さんのまじめな掲示板を汚してすみません。
二度とこのスレには書き込みしません。
そして私の書き込みで不愉快な思いをした人たちへ
ごめんなさい。
93:ベガ酢 :

2018/08/13 (Mon) 19:26:29

host:*.au-hikari.ne.jp
>ドブ酢

品性が伺えますよ。

もう少しまともに話しませんか?
それが嫌なら終わりにしましょう。
92:ベガ酢 :

2018/08/13 (Mon) 19:23:44

host:*.au-hikari.ne.jp
>ましてや、書いてもいないでっち上げをするような「匿名」が

遠回しな言い方しないでどの部分が
でっちあげなのかポイントで言ってもらえますか?

多分そうであろう、と思うという想像ではなくて
お願いします。

私もE山さんの記事は結構読んでるつもりです。
必死になって探しますから
よろしくお願いします。
91:ぎのご怪獣 :

2018/08/13 (Mon) 19:13:48

host:*.eonet.ne.jp

>ドブ酢

ほんと空気読めないデブだなwww
90:ベガ酢 :

2018/08/13 (Mon) 18:14:30

host:*.au-hikari.ne.jp
>ネットには,二種類の人間がいる.

 1.自分の意見をキチンと言うヒトと…
 2.ヒト様の意見に文句をつけるだけのシト.

良い事書いてくれました。
誰が(1)で誰が(2)だという事はロムしてる人もわかるでしょう。
ただ私が自称弟子と書いたのが気に入らなかったようですね。
これからは二度と自称弟子という言葉使いはしないようにします
まる。
89:ベガ酢 :

2018/08/13 (Mon) 18:09:03

host:*.au-hikari.ne.jp
774さん、、

そうですか?

塩分の取りすぎじゃないかなと不安はありました。
周りが熱中症予防に水分と塩分をとあまりうるさいので
必要以上にとってる気はしました。


私の解釈ではE山さん(師匠と書くと嫌がる人がいるので)は
炎天下の下で汗をかき、暑い風呂にはいって汗をかいてた記憶あり。

私の室内で37度以上でエアコンと扇風機を止めての
汗かくのはまだまだ安全の範囲内だと思っていた。
それでも無茶な行為だったんですね。

情報ありがとうございます。
88:774 :

2018/08/13 (Mon) 17:41:30

host:*.tst.ne.jp
アクエリアス 2L  
市販のごまだれサラダドレッシング
・・・糖分摂り過ぎ

大量の糖分と塩分そして揚げ油を取りながら37度で過ごせば腎不全へまっしぐら。
血尿出ないほうがおかしいと思います。
87:ぎのご怪獣 :

2018/08/13 (Mon) 17:21:55

host:*.eonet.ne.jp

現実で実務積めば普通に弟子だろ(爆w)

思想や歴史を語るのは同志。

ネットの読者は「読者」だろ。

ましてや、書いてもいないでっち上げをするような「匿名」が
弟子と名乗るのは、論外という「常識」の話だwww
86:こはく:

2018/08/13 (Mon) 14:41:37

host:*.aitai.ne.jp
きのこちゃんファンのバカ主婦軍団のメンバーでございます(ニッコリ)
>453辺りから、色目が変わりました。
飯山先生が残してくれた遺産「自由泳ぎ」
泳ぐ中で、その人本来が見えてくる。

きのこちゃんがおっしゃるように、女・主婦の勘は
鋭いですのよ〜

今しばらく泳いでてくださーい(^^)

85:ぎのご怪獣 :

2018/08/13 (Mon) 14:28:18

host:*.eonet.ne.jp

475:官兵衛 :2018/08/12 (Sun) 07:54:16 host:*.ocn.ne.jp
よう怪獣~上から目線で、なかなかご立派な事言ってくれてんじゃねぇか、オメェは一体何様だ‥あ゛。

コメント爛に何を書こうが大きなお世話だ。不適切なら主が消せばいい、日頃から、不安ばっか煽り捲くって読者にストレス撒き散らしてるオメェに、とやかく云われる筋合いなんて何処にもねぇわな、オメェに付きまとわれたくネェんだよ、いちいち反応すんな消えろ!!

http://grnba.bbs.fc2bbs.net/?act=reply&tid=16492748

↑余りに言葉使いが悪いので、ここに放り込んでおいてあげよう。

84:ぎのご怪獣 :

2018/08/13 (Mon) 14:00:43

host:*.eonet.ne.jp

話しを見事にそらせるのは
元の話をかなり読み込んだうえでしかできない。

つまり、荒らしと言うより確信犯のストーカー。

そんな時間的な余裕があるのは、業者かバイト。
もしくは、ネット常駐の臨時公務員。

科研費の末端のバイトが多そう。

そういったところでしょうか。
じーちゃん亡き後もやるってことは
まだ何かを狙っているのでしょうか。

どっちゃにしたって、バカ主婦ですらここを読んで
あいつおかしい、こいつおかしい、ここがへんって
ぎのごちゃん以上に読み込んでて教えてくれるので
どんどん馬鹿をさらしてくださいな、とw


裁判官は騙せても、じーちゃんファンのバカ主婦は騙せないよ。
83:ベガ酢 :

2018/08/13 (Mon) 13:18:34

host:*.au-hikari.ne.jp
私は堺のおっさんさんが以上で締めくくったので
これ以上は議論は受け付けないと判断して
終わりと思いました。

>suyapさんは終わってしまった後でもねちねちと
追い打ちをかける人なんですね。
川に落ちた犬は棒でなんたらと同じですよ。

私は頭が悪いからあなたのように弟子の定義やら
儀式などには無知でした。

尊く尊ぶ人を師匠とあがめてせめて自分はその人の
弟子でいたいと願うことさえも否定してしまうんですね。
言論の自由があるのですからE山師匠を師匠と尊び
自分はその弟子でありたいという願望の自由もあって
良いと思います。

無知で皆さんに迷惑かけたことはお詫びします。
終わりにしませんか?
私は掲示板を荒らすつもりはありません。

82:suyap :

2018/08/13 (Mon) 12:43:47

host:*.fsmtc.fm

堺のおっさん、ありがとうございます>>77

んにちても、このシト
  ↓↓
>>80 名前:ベガ酢

>勝手に師匠と思い、勝手に弟子と
>思うこともダメなんでしょうか?

「弟子」という言葉を使う以上、「弟子入り」という日本の素晴らしい

伝承形式をご存知ですよね?

「師匠」は無闇矢鱈に新弟子を取りません。

そして万が一、弟子として受け入れられた時点から、「徒弟奉公」が

始まります。師匠の言うことは絶対です。

>E山師匠は常々運動して汗をかき、暑い風呂に入って汗をかく
>という健康方法を綴っていたことを記憶してます。
>それを少し違った形で実践したまでです。
↑↑
こんなことはモッテノほか、すぐに勘当ものです。

勝手に飯山一郎の弟子と言いつのり、飯山一郎が言っていない、

書いていない間違った情報を、勝手に言いふらすw

コレがアラシじゃなくて何なのさ?

少なくとも、あんたが「勝手に師匠」と呼ぶ飯山一郎氏へのリスペクトは

コレっぽちも感じられないわな。

もし万が一、ほんとうに飯山一郎の思想と生き様を丸ごと心と身体で

受け止めようと思っているなら(本来はコレが弟子入りの意味)、

まず飯山文献のコンテキストをひとつひとつ読みこなせ!

81:堺のおっさん :

2018/08/13 (Mon) 11:48:10

host:*.ocn.ne.jp

飯山氏には弟子は一人もいません。

しかし、同志や友人は星の数ほどいます。


だいたい、体の変化でうろたえる様な弟子などいません。

いじょ。

80:ベガ酢 :

2018/08/13 (Mon) 10:41:45

host:*.au-hikari.ne.jp
堺のおっさんさんへ

勝手に師匠と思い、勝手に弟子と
思うこともダメなんでしょうか?
私は師匠をだしにして悪さをするつもりもありません。
掲示板の批判をしたこともありません。
それでも嵐と同等と認定するなら仕方ない事です。

私は2013年にE山師匠の豆乳ヨーグルト、粗食小食を実行して
健康を不動のものにしてるのでE山師匠には
計り知れない感謝の気持ちがあります。

E山師匠は常々運動して汗をかき、暑い風呂に入って汗をかく
という健康方法を綴っていたことを記憶してます。
それを少し違った形で実践したまでです。

私が荒らしでないという言い訳くらいはさせて下さい、まる










79:堺のおっさん :

2018/08/13 (Mon) 09:26:19

host:*.ocn.ne.jp

>>78 ベガ酢さん

あなたの書き込みは、飯山氏の弟子を自称する割には

飯山氏の主張のポイントをずらしています。

奇しくも、釣りやアラシと同じ結果をもたらしています。

その自覚はありますか?

もし、弟子を自称するなら、過去記事をよく読んでからにしてください。
78:ベガ酢 :

2018/08/13 (Mon) 08:13:29

host:*.au-hikari.ne.jp

真剣な悩みも釣りにみられるなんて悲しいです。

E山師匠は常々本物の投稿か釣り目当ての投稿か
嵐の投稿か詐欺の投稿か見極める事が出来るようになるのも
大事だからそれっぽい投稿を削除しないでみんなに読ませて
判断できるように育ててていたと思います。

釣りにみられても仕方ないです。
そういう扱いかたされても腹立てずに荒らさずに
めげずにE山師匠の末端の弟子として
この掲示板が育っていくのを見守ります。

これからも何らかの都合で書き込むこともあります。
その時に気に障らなければよろしくお願いします。





77:堺のおっさん :

2018/08/12 (Sun) 19:52:09

host:*.ocn.ne.jp

>>76 suyapさん

みんな気づいてますよ。

何十万人ものあざけりが聞こえてきます。

楽しいです寝。
76:suyap :

2018/08/12 (Sun) 19:40:18

host:*.fsmtc.fm

こっちのスレに引っ越してきたのは良いけど、

>>74
↑↑
このシト、飯山御大の過去記事はほとんど読んでいると言いながら、

ち~っともコンテキストを理解してない噴霧器...w

例)
運動は苦手...だから37度の部屋で汗をかく・・・はあ?


>>75
↑↑
こっちはもっとひどいw

 >多分、植物由来の乳酸菌の可能性が高いと思う

↑↑
なんやねん、コレ。

このスレでシャアシャアと「健康法」を語りながら、乳酸菌のことも

勉強しとらんのかい?

自分で米とぎ汁乳酸菌作って、豆乳ヨーグルトをかもしておるか?

まあ、やったことないだろーなw


どーも、このペアは釣りっぽいにほいがするにゃ~
それに、また山から下りてきたサルめもw


75:官兵衛 :

2018/08/12 (Sun) 11:09:07

host:*.ocn.ne.jp
>>玄米とぎ汁でつくった豆乳のヨーグルトに含まれているのは乳酸菌ですか~

乳酸菌には植物性と動物性があるって読んだことがあるので、調査手段を持たないから何とも言えんが、多分、植物由来の乳酸菌の可能性が高いと思うで、で、動物性は胃の消化作用で大部分が死滅するが、植物由来の、例えば、キムチや漬物などの乳酸菌は小腸に届くって読んだ事がある。
74:ベガ酢 :

2018/08/12 (Sun) 11:08:57

host:*.au-hikari.ne.jp
官兵衛 さん

ありがとうございます。
今まで健康であった体を自分でこわそうとしてました。
これが良いと思ってやったことで今までの健康体が
損なわれる結果になるとは思ってもいなかった。

いままでの室内温度37度以上で
無理して汗をかき熱中症予防のために
過分な塩分の摂取をやめてみます。

2週間ほどで結果は出ると思います。
それで血尿が収まるなら
心配してくれた人たちへの良い報告が
出来ると思います。

熱中症を意識して過分な塩分は禁物という
報告が出来るような結果が出る事を期待してます。
73:官兵衛 :

2018/08/12 (Sun) 10:56:50

host:*.ocn.ne.jp
ベガ酢さん‥その程度の血尿が、何で癌と直結すんのか訳ワカメな、ただ、夕食のインスタント麺、毎週のビール、そして、揚げ物のオンパレード‥日頃の努力が台無しですな~医者なんか関係ネェのな、病は己の心掛け次第で何とでもなる。それと、アンさん塩の結晶覗いたことあんの?~こんなもんが、大量に毛細血管通ってきたらどうなるかくらい、誰だって分るでしょう。それと、水分補給が水ではなく大量のアクエリアス~って、一体、何なの?

もう少し、自分の身体労わってやらんと、せっかく、親からもらった身体台無しにしてしまうで~
72:ベガ酢 :

2018/08/12 (Sun) 10:34:45

host:*.au-hikari.ne.jp

今までこのスレは一度も読んでいませんのに
いきなりここへの投稿をお許しください。


今の状況でも病院へ行く気はありません。
血尿が出た心当たりがあります。

2週間ほど前から汗をかくために室内温度37度以上で
エアコンも扇風機も使わずひたすら汗をかいています。
まわりの友人たちは熱中症にならぬよう水分と塩分の
摂取をするようにアドバイスしてくれてます。

私もそれは正解だと思い多量の飲料水アクエリアスを
一日二リットルと塩分チャージ一袋摂取してます。

塩分の取りすぎだと今思えば後悔してます。
塩分を取りすぎないためには
室内温度37度以上の部屋で無理して
汗をかく努力をやめた方がいいのかもと思うようになりました。

とにかく、熱中症にならないように無理をしないようにして
2週間くらい様子を見てみます。

一部私の投稿で御迷惑かけたことをお詫びします。
71:ベガ酢 :

2018/08/12 (Sun) 10:16:34

host:*.au-hikari.ne.jp

先読み上手なオッサンたちの闘論スレ -35-
に投稿したベガ酢というものです。

先読み上手なオッサンたちの闘論スレ -35-
への投稿が自己中で不適切な投稿だったので
こちらへ引っ越してきました。

わざわざ向こうのスレに行って読むわずらわしさを
省くために私の投稿をコピーして貼り付けました。

よろしくお願いします。

453:ベガ酢 : 2018/08/11 (Sat) 17:17:27 host:*.au-hikari.ne.jp

まだE山師匠を頼りにしてる自分がいます。
E山師匠にお聞きしたかったんですが
誰か答えられる人がいたら教えて下さい。

67歳、今日、人生初めて血尿の経験をしました。
E山師匠なら病院に行くな(私もそれに大賛成です)、
病院に行かずして克服する方法はありますか?
豆乳ヨーグルトは311以降ほぼ毎朝食べてます。
藁にもすがる気持ちです。
お願いします、だれか知恵を貸してください。

私の嫁は元看護士ですが嫁は必ず病院に行けと言うのがわかってます。
嫁にも相談できません。


480:ベガ酢 : 2018/08/12 (Sun) 08:59:03 host:*.au-hikari.ne.jp
多くの皆さんのご意見に感謝します。
やっぱり師匠がいなくて私には掛け替えのない掲示板です。
大事なことを書くのをおろそかにしていました。

症状ははっきりと多量の血(一回目)が尿に交じってました。
二回目からは少量の血が混じっています。
まだ痛みはありません。

現在の食事:目指すは粗食小食です。

平日の朝食は市販のクロレラマドルに
寒天を入れて美味しく食べてます。
便秘予防の効果を信じて行っています。
豆乳ヨーグルトも毎朝欠かさず食してます。

お昼はトーフ一丁、とワインを少々飲んでます。
トーフは市販のごまだれサラダドレッシングをかけて食べます。

夕食は麺類がほとんどです。
ほとんどインスタントですが面だけ食べて
スープは捨ててます。

週末の土曜日、日曜日は友達と飲みに行き
ビール2,3杯につまみはほとんど揚げ物類です。

最近変わったことは食生活ではなくて
室内温度37度のなかでエアコンも扇風機も使わずに
汗をかくようにしています。

本当はE山師匠のように運動をして汗をかくのが
理想だと信じてますが運動が苦手なのでせめて汗だけでもかこうと
2週間前から始めました。

私の意志はE山師匠を信じて、
それで死んでも後悔はしないつもりです。

E山師匠の情報を一部(粗食小食)実践して
体重75キロから55キロまで落とした後の
2ケ月に一回、血液での健康診断で
コレストロール、血糖値、高血圧などを
全部平均まで下げることが出来て
さすがE山師匠の情報は正しかったと
今でも疑いもせず信じています。

最後にこの投稿は釣りでも何でもありません。
まじめな相談です。

質問には正直に答えますので
さらに良き情報があればよろしくお願いします。


481:ベガ酢 : 2018/08/12 (Sun) 09:19:28 host:*.au-hikari.ne.jp
E山師匠の末端の弟子として
過去記事は結構読んでるつもりです。

私は昨日まで健康体であることに
自信を持っていました。
健康であると自負してただけに
初めての血尿にびっくりした次第です。
うろたえてすみません。

これくらいでストレスを抱え込むことは
ないとキッパリ宣言します。

そして私の周りの知人、友人の誰よりも
自分の体(健康)には向き合っていると思います。

私は一度も志布志の師匠を訪れたことはありません。
何時かは師匠を訪れようと思っていました。
師匠に会うことが叶わぬことになってしまい残念です。


堺のおっさんさんにお願いがあります。
E山師匠をしのぶ会を催すときには
誰の目にもとまる所への告知をお願いします。
必ず参加して末端に座らせてください。

私の中での優先順位は今の所これが一番です。

よろしくお願いします。








70:ハリィー今村 :

2018/08/05 (Sun) 05:22:15

host:*.tokai.or.jp
ここ数日にご来院頂いたクライアントの大阪のYさん、

熱海市のNさん、千葉県のWさん、

みなさん飯山さん経由。

こうしたご縁を結んでくれた飯山さんに報いるために

誠心誠意、治療をさせて頂いております。

いま鍼灸界では美容鍼がトレンド。

ご存知の方もおりましょうが、顔中に鍼を打たれたモデルや芸能人の写真なども

数多く見かけるようになりました。

美容鍼専用の細番手の鍼の開発、女性鍼灸師の増大などが美容鍼ブームを

後押ししています。それで私も一時期、美容鍼をやったことがありますが、

ただ鍼を打って暫しのあいだベッドに患者を寝かせておくというこの

置鍼(ちしん)のスタイルがまったくもって私の性に合いません。

どう考えてもそのベッドに寝かせてほったらかしておくこの時間が

手抜き、怠慢、さぼり、背信行為、にしか思えない。

よってろくに美容鍼を継続できず今は美容鍼はやらなくなりました。

私は基本、トレンドは完全無視。

しかし美容按摩の第一人者の中国特一級美容按摩師が27年前に来日した際に、

東京でおこなわれたセミナーに参加してその技の本質を捉え、

それからコツコツと臨床において顔面部の凝りに気を通して顔の活きた凝りの気を動かす

わたし独自の美容指圧を開発してきました。

ようやくこの私独自の美容指圧も完成の域。

顔の血流を上げる。顔の気を通す。この一点が私の美容指圧のキモ。

私が美容指圧をすると顕著に顔の温度が上がり顔の血流が上がったことがわかります。

さらに顔の温度が上がると顔の皮膚の代謝も上がり、

少し顔から汗まで出ますし、治療後の顔色はピンク色になり、

ツヤツヤと輝きを増します。

指圧だけでこれだけの美容効果を上げるのは並大抵の修行では成し得ません。

わたしの治療院のメニューでは今、美容コースを設けておりませんが、

ご希望があれば随時、美容指圧を受け付けております。

昨日のW さんも3時間コースのなかで45分ほど美容指圧を施しました。

もともと美しい顔立ちが治療後にさらに際だったことは言うまでもありません。

当院の予約、詳細情報などはこちらから。

https://www.shinq-compass.jp/salon/detail/31517/
69:ハリィー今村 :

2018/08/04 (Sat) 00:22:14

host:*.tokai.or.jp
堺のおっさんへ

昨日も飯山さん経由で新規クライアントが来院されました。

その方もわたし同様にペットロスならぬEGさんロス症候群で、

心にポッカリと穴が開き、時に涙が溢れてしまうと仰っておりました。

飯山さんがなぜ何度も私のことを紹介してくれたのか?

考えてみれば不思議です。

これまで鍼灸指圧は現代医学の影に隠れてしまい決してメジャーでは

ありませんでした。またそれゆえに鍼灸指圧の正確な情報が伝わらず

人々は誤解や偏見で鍼灸指圧を捉えてきました。

潜在的な魅力、可能性はたとえものすごくても、そんなものがあることを

知らなければ一生、鍼灸指圧を受けることがない。

そんな閉塞した状況に飯山さんは風穴を開けたのです。

今すこしずつですが全国から私のもとに新しいクライアントが来院しております。

飯山さんが私をネットで紹介しなかったら決して来院することはなかったであろう

クライアントたちとの出会いです。いわば飯山さんが連れてきた患者。

飯山さんに恩返しをするということはこの飯山さん経由で来院した患者に

精一杯の治療をすることだ、と昨日の新しい患者さんを治療していて

強く思いました。治療師のプロと患者のプロが鍼灸指圧の文化を

再興していくのです。ようやくEGさんロスから脱し、

新たな活力が湧いてきております。

こちらへの書き込みをどうしようかここのところ迷っておりましたが、

思うところあれば今後も書き込んでいきます。

これまで通り宜しくお願い申し上げます。
68:堺のおっさん :

2018/08/03 (Fri) 20:25:57

host:*.ocn.ne.jp

今村さん、治療も相手あって成立する。

治療の名人がいれば、患者の名人もいるとは。

治療の名人にはなれませんが、名人患者を目指したいと。

飯山氏も名人患者でしたね…
67:ハリィー今村 :

2018/08/03 (Fri) 06:43:05

host:*.tokai.or.jp
飯山さんへの追悼の思いを記事にしました。

→ http://harikyusiatuharii.eshizuoka.jp/e1922126.html
66:大むぎ :

2018/08/02 (Thu) 12:42:54

host:*.plala.or.jp
亀さんさま、ご親友の方が奥様だったのですね。
大変失礼いたしましたm(__)m
ごきぶり体操もよいですよね。
てげてげに紹介されて以来行っていましたが、足ブルブルが
結構キツイのと、これをすると6キロ越えの猫がお腹に乗り
(ごきぶり退治?)重いのと・・・でしばらくさぼっておりました。
私もまた続けようと始めています。
ご友人さまの左手もよくなられるといいですね^^

アルゼンチンは冬ですか。涼しそう~~
というか寒いですよね^^;)
どうぞお気を付けてm(__)m
65:亀さん :

2018/08/01 (Wed) 20:45:26

host:*.net.ar
>>64

おおむぎさま

アドバイスをありがとうございました。
http://grnba.jugem.jp/?eid=1623

読ませていただきました。なるほど、これは効きそうです。よって、早速に親友の連れ添いに伝授することにしました。プラスチック加工の仕事をしている、親友の夫であるオスカーは左利き、今村先生も仰せの通り、仕事から来る指関節あたりの疲労と思いますので、血行を良くすれば直に治るでせう。

並行して思い出したのがゴキブリ体操、これも親友夫婦に伝授しておくつもりです。本当は小生が当地で毎朝やっているヨガをやらせたいのですが、より簡単なゴキブリ体操を覚えてもらった方が良さそうです。

それにしても、真夏の日本から真冬のアルゼンチンに来て十日が経ち、漸く身体が慣れてきました。しかし、三週間後には再び暑い日本に帰国、やれやれといった感じです。風邪も数回引きましたが、どれも数時間で完治しました。これも毎朝飲んでいる乳酸菌やヨガのお陰です。

さて、今日はこれからブエノスアイレスの観光に行ってきます!



亀さん@人生は冥途まての暇潰し
64:大むぎ :

2018/08/01 (Wed) 12:08:31

host:*.plala.or.jp
亀さま、はじめまして。初めてこちらに投稿させていただきます。
私はこの春に両手の親・人指し・中指の第1関節ばかり瘤みたいに
ボコボコはれているのに気が付きまして(左は軽症)。
調べると何とか(忘れました--;)といって原因不明、
40歳以上の女性に多い、痛みなどあれば病院でステロイド云々と。
これは病院では治らない!血流をよくしよう!
と「腕ふり運動」の回数を増やしてみました。

たぶん毎日のパソコンや調理など使い過ぎが原因、
その部分が弱って、いらない物?がたまってるのかなと思いました。
時々直接さすってマッサージ?しながら約3か月。
今は左手の瘤はなくなり、右手の親指と人指し指にちょっと残っている
くらいになりました。

腕ふり運動はその1か月くらい前から始めました。
この2年間狭心症らしき症状がおさまっていたのですが、
春にちょっと軽い症状が。ありやありゃ・・・ということで。
するとしばらくして、上腕のもう何年もずっとあったアテローム
のしこりがなくなっていました。
この腕ふり体操以外には考えられませんし、
日頃から飯山さまがおっしゃっていた血流をよくすることの
大切さを実感した次第です。
ご友人の奥様とは症状も異なり、参考になるのかわかりませんし、
すでにご存じでらっしゃるかもしれませんが、リンク先を
ご紹介させていただきますm(__)m
http://grnba.jugem.jp/?eid=1623
63:亀さん :

2018/08/01 (Wed) 02:43:48

host:*.net.ar
今村先生、回答ありがとうございました。投稿の後で確認したところ、彼は左利きとのこと。仰せの通り、職業柄と思われるので直に治るから、医者なんかに行く必要はないと言っておきました。

当地では朝はパン・バター・コーヒー、昼や夜は厚いステーキ数枚…。帰国後のダイエットに苦労しそうですwww それにしても、こうした食生活が続くなか、頼りになるのは乳酸菌。玄米・黒砂糖・天然の塩・現地の水道水で試してみたところ、見事に完成しました。ともあれ、ここでは豆乳が手に入らないので、毎朝コップ半分ほど飲むしか手がありません。

過日、頭部がツルツルの友人の連れ添いに朝晩二回乳酸菌を塗ると、再び毛が生えるかもしれぬと言ったところ、亀さんの言うことだか間違いはなかろうと、早速奥さんが旦那のツルツルの頭に一生懸命塗っていました。もし、毛が生えなかったら、国際問題に発展しそう…(爆)。



亀さん@人生は冥途まての暇潰し
62:ハリィー今村 :

2018/07/31 (Tue) 19:29:12

host:*.tokai.or.jp
60の亀さんへ

お返事が遅くなりまして、まことに申し訳ございません。

ご友人の手指の症状は積年の仕事の癖のようなものによるのではないでしょうか?

であるのなら、ようは金属疲労のような関節筋肉疲労が原因かもしれません。

ご友人がその疲労部位を把握し、そこの血流を上げる処置をすれば、

改善する可能性はありそうです。

しかし私が実際に触ってみないことには何ら確信を持ったことは言えません。

遠隔気功が出来ると豪語できるような剛胆さは私は持ち合わせておりませんので、

このくらいのアドバイスが限界です。

61:庶民です :

2018/07/30 (Mon) 19:38:48

host:*.bbtec.net
米のとぎ汁乳酸菌液の作り方を
飯山先生のブログで覚えて・・・5年目です
今では玄米をミルして蒸した大豆にまぶして納豆を作るまで発展しました
またよもぎを育てて畑の周りに敷いて腐敗菌予防をしたり
よもぎおしっこを作り畑に散布したり
飯山先生のおかげで自分なりに考えて乳酸菌生活をしています
先生いろいろとありがとうございました
60:亀さん :

2018/07/30 (Mon) 08:24:04

host:*.net.ar
今村先生、小生、現在は地球の裏側のアルゼンチンに滞在中です。実は、現在お世話になっている親友シルビアの連れ沿い・67歳が、左手の三本指(親指・薬指・小指)、ここ数日急に力が入らないと困っています。同じ左手の他の人差し指と中指は問題はありません。また、右手の五本指は全く問題ありません。

近ければ、先生の所に行ってもらい、治療を受けるように勧めたいところです。なを、本人は今でも一人でプラスチック加工の自営業をしている典型的な機械屋の親父です。

そこで、左手のどのあたりのツボを、どのくらいの力で、どのくらいの時間、何回指圧すればよいのか、厚かましい質問で恐縮ですが、もしおわかりでしたらご教示いただければ幸いです。


なを、本人はスリムな体格で祖父母かドイツ系、今までに病気らしい病気をしたことはなく、今でも健康そのものです。


以上、よろしくお願いいたします。


亀さん拝
59:昼行燈 :

2018/07/25 (Wed) 06:30:35

host:*.dion.ne.jp
私の“パソコンを立って打つ”記事を取り上げて下さったことにお礼を申し上げる間もなく、旅立たれてしまってm(__)m
気恥ずかしくて、お礼を書き込まずにいました。

ありがとうございました。

お悔やみの言葉をあちこちに書いてしまいまして、でも、ここでも書かせてもらいます。

とっても、悲しいです。
だけど、心からお悔やみ申し上げます。
合掌
58:ハリィー今村 :

2018/07/20 (Fri) 06:06:31

host:*.tokai.or.jp
飯山さんへ

ワッチの文章をまたまたアップして頂きまして、

まことにありがとうございます。

しかし連日、暑いですな。

それで私が夏バテ予防で、心がけていることは

夏で暑いからといって、冷たいものを食べたり

飲んだりしないというこの一点のみ。

もちろんどこかへ出かけて、かき氷やソフトクリームや

ジュースを飲むこともありますが、

基本、家では熱いお茶、緑茶しか飲みません。

どてっ腹の真ん中の小腸に免疫のセンターがあるわけで。

その免疫の中枢を冷やして破壊すると

免疫力が低下するのはサルでもわかる理。

だからワッチは夏でも腹のなかを冷やすほどにまで

冷たいものは決して取りこまない、を鉄則に

夏の養生を心がけております。

57:ハリィー今村 :

2018/07/18 (Wed) 07:11:27

host:*.tokai.or.jp
vagabundo1431さんへ

現代日本において現代医学信仰の洗脳を解くのは

なみたいていのことではありませんからね。

どんなに鍼灸指圧の良さをアピールしても、

やはりサクッと鍼灸指圧を習慣化するには

そうとうのハードルがあります。

健康への道に早道は無し。

健康をつかむには自分で自分の体をケアし、

自分の体と向き合うこと。

→ http://harikyusiatuharii.eshizuoka.jp/e1917794.html
56:vagabundo1431 :

2018/07/18 (Wed) 05:09:44

host:*.au-net.ne.jp

小生の勧めで半年ほど鍼灸治療を受けた母親。それもお終いとなりました。やはり
家族(小生を除く)にしてみれば、鍼灸院よりも大病院様々の様子。非常に残念で
なりません。

今後は自身のメンテナンスのみに専念します・・・。
55:ハリィー今村 :

2018/07/15 (Sun) 05:47:19

host:*.tokai.or.jp
レジェンドは一朝一夕に成らず。

http://harikyusiatuharii.eshizuoka.jp/e1917282.html
54:昼行燈 :

2018/07/14 (Sat) 10:40:48

host:*.dion.ne.jp
私は、パソコンを立って打っています。
自作のスタンディングテーブルにして。
足に汗をかくのが不快なので、乾かした砂を布袋に入れてその上に立つんです。
砂袋の上で、適当に動いて、膝を曲げたり伸ばしたりもします。
座って、PCをやっていると、体が冷えるけど、立ってやれば、汗が出ることもあります。
最初は、つらいかもしれないので、つらくなったら座って、また立つ、を繰り返すと、慣れますよ。

砂袋は、時々、太陽で乾かして。


53:アバウト :

2018/07/13 (Fri) 16:38:19

host:*.bbtec.net
飯山さんへ

初めまして。

「15秒背骨体操で不調が治る」(松岡博子著 アピア均整院代表)

お薦めです。

おかげさまで、肩こり・腰痛・視力障害・・・・・

無縁です。

気持ちまで幸せです。
(飯山さんをはじめ、「放知技」で明るく、幸せになれる文章に毎日触れているお蔭も
ありますので!」
52:ハリィー今村 :

2018/07/13 (Fri) 05:56:06

host:*.tokai.or.jp
名人ブランドの虚像を暴く。

名人などいない。

あるのはひたむきな治療のみ。

http://harikyusiatuharii.eshizuoka.jp/e1916703.html
51:ハリィー今村 :

2018/07/12 (Thu) 01:10:29

host:*.tokai.or.jp
鍼灸指圧における治療効果でよく知られているのは

ソッコーでその場で1回一発の治療で治る一発効果だが

意外に知られていないのが遅延効果と累積効果。

その遅延効果と累積効果について

わかりやすくコラムに書きました。

その場で一発で治すだけが鍼灸指圧の醍醐味ではない。

鍼灸指圧にある遅延効果と累積効果という付加価値を

見落としてはならない。


当院の予約方法にはスマホからのネット予約が標準装備されています。

しんきゅうコンパスサイトをスマホで検索し

「鍼灸指圧 光伯堂」ページを開き予約画面に必須事項を書き込めば、

スマホからサクッと当院の予約ができます。


コラムはこちら→https://www.shinq-compass.jp/salon/column/31517/32833/

スマホで検索する画面はこちら→https://www.shinq-compass.jp/salon/detail/31517/
50:ハリィー今村 :

2018/07/04 (Wed) 19:46:38

host:*.tokai.or.jp
48の亀さんへ

言霊的に漢字言葉を解読するのは面白いですね。

凝りに固離という当て字は言い得て妙。

凝集と拡散という陰陽の要素が包含され、

動と静、生と死も。

人間は恒温動物。

分子が振動することで恒常的な体温が維持される。

体内の分子を振動させ続ければ健康でいられる。

分子を振動させるには温度を与えればいい。

灸の原理とは簡単に言えばそういうことでしょうね。







49の飯山さんへ

はい、もう『てげてげ』の宣伝効果はハンパないっす!

『ハリィーの掌』のアクセス数がまた

とんでもないことになってます。

本当にありがたい!

自分は自分以外の治療師のやり方には全く興味はありませんが、

鍼を打って置鍼してベッドに寝かせておくようなそんな治療は

わたしにはとうていできません。

わたしはとにかく徹底的に手当てにこだわる。

手抜きは一切無し。

鍼も1本、1本、1回、1回、すべてそこに気を込めていく。

温灸ももちろん灸熱とともに私の気を注ぐ。

指圧はダイレクトに指先から気を注入する。

鍼や灸や指が治療するのではない。

わたしの治そうとする心意気。

この治そうとする気がぶつかっていくのが私の治療。

てげてげ経由で来院される新規クライアントにも、

わたしの全身全霊の気をぶつけております。

手当てから遠ざかるほどに医療は衰退する。

手当てこそ医療の原点にして本質。
49:飯山一郎 :

2018/07/04 (Wed) 14:35:44

host:*.dion.ne.jp
>>46
ハリィー今村さん

ワシのファンのなかには,ワシが…

「病院に行ってはいけない!」「病気は自力で治すんだ!」と,幾ら言っても…

チョッと体調を崩して不安になると病院に駆け込む.

そんな阿呆がゴマンといるのです.


『それは,ま~しゃ~ない.だけど病院に行く前に…

せめて有能な針灸師や指圧師に診てもらいなさい!

ほとんどの針灸師は,ロクに病気を治せないインチキが多いけど…

なかには今村光臣師のような,日本一!といえる治療師がいますぜ!』

こ~ゆ~↑↑意味で,ワシは貴殿のことを『てげてげ』に書いているワケです.

結果,多少は“貴治療院の宣伝”になったよ~なので,良かったです.
48:亀さん:

2018/07/04 (Wed) 11:52:07

host:*.t-com.ne.jp
http://bbs6.fc2bbs.net//bbs/img/_409100/409098/full/409098_1530672727.jpg
>>47


> 凝りに当て字をすると「固離」!

確かに、漢字に当てはめると仰せの通りです。

一方で、中国から漢字が輸入される以前から、この日本列島には当時の日本人自身のコトバがありました。このあたりは、拙稿「日本語は生き残れるか」でも少しふれています。
http://toneri2672.blog.fc2cn.com/blog-entry-1296.html

その中で取り上げた本に、『コトバの原典』(大平至拮・松井井知夫 東明社)というのがありますが、漢字以前に確実に存在していた日本列島のコトバについて、洞察を深めていただく意味で、最初の第一節を本投稿の最後に引用しておきます。なを、同節にはイラストがありますので、↑イラスト↑も併せて貼り付けておきました。

今村先生をはじめ、皆様に何等かの参考になれば幸いです。



亀さん@人生は冥途までの暇潰し

__________
1 なぜヤマという

宮城県岩手山町で、日本最古と思われる土偶(犬か馬の首)が発掘されたと新聞紙上で報じられたことがある。東北大学の芹沢教授は、その地層から推して縄文時代以前の旧石器時代、今から一万五千年から二万年前の焼き物と断定している。

思えば私たち日本人の祖先は、随分遠い昔からこの国土に定着していた。二万年も前、すでに土偶崇拝という生活文化をもっていた祖先は、もちろんその生活に必要な最少限度の言語をもっていたはずである。言語学の報告によれば、その基礎的な日本語は、今から一万年前、すでに成熟していたという。この国土人種の共感共通のコトバとして、定着するまでには、さらに多くの歳月を要したことであろう。

ここでいう墓礎的な日本語(以下、甚語と略す)とは、中国から漢字が渡来する以前からあった日本人自身のコトバである。日常茶飯に用いる、起て、坐れ、行く、走るなどのように、コトバとともに、その現象や行為を伴うものであって、漢字以前の基語のコトバは、言と同時に事の意味をもつコトである。

原則として日本基語は〝言=事〟であって、その伝承的なコトバは、小学校の義務教育をうける以前に、親から子に躾けとして教えられるコトバである。「坐りなさい」といわれても、それを初めて聞く幼児には、どういうコトか判らない。親が坐ってみせて「坐るってこうすることよ」と教えられて、初めて行為とともにコトバを覚える。まさにコト(言)イコール・コト(事)である。

若い母親が車窓から指差して、「ほら、ごらんなさい、あれがヤ・マよ、ヤマっていうのよ」と教える。そこにはヤマの実態がある。

国語として漢字教育をうけた私たちは、ヤマときけば、すぐ漢字の山が頭に浮かぶ。漢字の山は、三角を三つ並べた象形からできているが、実態としてのヤマは、ただ目で見た三角形だけでは説明しきれない。

地表に隆起したあの巨大な土塊、その自然のエネルギーとともに、どっしりと安定した重量感をもつヤマである。しかも四季交々に姿を変えて、ヤマは絶えず生きている。基語ヤマには、それから受ける感覚的なすべてを表現している。いってみれば、山から受けた人間の心の表現である。ただ三角形を模した外形的な"山"ではない、日木語と漢字の相違である。したがって基語としてのヤマは、直訳的に"弥真"と表記した方が真実に近い。

"弥真"(自然の力による真実の存在)の意味をもつ〝ヤマ〟であればこそ、ヤム、ヤマヒ、ヤマシイなどの、人間の状態や、心情の表現にもなってくる。大和の国や大和心などは、ヤマの真意が解って初めて理解できるコトバであろう。これは単に落語的な酒落ではない、否むしろ、庶民のこうした落語漫才的なコトバの遊びにこそ真実があるといえよう。

漢字の山と島では、全く違った存在となるが、日本語のヤマとシマでは、マ語の次元において同じである。ここで図形をみていただきたい。シマの実態は水がなければヤマであって、水にかくれて見た目(現象的)には、個々別々のように見えることをシマという。そこにシ語の意味を知ることができるが、シ語については項を追って詳述する。

ヤマもシマも、マ語の次元では同じ地殻からの隆起物である。したがってマ語は、全体(地殻)の中の、個々に凝集したエネルギーであることが解る。この全休の中の個エネルギーというマ語の原則は、他の語と組成されても変らない。タツマ気は全(大気)の中の個のエネルギ!であるし、ウヅマ気もまた全(水の流れ)の中の部分的現象であろう。

国語や日本語が乱れているという今こそ、日常的な基語に伝承されている祖先の心を回顧し、人類の中の日本入としての主体性を取戻すべきではなかろうか。

『コトバの原典』p.3~5
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
47:ハリィー今村 :

2018/07/04 (Wed) 07:37:12

host:*.tokai.or.jp
凝りに当て字をすると「固離」!

固体化したものを離せ、という意が

この言霊の真意であろうか。
46:ハリィー今村 :

2018/07/04 (Wed) 06:04:16

host:*.tokai.or.jp
飯山さんへ

またまた「てげてげ」へのピックアップ、

まことにありがたきかな。

凝りを言霊的にいじると「固り」と解せます。

物理では固体は分子が引き合い動けない状態を意味する。

この固体を動かすにはそこに熱を加えて

分子の振動を上げて分子を引き離せばいい。

固体は熱を加えると液体になり、さらに気体に昇華する。

おなじことを「固り」に施せばどうなるか?

「固り」に温灸で熱を加えると「固り」の内部の分子の運動が増して、

「固り」が溶けてほぐれてくる。

もしかすると灸の治効原理はこんな単純なことではないのか?

たぶんそんな単純なことなのでしょう。

ですがこの単純な原理を見つけそれを縦横無尽に使いこなすには

それそうおうの年季が必要だった。

人体という建屋を支える支柱、大黒柱が脊椎。

その頭部を支える首のアーチ部分と

基礎の根太にあたる仙骨周囲がもっとも重要なポイント。

まずここに溜まった汚泥のような「固り」を温灸で溶かしていく。

これだけでも体調はガラッと良くなります。

45:嘘と欲 :

2018/07/04 (Wed) 05:18:37

host:*.bbtec.net

ダメリカのウォーギリティー洗脳で日本は侵略国家だと思わされて、ダメリカが悪い事をしていると

うすうす感じていたぼんくらの私を目覚めさせて呉れた楽しいお話です。

このお話で私の世界は日本晴れ、晴れ晴れと心おきなくあの世へいけます、はっはっは!!!

【武田邦彦】全世界で日本だけが唯一アーリア人に・・・。


https://www.youtube.com/watch?v=OdWD9SA0NSI
44:ハリィー今村 :

2018/07/02 (Mon) 10:48:53

host:*.tokai.or.jp
健康体とは流動体。

流れるものが流れていれば健康なのだ。

流れが滞ればその先に栄養や酸素が行かなくなり、

そこに老廃物が溜まり出す。

万病は流れの滞りにより生じる。

滞りの後発ポイントを攻めればそこが活路だ。

ついに万病を攻略するスベが見えてきた。

→ http://harikyusiatuharii.eshizuoka.jp/e1913880.html
43:ハリィー今村 :

2018/07/01 (Sun) 05:34:26

host:*.tokai.or.jp
ガンやパーキンソン病が進むとその体は

まるで甲羅のような凝りで埋め尽くされる。

ここまでいたるとさすがに私でも手の尽くしようがない。

だがここから健康になるための重大なヒントが引き出せる。

つまり凝りは見つけしだいほぐすことで

ガンやパーキンソン病をはじめとする万病の予防になるというヒントだ。

カラダという言霊に漢字を当ててみる。

①「殻だ」

②「甲羅だ」

②「空だ」

生命力という摩訶不思議なものが宿る止まり木。

それがカラダという入れ物。

その入れ物である殻を甲羅のように固くするのは

あらゆるストレスから生命力を守ろうとする防衛本能。

節足動物や亀はそのカラダを固くすることで生き延びてきた。

では人間はいかにして身を守るべきか?

人間も亀のように身を固くして甲羅のような凝りでストレスを

防御する方法もある。

だがそれは結果として体液の流動性を傷害しガンやパーキンソン病をはじめとする万病を

生じさせてしまう。

カラダを甲羅のような殻にするのではなく

カラダを空(から)にすること。

カラダを空(から)にするとは即ち柔らかい殻になることを意味する。

柔らかい殻、柔らかいカラダとは柔らかい凝り、つまり

すぐにほぐれる活きた凝りに覆われたカラダだ。

活きた凝りならばほぐせば即座に体液の流動性が元通りになる。

そして意識をすら空にできれば

天地のエネルギーが自然にカラダに注がれてくる。

カラダを固くするのではなく

カラダを柔らかくする。

カラダという殻を空にまでもっていく。

これが健康になる秘訣だ。

カラダという殻は常にゆがみひずむ。

カラダに生じたゆがみやひずみは凝りとなって表象化する。

ゆがみやひずみによる凝りは常に発生するゆえに

凝りは常にほぐさねばならない。

赤ん坊はこの地上に生まれ落ちると最初に腰や首がすわるのが

成長の目安となる。

これこそ首と腰に重力ストレスが生じたアカシなのだ。

そしてそれから一生、わたしたちは首凝りと腰凝りに付き合うのだ。

首凝りと腰凝りをS字状にした背骨でいなし、

わたしたちは体幹を支えて一生を過ごす。

その弊害は加齢と共に脊柱管狭窄をもたらす。

脊柱管が狭窄するのは直立二足歩行をする人類の宿痾だ。

だがこれも常のケアで未病のうちに予防していけば

いつまでも元気な歩行が可能になる。

健康でいるためには自助努力で自分で自分の体をケアすること。

これしかない。

鍼灸指圧も、あらゆる健康術も自分の体を健康な「空だ」にするキッカケ。

キッカケをチャンスに自分の体を知り、

自分にどんな方法が合うのかを見つけたらラッキーだ。

鍼灸指圧というツールを通して患者に健康になるためのチャンスを与えるのが

わたしの仕事だ。
42:ハリィー今村 :

2018/06/28 (Thu) 06:08:46

host:*.tokai.or.jp
最近は飯山さんの宣伝効果のお蔭で

遠方からの新規クライアントの来院が多い。

そうした遠方で日帰りできないクライアントに

当院ではステイプランを用意している。

当院御用達のリゾートホテルは

素泊まり、一泊朝食、一泊二食と

好きなプランを選べて、コスパもいい。

遠方から当院の来院を希望している皆さんは、

ステイプランも視野に入れて来院計画を立てて頂けたら幸いです。



人体とは1本の背骨に頭1つと

腕2本と足2本がくっついたもの。

つまり1本の背骨が中心軸で、

その中心軸をもとに運動器官の手足と

ぜんぶの司令塔の頭が付着する構造だ。

だから頭と手と中心軸が交差する首と

中心軸と足が交差する腰部が

もっとも大事なポイントとなる。

この二つの交差ポイントの神経や血管の状態を良くすることで

そうとうの健康増進効果が見込めるのだ。

当院ではこの二大ポイントをターゲットの治療も

もちろんおこなっている。

首や腰部の血流が上がると

からだは生まれ変わったように軽くなる。



当院へのステイプランの紹介はこちら。

→ http://harikyusiatuharii.eshizuoka.jp/e1912270.html
41:ハリィー今村 :

2018/06/22 (Fri) 19:15:10

host:*.tokai.or.jp
亀さんへ

はい仰せの通り。

かつて東洋医学はシャーマンたちによって継承されていた。

それがやがて漢王朝御用達ガイドライン医学になっていった。

そこに左脳的な陰陽論や五行論や経絡論が入り。

それがスタンダードになってしまった。

以前に北里東洋医学研究所のある先生の講義で、

紀元前の東洋医学は、まず按摩や指圧をして凝りを探し、

冷えている部位に灸をし、凝りの強い部位に鍼をしたと。

この紀元前の鍼灸指圧スタイルがまさに私の治療スタイルと同じなので、

嬉しくなってその講師が帰るところをつかまえて、

「私は今でも紀元前の鍼灸指圧をやってます」と声をかけて、

少しばかり話をさせて頂きました。

生命を把握するには理論よりもまず直感。

ベテランの看護師は患者の予後をほぼ直感で察知し、

今夜が峠だ、と見抜くと看護師から聞いたことがあります。

そういう勘がじつは命のメンテナンスでも一番大事な素養ですが、

左脳重視の学校型の教育システムでは、こうした勘はなかなか育ちません。

左脳は分析脳、右脳は本質脳。

直感で本質を見抜くには右脳を鍛えるのがいい。

右脳を鍛えるには実践あるのみ。
40:亀さん:

2018/06/22 (Fri) 06:38:04

host:*.t-com.ne.jp
>>38

> 武道の達人って、JAROに怒られますぞ(笑)

またまたご謙遜を…(笑) それに、JAROに叱られても亀さんには馬耳東風…(爆)。まぁともあれ、vagabundo1431さんらしい、謙虚な言葉と受け止めておきます、ハイ。


>>39

> 五行理論や経絡理論も左脳の産物。
>
> からだや命は理論の集積ではない。

御意。

ここ数ヶ月、今村先生の放知技への投稿を読みながら思ったことは、先生は今上陛下の「心」を確実に引き継いでおられるということでした。今生陛下の「心」とは、どのような意味かということですが、拙稿「天頂に生きる」で簡単に述べました。
http://toneri2672.blog.fc2cn.com/blog-entry-1552.html

__________
四千年近くの時空を超えて、今日の世界にも神格シャーマンが存在する。今上陛下その人である。つまり、朝鮮族であった遙か太古の殷の祭祀王のDNAを、しっかりと引き継がれておられるのが今上陛下なのである。
青州で思ふ(3)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
これが、小生の謂わんとする今上陛下の「心」です。

換言すれば、今上陛下の「心」とはマサニ「右脳思考」に他ならず、また、今村先生も陛下同様に右脳人間であることは、今までの投稿で一目瞭然です。

ここで注目して頂きたいのは、殷王朝前と後とでは、明らかに世界が違っているということ。すなわち、殷王朝後の前漢代に編纂された『黄帝内経』なんぞ、先生の仰せの通り典型的な「左脳書」に過ぎないということであり、このあたりについては拙稿「乳酸菌と日本人」にも書きました。
http://toneri2672.blog.fc2cn.com/blog-entry-1265.html

そして、小生は飯山さんの以下の言葉を紹介しています。
__________
『殷』の時代,文字は,“神の意思”が篭もった,まさしく『言霊』であったのです.

『殷』の滅亡とともに,中原(中国大陸中央部)では,『亀卜(きぼく)』も滅びました.『殷』に代わる『周』が,『亀卜』ではなく,『易経(えききょう)』を採用したからです.

あの細い筮竹(ぜいちく)を使う占い,いかにも中国的な「占筮(せんぜい)」です.この「占筮(せんぜい)」の中心思想は,『陰陽二元論』です.周代以降,中国は,『陰陽二元論』の思想に染まっていきます.

おおらかで神秘的な『亀卜(きぼく)』は,箕子朝鮮→馬韓→天皇陛下へと継承されていきます.

日本の天皇家は,祭祀面でも,シャーマンの国家=殷帝国を継承している! ということです.
◆2016/10/26(水)  平成天皇ご即位の際にも亀卜が行われた…
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


さらに掘り下げて書きたいところ、現在の小生は大量の仕事に追われていて、来月下旬の渡航の準備もできていないありさま…(嗤)。だんだん焦りが出てきましたwww



亀さん@人生は冥途までの暇潰し
39:ハリィー今村 :

2018/06/22 (Fri) 05:10:19

host:*.tokai.or.jp
vagabundo1431さんへ

地球史は天地動乱の歴史。

6500万年前には突然に巨大隕石が落下して

恐竜の時代が終わり、

それ以前にも5度の大量絶滅劇があったとされる。

地球の生命は進化論で説くような突然変異と適者生存で選択されたエリート種が

生き延びてきたわけでは決してない。

単に絶滅で対抗種が消えたそのニッチを埋めるかたちで生き延びたものが

残ってきただけ。

人間はどうも左脳が先立って物事を考える傾向にある。

左脳が納得するような線形的な論理はじつは生命の領域にはない。

生命領域はまさにカオスのエッジ。

一寸先は未知が生命の世界。

右脳を研ぎ澄まし本能や直感を活用するほうが真実に到達しやすいし

楽しいと思いますね。

五行理論や経絡理論も左脳の産物。

からだや命は理論の集積ではない。

からだや命はつねの動き。

からだや命も地球と同じくいつなんどき動乱するかわからない。

からだや命もつまりはカオスのエッジ。

だからこそリズムや調和を維持するために

命のメンテナンスが重要となってくる。
38:vagabundo1431 :

2018/06/22 (Fri) 02:19:21

host:*.au-net.ne.jp
ハリィー今村先生 & Sr.tortuga

「含蓄のある言葉の数々のご紹介」。その通りです。全てはアッシでなく賢者の教え。こちらは
只のvagabundo。幸いご縁に恵まれ、日々賢い方々の戒めに支えられています。だから亀さん!
武道の達人って、JAROに怒られますぞ(笑)

ハリィー先生の自然観もその一つ。「人が自然に優しく」ってふざけんじゃねーよです。確かに
調子乗りすぎの面もありますが、表面にへばり付いている程度の存在が地球を振り回せるはずが
ない。地球がお得意の氣まぐれで、ちょっと図体を揺すればいとも簡単に振り落とされるだけ。
そんな地球も無数にある星の一つに過ぎません。

エコの大合唱から人口兵器による陰謀論まで、誰だよまた仕掛けてる奴らは。世の中たいがい種
もあれば仕掛けもあるんだから。

合気道と言えば、大東流合気柔術宗範の佐川幸義先生、vagabundo1431さんの評価は…?

分かりませんよ!(笑)
37:ハリィー今村 :

2018/06/21 (Thu) 19:42:17

host:*.tokai.or.jp
34の堺のおっさん氏へ

はい、なんといっても睡眠がもっとも大事な自力メンテナンスですね。

睡眠中に肉塊に相当する量の細胞が生まれ変わると言われています。

細胞のリモデリングがうまくいっていれば、

あえて強制的なメンテナンスは必要ないでしょう。

もっともそうはいってもこの地球にいる限り重力負荷というとてつもないストレスが

つねに負荷されるわけで。

人体をプラントに例えると建屋にきしみやひずみや歪みが生じるのは必然。

とくに体幹を支える中心線の脊椎ラインの支柱がこの歪みライン。

だからそうした歪みを常に修正するのが命のメンテナンス。

あとは脳が色んな意味で精密機器のコントロール室で、

ここへと体中から情報が集まり、また脳から指令が出る。

この情報経路が集中しタコ足配線に密集しているのが首根っこ。

首根っことはよく言ったもので、

植物の場合は地面から下へと根が生えるが、

人間の場合は首が根っこで、頭が球根?

それで神経や脊髄となって全身へと根が張り巡らされている。

そしてこの根毛が情報を吸収して首根っこを通って

球根の脳へと情報が集まってくる。

だっから首の血流を常に上げて確保しておくことも

とても重要な命のメンテナンスとなる。





35のvagabundo1431さんへ

含蓄のある言葉の数々のご紹介、まことにありがとうございます。

杉田玄白は「医事は自然に如かず」の言葉を遺しております。

しかし自然は時に地震や津波や台風や大雨などの天地動乱をも引き起こします。

自然は決していつも人や生き物に優しいわけではない。

ではあるが、わたしたちは地球で生きるしか、

いや生かされる存在。

自然もまた邪正一如。

人間も善悪二面。

中庸を良しというが、

これがまた難しい。






亀さんへ

極意など単なる言葉。

これ至言ですね。

秘法などともったいぶるものほどたいしたことはない、

と昭和の名灸師の故・深谷伊三郎は喝破した。

わたしのような仕事は毎回、毎回、白紙に戻されるようなもの。

今日悟った気づきが明日にはゴミ箱に捨てられているかもしれない。

そうした世界においては、極意だの秘法だのは

たしかに単なる言葉遊びにしかなりませんね。
36:亀さん:

2018/06/21 (Thu) 13:04:50

host:*.t-com.ne.jp
>>32

今村先生、回答有り難うございました。


ところで…
.
>>35

> 亀さんくらいになると

って、「豚もおだてりゃ木に登る」つう格言があるんだが、亀はイクラおだてても木に登れませんぜ(爆)

それにしても、藤平光一とわ、なんとも懐かしい御芳名…、流石は武道の達人たるvagabundo1431さんは、言うことが違うwww。

過日、拙宅の仕事部屋をお見せしたように、ディスプレイの前には万一に備えた武器を置いてあるが、それを目敏く見つけたvagabundo1431さんは流石です。犠牲第一号は、どの鉄砲玉なんだろう…。

ともあれ、現在は仕事に追われているので、これにて失礼します!


◎追伸
合気道と言えば、大東流合気柔術宗範の佐川幸義先生、vagabundo1431さんの評価は…?



『孤塁の名人』を数年前に読んだ亀さん@人生は冥途までの暇潰し
35:vagabundo1431 :

2018/06/21 (Thu) 07:53:06

host:*.au-net.ne.jp
ハリィー今村先生 & Sr.Tortuga

手当ての一種である氣圧療法を広められた、故・藤平光一先生(心身統一合氣道創立者)も
同様の事を仰ってますね。

①治療師側も、天地の氣とたえず交流していれば消耗した氣は満たされ益々健康になる。
②調子に乗って「もっと上手く、もっと綺麗に」などの雑念が湧く(心身統一が崩れる)と
 失敗する。

もっとも藤平先生は、著書の中で陰陽五行説を基にした東洋医学(中医学)の経絡理論を否定
されていますが。

「邪念は邪気となって自分に返り自分を殺してしまう。
無心は正気となって自分に返り自分を活かす」。

この世は邪正一如=表裏一体。好むと好まざると両者が存在するのであれば、それを力で抑え込
むのでなくどう融和させるか。この殺伐とした時代だからこそ、自身が生き残る為にも邪念を捨
て敵(敵と刷り込まれている存在)をも生かす「活人剣」の発想が重要なのでしょう。「自分を
殺しに来た相手と友達になる」(あーこれ正恩くんだ)。加えて「敵をも愛せ」。ん~ちょっと
難しいか(笑)

これも手当て療法を実践されていた故・塩谷信男博士曰く、「聖人君子から殺人犯まで、ゴキブ
リからガンまで、すべて必要だから存在している。子供が生まれ、親が死ぬ、どちらもそうなる
理由がある必然の出来事なのです。それがわたしたちの目にどう見えようと、心でそれをどう感
じようと、森羅万象この世にムダなものはなく、必要なものだけあり、また必要なことだけが起
こるのです」。 

なるほど、この境地にvagabundoはいつ辿り着けることか・・・(嗤)。

甲野善紀先生の仰る、「人間の運命は完璧に決まっていて、同時に完璧に自由である」。

最初はサッパリかつ、決まっているなら何をやっても無駄じゃないかと。ただ最近思うのは、
それでも人は日々を生きて行かなければならないわけで。どうせなら誰だって少しでも楽しく
豊かな人生を送りたい。楽しさ・豊かさは人それぞれですが、とにかくそこへ向って行くルー
トや手段の選択は全く自由なんだと。ならば時に悪行を選ぶ自由もあるのだと。但し、塩谷博
士はそれをこう仰っています。「現世だけでなく来世まで視野を広めればちゃんと因果の帳尻
は合わされています」。故に、「因果律の大きなサイクルにそって生きよ」と。だから亀さん
くらいになると、人生は冥土までの暇潰しになるのでしょうね!(笑)アッシのような俗物は
足元にも及びません(>_<)

そんなvagabundoもさるお方を人生の師と仰ぎ、寝食を共にして一応の後継者となったものの未
だ期待に全く答えられず。幾多の修羅場をくぐり抜けた師匠。最期に焦りが出たような・・・。

まわらぬ筆による駄文・長文たいへん失礼致しました。

P.S. 汝他人の血を流す者、何時か己の血にてその罪を贖う時が来るだろう。
34:堺のおっさん :

2018/06/20 (Wed) 23:22:34

host:*.ocn.ne.jp

今村様、こんばんわ。

メンテナンス。

睡眠をとるということもメンテナンスでしょう。

毎日、毎時、命は細胞レベルでリセットを繰り返す。

そのリセットがうまくいかないときにその原因を探り、

自然治癒力をよみがえらせる。

メンテナンスという自分自身に対するご褒美を心がける。

いいですね。針灸指圧。
33:ハリィー今村 :

2018/06/20 (Wed) 21:13:29

host:*.tokai.or.jp
命のメンテナンスしてますか?

という題でコラムを1本書きました。

→ https://www.shinq-compass.jp/salon/column/31517/31266/
32:ハリィー今村 :

2018/06/19 (Tue) 19:49:47

host:*.tokai.or.jp
31の亀さんへ

ザックリと言えば、

A I 脳の対極に位置するのが私が体得している世界。

ロボットが絶対に到達できない境地が達人の世界。

そうした玄妙な領域を言語で表現することにはある程度の意味はありますが、

どんなに巧みな表現言葉をもってしても、

本当の本当を伝えるのは至難のワザとなるでしょう。

それゆえに古来より徒弟制度で師は弟子へと

言葉ではなく生活、人格、そうしたすべてで

技を伝承してきたということでしょうね。
 
31:亀さん:

2018/06/18 (Mon) 02:47:04

host:*.t-com.ne.jp
>>28

お忙しいなか、回答ありがとうございました。

__________
もともと日本の伝統鍼灸は徒弟制度で生活をともにし、

師の情報を弟子に伝えるものでした。

ですが現代では、なかなかこうした伝承形式は色んな意味で難しくなりました。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

鍼灸に限らず、師匠から弟子へと受け継がれてきた多くの匠の技がありますが、やはり現代という時代は、庭や厠の掃除から始まる丁稚奉公を通じて師匠の技を盗み、やがて独立するという時代ではなくなったのですね。しかし、たとえ己れの志す道の師匠に直に仕えることができなくとも、先生のように眼光紙背に徹すという氣迫で以て、『日本鍼灸を求めて』(松田博公 緑書房)といった先達の書籍に接し、さらに日々の仕事を通じて鍼灸の奥義に一歩一歩迫っていくことも可能、ということを先生は見事に実証されており、それだけに、後進のために秘伝を書き遺すという先生の決意、高く評価したいと思います。数十年後、鍼灸の道に進む決意をした若者が、先生の書を通じて日々精進している姿が、今から目に浮かぶようです。


__________
要約するなら気の枯渇問題は治療師の側の心の持ちよう、意識の問題であり、

自分が治している、自分が治してやる、という自我やエゴ、欲があると

その邪心な意識が災いし治療師の気は枯渇してしまうが、

自我を捨て無心になり天地とともに治療する境地に至れば、

どんなに治療しても逆にますます元気になる、といえます。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

前レスでも氣の枯渇対処法について、書いておられたのを思い出しました。そして、今回は「自我を捨て無心になり天地とともに治療する境地」という行を目にし、仏教で云うところの悟り、あるいは武道の極意に相通じる境地だなと思った次第です。
「武道に「極意」なし!」
http://www.hino-budo.com/b-gokui.html

つまり、悟りへの道を登山に喩えるとすれば、治療師、僧侶、武道家と、それぞれ別の登山ルートから山頂を目指しているものの、究極的には同じ一つの山頂(悟り)を目指しているということに他ならず、肝心なのは日々の精進ということでせう。



亀さん@人生は冥途までの暇潰し
30:ハリィー今村 :

2018/06/17 (Sun) 19:42:14

host:*.tokai.or.jp
29のsuyapさんへ

はい、ご来院、お待ちしております。

じつはさきほどサーファーの新患がご来院されました。

なんでも首の左側がめっちゃ痛くて、

左腕全体がしびれたようにダルイという主訴。

まず指圧で凝りの位置を確かめて鍼を数カ所打ちました。

どうもこれだけでは鎮痛作用が出そうにないので、

座位になってもらい首へと温灸。

そのうちコックリ、コックリと船をこぎ出したのでこれ幸い。

治療中に眠ってしまう、こういう状態が引き出せると、

治療の結果は良い。

案の定、治療後、サーファーは「あぁ、楽になった!」と嘆息をもらして

治療を終了。

サーファーはパドリングの時に首をあげて漕ぐから、

けっこう首凝りでやられるようです。



そうですね、身近な者の治療は治療師でもたいへんです。

なにせすべてを知られているから、

プラシーボが効かない(笑)


そいでちょっと、ハリィーの治療指南・極意書をまとめる気が出てきた。
29:suyap :

2018/06/17 (Sun) 09:37:16

host:*.dsl.fm
ハリー今村先生、

いつもたいへんに貴重な情報をありがとうございます。

つぎに日本へ行った際には、ぜひ先生の施術を請いたいと思っています。

とくに「首こり攻略法」の一端の伝授を^^

さて...

>>28

  >自分のなかを宇宙の気が通過して

  >それが患者に流れるようにする中継地点、ポータルになってしまえば、

  >治療師の側の気の枯渇問題は解消されるはずです。

おお、やっぱり!

実はひょんなことから日本発祥の「霊気」という施術を鍛錬し始めたのですが、

先生の書かれることを読むたびに、マジックハンドって霊気と同じだよな...と

思っていたのです。


  >要約するなら気の枯渇問題は治療師の側の心の持ちよう、意識の問題であり、

  >自分が治している、自分が治してやる、という自我やエゴ、欲があると

  >その邪心な意識が災いし治療師の気は枯渇してしまうが、

  >自我を捨て無心になり天地とともに治療する境地に至れば、

  >どんなに治療しても逆にますます元気になる、といえます。

相手が身近な者であればあるほど邪心が生じやすく、うまくいきにくいのは、

そのせいなのですね。上の言葉、肝に銘じておきます。


28:ハリィー今村 :

2018/06/17 (Sun) 05:46:53

host:*.tokai.or.jp
27の亀さんへ

まったく同じ主旨のご助言を当院の常連クライアントたちによく言われます。

思えば私の術もまた浪越徳治郎先生や増永静人先生らの記述したものをもとに

実践を通して独自の錬磨を遂げたもの。

そういう意味では文字として私の治療術の真髄を書き残しておくことは

やはり大事なことと認識しております。

ですが、弟子をとり、育てる、となると相当にハードルが上がります。

もともと日本の伝統鍼灸は徒弟制度で生活をともにし、

師の情報を弟子に伝えるものでした。

ですが現代では、なかなかこうした伝承形式は色んな意味で難しくなりました。


少しだけ術の真髄を言います。

例えば治療師は自分の気を患者に与えすぎて早死にする、とよく言われます。

実際に25年前頃の気功ブームに乗って雨後の竹の子の如くメディアに

出ていた気功師なども、その後数年で亡くなったケースがありました。

気功師のみならず鍼灸指圧師や医師もそれほど長生きする職業ではありません。

それらがすべて患者に気を与えたり、患者の邪気をもらったりしたことが原因している

わけではありませんが、たしかにそういうことも影響している可能性はあります。

こうした治療師の気の不足を補う方法を鍼灸の専門学校では教えません。

中国では太極拳を40年、50年と続けながら、鍼灸師としても40年以上のキャリアを

もつ治療師がおります。こうした名人は自分の気を十分に練り、

自分の気だけでなく場の気や天地の気を使って治療するので、

自分の気が枯渇することはないようです。

しかし日本の治療師の場合は太極拳何十年などという修練はまずないので、

治療師の気の枯渇問題はある意味、深刻な問題です。

わたしもこの問題をどのように克服すべきか、自分なりに探ってきました。

それで自分の体調管理は自分の鍼灸で常に調整することは心がけておりますし、

気の枯渇問題はようはこちらの治療師の側の体がいわばパイプかアンテナか

コンデンサーか通電管、いや通気管になってしまえば解決できます。

自分の気も使うかもしれないが、自分のなかを宇宙の気が通過して

それが患者に流れるようにする中継地点、ポータルになってしまえば、

治療師の側の気の枯渇問題は解消されるはずです。

太極拳何十年の訓練はつまりポータル通気管、

天人合一の大周天ボディに変換するための通過儀礼だ、という認識にいたりました。

要約するなら気の枯渇問題は治療師の側の心の持ちよう、意識の問題であり、

自分が治している、自分が治してやる、という自我やエゴ、欲があると

その邪心な意識が災いし治療師の気は枯渇してしまうが、

自我を捨て無心になり天地とともに治療する境地に至れば、

どんなに治療しても逆にますます元気になる、といえます。

先日、来院したある患者は、結局、自分が出したものが自分に返ってくるだけ、

と仰りました。いわゆるカルマの法則ですかね。

邪念は邪気となって自分に返り自分を殺してしまう。

無心は正気となって自分に返り自分を活かす。

映画スターウォーズのダークサイドとライトの比喩はあながち単なる空想ではありませんね。

浪越徳治郎先生は治療師が治療して疲れているうちは半人前。

治療をすればするほど治療師も元気に健康になるような治療が最上だ、と喝破しました。

自分も最近はそんな気分を味わうことが増えてきました。

いずれはこうした自分なりの奥義をまとめて

書き残さねばなりません。

亀さん、とりあえずこんなところです。
27:亀さん :

2018/06/17 (Sun) 03:21:07

host:*.t-com.ne.jp
今村先生、いつも貴重な玉稿ありがとうございます。

さて、一点質問があります。それは、先生の匠の技を後進の若い人たちに伝えていくという構想として、現在どのように考えておられるのかという点です。今の先生は脂ののった、まさに仕事に全身全霊で打ち込んでいる日々を送っていますが、人は誰でも人生の終わりを迎えることを思うに、せっかくの技を後世に伝えて欲しいと、時々思うことがあります。。

そのあたりの「計画」を教えていただけれはと思います。よろしくお願いいたします。


亀さん拝
26:ハリィー今村 :

2018/06/14 (Thu) 21:21:47

host:*.tokai.or.jp
首こり、にスポットを当てて、コラム1本。

→ https://www.shinq-compass.jp/salon/column/31517/30840/


首こりは下手に揉むとかえって悪化しやすい。

鍼もいいが、これもいささか用心がいる。

それでどうもいちばん良さそうなのが温灸。

ようやく首凝りを完全に攻略できそうだ。

企業秘密ゆえに全部はここで言えないが、

「てげてげ」経由で来院したクライアント様には

特典としてお試しで自由に体験できるようにします。
25:ハリィー今村 :

2018/06/14 (Thu) 05:18:53

host:*.tokai.or.jp
24のvagabundo1431さんへ

いわゆる北風と太陽の寓話ですかね。

病邪をこらしめるという闘争思想では、

かえって病邪が抵抗して勢いを増す。

現代医学で風邪を治そうとして解熱剤を処方して

ライ症候群を引き起こすのがこれに相当するかもしれません。

このようなアロパシー(反対療法)はみな闘争型。

そうではなく症状の後押しをする。

漢方では風邪に葛根湯。

風邪の状態を促進することで治りを速める。

邪が生じたら邪の生じた意味を解読し、

邪の存在意味を判読したうえで、

いかにそれを反転し、その邪を正のパワーに変換するか。

パワーバランスの回復。

これ融和型、すなわち邪正一如。

米朝会談がシンクロしますね。
24:vagabundo1431 :

2018/06/14 (Thu) 02:29:27

host:*.au-net.ne.jp
>>22 ハリィー今村先生

浮世の全てはこれ「必然」という事なのでしょうね。ただそうは言っても時に受け入れ難かった
りで。まだまだ未熟者です(嗤)

ありゃ?ちょっとピント外れだったかな。
23:ハリィー今村 :

2018/06/11 (Mon) 19:51:53

host:*.tokai.or.jp

「鍼灸指圧は人間の当たり前の習慣」がついに3000アクセスを突破!

→ https://www.shinq-compass.jp/salon/column/31517/28832/


「鍼灸指圧であなたの凝りをパワースポットに」は2000アクセスを突破!

→ https://www.shinq-compass.jp/salon/column/31517/28913/


どちらも驚異的なアクセス数を獲得し、アクセスが増え続けているのが

また凄い。

これすべて飯山さんの拡散効果の賜物とあらためて感謝申し上げる次第です。
22:ハリィー今村 :

2018/06/11 (Mon) 15:03:25

host:*.tokai.or.jp
「邪気を散ずること大いなる錯(あやまり)なり。

邪を正にすることを療治というなり。

(邪を)発散して当分治すること安し。

のち、大いに災い出で、悪病を生ず。

この病を発散して治せんと思う人は、

病人の道具を盗み取り、

或いは首を切るに同じ大罪至極なり」

「邪気は元来、動気にして神なり。

これを散ぜんと思わば(病人の)首を切る。

実邪漏らさず留めて正に成さば万病治するなり。

邪正一如なる事を明らかに知るべきなり」

「我かつて病を治す事を知らずとなり。

またいわく、病を治せんと思わば(病人の)首を切るべし。

命は病、病は命となり」

松田博公「日本鍼灸を求めて」緑書房より抜粋引用





21の堺のおっさん氏へ

これが私が初めて目にしたとき、雷に打たれたように感動し、

声を上げて泣いたくだりです。

中医学はある意味、邪正闘争の論理。

邪気に正気が勝った時に治癒が成立すると説く。

その邪正闘争観を180度ひっくり返し、

いや邪気も病人の気なのだ。

その邪気をそのままにそれを正気に変換することことが

治療の本質だ、と多賀法印流はコペルニクス的な転回を遂げた。

この多賀流の思想は世界の医学史においても革命的だと私は認識しております。

堺のおっさん氏が仰るように、治療という部分にとらわれると、

原因の追及が始まり、原因というワルモノを探しそれを取り除けば、

治療の成果が出るという幻想にどっぷりと浸り、

それで思考が停止してしまう。

しかし、生命は常の流れ。

流れはいったいどこが発祥でどこが終わる地点なのか?

つまり因果の図式は部分では成立しても、

全体で俯瞰すればそれが根源ではない。

根源は流れのすべてにつながっていく。

であるのなら、まず流れを回復すること。

凝りがストックエネルギーとして蓄えているパワーを解放すること。

それが流れの回復を促す。

流れが回復したとき邪気は正気に還る。

「あなたの凝りをパワースポットに」するためには、

あなたは凝りと出逢わねばならない。

凝りと出逢うために、今、我が治療院に

全国から患者が来院し始めた。

飯山さんの拡散効果、まことにありがたい!
21:堺のおっさん :

2018/06/11 (Mon) 09:56:24

host:*.ocn.ne.jp
>>20 今村様

癌細胞が自己免疫を高めるカギであるという

御大説も衝撃でしたが、

同じ文脈で腹にすとんと落ちた次第です。

凝りの部分だけを見ていては理解できない。

この考え方は、どうしても部分に焦点を当てる

治療という考え方が刷り込まれている現代人には

理解が難しいです。

が、じわじわと広まるでしょう。

ご健闘を祈ります。
20:ハリィー今村 :

2018/06/11 (Mon) 09:21:18

host:*.tokai.or.jp
19の堺のおっさん氏へ

天動説から地動説へ。

凝り害毒説から凝り有益説へ。

たしかにコペルニクス的転回。

日本鍼灸史においてかつて近江の多賀大社を本拠地とした鍼術の一派がおりました。

それが多賀法印流。

その多賀流の鍼術指南書のなかに、

「もしも病人の邪気を消し去ろうとするなら、

病人の首を切れ。邪気はもともと神気。

邪気も正気もふたつながらにしてひとつ。

邪気を正気に還すことが真の治療。

それができずに邪気を捨て去ろうとするのは、

病人を殺すのと同じだ。

邪正一如なることを知るべし」(意訳 ハリィー今村)

なる言葉があります。

私はこの邪正一如という言葉にかつて衝撃を覚え、

三度泣きしました。

なにげなく読んでいたある本の後書きに書かれたこれらの言葉と出逢っていることで、

わたしのなかのオリジナルな言葉が引き出されているのでしょう。

凝りは今までの通念では血流を妨げる邪魔者、

乳酸を含む悪しき分子、一刻も早く分解して取り除くべき細胞の汚物。

生理学の分野で凝りは長いあいだ病因の鬼っ子と考えられてきました。

ですが私が手の内で鍼灸指圧をすると、

どういうわけか凝りが敵に見えないのです。

そしてこの凝りがあるからこそ凝りがほぐれた時、

また生体はパワーに満ちてくる。

手の内の実感が凝りはワルモノではなく、

凝りはパワーの源だ、と申しております。

邪であるはずの凝りを正であるパワーに変換できたとき、

体は見違えるようにパワーに満たされる。

多賀法印流の邪正一如観は私のなかで昇華されて、

このような凝り有益論になりました。

善人なおもて往生す。

いわんや悪人をや。

ミトコンドリアは凝りすらエネルギーにできる。

まさにミトコンドリアは邪正一如の顕現。
19:堺のおっさん :

2018/06/11 (Mon) 05:55:17

host:*.ocn.ne.jp
>>17 ハリィー今村様

>凝りをほぐし凝りのなかのパワーを引き出せば、

>あなたの体はきっと軽くなる。



>あなたの凝りはあなたのパワーの源だ。


ブログでのこの結語に衝撃を覚えた次第。

この視点は、地動説並です。
18:ハリィー今村 :

2018/06/10 (Sun) 03:46:20

host:*.tokai.or.jp
きのこさんへ

当院をご紹介頂いたご縁で昨日は東京のIさんがご来院くださいました。

風格のある上品なマダムのIさんに圧倒されましたが、

治療のほうはいつも通りに実直に丹念にできました。

治療後に「本当に気持ちいい」とIさんに仰って頂き、

治療家冥利を感じました。

当院を紹介頂きまして、本当にありがとうございます。
17:ハリィー今村 :

2018/06/08 (Fri) 05:54:17

host:*.tokai.or.jp
自然治癒力も素晴らしいが、

人為治癒力もまた素晴らしい。

コラムを更新しました。

→ https://www.shinq-compass.jp/salon/column/31517/30269/
16:ハリィー今村 :

2018/06/07 (Thu) 19:20:12

host:*.tokai.or.jp
飯山さんの拡散効果で最近はリアルが忙しく、

まことにありがたく思っております。

昨日は千葉県から泊まりで、

本日は福井県や愛知県から「てげてげ」経由で新患のご来院が相次ぎました。

また問い合わせの電話も時々ありますが、

宣伝文句を変えて頂いたお蔭で、

いきなり近場の治療師を紹介して欲しいという

電話は皆無となりました。

悟りとは差取りと、ある有名な女性教祖が仰った。

わたしは悟りとは左取り、だと最近になり思い至りました。

その左取りの左とは左脳のこと。

本質を掴むには言語やロジックを越えた右脳の世界にある。

そんな気がする今日この頃です。
15:たかひろ :

2018/06/04 (Mon) 16:32:52

host:*.au-net.ne.jp
>>12ハリィ-今村さん、コメントありがとうございますm(__)m勉強になりました&#8252;&#65039;
14:ハリィー今村 :

2018/06/04 (Mon) 05:11:22

host:*.tokai.or.jp
13の亀さんへ

寝相と寝違えの関連で言うと、

恐らくは首のS字構造が伸びてしまいストレートネック状態になると、

寝違いなどが発生しやすい、と分析できるはずです。

してみると、枕をして後頭部にあてがうと、

とうぜんS字が伸びてストレートネックになります。

だから柔らかい枕で沈むようなタイプがいいような気がしますが、

固い枕が好きという方も多く、ここから枕難民が発生する状況になりますね。

枕無しで平気な私はこうした問題もなくゼニも要りません。

いわゆる健康オタクという皆さんが実は不健康にみえて、

健康などまったく気にしない皆さんのほうがむしろ健康そうに見えるパラドックス。

食べ物などもやたらと成分や天然か人工かを気にする皆さんがおりますが、

そんなことをいっさい気にしないでなんでも美味しいと食べるほうが、

よほど健康的と思える今日この頃。

ある程度、気にすることは大事ですが、行きすぎると健康の追及が

病的に見えてしまう。

左脳思考で理詰めで健康を追い求めるよりは、

右脳センスで直感や体感で健康感を獲得するのが良策かと私は思っております。
13:亀さん:

2018/06/04 (Mon) 03:00:26

host:*.t-com.ne.jp
>>12

> う〜ん、自分に限っては、枕なし、煎餅布団、上向き寝、が基本です。

なるほど、「枕なし」を除き、小生と全く変わらないwww

一生の三分の一を費やす「寝る」という行為、人体と長年接してきた今村先生から、どんな凄い発言が飛び出すのかと思っていましたが、全レスの「白米か玄米か」を彷彿とさせる、いかにもてげてげ的な回答つうか生き方、このあたりに健康のヒントが隠されていると悟った次第。この回答で十分です。どうもありがとうございました。


> 枕や布団にこだわるとゼニがかかりますな(笑)

御意。マットレスなどと云った派手なTVの宣伝は、サプリメントと同じ類いかと。



昨夜の眠りも煎餅布団で快適だった亀さん@人生は冥途までの暇潰し
12:ハリィー今村 :

2018/06/03 (Sun) 19:28:52

host:*.tokai.or.jp
10の亀さんへ

う〜ん、自分に限っては、枕なし、煎餅布団、上向き寝、が基本です。

これで寝違えることは3年に1度あるかどうか。

枕や布団にこだわるとゼニがかかりますな(笑)

あんまりいい解答になってませんが、こんなところです。





11のたかひろさんへ

たかひろさんのような方が一番、なにが医療の本質かが見抜ける。

医療は屁理屈じゃない。

効いてナンボ。

効かなければ意味はない。

たかひろさんに鍼灸治療が効いていることが針灸治療の素晴らしさを証明しています。

中国はかつて中医と西医のいいとこ取りを目指したけど、

お山の大将が2人いるのは、やっぱりうまくいかなかった、とも聞いております。

日本の医療制度のなかで鍼灸指圧師と医師がタッグを組むのは、

なかなか難しいですね。

ぶっちゃけ実費と保健診療のギャップが一番の問題。

西洋医学を自然に選ぶのはこの制度的な利点があるからで、

東洋医学が自然に忌避されてしまうのは、

特別な場合を除き実費だからです。

ではありますが鍼灸指圧は職人芸ですから、

わたしは現行のまま実費がベストと思ってます。
11:たかひろ :

2018/06/03 (Sun) 12:51:19

host:*.au-net.ne.jp
ハリィ-今村さん、お久しぶりです。私は脳出血の病気したければ、医者、車、病院に完全なる奴隷と言うかヒレ伏していたと思います。勿論西洋医療を完全に否定してるわけでありません。私の担当の鍼灸の先生が話してましたが、今の中国韓国は西洋医学半分、残りの半分は中国韓国にそれぞれ伝わる漢方、鍼灸等の東洋医学を取り入れているそうですね。日本だけ完全に西洋医学を取り入れ、特に旧帝大の大学病院の医師を筆頭に医者の権限が善し悪しは別としてありすぎて、それが弊害だと言ってましたよ。
10:亀さん:

2018/06/03 (Sun) 06:36:10

host:*.t-com.ne.jp
今村先生、新スレの開設おめでとうございます。今後の展開を大いに期待しています。

さて、早速の質問ですが、それは「寝違え」についてです。

ダルビッシュ投手が時々寝違えをやり、首痛で登板を回避したことが過去に幾度かありました。小生は寝違えの体験は記憶にありませんが、何故か、時々右半身の腰から少し上に張りを感じることがあります(年に数度)。仕事や日常生活には支障はないものの、そうした日はヨガを休むようにしています。

さて、この寝違えの対処法として以下のサイトに目が留まりました。
https://matome.naver.jp/odai/2140174290552502601

そして、同サイトは以下のような対策法を挙げています。

1.リラックスしてから就寝する
2.自分に合った枕を使う
3.うつ伏せで寝ない
4.軽い運動やストレッチをやる
5.スマホの使用をなるべく控える

1に関しては、小生はいつもリラックスしているし、4の軽い運動にしてもヨガや散歩をやっています。ただ、5に関しては一日10時間以上もパソコンに向かって仕事をしており、時々前屈みになって(モニターに目を近づけて)、仕事をしている自分に気づくことがありますが、こればかりは仕事なのでやむを得ません。

さて、ここで質問です。

Q1 畳
小生は畳の上に薄い敷き布団一枚だけで寝ていますが、よくテレビのコマーシャルに出てくるようなマットレスを使った方が良いでしょうか?

Q2 枕
枕は色々なタイプがありますが、どのようなタイプの枕が良いのでしょうか? 上記サイトが主張する「仰向けの場合は首の角度が約15度」がベストなのでしょうか?

Q3 うつ伏せ
飯山さんの場合はうつ伏せをHPで推奨しており、また自然界に目を移すに大抵の動物はうつ伏せで寝ています(鯨のように頭を下に垂直に寝ているといった例外も一部にあります)。この方が動物の一員である人間の場合も自然のような気がしますが、果たして仰向けとうつ伏せのどちらが、人間に合っているのでしょうか? ちなみに、小生は長年の習慣から大抵は仰向けか横向きで、うつ伏せは滅多にありません。

プロの忌憚なきご意見をお願いできればと思います。よろしくお願いいたします。



本日もゼッコウチョーの亀さん@人生は冥途までの暇潰し
9:ハリィー今村 :

2018/06/03 (Sun) 06:09:26

host:*.tokai.or.jp
8のままりんさんへ

幕末の名医の新宮凉庭(1787〜1854)は携帯用の薬箱に螺鈿で

ある言葉を刻んでおりました。その言葉とは

「医師は自然の下僕である。

人身は本来、元気がある。

医師の技は、ただ、その奴隷に過ぎない。

元気は何れも自然の運行である。

医師は病に臨んで、

自然の運行の欲するところが如何なるかを視るのみである」

携帯用の薬箱の前面と後面にこんな文字を刻むセンス。

こんなクールな新宮先生のこと、じつはまったく知られておりません。

解体新書で有名な杉田玄白の「医事は自然に如かず」は有名ですが。

新宮先生は漢蘭折衷派と呼ばれる一派で、

つまりは東洋医学と西洋医学のいいとこどりの折衷派でした。

それで長崎に留学しオランダ医師のもとで西洋医学を学びながら、

オランダ商館の人達を漢方薬を用いて鮮やかに治療した名医でした。

京都には彼の塾である順正書院の建物が残り国の登録有形文化財に指定されている。

西洋医学と東洋医学はべつに敵対するものではなく、

お互いのいいところを融合してそれが万人に活用されるのが望ましい。

そんなセンスを持ち合わせていた医学の一派が江戸末期にすでに

漢蘭折衷派として開花していたのです。

ですが、こうした世界でも稀に見る革命的なムーブメントが、

あの明治維新でプッツリと断絶してしまった。

わたしは治療は鍼灸指圧をツールとしておりますが、

理論や治効メカニズムを説明する際は西洋医学の用語を使用します。

これもわたしなりの漢蘭折衷派へのオマージュ、

新宮先生へのリスペクトです。
8:ままりん :

2018/06/03 (Sun) 01:00:55

host:*.infoweb.ne.jp
>>6 訂正
× 救急が本分が救急救命である西洋医療はもちろん、東洋医療だろうが、、
〇 本分が救急救命である西洋医療はもちろん、東洋医療といえども、

ハリィー先生
>それも突き詰めれば最終的には患者の自然治癒力に依存しているわけですからね。
先生、たとえ西洋医であっても、先生のおっしゃることに気づいている医者は、
実は多いんじゃないだろうかと思います。でも、自分一人じゃどうしようもないから
流されていっている・・・。このような感じがします。

>本質的な医療がこれから脚光を浴びるのかもしれません。
そうあってほしいです。

>どうぞ今後ともご交流のほどお願い申し上げます。
―(*’◇’*ノ)ノ―ェェ!!!~~、ワケワカメですが、がんばって勉強させて頂きます。
こちらこそ、どうぞ宜しくお願いを致します。
7:ハリィー今村 :

2018/06/02 (Sat) 21:25:54

host:*.tokai.or.jp
ままりんさんへ

こちらこそいつもコメントを頂戴しまして、ありがとうござます。

医の原点は手当て、ですからね。

手当てのオリジナルに近いほどいい医療ということになるのではないでしょうか。

もちろん魔法のようなテクノロジーも結構ですが、

それも突き詰めれば最終的には患者の自然治癒力に依存しているわけですからね。

本質的な医療がこれから脚光を浴びるのかもしれません。

このスレッドはそうしたムーブメントの羅針盤になるように、

これからも気が向いた時にコメントしていきます。

どうぞ今後ともご交流のほどお願い申し上げます。
6:ままりん :

2018/06/02 (Sat) 21:11:02

host:*.infoweb.ne.jp
>>940 ハリィー先生、

コメント、ありがとうございました <(_ _)>。(前のスレッドでスミマセン)

新しいスレッドが立ちあがるやいなや「何ごと?」ってびっくりしましたよ。
「初登場」で、「挨拶もなし」に、しかも「ケンカごし」で人に言葉を投げつけてるんですからね。

そのようなおシトにも、丁寧に対応なさるハリィ先生、やさしい。

>幕末の緒方洪庵の一派、つまり西洋医学派が台頭したとき、
>彼等はたいへんに身なりが粗末であったと。
>それにひきかえ当時の漢方医はイケイケな派手なナリ。
>つまり現在の勝ち組、負け組の構図とまったく逆転していたのが
>維新前の西洋医と東洋医のヒエラルキー。
>それで神計らいとして、いったん東洋医学は地に落ち、
>泥をすする宿命、カルマを背負ったのでは、と今わたしは分析しております。
そうだったんですね・・・、全く知りませんでした。でも、
東洋医療の現状を思うに、ただ一言、くやしいです。
でも信じたいです。だって日本人、40兆円ものお金を浪費し続けて
いくんでしょうか!?いや、そんなはずはない(と思いたい)。

EG様の冒頭の言葉にあるように、自分の健康は自分しか守れない。
このことを肝に銘じて、「病気にならないように」全力で健康を守るしかない。
だって、救急が本分が救急救命である西洋医療はもちろん、東洋医療だろうが、、
魔法みたいに体を治すことは難しいですよね。だから西洋医療は
あたかも「治せる」というイメージを患者に持たせることは
辞めるべきと思います。だって自分の体は自分が治してるんですものね。
(まるで、明け方の水平線を指さして、「さぁ皆さん、今から私が
あの水平線に太陽を出して見せますよ」って言ってるのと同じですよね)
それも重症化する前の前の前の前の前にやらないとなかなか治らないと思っています。
重症化してしまったら、いかな東洋医療だって艱難辛苦が待ち受けるというものですよね。
(でも治せない西洋医療とは全然違うと思うのですが)

私がお世話になっているDOの先生を見ていて、ハリィ―先生のおっしゃること、
とてもよくわかります。だって施術中は、ず~っと患者の体を、押したりひっぱったり
曲げたり捻ったり回したり、「一体、先生ご自身は筋肉痛にならないのだろうか???」
という疑問がわいてくるほどに、ずっと指圧のしどおしです。
なので、痛み止めの錠剤と痛み止めの入っている湿布薬を2週間分どか~んとよこし、
「肩、回すのもいいですよ。お大事にどぞ。はい、次の方」を、立派な「治療」と思ってるMDって
何なんでしょう。

いつかきっと、(仮称)オリエンタル・メディスン・センターのような施設が
日本の医療の中心として機能してくれることを、祈っています。

あ、OMC(オリエンタル・メディスン・センター)に以下を追加しました。
削り散らかさない歯医者さん。
5:ハリィー今村 :

2018/06/02 (Sat) 21:08:46

host:*.tokai.or.jp
たかひろさんへ

お久しぶりです。鍼灸治療の成果が出ているようで嬉しい限りです。

これからも鍼灸治療を続けて、体調が好調でありますように

お祈りしております。

わたしも脳梗塞後の麻痺が残る患者を扱っております。

残存機能の保持がメインですが、それもまた重要なサポートと認識しております。

これからもよろしくご交流のほどをお願い申し上げます。
4:たかひろ :

2018/06/02 (Sat) 20:27:36

host:*.au-net.ne.jp
ハリィ-今村さん、私は指圧はありませんけど鍼灸をするようになって3年ほどになりますよ。最初のころは鍼灸後、好転反応?で立ったり歩くことが出来ない位、身体が硬直してましたよ。今は普通に身体が動くし手のひらで私の体を触っても暖かいという感じを受けます。今は私の体温が36.6度が平温です。
3:ハリィー今村 :

2018/06/02 (Sat) 19:28:57

host:*.tokai.or.jp
非牡丹お竜 さんへ

えらいお怒りのようで、すんまへん。





飯山さんへ

気が向いた時に有益そうな健康法を語るスレ(3)を立ち上げてくださり、

まことにありがとうございます。

また「てげてげ」に小生を再アップのうえ、

厚かましいお願いに応えて宣伝文句を変えて頂きまして本当にありがとうござます。

それほど多くはないのですが、いきなり電話口で近場の治療師を紹介して欲しい旨の

電話がこれでなくなりますと、少し安心できます。

ということで今後も本スレにこれまで通り精力的に書き込みさせて頂きます。

2:非牡丹お竜 :

2018/06/02 (Sat) 14:02:28

host:*.ocn.ne.jp
なんやしらんけど、ハリィとかいうお方。
スレッド使わせてもろて、宣伝してもろて、挙句に宣伝文句変えろ言わはりますのん、
むしがいいにほどがありますわ。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.